手指 消毒 アルコール。 手指衛生<手指消毒>|製品情報|サラヤ株式会社 企業法人向

キッチンの消毒用アルコールと、手指の消毒用アルコールの違いを教え...

手指 消毒 アルコール

アルコール消毒液の品薄は続いていますが、 最近は、ドラッグストアやネットでちょくちょく見かける機会も増えてきました。 しかし、これまでの大手の商品だけでなく、 これどこが作ってるの? っていうものがけっこう多いですよね。 でもやっぱりアルコール消毒液は欲しい。 そんな時は、 アルコール(エタノール)の濃度を確認することが大切です。 最適な濃度はどれくらいか? 各商品の濃度は? このあたりをまとめてみます。 濃度と殺菌効果 濃度については、諸説ありそうですが、 どこを見ていても、 一つの基準として「 70%」というのがありそうです。 70%あるとウイルス対策として効果が高いということですね。 じゃあ、それより低いと効果が無いのか? という疑問が湧いてきますが、 どうやらそうではないようです。 花王さんのレポートによると、 エタノールの殺菌効果は40%あたりから急激に現れ70%で最大の効果を示します。 出所) とのことなので、 40%以上あれば一定の効果はありそうです。 但し、濃度によって殺菌のメカニズムが異なり、 結果として、ウイルスの死滅時間が変わってくるそうなので、 低めの濃度の消毒液を使う場合は注意が必要です。 それから、あまり売ってはいませんが、 濃度が高ければいいのか? というとそういうわけでもないようです。 例えば90%とかの消毒液があったら、 それは殺菌効果が高いのかと言うと、必ずしもそうではないそうです。 揮発性が高くなるため、 手になじませる前に濃度が下がってしまうことなどが理由のようです。 また、あまりに濃度が高いと手荒れも心配です。 手が荒れてしまうと逆効果になりますので、 肌が弱い方は、保湿剤入りのものを選んだり、 濃度が高すぎないものを選ぶのが良いかと思います。 では、消毒剤別にアルコール濃度をまとめてます。 商品本体に記載があればいいのですが、 無いものもけっこうあるので、 HPやコメント欄などから分かった数値を書きます。 掲載順は、基本的にアルコール濃度の高い順です。 アルコール濃度80%以上 1. プレヴェーユ 薬用ハンドジェル プレヴェーユの薬用ハンドジェルです。 アルコール濃度83vol%と、なかなか見ない高濃度です。 据え置きで使うには、 少し量が少なめかなと感じますが、 高濃度かつ日本製というところに安心感があります。 指定医薬部外品というのも安心ですね。 湿潤剤にアラントインを配合とのことで、 高濃度でありながら、肌にも優しい商品です。 こちらの商品の原材料を見てみると、• 成分:100mL中 日局エタノール83mL含有• 添加物:カルボキシビニルポリマー、アラントイン、DL-アラニン、トリエタノールアミン、 精製水、香料 となっていますが、 実は、上記の赤字部分( 精製水、香料)以外は、 先日販売となり、既に在庫切れとなっている、 薬用ミューズ 消毒ハンドジェルと同じ構成です。 (「ミューズ+(精製水、香料)」というイメージ) しかも、ミューズはベトナム製なのに対して、 こちらは日本製ですので、 ブランド名は違えど、安心して使える商品かと思います。 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(0. アルキルグリコシド(0. 1%以上)• アルキルアミンオキシド(0. 05%以上)• 塩化ベンザルコニウム(0. 05%以上)• ポリオキシエチレンアルキルエーテル(0. 2%以上) ベンザルコニウム塩化物(塩化ベンザルコニウム)が入っていますね。 早く適正価格で手に入るようになって欲しいですが、 会社等で見かけたら、しっかり使っておきましょう。 東亜産業 TOAMIT ハンドジェル 500ml 安心の日本製ハンドジェルで、 アルコール濃度は56~59%です。 最近ではスーパー等でも山積みになっていますね。 手に入れやすく、大容量なのがメリットです。 最近では、北里大学の調査で用いられ、 適切に使うことで 新型コロナウイルスの感染力を失わせる効果がある という報告がありました。 今後、他の商品でも検証を進めていくそうなので、 結果に期待したいですね。 武内製薬 アルコールハンドジェル 日本製ハンドジェルです。 アルコール濃度50%とあまり高くはありませんが、 オーガニック成分の「チャ葉エキス」も配合されており、 手に優しいというのがいいところだと思います。 また、ベンザルコニウムクロリドも配合されています。 こちらは化粧品用の成分表示名称で、 医薬部外品であれば、塩化ベンザルコニウムです。 医薬部外品のような効果は期待できませんが、 殺菌剤が含まれているという点で安心感があります。 しかし、 SKCARAの方には、 韓国検査機関KOTITIの試験結果による成分表があり、 エタノール70%になっていますが、 PU:RECIPEにはそれが付いていません。 また、 アルコール濃度が60wt%(約67vol%)を超えると、 消防法により「火気厳禁」の表示が必須ですが、 PU:RECIPEにはやはり記載がありません。 SKCARAも「火気厳禁」ではなく 「 火気注意」という文言なのは引っ掛かります。 「火気注意」は アルコール濃度が60wt%未満だけど、 エタノールが含まれるので注意してね という業界ルールだと思うので、 SKCARAも本当に70%?という感じがします。 どちらもドラッグストア等で大量に売られているので、 確かなものと信じたいですが、 パッケージにアルコール度数の記載が無かったり、 「火気厳禁」の記載が無かったり、 ちょっとどうなのかな~という商品だなと思います。 まとめ 様々なアルコール消毒液をご紹介しました。 名前を聞いたことがあるものならいいですが、 よくわからないものに出会ったら、 まずはアルコール濃度を調べてみると良いと思います。 一つの基準としては70%ですが、 40%以上あれば、ある程度の殺菌効果は期待できるようです。 また、ちょっとアルコール濃度が低めだなと思っても、 実は主成分はベンザルコニウム塩化物ということもあります。 このような商品の場合、比較的安価でありながら、 エタノールとの合わせ技で高い殺菌力が期待できるので、 アルコール濃度を見た後に、有効成分を確認することも大切だと思います。 アルコール消毒液の品薄で、 次亜塩素酸水にも注目が集まっています。 こちらもいろいろな商品が乱立していますので、 選び方とおすすめ商品をご紹介しています。 lucky90.

