黒人演歌歌手。 書籍・雑誌: 黒人歌手 ジェロの過去の動画

ジェロ(演歌歌手)は現在はげてる?IT企業の会社名は?歌手引退?

黒人演歌歌手

uta-net. 祖母の影響で幼少の頃より演歌に親しみを持ち、いつの間にか演歌の虜になっていったみたいです。 デビュー前の経歴は• 和歌山県の英会話学校にて講師として働く• 大阪でコンピューター技術者の仕事に就職 そして2008年10月にはプロの歌手として『NHKのど自慢』にゲスト出演し同年12月にデビュー曲 「海雪」をリリースしました。 演歌界では異例の• 最高オリコンチャート4位にランクイン• 弟50回日本レコード大賞で最優秀新人賞を受賞 また演歌歌手では初のプロモーションビデオでバックダンサーを用いての製作なども行っており、音楽ジャンルとしては演歌として扱われないこともありました。 また、日本人アーティスト以外の好きな歌手についてはヒップホップアーティストである2pac トゥーパック などの名前を挙げており演歌以外の音楽ジャンルも好んでいるようです。 アメリカではダンスサークルに入っていたこともあり、実際 「海雪」のダンスバージョンの振り付けの一部は本人が担当しています。 ジェロというとツバの大きい帽子を被ったヒップホップ系ファッションがトレードマークであり、一見演歌手とは到底見えず、歌手のジャンルではラッパーにしか見えないという声が多いです。 しかしその歌声はヒップホップ系ファッションとは真反対のもので、とても甘い歌声を持ち世間の評価では、• 一聴では日本人のそれとしか思えない• 日本人に負けを取らない歌唱力 などと定評がありました。 そのせいで世間では実はハゲているのではないか?という疑問が出てしまっています。 実際に過去にテレビ番組で質問されたときには、 「ハゲではなく坊主!タモリさんといえばサングラス、ジェロと言えば帽子がトレードマークとして認識してもらいたい!」 と、回答していました。 帽子を被ることに対してのこだわりは強く、もしどうしても帽子を外さなければいけない仕事のオファーが来た場合は断るという程で頑なな姿勢を保っていました。 ただしプライベートでは帽子を被らず生活することが多いようです。 (笑) その理由は、 「帽子を被っているとジェロだとすぐにばれてしまうから」 らしいです。 実際に演歌歌手として活動している時の帽子を取っている姿が載っていますがハゲてはいません。 ジェロの活動休止の真相は芸能界から干されたのが原因? 全盛期は紅白歌合戦にまで出場し、バラエティ番組などにも多く出演していたジェロさんですが、ある日を境にパタリと姿を見せなくなりました。 ネットではテレビから消えた理由は、• 「芸能界から干された」• 「同じ外国人歌手として活動するクリスハートに消された」 など様々なうわさが飛び交っていました。 色々なデマ情報らしきものが出回っていましたが、本当の理由はIT関係の仕事に就職するために勉強に専念したいからでした。 しかしなぜIT関係の仕事?と思うかもしれませんが、デビュー前はコンピューター技術者として仕事をしていたという経歴を持っていることから、 IT関係の仕事にも興味があったと語っています。 ちなみに2018年の無期限活動休止においては本人の口からは、 「歌も同時に続けていけるだろうか?と言う考えもよぎりましたが、どちらも中途半端になりたくありません。 」 と、しっかりとコメントを発表して現在もIT関係の仕事をしているようです。 ジェロは歌手活動を引退してしまうのか? フライデーナイトのお出かけ。 — ジェロ Jero jeroenka 無期限の活動休止は発表していますが、引退は発表しておらず、実際に所属事務所の方にもプロフィールとして残っています。 ジェロのコメントでも、 「演歌への情熱は色あせておらず、これからも変わることはないのでもう一度演歌歌手として夢を追いたいと思うかもしれない」 と、言及しています。 当初は音楽活動と今の会社との両立も考えたようですが、 「尊敬する諸先輩や歌手の方々に対しても失礼になってしまう」 と、自身の考えも語りこの決断に至ったようです。 もともとデビュー当時から礼儀正しい人物ということで有名であり、今までかかわった人たちや演歌に対しての経緯が見られますので、二足のワラジを履くことは避けて、今の会社への一本化を決断したようです。 現在は今の会社で精進されているらしいので復帰のめどは誰も予想がつきませんが、またあの甘い歌声を聴けるのを楽しみに待っているファンは多いでしょう。 まとめ ジェロが帽子を被っている理由にはちゃんとした意味がありましたが現在ハゲているのはもしかしたら帽子の被りすぎかもしれないですね。 帽子を被りすぎると摩擦で毛根が死んでハゲやすいという話があるので、、、(笑) また、ジェロのツイッターを見る限りでも独身臭が漂っていて熱愛や結婚の影はなかったです。 演歌歌手としての活躍を待ちわびていファンが沢山いるので今後復活してほしいですね。 この記事をまとめると、、、• ジェロが演歌歌手時代に帽子を被っていたのはこだわりからだが、現在は前髪がハゲている• 2020年時点で彼女や結婚している様子はない• 現在IT企業に就職しSEとして働いている• 演歌歌手は引退では無期限の活動停止なので今後も活躍する可能性がある.

