足の指が痛い。 足の指をぶつけた!すごく痛いけど骨折か見分ける方法ってあるの?

足の指が痛い!痛む部位や症状別に足の指が痛む原因疾患について解説!

足の指が痛い

最新ブログ記事• 歩いた時に指の付け根や足の裏に痛みがあり、日常的に歩くだけでも足が痛くて辛い。 そんなことで悩まれていませんか? 足の裏や足の付け根に痛みがあると毎日億劫で歩くだけでも嫌になると思います。 症状がひどくなると歩くだけでなく、 朝起き上がった時や立ち上がり、1歩目の歩き出しで激痛が走ると言うことも少なくありません。 ほったらかしにしていると言いどんどん痛みが増えてしまい治すことに時間がかかってしまいます。 毎日辛い時間を過ごすもの嫌だと思います。 この記事では足の裏に痛みを感じたり指の付け根に痛みが感じた時の原因と対処方法についてお話をしていきます。 足の裏のタコはどこにありますか? 足の裏の原因を知る前に、まず見て頂きたいのが足の裏です。 足の裏のどの部分にタコがあるでしょうか? 下の写真をご覧いただきたいですが本来たこと言うのは足にできない方がいいです。 裸足になった状態で自分の足の裏を見てください。 タコがどの部分にありますか? それぞれタコができる部分によって症状が変わってきます。 タコができてしまうということ、その部分に過度に力が入っている証拠です。 力が本来分散していくものが、分散せず集中してしまうことで、足のバランスが悪くなって痛みが出てしまいます。 足の付け根に痛みを感じる事と言うのは、痛い部分にタコができていることがほとんどです。 結局のところタコができる原因と言うのは歩き方や立ち方が悪いので結果的にその部分に負担がかかり皮膚が硬くなってしまいます。 足の付け根の痛みや足の裏が痛いという場合 足底腱膜炎(そくていけんまくえん)、中足骨骨頭炎というものが当てはまります。 下記で詳しく解説をしていますので、これからみていきます。 足の裏や付け根が痛い病名とは 下記の写真を参考にしながら説明をしていきます。 痛みがある部分によって、ある程度症病名を考えることができます。 親指の付け根が痛む 外反母趾 足の裏では無いですが外反母趾の部分がこれにあたります。 外反母趾は見た目が明らかに曲がってしまっている場合はわかりやすいですが、初期の段階では親指の付け根の部分や足の裏が痛くなります。 変形をしている段階を見極める方法は親指の内側の部分が赤く腫れあがった状態にあるかどうかで見極めがつきます。 変形はしていなくても赤みがある場合は炎症起こしている証拠です。 外反母趾にたいする記事は下記をご覧ください。 中指と薬指の間が痛む モートン病 モートン病とは足の3番目と4番目の指の付け根部分が痛みと痺れが出ることをいいます。 あまり聞き慣れない言葉かもしれませんがモートン病になると非常に治りが悪くしびれと痛みに悩まされることが多いです。 原因不明な部分もありますが、一般的には歩き方や靴が悪くて痛みを感じてしまうケースが1番多いです。 モートン病に関する記事はこちらをご覧ください。 かかとの真裏が痛む 足底腱膜炎 足底筋膜炎、足底筋膜炎とは聞いたことがあるかもしれません。 足の裏には踵から指の付け根までついている大きな筋肉があります。 その筋肉を足底腱膜と呼ぶのですがこの筋肉の柔軟性がなかったりかかとの部分で炎症が起きてしまったりすると強烈な痛みを感じます。 足底腱膜は初期症状ではよく歩いた後なのに痛みが出るだけですがひどくなってくると足をつくだけでも強く痛むことがあります。 ほったらかしにすればするほど予後がが非常に悪いので早めに治療をする必要があります。 足底腱膜炎に関する記事はこちらをご覧ください。 