ウーバーイーツ 頼み方。 Uber Eats(ウーバーイーツ)の使い方|アプリの登録から注文方法を解説

Uber Eats(ウーバーイーツ)の使い方|アプリの登録から注文方法を解説

ウーバーイーツ 頼み方

他にも、 電話する手間と到着してから 現金を支払う手間がなくなったので、かなり楽になりました。 スマホをいじれば、食事が勝手に届く世界って凄くないですか? ちなみに、アプリでデリバリーを注文できるサービスはUbereats(ウーバーイーツ)以外にも「LINEデリバリー」や「楽天デリバリー」などがあります。 ただ、Ubereats(ウーバーイーツ)はアプリ完結機能以外にもすごい機能があります。 配達状況がリアルタイムでわかる 2つ目のイノベーションは「 配達状況がリアルタイムでわかる」です。 これは、Ubereats(ウーバーイーツ)だけが搭載してる機能で、配達員が今どこまで配達できているのかをスマホから見れます。 こんな感じに。 現在情報以外にも、 誰が(実名で閲覧可能)運んだかも注文者側で確認できるので、配達員は責任を持って運ぶ仕組みが作られています。 昔は、「商品が30分以上届かなかったら全額返金で提供します」などの保証制度で成り立っていたものが、 スマホの登場でどのくらい配達に時間がかかりそうか、注文者側で確認できるようになりました。 補足情報:注文評価制度 注文者は、商品受け取り後に 配達員とレストランに今回の注文の評価をしなくてはいけません。 特に悪いところがなけば、5段階評価の「5」(高評価)をつけます。 この 評価によって「配達員の仕事量が減ったり、増えたりする」ので、いたずらで低評価はしてはいけません。 誰でも配達の仕事ができる 3つ目のイノベーションは「 誰でも配達の仕事ができる」です。 Ubereats(ウーバーイーツ)は、レストランの従業員が配達しているのではなく、 Ubereatsの配達パートナーに登録している人が配達の仕事をしています。 Ubereats配達パートナーには、誰でも登録することができ、副業で仕事する人が増えてきました。 Ubereats(ウーバーイーツ)提供エリア• 東京エリア• 横浜・川崎エリア• 千葉エリア• 埼玉エリア• 大阪エリア• 京都エリア• 神戸エリア• 名古屋エリア• 福岡エリア また、配達してほしい場所付近のレストランから注文ができるので、配達指定場所から遠すぎるレストランの注文はできません。 Ubereats(ウーバーイーツ)で働く手順 登録すれば誰でも働ける|メリットとデメリット Ubereats(ウーバーイーツ)は、ドライバー登録すれば誰でも働けます。 仕事の流れは単純で「 アプリから注文通知が届き、レストランまで商品を受け取りに行き、注文者まで商品を届ける」だけです。 運ぶ手段は「自転車」か「バイク」の2択で、バイクの登録には「自動車損害賠償責任保険の証明書」が必要になります。 以下、Ubereats(ウーバーイーツ)で働くメリットとデメリットをまとめました。

次の

【初心者編】Uber Eats (ウーバーイーツ)の登録方法

ウーバーイーツ 頼み方

住所を間違えない• 10分連絡がつかないと強制廃棄になる 1. 住所を間違えない Uber Eatsを注文するとき注意しておきたいことは、住所を間違えないことです。 温かい状態で商品を受け取りたいですよね? もし、住所を間違えていると、配達員が届ける場所がわからないため受け取りに時間がかかってしまいます。 そのため、商品は冷めてしまいますし、注文者も配達員も無駄に時間がかかります。 配達員をしていて感じることは、住所を間違えている人が多いということです。 私が配達していると、1日で2件くらいは住所の間違いがありますね。 隣の番地だったりマンション名が間違っていたり。 スムーズな受け取りをするためにも住所の入力は間違えないようにしましょう。 10分連絡がつかないと強制廃棄になる 配達員が到着してから10分の間に受け取りができないと、商品は廃棄されます。 玄関まで届ける場合、受け取りができないことはありませんが、マンションのエントランスで受け取りをする場合などは、受け取りがスムーズにできないこともありますよね。 もし、10分以上受け取りができないと、配達員は商品を廃棄しなければなりません。 実は、Uber Eatsのルールで決められていることです。 注文者はお金を支払っておきながら商品を受け取れないので、注意しておきたいポイントです。