次の

手指衛生<手指消毒>|製品情報|サラヤ株式会社 企業法人向

手指 消毒 アルコール

アルミ個包装のため、気密性が高く濃度低下がほとんどありません。 自己注射時や血糖値測定時、手指・皮膚の消毒時に常に最適な消毒効果が得られ、持ち運びにも便利です。 アルコール・カット綿の準備や、万能ツボの再生業務 洗浄・滅菌 の省力化が図れます。 脱脂綿は毛羽立ちを抑えているため、使用部位への綿残りがほとんどありません。 噴霧量は0. 75〜4mLの間で5段階調節ができます。 乾電池とACアダプタの2Way方式を採用。 電池寿命は、アルカリ電池の場合約3ヶ月 1日100回使用。 【付属品】壁取付用部品一式、受皿、受皿キャップ、廃液チューブ、火気厳禁シール【質量 kg 】2. 表面は青色をしています。 箱の中は小分けしやすいように10枚づつビニル袋に3パック入っています。 フィルターを不織布2枚で挟んでいます。 両手を入れるとセンサーがはたらき、消毒液が自動的に噴霧されます。 器具やスイッチに触れる必要がないので、とても衛生的です。 消毒液の残量や使用可能状態が確認できるLED表示などの機能があります。 【用途】手指の消毒。 感染症、食中毒リスク現場すべて。 【仕様】アルコール手指消毒剤専用【トラスコ品番】406-7703【幅 mm 】250【質量 kg 】4. アルコール濃度は消毒用エタノールと同じで、広い抗菌スペクトルや迅速な殺菌作用を示します。 包丁、まな板等の調理器具、レンジ、換気扇等の油汚れの掃除、テーブル、ドアノブ、トイレ等の消毒にもご使用いただけます。 【効果】殺菌、除菌、消毒【成分】エタノール76. 9〜81. 添加物としてイソプロパノール3. 【種別】指定医薬部外品【保存方法】室温【用法】塗擦または脱脂綿、ガーゼに浸して清拭する。

