酢キャベツダイエット。 キャベツダイエットの効果的なやり方と食べ方や口コミ!

酢キャベツを取り入れても痩せない人の理由

酢キャベツダイエット

デブ菌撃退におすすめ【酢キャベツ】 「世界一受けたい授業」の番組内で、デブ菌撃退におすすめだというレシピ「酢キャベツ」が紹介されました! キャベツに多く含まれる食物繊維は、 デブ菌の繁殖を抑える働きがあります。 さらに、 お酢は悪玉菌の過剰繁殖を防ぐ効果が期待できるため、最強コンビなのです。 さらに、すし酢を使えば塩もみ不要です! 保存期間:季節にもよりますが、冷蔵庫で10日〜2週間ほど保存が出来ます。 酢キャベツの効果的な食べ方 毎食100g(小皿一杯ほど)食べるのが理想! 食べるタイミングは、食事の前に食べる。 食事の前に食べることにより、その後に 炭水化物や脂質を摂っても、血糖値の上昇を防ぐことが出来ます。 また噛みごたえがあるため、その後の食事の量を抑えられる効果もあるので、おすすめです。 「酢キャベツ」のアレンジレシピ12選 「酢キャベツダイエット」は食べ続けないと効果がなくなってしまいます。 酢キャベツとウインナーの煮込み キャベツの酢漬けをウインナーと一緒に煮込む、ちょっとフシギなザクザク食感のドイツ料理です。 キャベツの処理は省略し、常備した酢キャベツをそのままお使い頂けます。 酢の物好きな私も飽きて。 オリーブオイルをかけて酸味和らぎダイエット継続。 ご飯にかけて食べてもよし、元気もりもりで痩せ菌を増やしましょう。 このタルタルソースはその他フライやお肉など、違うお料理にも合います。 酢キャベツで生春巻き 食事でもデブ菌退治!!好きな具材を入れてください。

次の

キャベツダイエットの効果的なやり方と食べ方や口コミ!

酢キャベツダイエット

記事の目次• ダイエットに効果的!?酢キャベツとは 酢キャベツとは刻んだキャベツを酢で漬けたものです。 ダイエットに効果的とテレビで紹介されて、大きな反響を呼びました。 酸っぱいキャベツと聞くとドイツの「ザワークラウト」を思い浮かべる人がいるかもしれませんが、それとはまったく別物です。 作り方は、 千切りにしたキャベツと酢と塩を混ぜ、冷蔵庫で保存するだけ。 毎日少しずつ食事に取り入れれば、ダイエットができるという手軽さです。 酢キャベツに期待できる効果 酢キャベツにはどのような効果があるのでしょうか?キャベツと酢の効果それぞれについて見ていきましょう。 キャベツに期待できる効果 まず、キャベツに期待できる効果について紹介します。 食べすぎを防げる キャベツはよく噛んで食べることが必要になります。 しっかり噛むことによって満腹中枢が刺激され、満腹感を得ることができます。 食事の前に食べることでそのあとの食事の量が減り、食べすぎを防止することができるでしょう。 便通を整える キャベツは食物繊維が豊富で、便通を整える効果が期待できます。 食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があり、バランス良く摂ることが大切。 水溶性食物繊維は水分を吸収して便を軟らかくして排便しやすくする働きがあり、不溶性食物繊維は便の量を増やして腸を刺激し排便を促します。 キャベツには100g中に約1. 8gの食物繊維が含まれ、 2種類の食物繊維がバランス良く含まれているのが特徴。 便秘がちな人は酢キャベツを食べることで、ダイエットだけでなく便秘解消効果も期待できるでしょう。 腸内環境が良くなる キャベツの食物繊維を摂ることで、腸内環境を良くすることができます。 腸内環境の悪化は、太る原因のひとつです。 太りやすい人の腸内には「デブ菌」と呼ばれるという腸内細菌(フィルミクテス門菌)が生息していてますが、このデブ菌には脂肪や糖分を溜め込む性質があります。 