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)は山形ではじまるのか? 可能性を検討

ウーバーイーツ 頼み方

Uber Eats(ウーバーイーツ)ならお店じゃできないような頼み方もすることができます。 対面じゃないからこそ言いやすいことありますよね?お店じゃ恥ずかしくてできないけど、好きなトッピングだけ山盛りにしたい。 嫌いな具材は食べたくない。 でも残すのは抵抗がある。 それなら最初から入れないでほしい。 そんな思いに対応できるのがUber Eatsです。 Uber Eats(ウーバーイーツ)とは? この記事を見ているかたには、Uber Eats(ウーバーイーツ)を知らない方もいるでしょう。 簡単に紹介します。 Uber Eats(ウーバーイーツ)は、料理宅配サービスです。 アプリやウェブからレストランとお料理を選択すると、配達パートナーがレストランまで行って、料理を運んでくれるというものです。 レストランが宅配の人員を確保しているわけではないので、豊富なレストランを対象に注文することができるのが魅力のサービスです。 配送料やサービス料は、配達パートナーの数や、距離などによって異なります。 ひたすらやりたい食べ比べ 例えば、マクドナルドのハンバーガー、全種類食べ比べ。 やってみたいって思ってもなかなか店舗で、「全部ください!」とは言いにくいですよね。 Uber Eatsなら簡単に全部頼むことができます。 注文にチェックするだけですからね。 他にも、チキンナゲットにどのソースが合うかなんてやってみたいって思うことありますよね。 パーティーの時にはドーナツ全種類とかやってみたいですね。 串揚げ全種類とか、焼き鳥全種類とか。 お勧めできないものもあります。 アイスクリームです。 サーティーワンもあれこれ食べたいって思うのはあるのですが、アイスはやめたほうがいいでしょう。 youtuberが企画にUber Eatsをよく利用するのも分かります。 マシ! マシマシ!! 多くのレストランでは、メニューの中のオプションで、トッピングを入れることができるものがあります。 たとえば、マクドナルドのセットでは、飲み物はどうする?コーラ?スプライト?コーヒー? サイズはL?M?なんて感じでありますよね。 サイドメニューはポテト?ナゲット?とか。 そんな感じで選べるメニューというのは多くのレストランでやっています。 ごはん大盛とか。 トッピングにたまご付けられるとか。 もちろんこのようなオプションは普通にレストランでお食事する時もできます。 でもいわゆる大盛が売りの店ならともかく、なかなか全種類トッピングとかって抵抗があったりしますよね。 たとえば普通のそば屋で、トッピングの天ぷらがうまい。 でも、全部つけてとはなかなか言いにくい。 抵抗があるって人は多いです。 あとは、特定のオプションが好きなので、とことん追加したいとかですね。 私はチーズトッピング4倍とかやったことがあります。 Uber Eatsだって糖質オフ可能 最近は一時ほどのブームは去りましたが、今も糖質オフ、糖質制限というダイエットありますね。 オプションでごはん抜きができるお店もありますが、すべてが対応しているわけではありません。 こんな時はレストランへ追記してみましょう。 「カート」の中に「追記(「ナプキンを余分に」「ソースを多めに」など)」というところです。 ここにメッセージを書くことができます。 例えば、ダイエットとは遠いのですが、私は麻婆豆腐丼が旨い店なのだけど、お酒と合わせていただきたかったので、ごはん抜きで頼んだことがあります。 できればお願いしますという感じでできなかったらそのままでいいやってくらいの軽い気持ちでやってみましょう。 ごはん抜きなんだから安くしてくれなんてことを言ってはいけません。 仮に食材は安くなっても手間は増えているのですから、プラスマイナスゼロくらいで気持ちにゆとりをもちましょう。 おまけのテクニック ここで1つテクニックをご紹介。 通常以上の注文を言っているのだから、配達パートナーへ「配達遅れによるBADは付けない」ってメッセージを送ってみましょう。 こういう注文が複雑な注文は、配達パートナーの中では、遅延BADを付けられる恐れが多いことから、「事故案件」とか言われたりして避けられやすい傾向にあります。 それはしないよ。 って伝えるだけでも全然対応が違います。 もちろん、それ以外で不適切な配達があったらBAD評価を付けるのは仕方ないですけどね。 まとめ 好きな注文ができるのは大きなメリットです。 ですが、特別なオーダーであることは少し手間がかかったり時間がかかったりするものです。 また、レストランへの要望は文章でいろいろ書くことができます。 ここで好みを言ってみるといいでしょう。 ただし、できることと、できないことがありますので、注文通りにいかなくてもしかないこともありますし、あまり無理なことを言わないようにしましょう。 より自分好みのお料理を楽しめるのですから、時間と心に余裕をもっていただきたいものですね。

次の