次の

ジェロ(演歌歌手)は現在はげてる?IT企業の会社名は?歌手引退?

黒人演歌歌手

略歴 [ ] の両親のもとに生まれ、頃からので育つ。 母方の祖母は横浜出身ので、その影響から幼少の頃よりに親しんできた。 その祖母の演歌を倣い祖母へ披露するうちに、自らが演歌の虜になっていったという。 父親がアフリカ系アメリカ人で母親がアフリカ系アメリカ人と日本人(祖母が日本人)のハーフであるため、ジェロ自身は4分の3がアフリカ系で4分の1が日本人のである。 特定非営利活動法人エデュケーション・ガーディアンシップ・グループ主催の第3回高校生によるスピーチコンテスト Japanese Speech Award, JSA に参加するために15歳になって初めて日本の地を踏む。 スピーチタイトルは「ぼくのおばあちゃん」。 ダンスチームの主将を務めた高校時代を経て 、やがてに進学しを専攻。 在学中にはに3ヶ月間留学した。 この留学期間中に演歌歌手になることを決意したという。 ピッツバーグ大学をに卒業したのちに再び日本の地を踏み、のにて講師として働き、次いででの仕事に就く。 その傍ら、来日2ヵ月後に『』に出場し合格する など、日本各地のカラオケ大会に自ら応募したうえで出場し 、演歌歌手を目指して独自に活動を続けた。 そして、大阪市内で行われたカラオケ大会で優勝した際、ビクターエンタテインメント大阪のの目に留まり、オーディションを・ので受けて合格。 審査員は「礼儀正しく、何をリクエストしてもきれいに歌う」と評価している。 その後2年間に及ぶ訓練を経て、にの『』でプロデビュー。 デビュー日となった2月20日には、演歌歌手としては前例の無いでのイベントを行い、デビュー曲を披露した。 2008年6月25日には初のミニアルバムを発売。 8月27日(日本時間28日)には母校ピッツバーグ大学で無料凱旋ライブを行い、学生や地元住民など500人以上の聴衆がつめかけた。 、今度はプロの歌手として『NHKのど自慢』にゲスト出演、また、にデビュー曲「海雪」GONTRAN CHERRIERの最優秀新人賞を受賞した。 さらに同年に行われた『』に初出場、実母も来日し会場で感涙した。 ジェロはデビュー当初から亡き祖母のために紅白歌合戦出場を強く望んでいた。 2009年に行われたでの祭りでは、凱旋コンサートを開催し演歌3曲を熱唱した。 、『第41回』でのを披露。 2月、米国のカリフォルニア大学バークレー校から「バークレー日本ニュー・ビジョン賞」を授与されることが決まった。 監督に続き2人目の栄誉。 同年4月8日に同校で授賞式に臨む。 から大学院の通信制で情報科学セキュリティーについて学ぶ。 春に修了。 2018年2月24日、デビュー10周年記念コンサート「感謝感激」を開催。 2018年5月11日、芸能活動を休止することを自身の公式ホームページに表明。 また、同様の内容を記した文書をファンクラブ会員に送付していたことが明らかになった。 今後は外資系のIT企業に就職してコンピュータ関連の仕事に就くという。 様相 [ ] 演歌歌手という立場でありながらを採り 、その外見はのスタイルに通じるものがある。 もラップのバックダンサーを用いるなど、一見しただけでは演歌のそれとは分からないものとなっており、など一部の音楽系CS局では演歌扱いされていない。 その容姿については「似の 」などと表現され、その歌声については「一聴では日本人のそれとしか思えない 」、「甘い歌声 」などの評価が寄せられている。 5年ほどに住んだことから、時々を使うこともある。 デビュー曲となった『海雪』は、を舞台とした楽曲で 、発売当日だけで、に加えを合計8万3千メディア出荷し 、のデイリーチャートにおいて初登場16位を記録、2日目に6位をマークした。 