腸内にデブ菌が増え過ぎると、食事で摂った大量のエネルギーを吸収して、太りやすい体質になってしまいます。 一方、腸内には「ヤセ菌」と呼ばれる細菌(バクテロイデス門菌)もあり、脂肪を燃焼してくれる性質があります。 食物繊維には腸の善玉菌を増やす作用があり、 腸内にヤセ菌を増やす効果が期待できます。 腸内環境が整い、痩せやすい体質になるでしょう。 むくみ予防 キャベツにはむくみを予防する効果も期待できます。 むくみの原因のひとつは塩分(ナトリウム)の摂り過ぎにより体内に余分な水分が溜まってしまうこと。 キャベツには ナトリウムの排出を促すカリウムが豊富に含まれ、むくみの予防・改善に働きます。 酢に期待できる効果 次に、酢を摂ることで得られる効果について紹介しましょう。 血中の中性脂肪低下 酢には酢酸、クエン酸という成分が含まれ、血中の中性脂肪を下げる効果が期待できます。 酢酸は脂肪の合成を抑制したり、溜まった脂肪を燃焼する作用がある成分。 また、クエン酸には、体内の脂肪をエネルギーに変えて消費する作用があります。 酢を使った臨床試験では、血中の中性脂肪が低下するという結果が確認されています。 食後の急激な血糖値の上昇を抑える 食事と一緒に酢を摂ることで、食後の急激な血糖値の上昇を抑える働きがあります。 糖分を摂り過ぎると血糖値が急上昇し、血糖値を下げるためにインスリンというホルモンがたくさん分泌されます。 インスリンは脂肪を合成する働きがあるホルモンなので、血糖値が急上昇すると脂肪が蓄積しやすくなってしまうのです。 酢を摂って血糖値の上昇が抑えられることで、体に脂肪がつくのを抑えることができるでしょう。 コレステロールの抑制 酢には悪玉コレステロールが溜まるのを防ぐ効果も期待できます。 コレステロールには悪玉と呼ばれるLDLコレステロールと善玉と呼ばれるHDLコレステロールがありますが、そのバランスが崩れて悪玉コレステロールが増えると血管を塞いでいろいろな病気の原因になります。 酢にはアミノ酸が豊富に含まれ、このような悪玉コレステロールを抑える働きが確認されています。 疲労回復効果 酢には、疲労回復効果も期待できます。 クエン酸やアミノ酸が体の中でエネルギーを作り出す機能を高め、疲労を素早く回復してくれます。 ダイエットで運動している人に特におすすめ。 筋肉疲労の回復を早めて、運動効率が高まるでしょう。 酢キャベツダイエットのやり方 ここからは、酢キャベツを使ったダイエットの具体的なやり方について紹介しましょう。 酢キャベツから食べる 酢キャベツは食事のときに一緒に食べますが、一番先に食べることが原則です。 ダイエットのためには、食べる順番はとても大切になります。 炭水化物など糖質が多い食品を最初に食べると血糖値が上がりやすくなり、脂肪を溜めるホルモン・インスリンが分泌されてしまうからです。 1回100gが目安 1回に食べる酢キャベツの量は100gが目安で、小皿1杯分になります。 よく噛んで食べることで満腹感ができ、そのあとの食事の食べ過ぎを防ぐこともできるでしょう。 食べる順番が一番最後になる炭水化物の量が減ることで、ダイエット効果が高まります。 2〜3週間は続ける 酢キャベツダイエットは少なくとも、2〜3週間は続けましょう。 酢キャベツダイエットは、腸内環境を良くして痩せやすい体質に変えていくもの。 食事を制限するダイエットと異なり、急激な減量効果はありません。 毎食ごとに酢キャベツを食べることで穏やかに作用し、ダイエット効果を発揮していきます。 酢キャベツを多めに作って冷蔵庫に入れておけば、忙しいときでも簡単に摂ることができて続けやすいでしょう。 酢キャベツは効果ない?