エポスゴールドカード 条件。 【男のロマン】ゴールドカードを完全無料で持つ方法や条件は?4つの方法を紹介します!|けんちょぴノート

エポスゴールドカードの年会費無料の裏ワザ!インビテーション(招待状)の条件や時期の詳細まとめ!!

エポスゴールドカード 条件

エポスゴールドカードの保有方法とは? エポスゴールドカードはエポスカードと比較するとよりサービスが手厚くなるという特徴を持つクレジットカードですが、入会方法が2つあります。 1つめはエポスゴールドカードを申込み、審査を受けて通過後入会という流れです。 この場合クレジットカードの年会費として5,000円がかかります。 2つめがエポスカードに入会し、インビテーション(エポスゴールドカードへのご案内)を受けて手続きを行い入会という流れです。 この場合 年会費無料となります。 ただしインビテーションには申込期限があり、この 期限を過ぎてしまうと通常と同じく年会費5,000円を支払わなければならないため注意が必要です。 インビテーションは郵便・PC・アプリの3つの方法で通知されます。 そしてPCやアプリの方が通知のタイミングが早いのですが、こちらは普段からチェックしておかないと気付きにくいと思いますが、少しでも早くインビテーションを受け取れたか知りたい方は、インストールしておくと良いでしょう。 エポスゴールドカードのインビテーションを受け取るための条件とは エポスゴールドカードのインビテーションを受け取る条件はエポスカードの会社基準とされ、詳細は後悔されていません。 実際にエポスゴールドカードのインビテーションを受けた方の事例を調べてみても、条件はさまざまです。 しかし事例を読み込む中で事故なくエポスカードを利用したということ以外にも、ある傾向が見られたことは確かなのでそれについてお伝えします。 エポスカードを年間50万円以上利用する エポスゴールドカードのインビテーションを受けた方の事例の中で一番多かった条件がこちらです。 どうして50万円という基準なのか考えてみると、エポスゴールドカードの年会費は年間利用額が50万円以上になると、翌年以降永年無料となります。 このことからエポスカードでは 年間利用額が50万円以上の会員の方と、そうではない会員の方に一つの線引きを設けていると言えるのではないでしょうか。 そのためエポスゴールドカードのインビテーションを受けたい方は、年間利用額50万円、月間利用額にすると4万2千円ほどを目安にエポスカードを使用してみるのがよいでしょう。 定期的にエポスカードを利用する エポスゴールドカードのインビテーションを受けた方が、それまでにエポスカードをどのような支払いに利用していたのかを見てみると、• スーパー・コンビニでの支払い• 家賃・公共料金の支払い• 国内外の旅行や出張での支払い• 出産費用の支払い• 生命保険の支払い• ETC利用分の支払い• ガソリン代の支払い などで、これは生活費の中の固定費が多いと言えます。 固定費は毎月必ず生活のためにかかるお金なので、クレジットカード会社側から見ると 一定の利用頻度を維持してくれる支払いです。 エポスゴールドカードのインビテーションを受けたい方にとっては、エポスカードを定期的に使用するという意志表示をわかりやすく会社に示す方法が固定費の支払いと言えるのかもしれません。 インビテーションが届いた事例紹介 次にエポスゴールドカードのインビテーションが届いた事例をいくつかご紹介します。 事例1 まずは3か月、利用金額が3ヶ月・17万円使うことでエポスゴールドカードのインビテーションが届いた事例をご紹介します。 カード発行後1年ほど経過してからエポスゴールドカードのインビテーションを狙って、計画的に固定費やコンビニなどの支払いにエポスカードを使用していました。 短期間で、多額のお金をエポスカードで支払うことで、短時間でインビテーションを受け取れたのだと思います。 