舞台となった出雲崎町では、町民を対象に『海雪』のCD購入に際し町から補助費を出す予算案を可決し 、町ぐるみでジェロを応援した。 も特技としており、『海雪』のダンスバージョンのの一部はジェロ本人が行った。 敬愛するシンガーは 、 、・アーティストは。 好きな日本語は「一期一会」と「ちんぷんかんぷん」、好きなアーティストは、。 好きな食べ物は 、好きなチームは。 も好き。 とは苦手だという。 日本食は作れないが、を自炊している。 理想のタイプの女性は女優の 、タレントでミス・ユニバース2006年世界大会2位の であると語っている。 のと仲が良い。 チーム、の大ファンであり、好きな選手は同じアジア系の血を引いている。 コンサートやイベントなどの場でも、ウォードの背番号86が入ったスティーラーズのジャージを着ることが多い。 ぱちんこ必殺仕事人 桜花乱舞 テーマソング セレナーデ 『』2013年2月度エンディングテーマ 出演 [ ] TV [ ] 音楽番組 [ ]• (、2010年10月10日、2011年1月16日)• バラエティ [ ]• (、2011年4月25日 - ) - レギュラー ドラマ [ ]• 第11話・最終話(2011年) - 本人 役 映画 [ ]• (2009年) - 明 役• (2009年) - 本人 役() 舞台 [ ]• (2011年) - MAN 役• (2015年・2017年) - デルレイ 役 CM [ ]• 「 カフェゼロ」(2008年5月 - ) - CMソングはらが歌って大ヒットした「」をジェロ本人が歌っている。 2008年6月25日発売のカバーアルバムにも収録されている。 「DS2 砂漠の魔城」 - 自身の「」という曲をバックに、ゲームの主人公の衣装(と)を手に砂漠を歩いている。 「 四季物語」シリーズ(2010年3月 - ) - はジェロ本人が歌う『』の替え歌。 なお、「夏のときめき」編ではCM本編においてと、「秋のときめき」編ではCM本編においてと共演している。 「新潟仕込み」(2011年) - 見放題! キャンペーンのCM曲を歌唱。 本人もホテルマン役で出演。 ラジオ [ ]• (2008年1月 - 2009年4月4日、) - リポーター• (2009年4月12日 - 2011年10月2日、) - メインパーソナリティ 各賞受賞一覧 [ ] 2008年 [ ] 海雪 [ ]• :最優秀新人賞• :最優秀新人賞• :最優秀新人賞• :大賞(受賞者は作詞したであるが、デビュー曲が同賞を受賞したのは、の第33回・の「」(作詞)以来8年ぶり2曲目) 脚注 [ ] []• プロフィール• - ThePittsburghChannel. com• 2018年5月12日閲覧。 - RBB TODAY• 2008年2月1日, at the. 『』()• PCelebrity vol. 52 ジェロ「演歌以外のことも語りマス。 」( 2008年8月号)より本人談。 2008年4月放送『』()より本人談。 2008年3月放送『』より本人談。 2008年3月放送『』より本人談。 2008年4月放送『』 より本人談。 2008年3月放送『』()および2008年4月放送『英語でしゃべらナイト』 NHK より本人談。 2008年3月放送『』()より本人談。 2009年2月放送 直前特別番組(NHK、BS-1)より本人談。 ORICON STYLE. 2013年3月2日閲覧。 関連項目 [ ]• (に活躍し、2008年に再デビューした人演歌歌手) 外部リンク [ ]• - 所属事務所• - 公式• jeroenka -• - 「」内コンテンツ• - ジェロが15歳のときに参加した海外高校生による日本語スピーチコンテスト• 全米日系人博物館、ディスカバーニッケイプロジェクト、2010年3月30日).