痩せない時の原因 酢キャベツを食べているのに、なかなか思ったように体重が減らない場合もあります。 その場合、次のような原因が考えられます。 飽和脂肪酸を摂り過ぎている 食事で乳製品、肉などの飽和脂肪酸を摂り過ぎていると、痩せづらくなります。 動物性脂肪に代表される飽和脂肪酸はエネルギー源として必要なものですが、摂り過ぎると肥満の原因になるからです。 飽和脂肪酸の量を減らし、植物や魚に含まれる不飽和脂肪酸を多く摂るようにしましょう。 油料理にはオリーブ油などの植物油を使い、メインの料理では肉だけでなく魚も取り入れるようにするのがおすすめです。 酢キャベツ以外のものを食べ過ぎている 酢キャベツダイエットをしていても、それ以外のものを食べ過ぎていたら痩せることはできません。 あくまでも体重が減少するためには、消費カロリーが摂取カロリーを上回ることが必要になります。 摂取カロリーが大幅に高い状態では、脂肪を燃焼することはできないでしょう。 酢キャベツを食べるだけでなく、カロリーの摂り過ぎにも注意することが大切です。 間食の食べ過ぎや甘い飲み物を飲んでいる、カロリーの高い食事を摂っているなど間違った食生活をしていないか見直してみてください。 期間が短い ダイエットをしている期間が短いのに「痩せない」と判断している場合もあります。 酢キャベツダイエットで痩せるメカニズムは、腸内環境を整え、脂肪を溜めない体質に変えるというもの。 そのため、効果が出るまでにはある程度の期間が必要になります。 数日では効果を判断することはできません。 少なくとも2〜3週間は続けてみましょう。 酢キャベツの量が足りていない 酢キャベツを食べる量が少ないと、その効果が十分に発揮されません。 毎食の前に食べる量は100gで小皿1杯分です。 酸っぱいものが苦手な人は、このあと紹介するアレンジ方法を試してみるといいでしょう。 酢キャベツダイエットをより効果的に行うのであれば、 1日1食分の主食を酢キャベツに置き換えるのもおすすめです。 ただし、三食の主食をすべて酢キャベツに変えるのはやめましょう。 糖分が不足して低血糖になる可能性があります。 もともと野菜好きでよく食べていたので食物繊維の量が増えていない もともと野菜をたくさん食べていて食物繊維を多く摂っている人は、 酢キャベツを食べても劇的な効果は期待できないでしょう。 食事だけでなく運動を取り入れるなど、ダイエット効果を高める工夫をしてみてください。 腸内にLDLコレステロールが多い 腸内に悪玉と呼ばれるLDLコレステロールが多いと、ダイエット効果が上がりにくくなります。 コレステロールはもともと体に必要なものですが、過剰なLDLコレステロールは病気の原因になるとされています。 酢キャベツにもコレステロールを抑制する効果が期待できますが、通常よりもダイエット効果が出るまでには時間がかかりやすいでしょう。 酢キャベツの作り方 酢キャベツの基本の作り方について、紹介しましょう。 酢: 300cc• キャベツを千切りにし、ジッパー付きの袋に入れる 2. キャベツに塩を振って揉み込む 3. 酢を加えてさらに揉み込んでできあがり 日持ち・保存方法 酢キャベツを作ったら、必ず冷蔵庫で保存します。 食べるときは、清潔な箸で食べる分だけお皿に取りましょう。 取りだしたあとは袋の空気をしっかり抜いてからジッパーを締め、再び冷蔵庫に保存します。 保存期間は1〜2週間程度です。 酢キャベツはまずい?味に関する口コミ&アンケート結果 酢キャベツは毎日食べるものなので、味についても気になるところです。 試した人の口コミを見てみましょう。 美味しかったです。 甘くも無くて苦くもありませんでした。 身体に良いと思ったしお酒のおつまみに良いと思いました。 