事例2 そして8か月、利用金額10万円以下でエポスゴールドカードのインビテーションが届いた事例をご紹介します。 固定費と変動費をバランス良く、しかし定期的に行うことで、年間50万円も使用しなくてもインビテーションを受け取れていました。 事例3 最後に私がエポスゴールドカードのインビテーションを受け取った経緯もご紹介します。 エポスカードを作成したのが2017年4月で、インビテーションを受け取ったのが2017年11月なので、 結果的に、 7ヶ月でインビテーションを受け取れました。 この時のエポスカードの利用金額は下記の通りです。 月 利用額 4月 13,656円 5月 19,841円 6月 100,085円 7月 45,286円 8月 23,432円 9月 32,286円 10月 32,771円 11月 途中まで 13,707円 合計 281,064円 6ヶ月でおよそ28万円分使った所、エポスゴールドカードのインビテーションを受け取ることができました。 エポスゴールドカードに切り替えた場合のエポスカードとの違いについて 次はエポスゴールドカードのインビテーションを受けてエポスカードからエポスゴールドカードへと切り替えた時の違いと注意点について説明します。 選べるポイントアップショップでポイント最大3倍! エポスゴールドカードに切り替えた場合、300以上の対象ショップの中からよく利用するショップを3件選んでエポスNetで登録するだけで、 登録した当日からポイントが最大3倍となります。 具体的には利用200円ごとに1回、2回、ボーナス払いの場合は通常1ポイントに2ポイントがボーナス加算、リボ払いの場合は通常2ポイントに2ポイントがボーナス加算されるのです。 公共料金なども登録可能なので、大きな金額を支払っているショップを登録しておくと、より多くのポイントを効率よく貯めることができるでしょう。 年間ボーナスポイントがもらえる エポスゴールドカードの年間利用金額に応じて、最大10000ポイントのボーナスポイントがもらえます。 ポイント利用分、キャッシング利用分、現金での支払いは年間利用金額に含まれないので注意が必要です。 旅行での特典が増える エポスゴールドカードの場合、海外旅行傷害保険の最高保証金額が1000万円となり、空港ラウンジが無料で使用可能となります。 具体的には、以下の空港のラウンジが 無料で使用できます。 ・羽田空港 ・成田国際空港 ・新千歳空港 ・函館空港 ・仙台国際空港 ・小松空港 ・中部国際空港 ・大阪国際(伊丹)空港 ・関西国際空港 ・神戸空港 ・広島空港 ・松山空港 ・福岡空港 ・北九州空港 ・長崎空港 ・阿曽くまもと空港 ・大分空港 ・鹿児島空港 ・那覇空港 ・ホノルル空港(ハワイ) ・仁川空港(韓国) ・ホノルルラウンジ 空港ラウンジを無料で使用するためには、当日の航空チケットとエポスゴールドカードの提示が必要なので注意しましょう。 エポスゴールドカードに切り替えた時の注意点 エポスゴールドカードにエポスカードから切り替えた場合、クレジットカード番号が変わります。 このことにより、もしインターネットショッピングや公共料金の支払いでクレジットカードの番号を登録していた場合、変更の手続きが必要です。 ただし一部手続き不要の会社もありますので、詳細はで確認するのがよいでしょう。 まとめ エポスゴールドカードのインビテーションを受け取るためにはエポスカードの利用額が年間50万円となることが目安であり、さらに固定費の支払いを行うとより望ましいのがおわかりいただけたのではないでしょうか。 エポスゴールドカードに切り替えをすると特典がエポスカードより増加し、しかもインビテーションを受けて切り替えることにより年会費も無料で使用できます。 エポスカードを現在使用している方は、エポスゴールドカードへのインビテーションにぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