次の

史上初の黒人演歌歌手「ジェロ」の現在! オリコン131位で爆死の後に… │ 毎日まとめる芸能ニュース速報

黒人演歌歌手

アイドル、バント、俳優など、芸能界にはジャンルを問わず〝一発屋〟と呼ばれる者が存在する。 人気に火がついて一瞬で消えていく彼らだが、実は〝一発屋〟とは無縁のイメージがある演歌界にも数多い。 2008年にシングル『海雪』でデビューした史上初の黒人演歌歌手・ジェロ。 彼は現在、全くと言っていいほどお茶の間に姿を現さなくなってしまった。 デビュー曲『海雪』は、第50回日本レコード大賞の最優秀新人賞を受賞。 同年の『第59回NHK紅白歌合戦』に初出場するなど話題を集めたが、 一体なぜメディアに出なくなってしまったのだろうか。 「もともと、演歌は若者に人気な分野ではありません。 それが『史上初黒人演歌歌手』という売り出しにより、老若男女に消費される〝メディアの餌〟になってしまいました。 過度な露出から飽きられるのも早かった上、古いものを好む演歌ファンからはなかなか受け入れられず。 セカンドシングル以降はどんどん売り上げを落とし、16年に発売したシングル『うぬぼれ』は、オリコン最高131位という散々な結果に終わっています」(音楽誌ライター) 演歌歌手から異例の転身!? 人気が落ちていったジェロだが、16年にはボストン大学大学院の通信課程に入学し、情報科学セキュリティーについて学ぶことに。 昨年18年に修了すると、同年2月24日にはデビュー10周年記念コンサート『感謝感激』を開催している。 大学院修了を経て歌手活動を再開すると思われたが、同年5月11日に自身の公式サイトで芸能活動休止を表明。 公式サイトには、 《突然ではありますが、ジェロは無期限の活動休止となりました》 《この春にボストン大学の大学院を卒業したことを機に、本人の強い希望により、あらためてコンピューターの仕事に就くこととなりました》 というスタッフのコメントが掲載され、ネット上には 《歌声が大好きだったからショックだな…》 《フックがあり過ぎてイロモノと見られてた》 《歌はうまいけど演歌歌手としてはコブシが使えてなかったよなぁ》 《実力はあるのにインパクト重視でいったプロモーションが悪い》 《クリス・ハートに完全に座を奪われたな》 などと、さまざまな反応が上がった。 演歌歌手という地位を捨てて、外資系のIT企業でコンピューター関連の仕事に就いたジェロ。 休止という名の引退宣言にも思えるが、再びマイクを握って表舞台に立つ日は来るのだろうか。 2019. 29 19:00 まいじつ.

次の