「他の食材と合わせれば一品料理として成立していて美味しい」「味の濃いものに混ぜて食べないと辛い」「甘くも苦くもなく美味しい」など、さまざまな意見が集まりました。 アンケートの結果はこちら! さらに、幅広い年代の男女100人に、「酢キャベツは美味しいと思うか」アンケートをとりました。 その結果は次のグラフの通りです。 「美味しい」「どちらかといえば美味しい」という回答が半数近くを占めていて、 美味しいと思っている人が多い印象です。 美味しく感じられないと、毎食ごとに食べ続けるのは厳しいかもしれませんね。 特に「酸っぱいものが苦手」な人は美味しいと感じるのも難しいという意見が多かったです。 酢キャベツがまずいと思ったら!食べやすくなるアレンジ法6選 アンケートの結果では、少数派ながら酢キャベツが「まずい」と感じている人もいました。 そんな人は、そのまま食べるのでは途中で挫折してしまう可能性が高くなります。 また、美味しいと思っていても、毎日食べ続けると飽きがくることも。 ここからは、美味しく食べられるアレンジレシピを紹介します。 米酢キャベツ レシピはそのままに、酢を米酢に変えるだけで食べやすくなるという意見がありました。 我が家では酢キャベツのお酢には米酢を使っています。 米酢のまろやかさとキャベツの苦味が合間ってちょうど良いお味に仕上がります。 焼肉などと一緒に食べるとさっぱりするので冷蔵庫にいつもストックしてあります。 作る手間は一緒なので、試しやすいですね。 リンゴ酢キャベツ 酸味が苦手な人は、酢キャベツを作るときの酢をリンゴ酢にするのもおすすめです。 リンゴ酢は他の酢に比べて酸味が強くなく、食べやすくなります。 また、りんご酢の原料であるリンゴには「アップルペクチン」という成分が含まれていますが、アップルペクチンは腸内の善玉菌を増やす働きがあり、酢キャベツの腸内環境の改善効果をより高めてくれます。 砂糖入り酢キャベツ 酢だけだと食べにくいという人は、 カロリーゼロの甘味料・ラカントなどで甘味を足すと 酸味が和らいで 食べやすくなります。 ラカントには合わせ酢として売られているものもあるので、それを用いるのも良いでしょう。 砂糖を加えることで、クエン酸回路というエネルギー代謝に関わる体のシステムに働きかけ、 エネルギー生産を向上させます。 代謝が高まって痩せやすくなったり、血流が良くなって、健康効果が高まることも期待できます。 大豆イソフラボンやナットウキナーゼなどの栄養も一緒に取れ、とてもヘルシーです。 作り方はいつも食べる酢キャベツ100gに納豆1パックを混ぜるだけ。 よく混ぜることで、酢キャベツの酸味が緩和されます。 好みで醤油を加えましょう。 酢キャベツたっぷりサンラータン ヘルシーな具材で作る、ボリューム満点なスープです。 たっぷりおなかいっぱい食べても罪悪感がありません。 材料 2人分• 酢キャベツ :100g• 鶏ささみ :2本• 水:500ml• 卵 :1個• 片栗粉 :小さじ2• ブラックペッパー: 少々• 糸唐辛子:適量• 卵を解きほぐし、豆腐を拍子切りにする 2. 片栗粉を大さじ1の水で溶いておく 3. 3分たったら絹ごし豆腐、酢キャベツを加え少し煮る 6. 弱火にして水溶き片栗粉を回し入れる 7. 中火にし、煮立ってとろみがついたら溶き卵を回し入れ、少し火が通ったら火を止める 8. 器に盛り、ブラックペッパー、ラー油、糸唐辛子を盛り付ける 酢キャベツとヨーグルトの冷製パスタ 暑い時期にぴったりな、 さっぱりヘルシーな冷製パスタです。 ヨーグルトを加えるのがポイント。 腸内環境を整える効果がさらに高まるでしょう。 