ルカリオ 剣盾 構築。 ルカリオの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

剣盾でもルカリオと勝ちたいランクマッチ考察

ルカリオ 剣盾 構築

ポケモンソード・シールド(剣盾)で統一パーティや旅パ、そしてランクバトルでマスターボール級になっている オススメのパーティを紹介します。 レンタルの仕方 他の人のパーティを借りることが出来る ランクバトルなどで 他の人が公開しているチームIDを入力するとレンタルすることが出来ます。 入力方法:VS>レンタルチーム>レンタルするチームを管理>チームがないところを選択> 14桁のIDを入力 パーティ構築・レート マスターボール級1位達成!!! 珠パルシェンはダイマックスミミッキュをからやぶつららで確定で倒せるから最強です!!!!!! パルシェン キバ湖東・西(天気:霧・晴れ)またはシェルダー 水の石 で進化 ドラパルト ジュラルドン 10番道路・げきりん湖(吹雪)・巨人の腰かけ ドリュウズ トゲキッス ヒヒダルマ マスターボール級18位達成したリザードン構築公開しときます! きつい相手多くなってきたので使うのはお勧めしません…質問等あったらリプでお願いします。 拡散よろしくお願いします!! 1位取るまではリザードン使い続けていく予定です。 選出率や構築、努力値振りなど細かく紹介されているので育成の参考にしてはいかがでしょうか。 みなさんのオススメパーティがあれば記事内で紹介します オススメの構築があれば()にDMで送っていただければ記事内にて紹介致します。 (パーティ構築の画像付き又はブログで説明があると助かります) 剣盾で初めての幻ポケモンが登場! ポケモン総選挙の結果はこちら ポケモン剣盾の攻略をまとめました。 お役立てください 最新情報はこちら: 最新情報• お役立ち• 強化のお役立ち• ポケモン• 剣盾限定ポケモン• 人気ポケモン• レアアイテム• 新要素• yomu0007.