次の

エポスゴールドカードのインビテーション(招待)条件は?審査基準や来ない理由など完全ガイド

エポスゴールドカード 条件

エポスプラチナカードとは? エポスカードにて唯一有料のクレジットカード。 それがエポスカードの頂点を冠するエポスプラチナカードです。 エポスプラチナカードの主な特徴は下記• カード維持に20,000円(招待がない場合は30,000円)の年会費が必要• 誕生月のカード利用でもらえるポイントが2倍• 年間100万円のカード利用で20,000ボーナスポイント付与• プライオリティパスの発行が可能• コンシェルジュデスクが利用可能• プラチナグルメクーポン(レストランのコース予約で1名無料)優待が利用可能• 選んだ3店舗でのポイントが3倍(ゴールドカード以上)• 家族にゴールドカードの招待が可能(ゴールドカード以上) etc… いやはや、年会費が20,000円かかるとはいえ、すごい量の優待です。 コース料理の1名無料優待や、コンシュルジュデスクにプライオリティパスなどなど。 これ一枚あれば完璧です。 そして何よりすさまじいのが還元率! 仮にですが、「誕生月」に「ポイント3倍の店舗」で100万円の決済をすると仮定すると、ポイント還元は下記の様になります。 100万円の決済で5,000ポイント付与• 誕生月はポイント2倍なので5,000ポイント付与• ポイント3倍店舗での決済で10,000ポイント付与• 流石に1カ月で100万もつかわないと思いますし、ポイント3倍の店舗だけを利用するというのも難しいと思います。 WEBサイトから直接申し込み• エポスゴールドカードを利用して招待(インビテーション)を待つ WEBサイトからの申し込みは簡単ですね。 から直接申し込みが可能です。 ただし、 招待のない状態でWEBから直接申し込んだ場合、年会費が30,000円(年間100万以上利用すると翌年から年会費20,000円)となり、 カード取得の審査難易度も少々高くなると思われるのでご注意ください。 ちなみに、 家族にエポスゴールド持ちがいれば多少プラチナカード取得までの道のりをショートカットすることが可能です。 実はエポスファミリーゴールドの会員についても、条件を満たせばエポスプラチナカードのインビテーションをもらうことができます! えっ、なんでそんなこと知ってるかって? それはとーみねがエポスプラチナのインビテーションをもらったのが、エポスファミリーゴールドだからですよ。 笑 エポスプラチナカードのインビテーション(招待)条件考察 さて、皆様気になると思うのがインビテーションの条件だと思います。 なのでエポスゴールドカードの取得時期と年間の支払額を振り返ってご説明しようと思います。 インビテーションまでの期間 エポスゴールドカードの発行が2018年の8月中旬。 年間決済額の集計タイミングが2019年8月末で、今回プラチナカードのインビテーションをいただいたのが10月13日。 上記より考察すると、 ゴールドカード取得から14カ月後の13日(もしくは14日?)にインビテーションが来るようです。 エポスゴールドのインビテーションについても、基本13日、14日に来たようなので、日付についてもまず間違いないでしょう。 ちなみに、今回はゴールドカード取得の翌年に招待をいただいたので、ゴールドカード取得から何年間の経過年数が必要みたいな縛りもないようです。 インビテーションまでの使用額 とーみねは1年間で150万ちょっとエポスゴールドカードで決済していました。 他の人の意見も参考にしてみると、どうやら 年間100万円以上の決済が必要のようでした。 決済を集中させれば年間100万はそこまで難しくないでしょう。 どうしても厳しいという方は、tsumiki証券で積み立てでもしておくといいでしょう。 投資信託を月5万円までエポスカードで購入できるので、 年間60万までは決済額をごまかすことができます。 笑 tsumiki証券が気になる方は、こちらからどうぞ! まとめ おそらくインビテーションには期間と使用額が重要となると思われます。 1年間使用• 年間100万円以上の決済 上記2点を満たすことができれば、エポスプラチナのインビテーションがゲットできると思われます。