材料 1人分• 酢キャベツ: 50g• ブラックペッパー :少々• 塩 :適量• カラートマト 1個分 動画バージョンの解説はこちら 手順 1鍋にたっぷりの水をはり、お湯を沸かす 2. お湯が沸いたら塩を入れ、パスタを表示通りの時間ゆでる 3. ゆで上がったら冷水で締める 4. パスタを器にあけ、酢キャベツを乗せ、4をかける 6. ブラックペッパーとミニトマトを盛り付けてできあがり 他にも真似したい酢キャベツアレンジレシピが色々! 他にも、 酢キャベツを使ったアレンジメニューがたくさんあります。 いろいろとメニューを変えてみることで、楽しくダイエットを続けることができるでしょう。 詳しくはこちらの記事をご覧ください。

次の

【体験談】キャベツダイエット4年のビフォーアフターとレシピ10選

酢キャベツダイエット

酢キャベツの効果と基本の作り方 デブ菌の正式名称は、腸内細菌の一種の「フィルミクテス門」。 腸内細菌は善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つに大きく分けられますが、フィルミクテス門は日和見菌の仲間です。 日和見菌とは、腸内で善玉菌が優勢のときは善玉菌を味方し、悪玉菌が優勢のときは悪玉菌の味方になるという、どっちつかずの菌。 その仲間であるフィルミクテス門が増えると、腸内では悪玉菌が優勢になり、脂肪をため込みやすくなって、やせにくくなるというからたまりません。 そこで、「酢キャベツ」です! コールスローやキャベツのせん切りサラダなどはお馴染みですが、酢キャベツには脂肪を燃焼してくれるやせ菌を増やす効果があり、デブ菌の繁殖が抑えられるといわれています。 酢キャベツの作り方は、キャベツに塩と酢をもみ込んでなじませて発酵させるだけだから、とても簡単。 さらに手軽に済ませたい人は、ポリ袋を使ったり、せん切りが苦手なら、キャベツを太めに切ったり、手でちぎったりするだけでもOKです。 その手軽さから「世界一受けたい授業」などのテレビでもとり上げられ、大変話題になったダイエット法です。 (2)キャベツがしんなりしてきたら、酢を加えてさらにもみこむ。 (3)保存容器などに移し、半日以上寝かせて発酵させる。 *毎食、小皿1杯分くらいを目安に食べればOK。 続いては、酢キャベツにちょい足しするだけでやせ効果がアップするおすすめの食材をご紹介します。 さらに効果アップ! 酢キャベツちょい足しレシピ、おすすめ6 ドイツでは「ザワークラウト」と言われ、ソーセージのつけ合わせでよく見る機会があるかと思います。 ただ、ザワークラウトに馴染みのない日本人には少し酸っぱくて食べづらい、という人も多いかと思います。 ちょっとプラスすることで酢キャベツが食べやすくなり、ダイエット効果も高まる魅力的な食材は何か…。 管理栄養士の大越郷子先生と一緒に考えました。 その結果、「チーズ」「なめたけ」「納豆」「キムチ」「めかぶ」「大根おろし」の6つをセレクト。 どの食材も酢キャベツと相性がよく、酢キャベツに混ぜるだけで健康的でヘルシーなおかずが1品でき上がり! いろいろな味を楽しめて食べ飽きることもなく、腸内環境の改善、代謝アップ、糖質や脂質の吸収をゆるやかにする作用などが期待できます。 (2)モッツァレラチーズ入り酢キャベツは汁けをしっかりしぼる。 サーモンはそぎ切りにする。 (3)生春巻きの皮は霧吹きなどで水を吹きかけてぬらし、余分な水分はペーパータオルでふき取る。 (4)サニーレタスは適当な大きさにちぎって(3)にのせ、手前に(2)をのせ、しっかりと巻く。 食べやすい大きさに切り分け、器に盛って(1)を添える。 鍋に湯を沸かして豚肉をさっとゆで、氷水にとって冷まし、ペーパータオルで水けをよくふき取る。 (2)水菜は根元を切り落とし、4cm長さに切る。 