足の裏の真ん中が痛む 偏平足 扁平足や開張足と言うような呼び方をしますが、土踏まずがない状態で歩いていると足の裏の真ん中が痛むことがあります。 短い時間取りならば特に痛みを感じる事はあまりありませんが、長時間歩くことが多いと痛みを感じることが非常に多くなってしまいます。 扁平足はすべての足の裏の症状に重なっていますが、外反母趾にしても足底腱膜炎にしてもモートン病にしても全て扁平足が重なっていると言っても過言ではありません。 扁平足があるならば必ず治す必要があります。 しかし、扁平測を治すのにもしても絶対に歩き方を変えなければ症状は変わりません。 最終的にはやはり歩き方が重要です。 偏平足に関する記事はこちらをご覧ください。 指の付け根が痛い 中足骨骨頭炎(ちゅうそっこつこっとうえん) 中足骨骨頭炎とはあまり聞き慣れない言葉だと思います。 指の付け根にある骨を中手骨といい、足にある部分を中足骨といいます。 この部分で炎症が起きてしまい痛みを出すのが中足骨骨頭炎です。 この症状の主な原因と言うのは付け根をよく使う方に多い疾患です。 例えばヒールが高い靴をよく履かれている方と言うのは指先ではなく指の付け根に重心がかかってしまいます。 負担がたくさんかかることによって指先の付け根に炎症を持ち痛みを感じてしまうのが1番の原因です。 以上が足の裏足の付け根に痛みがある場合の原因です。 この中で全てに共通する部分があります。 歩き方が悪くなってしまっている• 足の使い方が正常になっていない 先ほどタコの話を少ししていきましたが、タコができるという事はそれだけ足が正常に働いていないと言うことです。 正常に働いていないので足の裏に負担がかかってしまい結果的に痛みを感じてしまうのは仕方がない事です。 これらを治すためには絶対に歩き方を正常な状態に戻さなければなりません。 絶対に治さなければいけない歩き方 足の裏やつま先が痛い歩き方の特徴として重心のかけ方がうまくいってない方が圧倒的に多いです。 ここでは歩き方をきっちりとご説明したいと思います。 どういうことかといいますと、痛みが出てくる以前から指先を使わずに歩かれている方が多いです。 本来はかかと足の付け根そして親指と人差し指を使って地面を蹴るようにして歩きます。 3点というのは、つま先、足の外側、そして踵です。 この状態になってしまうと足のどこかに痛みが出てしまうのは仕方がないことと言えます。 歩き方は非常にです。 指先をいかに使うかです。 まずはまっすぐに立った状態から説明をしていきます。 立った状態の時に親指と人差し指の腹、足の付け根全体そして踵がすべて地面に付いている状態が1番正しい姿勢です。 この時に指が地面に着いていないのであれば浮き足になっている証拠です。 浮足になってしまうと指先が地面に着いていない感覚が1番わかるので必ず立ったときに指先が地面に着いているようにしてください。 歩き方 浮き足の方はベタベタ歩く方が非常に多いです。 本来正しい歩き方と言うのは上記でお話をした通り、踵からついて足の付け根の下、最後指先を使うと言うのが正しいのです。 浮き指になってしまうとかかとと足の付け根が同時に地面につくような状態になってしまいます。 同時につくような状態になってしまうと本来はつま先から体重が地面に逃げていくのですが地面に逃げることができずに足首やかかとに体重が全て残ってしまいます。 これらが原因で痛みを引き起こしてしまいます。 指の付け根に痛みが出てしまう場合は特にこの傾向が大きいです。 特にヒールをよくははかれる方に関しては、立った段階で指先が浮いてしまっています。 この状態で踵からついてつま先で地面を蹴りましょうと言うのは無理に等しいです。 足の疾患は男性よりも女性の方が圧倒的に多いのはこのような理由があるからです。 