次の

エポスファミリーゴールド|クレジットカードはエポスカード

エポスゴールドカード 条件

直接申込でも年会費永年無料にできる 直接申込で取得した場合であってもエポスゴールドカードで 年間50万円以上利用すれば、 翌年以降の年会費が永年無料になります。 直接申込とインビテーション経由の申込を比較すると、インビテーション経由の申込の方が圧倒的にお得です。 そのためエポスカードで着実に利用実績を積みインビテーションの取得を目指しましょう。 インビテーションの種類 インビテーションは以下の3つのいずれかの方法で届きます。 アプリ(スマホ) PCまたはアプリ(スマホ)は、郵送より一足早く確認できます。 ただし、インビテーションが届いたとしてもメールなどで通知があるわけではないので、自分で普段からPCまたはアプリをチェックしておく必要があります。 PCのインビテーション PCのインビテーションは、会員サイトの「エポスNet」にログインすると「〇〇様へ ゴールドカード特別ご招待」と書かれたページが表示されます。 「今すぐ年会費無料でお申し込み」ボタンを押すと申込み手続き画面に遷移できます。 アプリのインビテーション アプリのインビテーションは、左上の「年会費永年無料ゴールドカードへご招待」と書かれたゴールドカードのアイコンが表示されます。 アイコンを押すと申込み手続き画面に遷移できます。 インビテーションの発行条件 エポスゴールドカードのインビテーションの発行条件は、 公表されていないため不明です。 そのため、ここでは私の実体験をもとに推測します。 まず、一般的にいわれているのが以下の条件です。 エポスカード作成後 6ヶ月(半年)以上経過 していること• エポスカードで 50万円以上利用 していること• 毎月の支払いを 遅延せず支払っていること 結論からいうと上記の条件で、ほぼ間違いないかと思います。 ただ、私の経験からいえば、支払額の部分が少し違います。 実際に私がインビテーションを受け取った時の支払い総額は 279,117円でした。 引落し履歴の詳細は以下の通りです。 私が最短であろう6ヶ月でインビテーションを受け取った時の発行条件をまとめると以下の通りになります。 エポスカード作成後(手元に届いてから) 6ヶ月10日• エポスカードで 279,117円の利用• 毎月の支払い 遅延なし については、以下の記事でまとめています。 あくまでも条件は非公開なので予想です。 ネット上の口コミでは、以下のような人もいますが、エポスカード側がチェックするタイミングによっては十分可能性としてはありえます。 20万円の利用でインビテーションが届いたという人• 5ヶ月でインビテーションが届いたという人 逆に1年以上利用&100万円以上利用しているのにインビテーションが届かないといった人もいるようです。 また真偽のほどは不明ですが、条件を満たした人の中からランダムでインビテーションを発行する人を抽出しているという噂もあります。 これが本当だとすれば条件を満たした場合であってもインビテーションが送付されないことになります。 マルイで利用した方がインビテーションが届きやすいか? 私はマルイで1回も利用していません。 マルイで利用したからといって特に有利になるわけではないかと思います。 利用しなくてもインビテーションは届きます。 公共料金の支払いに利用した方がインビテーションが届きやすいか? 私は公共料金の支払いにカードを1回も利用していません。 公共料金の支払いにカードを利用したからといって特に有利になるわけではないかと思います。 利用しなくてもインビテーションは届きます。 利用回数は多い方がインビテーションが届きやすいか? 私は月に1~3回程度しかエポスカードを利用していませんでした。 利用回数もあまり重要でない気はします。 ただし、極端な例ですが初月に30万円利用して以後半年間カードを利用しない場合、インビテーションが届くのか微妙な気はします。 もしかしたら、発行条件に 毎月(6ヶ月間)定期的に利用していることという条件があるかもしれません(ないかもしれません・・・)。 インビテーションの発行時期 インビテーションがPCまたはアプリに届くのは、ネット上の口コミ・私の経験から予想するとおそらく 毎月10日~15日頃だと思います。 私がインビテーションに気が付いたのは6月13日で、申込期限は7月31日でした。 インビテーションの発行時期についてはまとめると以下の通りになります。 PCまたはアプリにインビテーションが届くのは 毎月10日~15日頃• 申込み期限は 翌月末日まで インビテーションが届かない(来ない)パターン インビテーションが届かない場合、 20歳未満というのが原因かもしれません。 なぜならエポスカードとエポスゴールドカードの発行条件は以下の通りになっているからです。 