みょうがは縦半分に切ってせん切りにする。 (3)ボウルになめたけ入り酢キャベツ、(1)、(2)を入れ、ポン酢しょうゆを加えてあえる。 水けをふき取り、細かく刻む。 (2)Aの梅干しは種を除き、果肉を包丁で細かくたたく。 (3)ボウルに納豆入り酢キャベツ、(1)、<A>を入れて混ぜ合わせる。 (4)そうめんは袋の表示どおりにゆで、冷水にとって洗う。 ざるにあげて水けをよくきり、(3)に加えてあえる。 (5)器に(4)を盛り、青じそを散らして温泉卵を割り落とす。 にらは3cm長さに切る。 卵は割りほぐす。 (2)フライパンにごま油大さじ1を熱し、溶き卵を入れて大きく炒め混ぜ、取り出す。 (4)<A>を加えて炒め、汁けがとんできたら、(2)を戻し入れて炒め合わせる。 (2)器にごはんを盛り、(1)とめかぶ入り酢キャベツを盛り合わせ、しょうゆとわさびを添える。 小ねぎは小口切りにする。 (2)器にかつおと酢キャベツ+大根おろしを盛り合わせ、小ねぎを散らし、<A>をよく混ぜてかける。 超簡単! いつものレシピにプラスするだけの酢キャベツレシピ 酢キャベツを食べるだけで「やせ菌」が増えるなら、ぜひ試してみたい! …ということでFYTTE編集部も早速チャレンジ! 仕事の時間が不規則になりがちで、夜遅い晩ごはんもしばしば。 そんなときでもチャチャっと作れる「酢キャベツ」の簡単アレンジレシピを3つご紹介します! 酢キャベツのツナチャーハン 酢キャベツでかさ増しすることで、炭水化物の量が抑えられ、糖質オフにも役立つメニュー。 具だくさんが好みなので、酢キャベツやねぎは多めに。 【材料】 2人分 酢キャベツ…150g 卵 1個 万能ねぎ…4本 ごま油…小さじ2 ご飯…260g ツナ水煮缶詰…小1缶(80g) 鶏ガラスープ…小さじ1 塩・こしょう…少々 * 下準備 酢キャベツはあらかじめ水気を切っておく。 ツナ缶の油も切っておく。 万能ねぎは小口切りに刻んでおく。 【作り方】 (1)温めたフライパンにゴマ油小さじ1を入れ、卵を割り入れる。 スクランブルエッグを作るイメージで卵を炒め、お皿に移しておく。 (2)同じく温めたフライパンにゴマ油小さじ1を入れ、ご飯とツナ缶を丸ごと入れ、炒める。 水で溶いておいた鶏ガラスープを加え、ご飯がぱらりとするまで炒める。 (軽くおこげができるまで炒めても美味) (3)(2)に(1)の卵と酢キャベツを入れ、塩・こしょうでお好みの味に仕上げる。 火を止めて、万能ねぎを加えて混ぜたら完成。 酢キャベツのスモークチキンサンド ボリュームがあり満足感のある、野菜たっぷりヘルシーなサンドイッチ。 たんぱく質もしっかり補えて元気になれるメニューです。 【材料】 2人分 酢キャベツ…100g スモークサーモン…100g 食パン(8切り)…4枚 サラダレタス…お好みで ハーブソルト(塩・胡椒でも)/オリーブオイル…適量 マスタード…小さじ2 *マスタードがなければ、からしとマヨネーズを和えた、からしマヨネーズでも代用可能。 【作り方】 (1)サラダレタスを食べやすい大きさにカットし、ボウルに入れ、オリーブオイルとハーブソルトで味つけをする。 (2)食パンにマスタードを塗り、その上に(1)で味つけをしたレタスをのせ、スモークチキン、酢キャベツの順にのせて食パンで挟み、上から軽く押しつけて完成。 食べるときに、ラップできつめに包んだ上からカットすると形が崩れずカットすることができます。 お弁当やピクニックなどの軽食としてもおすすめです。 とろとろ卵のキャベツオムカレー(酢キャベツ添え) ご飯の代わりにキャベツを使えば炭水化物をカットできてヘルシーに。 かみごたえのあるキャベツで満足感もUP! 