もう一つの簡単に歩く方法として 手を大きく振ることで足が前に出やすくなります。 歩いてみるとわかるのですが、手を大きく振ることと歩幅を少し大きくしなければこの歩き方はできません。 足に痛みがある方は上半身でバランスを取ろうとするので手を振らずに歩かれます。 しかしこの歩き方をすると歩幅が小さくなってしまうのでどんどん足の痛みを増やしかねません。 試しに手を大きく振って歩いて下さい。 足が前に出ていくのがわかりませんか?歩幅が増えませんか? ちょっと変えるだけで体はずいぶんと変わるので手を振るのを是非実践して下さい。 歩き方はとても難しいですが歩き方を改善しない限りは痛みを解消する事は難しいです。 正しい歩き方をもっと詳しく習得するには下記をご覧ください。 上記はモートン病を治すためと書いていますが、実際は同じことが言えますので、参考になさって下さい。 動画でも紹介しています。 上記の動画は実際に歩き方をしてもうまく歩くことができない方に対してお話をした動画です。 歩き方を変えるためにも是非ご覧になって下さい。 足の痛みを改善するためのマッサージ方法 動画でご紹介をしていますので併せてご覧になりマッサージクリームを使用するかお風呂の中で実践をしてください。 足底腱膜炎、外反母趾、モートン病、中足骨骨頭炎でも共通して行うべきマッサージ方法があります。 マッサージをすることによって筋肉を緩めることができるので足の痛みを改善させることが可能です。 文章で説明をすると難しいので動画でご紹介させて頂きます。 足の痛みを改善するためのストレッチ方法 上の説明で歩き方を紹介しましたが、歩き方を正しくしようと思うと足首の柔軟性がきっちりとついていないと歩くことが綺麗にできません。 痛みを改善させるためには必ず足首の柔軟性をつけることが必要です。 足首の柔軟性は絶対に必要ですのでこのストレッチを行ってください。 ふくらはぎをの伸ばすストレッチ 壁に向かって立ってください。 片方の足をつま先の上につけて立つようにしましょう。 重心を前にかけていくとふくらはぎがストレッチされていくのがわかると思うのでその状態のまま20秒間上を伸ばしてきましょう。 左右で2セットずつ行ってください 理想は1日2回行うのが理想的ですが、時間がない方は寝る前もしくは風呂上がりにストレッチを必ず行ってください。 太ももの後ろを伸ばすストレッチ方法 床に座って片方の足を伸ばし片方の足をあぐらをかくようにして曲げて座ってください。 伸ばした足のほうに体重をかけて太ももの後ろを伸ばすようにストレッチしていきましょう。 姿勢はできるだけまっすぐにすることをお勧めします。 片足20秒間以上伸ばしていき両足で2セットずつ行ってください 理想は1日2回行うのが理想的ですが、時間がない方は寝る前もしくは風呂上がりにストレッチを必ず行ってください。 ストレッチもマッサージも全て大切です。 それに合わせて歩き方を改善することが最も大切です。 是非全てを習得して下さい。 まとめ 特に体の使い方である歩き方を解消する事は絶対的に必要になります。 体を矯正するためにも自分の歩き方や使い方を理解することで早期に治すことができます。 足の痛みを取るためには歩き方を変えることとマッサージそしてストレッチを併用することがとても重要になります。 痛みをほったらかしにしていて治るものではないのでしっかりと対策をしましょう。 ひこばえ整骨院の足の裏の痛みに対する施術 足の裏の痛みを治すのには必ず専門的な知識が必要です。 ひこばえ整骨院では足の裏の痛みに対する施術をとても得意としています。 きっちりと施術をすれば改善をします。 もし、当院での施術を受けてみたいなと思ったら下記をクリック下さい。