次の

【ポケモン剣盾】【剣盾シーズン2】電気玉ルカリオ入り対面サイクル ダルマガアバンギ【最終47位】【ソードシールド】

ルカリオ 剣盾 構築

理由としてミミサザンより遅いSと、低耐久で襷を持たないと勝てる範囲が相当狭いことだ。 少ないがボディプレ持ちナットなどには対面ですら負けてしまう。 ヒヒダルマは基本とんぼから入ってくることが多く、仕事ができないことが多い。 襷を持たせればたしかに一定の働きができるかもしれない。 しかしそれはルカリオとして強くても襷枠として強いとは思えず、構築全体のパワーが落ちると考えた。 今回のでんきだまは持ち物の取り合いになることが少ないのがまず大きな利点である。 他にもダイフェアリーを押されなければミミッキュに勝てるのも嬉しい。 受けに強引な削りや、ヒトデナマコ程度なら倒すことも可能。 他にも基本的なダイジェット持ちより早く、自主退場により起点にならない。 ダイマへの負担が足りないルカリオに自主退場技はかなり使い勝手が良かった。 ギャラキッスの上からそこそこの負担とダイマ1ターン枯らしが行えるのが非常に強く、徹底抗戦orいのちがけはほぼ全てのルカリオに入れても良いのではないかと感じたほど。 選出のタイミングは初手択の回避や、対面的に立ち回って勝てそうな時。 どうしても辛い相手がいて強引に飛ばすときなど。 基本等倍ならほとんど耐えるのでかなり出しやすかった。 特にロンゲ展開にはほぼ初手に合わせて徹底で倒し裏にいのちがけを撃っていた。 長々と語ったが、纏めるとこのルカリオは襷以外でもっとも単体性能が高いと私は思っている。 H236-B20-C4-D60-S188 持ち物の兼ね合いと対面性能の2つをとったのが今回のでんきだまルカリオである。 動かし方はシンプルで投げて倒したり、雑な削りを行い相手と1:1や裏の圏内に押し込むこと。 「しんゆうの」がついている。 すぐに命を捨ててしまうが。 選出率は3割くらい。 このパーティは平均的にみんな選出していて、ほとんど偏りがなかった。 素早さは正直もっと落としても良かったかもしれない。 が、活きる場面はほとんど無かった。 一方で耐久方面も不満を感じなかったのでCSに寄せたままでもよいかもしれない。 火力は十分だったが、最終日にカビゴンが多く多少の動きにくさを感じた。 ヒヒダルマ 持ち物 こだわりスカーフ 特性 ごりむちゅう 性格 いじっぱり H4A252S252 技 れいとうパンチ ばかぢから じしん とんぼがえり 最速にする理由が同速5割くらいしか思いつかなかったため意地AS。 またD振りもサザンドラパの誤魔化しがバンギキッスを絡めて十分にできるため不要と判断した。 耐久に振るのであれば、ギャラキッスのダイジェットを耐える程度まで振りたい。 こいつを絡めてトゲキッスを処理することが多い。 私はこのポケモンを扱うのがそこまで上手ではなく、スイーパーとしてくらいにしか使っていない。 ミラーに打たないならフレアドライブは不要と判断して地震馬鹿力で範囲を優先。 実際困った場面はほとんど無かった。 アーマーガア 持ち物 オボンのみ 特性 ミラーアーマー 性格 わんぱく H252A4B252 技 アイアンヘッド ボディプレス てっぺき はねやすめ サイクルパーツ。 ミミ受けだが、このポケモンはミミッキュを受けることは出来ないので毎回お祈りをしていた。 しかし、アーマーガアに剣舞ダイホロウでごり押してくるミミは少なく、基本なんとかなったので信用はしている。 ドラパやキッス、ロトムを呼ぶので立ち回りはその辺りを意識していた。 挑発アーマーガアにはダイスチルからTODを狙っていたがほぼほぼ勝てたので、シリーズ2のレギュレーションによる弱体化をかなり感じた。 こいつが減ったからかドリのドリルが体感減っていた。 最終日は恐らく1回もドリルを打たれていない。 汎用物理受けやクッションとして優秀であり、あくびカビゴンやブラッキーへの誤魔化しも担ってもらった。 当初、ガマゲロゲと組ませてロトムを初めとする電気をメタっていたが、ロトム以外にあまり強くないことと、巧みダイアークをされると択になってしまうことから解雇した。 バンギラス 持ち物 こだわりハチマキ 特性 すなおこし 性格 いじっぱり H236A252S20 技 ストーンエッジ ロックブラスト かみくだく ばかぢから サイクルパーツその2。 アーマーガアが隙を見せる特殊方面への負担として採用。 しかし、受けに対して与える負担は不安定で、主に場荒し程度にしかならない。 また、アーマーガアには炎のパンチを持っていても後だしから受けられてしまう。 Sは最初4振りだったが、同族を意識して少しだけ振った。 このバンギラスが活躍するのは、どちらかというと受け相手ではなく普通のサイクル下であり、想定外の火力の押し付けでそのまま勝てることも多かった。 命中が多少安定する岩技としても役に立った。 ドラパルト 持ち物 こだわりメガネ 特性 すりぬけ 性格 おくびょう B4C252S252 技 りゅうせいぐん シャドーボール 10まんボルト かえんほうしゃ 最終日の日付が変わる頃に弱点保険から変更した。 アイアントやギャラ、ドヒドなどの水タイプへの処理ルートの1つとして採用。 最近眼鏡が減ってきた印象があり、使っていてあまり警戒されていない風に感じた。 おわりに TNルカ 最終日のみTNシールド ルカダルマキッスドラパから2~3匹、ガアバンギから1匹の対面的選出と、ガアバンギ 1のサイクル的な選出ができ選出画面で択にこそなれ柔軟に対応できたのが良かったです。 ガアが受からない物理 珠ギャラなど やバンギに勝てる特殊が構築単位で重かったですが、強力なポケモンの寄せ集めでもあるので強引に突破していました。 前期はサボっていたのでとりあえずの結果として最終2桁を目指していました。 次シーズンからは2桁保存ではなく上位を目指して頑張りたいです。 個人的な感想ですが、今作は構築の押し付けあいの様な一面が強く、いままで以上に構築単位での有利不利が大きいように感じました。 選出画面で択になったり、勝敗が6~7割決まってると思う場面が多かったです。 ダイマックスは非常に楽しい要素ですが、サイクルをまわせないことが多く場合によっては一方的な試合になってしまうことが多いからかもしれません。 私はサイクルが好きなのでもっと構築を強くして、上手く立ち回れるよう精進したいです。 対戦いただいた方ありがとうございました! 執筆者 オニゴーリは置いてきた キャス.

