灰色 と 青 歌詞。 灰色と青(+菅田将暉) 米津玄師 歌詞情報

【歌詞考察】米津玄師「灰色と青 ( + 菅田将暉)」歌詞の意味とは?

灰色 と 青 歌詞

「 灰色と青」は2017年11月に発売された、米津玄師さんにとって4枚目のアルバムとなる「 BOOTLEG」に収録されています。 本作は 俳優の菅田将暉さんがゲスト参加した事で話題となりました。 人気アーティストと人気俳優のコラボはとても話題になりましたね! なんともお洒落なMVの『灰色と青』。 公園のブランコで歌っている姿がこんなにも格好良いなんて、お二人のカリスマ性を感じます。 菅田さんと米津さんは曲だけでなく、その 独特なファッションセンスも人気を集める理由の一つですね。 「灰色と青」は、菅田将暉じゃないとダメだった? 菅田さんとのコラボの実現は、米津さん本人の強い意志があっての事だったようです。 米津さんは菅田さんのラジオ 【 菅田将暉のオールナイトニッポン】でこう語っています。 「絶対に一緒にやりたい!」って強く思ってて。 で、もうこれは口説けなかったら終わりだ!みたいな感じで食事会に行ってたから、ウィスキーとかガンガンに飲んじゃって・・ 引用:菅田将暉オールナイトニッポンより なんでも、菅田さんのドラマや映画などの出演作品を見て、びびっときたそうですよ。 米津玄師「灰色と青」歌詞の意味を考察! さて、そんな菅田さんと米津さんのコラボ曲「灰色と青」ですが、 気になるのはお二人が歌うその歌詞ですよね。 暑かった夏も終わり、時折涼しい風が吹く季節。 シャツの袖丈を悩んでしまうような、そんな季節の変わり目を表現しています。 無心で電車に揺られながら、なんとなく思い出したあの頃。 ふっと 懐かしい風景が浮かびます。 明け方の電車ということなので、夜遅くまで仕事をしていたのか、朝まで呑んだ帰りなのか・・・。 物思いにふける年頃として考えると、深夜のバイト帰りかもしれませんね。 それでも何事もなく繰り返していく日々と街並み。 そんな風景を電車の窓から眺めながら、 あの頃とは変わってしまった自分が窓に写ります。 「君」は今でもあの頃と変わっていないのだろうか? ここではきっと、小学生くらいの年ごろを表現していると思います。 「君」はきっと、あの頃よく遊んでいた親友とも呼べる存在なのでしょう。 二人乗りをしたり、乱暴な乗り方をしてボロボロになった自転車。 それに乗って、どこまでも探検しに行った思い出。 「今から、この線だけしか歩いちゃダメだからね!」 なんて決めたルールで、道路の路側帯の白線の上を綱渡りしたり・・。 もしくは、そのあとの「膝に滲んだ血」ということから、こけて膝を擦りむいたのなら縁石の上の綱渡りだったり? そんなバカバカしい遊びで楽しんでいたあの頃が懐かしすぎて、 今の 現実とのギャップに虚しさを覚えているようです。 きっと変わらない「何か」がありますように。 この「何か」は、純粋だった「あの頃の気持ち」や、友情など忘れてはいけないものを指していると思います。 そして、「 それだけは絶対に無くさずにいられますように」という願い。 そんな想いと、あの頃の自分が「今の自分」を励ましてくれています。 これは米津さん本人を支えてる部分なのかもしれません。 そんな想いを胸に、今も歌っているのでしょう。 忙しい毎日を送る「君」は、タクシーに揺られながら少しだけ気を抜いた瞬間のようです。 移動中、窓の外を眺め 眩しさにくしゃみが出たのかもしれませんね。 まさに仕事に忙しくしている「菅田将暉」さんが想像できます。 とにかく忙しく、日々に追われている状態なのでしょう。 今では大人になって、そんな感動すらも覚えなくなってしまった。 大人になると、忙しさに追われて、大事なものを忘れがちです。 だからこそ、あの頃みたいな「純粋な気持ちと感動」は、忘れられないのかもしれません。 遊びに夢中になりすぎて、靴をいつの間になくしてしまったのか? それとも、「靴飛ばし」をして遊んでいたら、茂みに入ってしまってなかな見つからなかったのか・・。 そんな何でもないあの頃の一瞬を、まるで昨日のことのように思い出しています。 「 俺たち2人なら、絶対に何でもできる!」 青の頃は本気でそう思っていた 純粋な気持ち。 そして笑い合えた「笑顔」をはっきりと覚えている。 米津さんは、この時代への思い入れが強いのかもしれません。 それでも続いていく毎日。 そして、それをなんとか乗り越えてやっている自分自身を褒めてあげよう という意味ではないでしょうか? そしてそれを支えているのも、やはりあの頃の自分。 だから今も歌うことが出来るのでしょう。 ここでの歌うは「 日々を送る」という意味での歌うと表現しているように感じます。 朝日が昇る、夜明け前。 太陽の光に消されて、月は欠けていきます。 自分が見ているこの景色を、「君」もどこかで見ているのだろうか? そう思った瞬間に、胸にこみ上げてくるものを感じます。 そして、わけもなく溢れてくる涙。 目に滲んで、風景が霞んで見えるのでしょう。 すでに美化されつつある思い出。 だからこそ、なおさら 今の自分を重ね合わせ、「悲しさ」がこみ上げてきているようですね。 あの頃の気持ちを忘れないまま、ここまで歩いてこれたなら良かったのに。 そんな後悔を感じながらも、「今ならまだ変われるかな?」という気持ち。 そして、その想いを胸に歩き始めたとき、 「街中ですれ違うように」ほんの一瞬で構わないから「君」に会いたい。 そんな心の変化が現れている部分ですね。 前者は、欠けていく月に想いをはせ、切ない気持ちでしたが、 ここでは前向きな印象。 何かが吹っ切れたように、歩き出す瞬間のように感じます。 これから朝日に照らされていく空を「君」はどこかで見ているかな? 何もなく変わらない日常が続くことの幸せ。 その青く広がる空がこれからの新たな未来を照らしているのだと思います。 確かに、美化されていく思い出に、切なくなることってありますよね。 でもそれを乗り越えて、人はまた 大人になっていくのだと思います。 そして、その大人と子供の境目を、まるで夜明け前の「夜空」と「青空」に例えている気がします。 空に「 灰色と青」が交わる頃、あなたは何を想いますか?.