次の

足の指がピリピリする!病気の可能性は?原因は?ケア方法は?

足の指が痛い

気になる所から確認してみよう• 足の指が痛い 人差し指 原因と対処法! 骨折や脱臼 「なんとなく人さし指が痛いな。 」と思いつつ我慢しているうちにだんだん歩く度に激痛を感じるようになり、人さし指のつけ根が熱くなり腫れ上がってきた、という症状の場合、 もしかしたら 疲労骨折や脱臼を起こしているかも知れません。 疲労骨折とは、どこかに激しくぶつけたり過度な重さを加えたわけでもないのに骨折状態を引き起こす症状です。 ランニングや高い場所からのジャンプなど、くり返し同じ部位に負担をかけることにより発生する症状になります。 人さし指が腫れ上がり、膨らみを押さえると痛みを感じる場合は骨折を疑いましょう。 ただし疲労骨折の厄介な点は、初期症状が出た場合でもX線画像には映りにくいということです。 MRIや骨シンチグラフィーですと初期症状から確認することが出来ます。 対処方法・激しい運動を1~2ヶ月はひかえる 治りかけたときに運動を再開してしまうと、再び負担がかかっていつまでも治りません。 様子をみながら激しい運動はしばらく控えるようにしましょう。 外反母趾 女性や、ダンサーなどの 足を酷使する職業の方に多く見られる症状です。 人さし指だけではなく、親指も痛みます。 ヒールのある靴やつま先の狭い靴を履くことで指に負担をかけたり、足の指を使わない歩行の仕方が原因です。 外反母趾は見た目ですぐに判断できます。 親指が小指の方向に曲がり 「く」の字型 、親指のつけ根にある関節が外側に飛び出します。 ドラッグストアなどでは外反母趾矯正グッズの取り扱いがあるところもあるので覗いてみてはいかがでしょうか。 整形外科や整体治療院を受診して今後の治療方針を相談しましょう。 種子骨炎 疲労骨折と同じような痛みが出ますが、こちらは骨ではなく親指のつけ根にある種子骨周辺の組織が炎症を起こしたことが原因です。 長い時間立ったままの仕事をされている方や、コンクリートやアスファルトといった硬い場所で激しい運動を行うと種子骨炎が引き起こされます。 対処方法・硬い場所での激しい運動は控える また立ち仕事の合間に、適度なストレッチを行うなど適度に足への負担を取り除きましょう。 スポンサーリンク 足の指が痛い 親指 原因と対処法 痛風 痛風とは漢字が示すとおり 「風が吹く程度のささいな刺激でも痛みを感じる病気」です。 足の指 親指 のつけ根にある日突然激痛を感じたら、それは痛風のような症状を発症する病気の初期症状かも知れません。 足の指のつけ根にチクチクとした激痛を感じた後は足全体が腫れ上がり、靴が履けず外出がままならなくなります。 特に血液検査で表示される「尿酸値」が3. 5~7. 0以上の方は痛風になる可能性が高いので要注意です。 対処方法・・・医療機関 内科か整形外科 を受診する 血液検査の結果など、心当たりのある方は医療機関を受診し、お医者さまの指導の下、治療を行います。 痛風の難しいところは、激痛に波があることです。 「治った」と思っても症状が表に出なくなっただけで、痛風自体は進行しているのです。 原因となる尿酸値を下げたり、人によっては尿酸値が低いのに痛風を発症する場合も多いですから、きちんと医療機関で診察を受け適切な治療を行いましょう。 外反母趾 原因と対処法は人さし指と同じです。 早めに対処しておきましょう。 参考動画:外反母趾施術テーピングやり方 4分程度の動画ですが、テーピングのやり方を詳しい解説付きで紹介しています。 参考にご覧下さい。 巻き爪 親指の爪の両端が指に食い込むように伸びるために痛みを感じる症状です。 親指(第一趾)の裏側のつけ根の先や爪の横側が痛む場合、よく指を観察してみて下さい。 見た目で爪が足の指に食い込んでいくのが分かりますので、原因はすぐに特定できます。 巻き爪への対処法 巻き爪は悪化すると膿が出たり炎症を引き起こし、最悪の場合手術が必要になります。 ドラッグストアには矯正器具も揃っていますので、まずは自分で改善を試みてみましょう。 「やり方が分からなくて不安」という方は早めに病院を診察し、適切な指導を受けましょう。 内出血 「親指紫色に変色している!」とショックを受けるかも知れませんが、指先に衝撃を受けると爪の内部で内出血を起こし、紫色ないしは黒色に変色する場合があります。 もし爪の部分ではなく指の一部分が紫色に変色している場合は血行不良が考えられます。 