次の

ルカリオ育成論 : 【終盤掃除屋】剣舞しんそくルカリオ|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ルカリオ 剣盾 構築

理由としてミミサザンより遅いSと、低耐久で襷を持たないと勝てる範囲が相当狭いことだ。 少ないがボディプレ持ちナットなどには対面ですら負けてしまう。 は基本とんぼから入ってくることが多く、仕事ができないことが多い。 襷を持たせればたしかに一定の働きができるかもしれない。 しかしそれはとして強くても襷枠として強いとは思えず、構築全体のパワーが落ちると考えた。 今回のでんきだまは持ち物の取り合いになることが少ないのがまず大きな利点である。 他にもダイフェアリーを押されなければ に勝てるのも嬉しい。 受けに強引な削りや、ヒトデナマコ程度なら倒すことも可能。 他にも基本的なダイジェット持ちより早く、自主退場により起点にならない。 への負担が足りないに自主退場技はかなり使い勝手が良かった。 ギャラキッスの上からそこそこの負担と1ターン枯らしが行えるのが非常に強く、徹底抗戦orいのちがけはほぼ全てのに入れても良いのではないかと感じたほど。 選出のタイミングは初手択の回避や、対面的に立ち回って勝てそうな時。 どうしても辛い相手がいて強引に飛ばすときなど。 基本等倍ならほとんど耐えるのでかなり出しやすかった。 特にロンゲ展開にはほぼ初手に合わせて徹底で倒し裏にいのちがけを撃っていた。 長々と語ったが、纏めると このは襷以外でもっとも単体性能が高いと私は思っている。 H236-B20-C4-D60-S188 持ち物の兼ね合いと対面性能の2つをとったのが今回のでんきだまである。 動かし方はシンプルで投げて倒したり、雑な削りを行い相手と1:1や裏の圏内に押し込むこと。 「しんゆうの」がついている。 すぐに命を捨ててしまうが。 選出率は3割くらい。 このパーティは平均的にみんな選出していて、ほとんど偏りがなかった。 ミミ受けだが、このはを受けることは出来ないので毎回お祈りをしていた。 しかし、アーマーガアにダイホロウでごり押してくるミミは少なく、基本なんとかなったので信用はしている。 ドラパやキッス、を呼ぶので立ち回りはその辺りを意識していた。 挑発アーマーガアにはダイスチルからを狙っていたがほぼほぼ勝てたので、シリーズ2のレギュレーションによる弱体化をかなり感じた。 こいつが減ったからかドリのドリルが体感減っていた。 最終日は恐らく1回もドリルを打たれていない。 汎用物理受けやクッションとして優秀であり、あくびやへの誤魔化しも担ってもらった。 当初、と組ませてを初めとする電気をメタっていたが、以外にあまり強くないことと、巧みダイアークをされると択になってしまうことから解雇した。 アーマーガアが隙を見せる特殊方面への負担として採用。 しかし、受けに対して与える負担は不安定で、主に場荒し程度にしかならない。 また、アーマーガアには炎のパンチを持っていても後だしから受けられてしまう。 Sは最初4振りだったが、同族を意識して少しだけ振った。 このが活躍するのは、どちらかというと受け相手ではなく普通のサイクル下であり、想定外の火力の押し付けでそのまま勝てることも多かった。 命中が多少安定する岩技としても役に立った。 終わりに TNルカ 最終日のみTNシールド ルカダルマキッスドラパから2~3匹、ガアバンギから1匹の対面的選出と、ガアバンギ 1のサイクル的な選出ができ選出画面で択にこそなれ柔軟に対応できたのが良かったです。 ガアが受からない物理 珠ギャラなど やバンギに勝てる特殊が構築単位で重かったですが、強力なの寄せ集めでもあるので強引に突破していました。 前期はサボっていたのでとりあえずの結果として最終2桁を目指していました。 次シーズンからは2桁保存ではなく上位を目指して頑張りたいです。 個人的な感想ですが、今作は構築の押し付けあいの様な一面が強く、いままで以上に構築単位での有利不利が大きいように感じました。 選出画面で択になったり、勝敗が6~7割決まってると思う場面が多かったです。 ックスは非常に楽しい要素ですが、サイクルをまわせないことが多く場合によっては一方的な試合になってしまうことが多いからかもしれません。 私はサイクルが好きなのでもっと構築を強くして、上手く立ち回れるよう精進したいです。 対戦いただいた方ありがとうございました! 質問があれば Luca448Rio まで LucaGori.

次の