【材料】 2人分 酢キャベツ…お好みで 晩ごはんの残りのカレー…2人分 卵…3個 キャベツの千切り…150g <作り方> (1)昨晩の残りのカレーを温める。 (2)千切りにしたキャベツをお皿に盛り、その上に温めたカレーをかける。 (3)卵3個をボウルに割り入れ、かき混ぜる。 温めたフライパンにオイルを薄く敷き、溶いた卵を焼く。 (4)(3)のカレーの上に焼いた卵をのせて、酢キャベツを盛りつけて完成。 サラダはお好みでどうぞ。 FYTTE読者が「酢キャベツダイエット」に10日間チャレンジ! 実際にFYTTEの読者さんに、酢キャベツダイエットを10日間お試ししてもらいました。 まず紹介するのは、お腹まわりが気になっているというマシュ塚さん(30歳)。 ふだんから野菜不足を気にしつつもなかなかとれていないみたいです。 そんなマシュ塚さんが食べるだけでOKな酢キャベツを試したところ、 10日間で体重-1kg、下腹-3cmの変化が! マシュ塚さんは、酢キャベツを始めてわずか2日目で、便通改善を感じ始めたのだそう。 1週間続けた頃には酢キャベツの酸っぱさに少し飽きを感じてきたといい、火を通して別の味つけにアレンジ! 鶏肉と一緒に洋風の味つけをすることで味の変化を楽しめたみたいです。 8日目には便通のよさが続いたからか、肌の調子もよくなってきたみたい。 さらに、10日目には「全体的にスッキリした?」と友人から見た目についてうれしい一言をかけられたのだとか! ・酢キャベツと卵のせトースト ・酢キャベツのツナマヨサラダ風 ・すりごまたっぷり豆腐サラダ ・酢キャベツ入り炒飯 ・酢キャベツの酸辣湯風スープ ・酢キャベツをつかったホットドッグ 効果を実感しやすい酢キャベツですが、毎日同じものを食べ続けていると、だんだん味に飽きてしまいそうですよね。 実際にお試ししてくれた読者さんからも途中で酸っぱい味に飽きるという声がありました。 そんなときはアレンジメニューで味を変えて楽しむのがいいみたいです。 「途中で食べづらさを感じるときもありましたが、酸っぱいものが好きなのでそこまで苦ではなかったです。 アレンジもできるし、作り置きもできるので続けられそう。 便通と肌の調子もよく、生理時期にも肌の調子が悪くなりませんでした。 酢キャベツのおかげかな? 酢キャベツダイエットを体験していることを知らない友だちに、全体的にスッキリした?と聞かれたのには驚きました。 数値以上に見た目に変化があったのかなと思います」(マシュ塚さん) 友人からの思わぬひと言は大きいですよね。 ですが10日間のお試しで指摘されるなんて、酢キャベツパワー恐るべし。 わずか10日間で下腹-4cm 次に紹介するのは、井川真紀さん(34歳)。 フィットネスインストラクターとして、日頃から運動をされている井川さん、生理前に便秘や肌荒れが起こることにお悩みなのだそう。 そんな井川さんは酢キャベツダイエットを始めてわずか10日間で、なんと… 体重-1. 2kg、体脂肪-1. 4%、下腹-4cm の変化が現れたとのこと! 一体10日間どんなお試しをされたのでしょうか。 井川さんのお試しレポートをご紹介します。 まずは、酢キャベツ作り。 「野菜の価格が高騰しているのでカット野菜を使ってみました。 そしてポリ袋の上からモミモミ。 冷蔵庫でひと晩寝かせます」(井川さん) ご自身のアイディアが光る酢キャベツに。 長く続けるならこういったワザも上手く使いたいですね! さらに通常のキャベツはもちろん、紫キャベツ入りのカット野菜でも同じように酢キャベツを作ってくれました。 ピンク色がキレイ。 3日目の朝には、お腹の調子のよさを感じ始めたとのことで、排便もスッキリ! 4日目にはお腹のゆるさを感じるほどだったそうで、体調に合わせて酢キャベツの量も調整されていました。 