血行不良に陥る原因としては、つま先が圧迫される靴を長時間履いていたことや、冷え性、しもやけ、糖尿病性神経障害などがあげられます。 糖尿病性神経障害が原因となって引き起こされる血行不良の場合、ピリピリとした痛みを伴います。 またしもやけの場合は指全体に変色の症状が現れ通常より膨らみ指先が温まってくると痒みを伴う場合もあります。 内出血への対処法 基本的には放置していると治ります。 ただし治ってはまた発症するというように頻繁に繰り返す場合は、体質の問題が考えられます。 靴を見直したり、冷え取り対策を行ってみて下さい。 特に冷えは万病の元ともいい身体の不調に関係があります。 すでに冷え性でお困りの方も冷え性ではない方も身体の末端を冷やさぬような配慮が必要です。 それでも変化がない場合は病院で「いつから、どのような症状が続くのか」を具体的に相談しましょう。 また糖尿病性神経障害は、医師の指導の下に生活習慣を根本的に変化させなければ治りません。 早めに病院を受診し、指示を厳守します。 中足骨痛症 第三趾の付け根の膨らんだ部分を 「母指球」と呼びますが、この母指球の近くには 「中足骨関節」と呼ばれる部位があります。 血流不順や指の締め付け、神経腫などにより炎症を引き起こすことで起きる病気を中足骨痛症と呼びます。 人によっては靴の中に小石が入った時のような違和感を親指の付け根に感じます。 中足骨痛症の対処法 原因が数多くありますので、まずは原因を特定してから治療方法が決定されます。 素人では判断が難しいので病院でまずは診察を受けましょう。 治療は服薬や靴の改善、装具の使用など複合的に組み合わせて行います。 症状が重い場合は神経腫の切除を目的とする手術を行うこともあります。 スポンサーリンク 足の指が痛い 薬指と中指 原因と対処法 モートン病 足の指 第三趾と第四趾 が痺れるような「ビリビリ」「ちりちり」とした痛みで、 つけ根を上下から挟むようにして押すと激痛を感じる場合は、「モートン病」かもしれません。 また二本の指にまたがり症状が出ることも特徴の一つで、第三趾と第四趾の間にしびれを感じることもあります。 人によっては第二趾と第四趾の間に症状が出る場合もあります。 実は原因についてはまだはっきりと分かっていません。 おそらく歩き方 足のつけ根を着地に際に叩きつけるようにして降ろす歩き方など や足に合わない靴を長期にわたりはき続けた結果だろうと考えられており、 中高年に多い病気です。 モートン病への対処方法 ・テーピングする 痛みを手っ取り早く緩和するのに効果があります。 ただし原因自体を取り除けるわけではありません。 あくまで応急処置です。 ・適切な靴を履くようにする ヒールのある靴や前足部分が窮屈に感じる靴を履くのをやめましょう。 自分の足に合った靴を履くことで、原因を取り除くことも出来ます。 ・医療機関で受診する 原因を治すためには、専門の機関で適切な指導を受ける必要があります。 モートン病の疑いがある症状が出たら、早めに医療機関を受診しましょう。 スポンサーリンク 足の指が痛い 小指 原因と対処法 内反小趾 外反母趾はよく聞きますが、内反小趾はあまり聞きませんよね。 ただし原因や症状は殆ど外反母趾と同じです。 向きが逆になったとお考え下さい。 ほとんどの場合、 足のサイズに合わない靴を履いていることが原因です。 親指は小指側に向かって「く」の字状に曲がりますが、小指は薬指側に向かって「く」の字型に曲がります。 外反母趾は女性に多い症状ですが、内反小趾は男性や子供にも多い症状です。 悪化する前に医療機関を受診しておくと手術は避けられます。 あまり無理をしないようにするのが肝心です。 足の指が痛い場合は、指により原因は様々です。 自分で対処できる病気もあれば、 医療機関で専門家の指導がなければ改善できない病気もあります。 指により症状を見極め、場合によっては医療機関を受診するようにしましょう。 また指だけではなく、足の土踏まずやかかとが痛む場合もありますが、それは足底筋膜炎 そくていきんまくえん と呼ばれる足全体を支えるアーチ状の筋肉のトラブルが原因かも知れません。 いずれにせよ、早めの受診が問題の早期解決に繋がります。 何科を受診するべきか悩んだ場合は、整形外科に行きましょう。 当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。 スポンサーリンク.

