リゼロ 有利 区間。 パチスロ『リゼロ』狙い目が多すぎ!モード狙いから「一撃1000枚」ゲット!

【全てシナリオ?】リゼロの有利区間が白鯨攻略戦(CZ)後やAT後も継続する挙動の終了条件(設定6の挙動)【スロット高設定挙動の正体】

リゼロ 有利 区間

結論から言えば、有利区間とは、 ART抽選を行っている区間を指します。 この区間中は、ARTに当選しやすく、 実践者にとっては大チャンスです。 反対に、 通常区間は、 ART抽選を行わない区間です。 ART当選が、無いわけではないですが、 その可能性は、かなり低いのです。 有利区間中なら、ART当選の可能性が、 グッと上がるというわけです。 有利区間の特徴って? 一度、有利区間に入ると、 最長1,500ゲームまで続きます。 9号機では、 1ゲームあたり純増2枚で、 最大3,000枚が出る計算でしたが、 6号機は、最大1,500ゲーム、 もしくは、2,400枚獲得で終了です。 例えば、1ゲームあたり 純増8枚の 『リゼロ』なら、 300ゲームのATで、 2,400枚を獲得できますし、 純増6. 3枚と言われている 『北斗の拳 天昇』なら 約400ゲームのATで、 2,400枚を獲得できます。 フルウエイトで消化すれば、 約30分で、完走できるので、 閉店1時間前からでも、 2,400枚獲得が可能です。 有利区間の特徴的な部分は、 規定ゲーム数、もしくは既定枚数に達すれば 強制的に通常区間に戻される点です。 その場合、 有利区間完走という形になり、 それぞれの台で、 完走演出が見れます。 また、 有利区間に入ったことは、 必ず実践者に教えないといけない ルールになっています。 「実は有利区間に入っていました」 という状態ではいけません。 ペイアウトのセグの右下に、 ドットがつくかどうかで、 有利区間なのか、判断ができます。 ドットがついていれば有利区間、 ついていなければ通常区間です。 ですので、うっかり、 有利区間に入っていたのに、 捨てていたということもあり得ます。 そうならないよう、 ドットの有無は見ておきましょう。 どうすれば有利区間に入るの? 『有利区間に入る契機』 というものが存在します。 レア小役を引く、 ボーナスを当てるなどで、 有利区間に突入します。 9号機までは、 その成立役に、 設定差を設けてはいけない ということになっていましたので、 設定1だろうが、6だろうが、 差がありませんでした。 それが6号機になって、 設定差をつけた成立役の導入が 可能になりました。 レア小役を引いて、 有利区間に入りやすければ 設定が良いという示唆にも利用可能です。 これまで、旧基準機を実践していた人には やや、面倒なシステムかもしれません。 今までと同じような実践ではダメ? ミリオンゴッドでGODを引く、 至福の時と言える瞬間です。 ところが、有利区間がある 最新版のハーデスでは、 そう言えない場面が出てきます。 有利区間が終わろうとする段階で GODを引いた場合、無駄に終わるからです。 理論上、 1499ゲーム目でGODを引いても、 1500ゲーム目で終わってしまいます。 ですので、GODを引いて、 あれ?なにこれ?という展開も 今後、出てくることでしょう。 6号機では、今のところ、 1,500ゲーム消化より、 2,400枚の上限が メインとなっています。 例えで出した展開になることは、 6号機に限れば、 ほとんど無いはずですが・・・。 ただ、今までと同じような感覚で パチスロを実践していると、 びっくりすることが増えるのは事実。 どこで有利区間が始まって、 どこでリセットされるのか、 機種ごとに把握しておきましょう。

次の

パチスロリゼロの有利区間引き継ぎ狙い!30G以内の台なら見分け方は簡単!