次の

【楽天市場】【日本製】《手指消毒用アルコール》蘭アルコール70% 720ml【RAN ALCOHOL 70%】※飲用不可 3本セット:焼酎のお店 焼酎

手指 消毒 アルコール

除菌アルコール製剤ってどんなもの? 私が見かけて購入してきた除菌アルコールには、「 様々な食品の除菌・保存に使用できます」と書かれてありました。 そもそもアルコール製剤とはどういうものなのでしょうか? アルコール製剤というのは、 エタノールを主な成分としています。 ここに有機酸などの添加物を加えて作られたものをアルコール製剤と呼ぶそうです。 エタノールは単に濃度が高ければ除菌ができる、ということではないそうで、 除菌効果がもっとも高い濃度は70%程度といわれています。 アルコール製剤は、エタノールにその他の成分を配合することにより、濃度がやや低くても70%の濃度のものと同じくらいの除菌力が得られるように工夫して製造されているのです。 ちなみに私が購入したアルコール製剤の成分は以下の通り。 ・エタノール 71. 260% ・乳酸ナトリウム 0. 0025% ・精製水 28. 715% 乳酸ナトリウムは抗菌作用と保湿作用があり、日持ちの向上や風味の向上を目的に幅広い食品に使用されている食品添加物だそうです。 食品添加物製剤のアルコールの特徴 食品衛生を目的として作られたアルコールは次のような特徴があります。 安全性 食品衛生の分野で使用することを目的にしたアルコールは、食品用アルコールに添加物などを加えて作られています。 このため、 安全性に優れています。 また、揮発性が高く残留が少ないこと、無色透明で食品の風味への影響が少ないことから幅広く利用されています。 除菌力 アルコールを利用しているので、 除菌力に優れています。 ウイルスや細菌などを除菌することで安全性が高まります。 簡単に使える 使用後にすすぐ必要がないので、 誰でも簡単に使うことができます。 スプレーで使用すれば広範囲を効率的に除菌できますし、すすぎや拭き取りも不要です。 使用上の注意点 アルコールなので、 引火性があります。 火気に近づけないように注意が必要です。 また、使用するときには 十分な換気をします。 水分が残っているとアルコールが薄まるので除菌の効果が薄れます。 水気はしっかりとふき取ってから使用しましょう。 手指にかかっても大丈夫? 食品添加物製剤のアルコール製剤は、基本的に食品にも使用することができる安全性の高いものです。 使用するときに 手指にかかってしまっても問題はありません。 食器や食卓などの除菌や、ドアノブ、家具に対しても使用できますが、アルコールがついても問題のない素材に対して使うことが大切ですね。 消毒用アルコールとの違い 手指の消毒用に使われる消毒用アルコールの成分を確認すると、「エタノール76. 9〜81. アルコール製剤と違うところは、 乳酸ナトリウムなどの添加物が含まれていないことです。 「消毒用エタノールIP」と書かれているものは、イソプロピルアルコールが添加されているのだそう。 この二つの呼び名の違いは、酒税法の関係だそうです。 アルコール製剤には食品添加物の乳酸ナトリウムなどが添加されている一方、消毒用はアルコール以外の添加物がほとんどないことがわかります。 食品や食器の除菌用に使われるアルコール製剤は、その性質上から 手指にかかっても安全性には全く問題がありませんが、手指の消毒は用途外であることから、 手指用に使用することは推奨されていません。 できれば法令で定められている指定医薬部外品のアルコールジェルや、第3類医薬品に指定されている消毒用エタノールを使用するのがよさそうです。 いかがでしたか? アルコール製剤は用途に合わせて選択し、使いたいものです。 ただ、まだまだ状況は予断を許さず、市場の供給も間に合っていないようです。 アルコールの消毒だけに頼らず、しっかりと手洗いやうがいをしていくのがよさそうですね。

次の