次の

足の中指や薬指が痛い原因はモートン病かもしれません

足の指が痛い

〚ああ痛い!〛と唸る程、柱の角やタンスに足の指をぶつけた時や、玄関のドアが足の指に当たっ時など、とんでもなく痛くなる事がありますね。 ついうっかりしていて、でもそんな時がたまにやってきます。 痛いだけではなく、腫れてきたり、打撲なのか、それとも骨折をしているのか、ヒビが入ってしまったのか、どうなっているのかが分かりません。 そんな時はこのまま痛みが治まるまで待っていれば良いのか、病院へ行った方が良いのか迷ってしまいますが、応急処置も含めて、私の経験も含めてお話していきまでの、参考にして頂けたらと思います。 症状の見分け方、骨折、ヒビ、打撲のどれ? まずはそれぞれの症状で、どのタイプかの見分け方です! 骨折しているかの見分け方 骨折しているかの見分け方ですが、これが一番気になるところです。 「骨折の症状?」は骨が分離するかそれに近い状態になった時で、 ぶつけた後には激痛が走ります。 そして直ぐに腫れあがってきますね。 ズッキンズッキンから始まり、患部からの発熱もあります。 1時間もすれば左右比べると1. 5倍位には腫れてきます。 痛みは最低3時間位は続いてしまいますよ。。。。 しかし、 ヒビが入ったときのように、痛みが何日もは続きません。 暫くすると落ち着いてきます。 ただ、腫れは左右くらべて倍とはいかなくても随分と腫れてきます。 青あざや内出血は1週間は続いてしまうでしょう。 骨折、ヒビ、打撲それぞれの見分け方や症状の変化をお伝えしましたが、 なかなか病院に行けない場合もありますよね。 直ぐに治れば良いのですが、打撲でも やはり腫れも引かないでずっと痛い場合もあります。 ぶつけて痛みがあるようなら、 腫れる前に直ぐ冷やすと、血管を収縮できて、腫れや内出血をなるべく少なくできます。 氷の入ったバケツや、湿布、保冷板などが良いですね。 タオルをあててから、その上にアイス板を置いてください。 そして、 安静にして、患部は動かさない、負担をかけないが一番です。 一応のこの応急処置をすることで、最悪の事態は避けられますが、それでも腫れや痛みが治まらない場合は、やはり病院で診断を受ける方が安心ですね。 応急処置には冷やすのが良いと医師に教えてもらい、ぶつけたり、ものを落として痛いと思ったら、アイスノンなどで冷やすようにしています。 骨折やヒビの場合の治療 診断を受けて骨折かヒビとわかっても、直ぐ何かの治療をするのではなく、• ギブス• テーピング などでしっかり固定して、安静にして骨がくっつくのを待ちます。 ギブスをすることで患部が床に直接触れないようになります。 無防備な足は更にぶつけたりしてしまいます。 ギブスも強力でしっかりしているタイプだと、歩いてもズレがこないので良いですよ。 骨がくっついてから(通常一か月)してから、やっと整骨院で患部の筋肉や筋などのリハビリを受けられます。 骨折すると直ぐに何かしないといけないと思いますが、• ヒビが入ってから、一か月は骨がくっつくのを待って、 それからリハビリをする という事でした。 またなるべく安静にするようにと言われました。 日本整形外科学会の「骨折の治癒期間」について引用です。 しかし、条件を整えないと、骨はつきません。 また、折れた部位や折れ方によって骨のつきやすさに差があります。 一般に、骨折部のズレが小さく、骨折部の動きが少なく、骨折部に元気な細胞が多ければ、骨折はつきやすいです。 この原則は手術する場合もしない場合も当てはまります。 中略 治療方法や骨癒合までの期間は、折れ方によって千差万別ですので、ここには書ききれません。 引用先 気を抜いていなくても転んだりすると、いとも簡単にヒビや打撲になってしまいます。 「激痛」がなければ、打撲という場合が多いようですね。 骨折やヒビになれば激痛があり、すぐに腫れてきます。 また骨折をしたり、ヒビが入った後にリハビリをしないことで、その後の治りに影響が出たりしますし、数年後に古傷が傷む場合もあります。 しばらくして落ち着いてから、しっくりこないと病院で診断を受けてリハビリを受けるのが、長い目でみると時間の短縮になると思います。 管理人は手首にヒビが入り、直ぐにリハビリに行かずに、治るまでの期間をむやみに伸ばす結果にしてしまいました。 なんとなく「しっくりしない~」とおかしいと感じるの方がいれば、それは自分の体を、ご自身が一番敏感に感じていると思いますので、時間を作って整骨院へ相談に行ってはいかがでしょうか? 参考にして頂ければ幸いです。 meringuefine.

次の