アレンジメニューとしては、オリーブオイルで作ったスクランブルエッグと酢キャベツをトーストに。 味つけはシンプルにブラックペッパーで。 キャベツに味がついているからドレッシングや調味料もなくそのままでも十分だそうですが、お好みでマヨネーズを使ってみてもいいとのこと。 そのほかにもポークソテーや冷奴のお供として食べてみたようです。 このようにお試しを続けてくれた井川さんに、10日間試してみた感想を伺いました。 「私は酢キャベツダイエットを試して便秘が軽減され、おかげさまでポッコリ出ていた下腹部もスッキリしてきました。 酢キャベツは作るのがとても簡単で常備菜にピッタリです! 野菜をなかなか摂取することができない人におすすめ。 ふだんの献立に1品加えてみてはいかがでしょうか。 簡単に作れておいしい酢キャベツ。 おすすめです」(井川さん) ふだんから運動をされている井川さんですが、酢キャベツダイエットをとり入れたことでわずか10日間で下腹部-4cmが叶いました。 みなさんも酢キャベツダイエットを始める際は、平行して適度な運動を行い、ダイエット効果をアップさせてみてはいかがでしょう! そのほかに体験したFYTTE読者の感想 このほかにも、料理のつけ合せや、カレーに使う福神漬け代わりにしたり、ザワークラウトらしくサンドイッチに入れたり、お好み焼きに使ってみたという声が! さらに酢キャベツを作るときに、カット野菜のキャベツを使ってより簡単に作ってみた、りんご酢を使って作ったという人もいました。 実際に筆者も自宅で酢キャベツダイエットを作ってみました。 ポリ袋で材料を混ぜるだけなのでとっても手軽! 酸っぱい味が好きなのでお酢で漬けた酢キャベツの味はむしろ好印象でした。 シャキシャキッとした食感のよさも飽きを感じさせない。 ただのキャベツのサラダだとドレッシングをたくさん使うけど、酢キャベツならそのまま食べられるのも魅力! けれど、お酢そのものを使っているだけあり、人によっては酸味が強すぎるかもしれません。 読者のみなさんのようにアレンジしてとり入れるのが続ける上でのコツになってきそうです。 「今回お試しした酢キャベツダイエット、試したときがキャベツが旬でもなかったことから売っていなかったり、値段がすごく高かったことが少しだけ大変でした(笑)。 でも作っておくとサラダとして1品にもなるし、何より便秘が解消されたり、お酢の効果から寝起きがスッキリするなどの効果を実感できて楽しかったです」(松村ひとみさん・31歳・会社員) 「シンプルで簡単な酢キャベツダイエットは、飽きっぽい私でも毎日続けることができました。 始めてからというもの、毎日の便通、肌荒れ改善がありびっくり。 最初はそのまま食べていたので、酸っぱくて食べづらいなと思っていたのですが、ツナサラダ風にしたり、サンドイッチにしたりでおいしく続けることができました。 ほかにもいろいろなアレンジで楽しめそうです。 レシピ通りの分量だとかなり酸っぱかったので、溶けやすい砂糖やはちみつをかけたり、味のりを刻んでかけて味を調節してました。 ホットドッグのレタスの代わりにザワークラウトとして酢キャベツを入れたらおいしかったです」(リンダさん・28歳・接客業) 結果には個人差がありますが、作り方も手軽で、毎日の食事に1食以上とり入れるだけですから、1度やってみる価値はあるのではないでしょうか。 ぜひ、自分のお好みアレンジメニューを考案して挑戦してみてください! カメラマン/安井真喜子 スタイリスト/井口美穂 取材・文/三浦良江 管理栄養士、フードコーディネーター。 服部栄養専門学校卒業後、病院栄養士を経て現在に至る。 雑誌や書籍を中心としたダイエット・健康・美容などの栄養指導など幅広く活躍。 体によくておいしいレシピに定評がある。

次の