エポスカード: 満18歳以上の方(高校生を除く)• エポスゴールドカード: 原則として20歳以上で、本人に安定継続収入のある方(学生を除く) エポスゴールドカードには「 原則として」という文字があるため、例外的に20歳未満でもエポスゴールドカードが発行される可能性はあります。 例外のパターン プラチナ・ゴールド会員の家族からの紹介でエポスファミリーゴールドを申し込む場合は、二親等以内で18歳以上(高校生を除く)であればOK しかし、あくまでも原則として20歳未満は発行対象外なので、18~19歳時点でインビテーションの発行条件を満たしていたとしても、エポスゴールドカードの発行条件を満たしていないため発行されない可能性があります。 エポスゴールドカードの申込み~到着までの流れ 申込み手順 エポスゴールドカードの申込みは、インビテーションが届いてからでなければ行えません(直接申込は除く)。 それでは実際の申込み手順を見ていきます。 1.エポスNetにログインしたら、「ゴールドカード特別ご招待」画面が表示されるので、「今すぐ年会費無料でお申し込み」ボタンを押します。 2.ゴールドカードお申し込み(年会費永年無料)画面に遷移するので、エポスカード規約を読み「同意してお申し込み」ボタンを押します。 3.画面に従って必要事項を入力していきます。 カードの受取方法に「 店舗・施設で受取」を選択すれば、最短即日で受取ります。 「 配達で受取」の場合は、1週間程度で受取れます。 4.入力した内容を確認して「お申し込み」ボタンを押します。 5.ゴールドカード受付手続き完了画面が表示されます。 これで申込完了です。 このあとは、以下のメールが送信されてくるだけで、何もすることはありません。 1通目のメール• 件名:エポスカードからのお知らせ• 内容:カード発送準備のお知らせ 2通目のメール• 件名:エポスカードのお申し込みについてのお知らせ• 内容:カード発送手続きに入った旨のお知らせ 3通目のメール• 件名:エポスカード発送のお知らせ• 内容:カード発送のお知らせ エポスゴールドカードが到着 申込んでから7日後(1週間後)の6月20日に簡易郵便で封筒が届きました。 封筒をあけてみると、「エポスゴールドカード」や「エポスゴールドカードのご利用ガイド」などの書類が入っていました。 カード申込日は2019年6月13日で、カードのご案内は2019年6月14日現在となっているので、一瞬でカード発行処理を行っていることが分かります。 おそらく審査なしです。 「エポスゴールドカードのご利用ガイド」と「エポスカード規約」 エポスゴールドカードのご利用ガイドには、エポスカードとの比較やエポスゴールドカードの特典内容が記載されています。 他には、エポスカードからエポスゴールドカードになるとカード番号が変更になるため「カード情報変更手続きのお願い」の紙も同封されています。 また、エポスゴールドカードの案内も入っています。 案内状には、年会費が永年無料になることや、今まで使っていたエポスカードを破棄する方法などが記載されています。 これはインビテーション専用の案内ではなく、直接申込との共通案内です。 エポスゴールドカードが届くまでの期間(2019年) 年月日 手続き内容 6月13日 22:58 エポスゴールドカードに申込み 6月13日 22:58 「エポスカードのお申し込みについてのお知らせ」メールが届く 6月15日 14:00 「エポスカードからのお知らせ」メールが届く 6月18日 22:00 カード発送(銀座郵便局 より) 6月19日 11:10 「エポスカード発送のお知らせ」メールが届く 6月20日 12:11 エポスゴールドカード到着 エポスゴールドカードを受け取るまでにかかった日数は 7日間(1週間)でした。 審査について ゴールドカードお申し込み(年会費永年無料)ページの「お申し込みにあたってのご注意」にお申込み条件として以下のように記載されています。 未成年・学生の方はお申し込みいただけません。 公式的には、入会できない可能性がある旨が記載されているため場合によっては、ゴールドカードが発行されない可能性はあるようです。 ただし、形式的な簡易審査はあるかもしれませんが、インビテーションが届いて落とされるということはないでしょう。 もし審査に落とすようなら、発行条件を達成してもインビテーションを送ってこないと思います。 まとめ インビテーションが届いたら、ぜひエポスゴールドカードに切り替えましょう。 切り替えない理由はありません。 通常のエポスゴールドカードよりエポスゴールドカードの方が絶対的にお得です。 いきなりエポスゴールドカードに申し込むのも良いかもしれませんが、最低でも年会費5,000円の支払いが発生してしまいます。 どうせならエポスカードを半年間で25万円以上利用して、エポスゴールドカードのインビテーションを取得し、インビテーション経由でエポスゴールドカードをGETした方がお得です。 年会費も永年無料です。 インビテーションの発行条件は比較的簡単なので、ぜひインビテーション経由でのエポスゴールドカードの発行を目指してください。

次の