次の

灰色と青 ( + 菅田将暉) 歌詞「米津玄師」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

灰色 と 青 歌詞

朝日が昇る前の欠けた月を 君もどこかで見ているかな 何もないと笑える朝日がきて 始まりは青い色 「もう終わったことなのにまだ忘れられないでいるよ」と、いつまでも前に進めずにいた自分に 客観的に気づく場面ですね 何か整理がついたように感じられます。 「何もないと笑える朝日」 切ないですが、前を向けた瞬間かもしれません。 明け方の青に溶け込んでいく。 最後の最後に「僕」の止まっていた時計の針が動き出す。 そんな瞬間を迎え『灰色と青』の終わりを迎えます。 最後に 米津玄師さんの『灰色と青 +菅田将暉 』の解釈と考察、いかがでしたか?? 私、砂糖塩味が以前考察した同じく米津玄師さんの『orion』のアフターエピソードのように感じられました。 私、ずっと灰色と青大好きでした 最高でした。 うん、めっちゃ私のせいではるどなりでした。 本当にありがとうございました。 春だね。 何故か訳ないのに胸が痛くてが面白いかなーって言いました。 だから、3月は、春です。 3月と4月は、はるどなりです。 4月にななをあかりさんのアルバムマンガみたいな恋人がほしい発売中です。 私の好きな色は、青色です。 曲名は、私はあなたにって言う曲です。 あのね、私、3月19日に卒業式があります。 今、新型コロナウイルス感染している人いるね。 灰色と青は、灰色と青の曲だそうです。 あのね、曲名もいるって言う曲は、映画二ノ国主題歌です。 もう私、昨日ヒカキンさんのこと卒業おめでとうございます。 って言ってました。 ありがとうございます。 お誕生日に、須田さんのアルバムporteが届いていました。 ありがとうございます、須田さん。 もう私は、年齢12歳です。 1月30日生まれです。

次の

米津玄師、菅田将暉

灰色 と 青 歌詞

夏の終わりのころ、明け方の電車に揺られている僕。 その窓の外には懐かしい故郷の風景が流れている。 たくさんの遠回りをしたという事は帰ってきたとも推測できます。 同じような街並みは故郷の風景でしょう。 そして窓に自分が写っているのを眺めています。 その自分の顔はどんな顔をしていたのでしょう。 少年時代の思い出と膝に残った傷跡を見てなぜか虚しさを覚えているのです。 その変わらない何かが昔の友達にも残っていることに励まされ、歌うと言っています。 古くからの友人に再開したのかもしれません。 久しぶりに再開したのに変わらない何かを感じ、歌を歌っている状況に哀愁を感じているのです。 タクシーに乗りながらくしゃみをし外を眺める。 ふと子どもの頃、心が震えた瞬間を思い出し、そんな遠い記憶が蘇ったことに驚いているのです。 その頃はまだ悩みなんてなかったことを羨ましく思っているのかもしれません。 そんなことを思いながら故郷の懐かしい日々を思い出して歌うのです。 なぜか胸が痛くて滲む顔と言っています。 理由はないのに、なぜかかつての友のことを思い出しています。 できることなら、あの頃に戻ってやり直したいと言っています。 その景色はかつて見た青春の日々の香りを放っていたのかもしれません。 その香りはかつて感じた青春の香りとは違い、味気ない都会での孤独をより一層深める匂いだったのです。 始めの歌詞は故郷からの帰りの電車での出来事かもしれません。 まとめ とても奥深い感情を表現しています。 大人になることに無情や孤独を感じ、子どもの頃のがむしゃらな日々との対比によってあまりも儚い大人の日々を嘆いているのかもしれません。 そんな感情を切なく描いた名曲です。

次の