リゼロ 有利 区間

この記事の目次• 内部システムの基本。 まず初めに本機は6号機であり、非有利区間と有利区間という2つの状態を行き来しています。 簡単に言うと有利区間というのがATやARTのようにナビを出せる区間であり、 非有利区間はナビを出せない区間です。 6号機における有利区間の詳細については、私が今回お伝えしたい内容の本筋とは離れるので省かせてもらいます。 有利区間は 1500ゲーム消化するか、 1つの有利区間中に差枚数が2400枚を超えると 強制終了して一旦非有利区間に移行する事だけ押さえておいて下さい。 行き来と言っても、この台の場合は非有利区間はコンビニステージに2~3ゲーム滞在するのみであり、僕たちはほとんど常に有利区間を回していることになります。 この台の非有利区間は設定変更後と有利区間終了後に移行するコンビニステージだけですが、 有利区間には複数のシナリオが存在します。 有利区間シナリオについては後述 初めに非有利区間について少し書かせてもらいます。 朝イチ 設定変更後 の大ハマりについて。 どこかで 設定6でも朝イチは大ハマりしやすいという情報を見た事がありますが、 結論から言うとこれは 半分正しく、半分誤りであると推測されます。 いわゆる設定変更後モードのようなものは存在せず、朝イチであろうがそうでなかろうがコンビニステージ 非有利区間 からの、有利区間シナリオの選択率は設定毎に一定だと推測されます。 続報をお待ちください。 一時、番長3が朝イチだけ通常ボーナスの確率が上がっているという噂が流れましたが、個人的にはあの噂に似たような印象を受けました。 朝イチハマりやすいと思われる理由 例えば設定6の実践データのみを集めて、 朝イチの大当たりゲーム数のみとそれ以外の大当たりゲーム数を集計してそれぞれの平均を算出したとすると、 朝イチの方がハマりやすいという結果が出るはずです。 これは何故かというと、リゼロには 有利区間の引き継ぎというものが存在するからです。 設定6はこの有利区間の引き継ぎが極端に起こりやすいため、 朝イチのデータには純粋な有利区間突入後1回目の大当たりのみが含まれますが、 それ以外のデータには有利区間引き継ぎ後の大当たりデータが多く含まれるのがその理由です。 ただし 設定狙いの際に、朝イチのハマリは許容して良い訳では無いので気をつけて下さい。 【重要】リゼロの有利区間シナリオについて。 このパートでお伝えする内容が、リゼロを設定狙いする際にも、ハイエナをする際にも重要になります。 リゼロには複数の有利区間シナリオというものが存在します。 そして有利区間に突入する際に、滞在するシナリオを決定します。 シナリオは大きく分けて2種類あります。 自力シナリオと できれシナリオです。 この2つのシナリオの違いは白鯨攻略戦時に白鯨撃破をガチ抽選するか否かです。 自力シナリオについて 自力シナリオでは撃破をガチ抽選し、抽選に漏れると敗北となります。 見事白鯨を3体撃破し、ATに突入させることが出来れば 強AT濃厚です。 また、 自力シナリオは白鯨攻略戦敗北後 勝利した場合はそのAT後 に有利区間を引き継がずにリセットし、コンビニステージに行く可能性が高いです。 自力シナリオでも有利区間が継続する場合もあります できれシナリオについて できれシナリオはその名の通り、 内部的には白鯨攻略戦の勝利が最初から決まっている 出来レース のシナリオです。 つまり 白鯨攻略戦=AT確定となります。 一部の白鯨攻略戦はスキップされ、AT直撃となる事もあります。 できれシナリオ滞在時のゼロからっしゅは 弱AT濃厚です。 AT後に有利区間の残りゲーム数が十分にある場合、 かつ有利区間内の差枚数に余裕がある場合 有利区間の引き継ぎが濃厚です。 できれシナリオ クジラ勝利確定 でもA天が選択される可能性がある事が判明しました。 その時は勝利しても弱ATとなります。 高設定になるにつれ、できれシナリオの選択率が高くなります A天できれシナリオも含め。 設定狙いの際に最も注目すべきポイントはここです。 ゼロからっしゅの強弱について。 強ATと弱AT 基本編の最後に、ぜろからっしゅの性能の強弱について触れておきます。 本機には 強ATと弱ATが存在します。 ATの強弱を見極めることで、その時に滞在しているのが、 自力シナリオなのか できれシナリオなのかを見極める手助けとなり、 ひいては 設定判別の早期決着に役立ちます。 例えばヒキが強すぎてクジラに負けないという展開になっても、 ATの強弱を見極めることで 低設定を高設定と誤認するリスクを下げることが出来ます。 強ATについて。 強ATは主に 自力シナリオで選択され、 初期ゲーム、上乗せ性能共に強いATです。 おねだりアタックでの上乗せは基本が10ゲームで、でレア役を引けば30ゲームや50ゲームなどの大きな上乗せにも期待できます。 おねだりアタック中の7を狙えでそこそこ7揃いします。 平均初期ゲーム数は80ゲームくらいです。 パネルアタックは体操服や水着パネルのような強パターンが合わせて3割くらいの確率で来ます。 弱ATについて。 弱ATは できれシナリオもしくは 有利区間が継続する自力シナリオで選択される、 初期ゲーム数、上乗せ性能共に弱いATです。 おねだりアタックでは9割方5ゲームしか乗らず、 レア役を引いても10、たとえ強チェでも基本10であり、7を狙え演出は来ても基本揃いません。 AT中は強チェを引けば10ゲームは乗りますが、チャンス目でたまに10ゲーム、その他のレア役は空気です。 平均初期ゲーム数は45ゲームくらいです。 パネルアタックのパネルは弱パターンが基本で、パネルを解放しても上乗せする可能性は低いです。 ごく稀に体操服パネルは来ますが水着パネルは実践上未確認です。

次の

リゼロの内部システムについての考察(基本編)

リゼロ 有利 区間

今月が始まって23日経過していますが、このわたくし昼夜逆転しており まだ10日しか稼働しておりません…!! もちろん台風の影響などもあり行けれない日もあったのですが、それにしたってサボってますよね。 サラリーマン時代の給料が少ないというのもあるんだけど さらに新しい台風が近づいているという情報もありますしホント嫌になっちゃうわ。。。 さらに持ちメダルで移動💨 しかもこれが中々に当たりが重く、またもや出玉は飲まれ 追加投資します。。。 投資4000 回収11780 +7780 まどマギ3 カニ歩き 何も無いのでまどマギ3を1Gカニ歩きしてみることにしました。 全リセですし対策もしてないのでチャンス目か強チェリーを引ければATに入るはずです。 周りを一周しても何も無いので続行する事に。 Bの引き継ぎなら打てなくは無いでしょう 不本意ですけどね。 次からは気をつけましょう。 こんな情報社会で知らなかったは通用しません。。。 もちろん当たらず -1320 鉄拳4 有利区間ランプ 有利区間ランプくらいしか打てなくなった鉄拳4です。 出た当初は450Gくらいからなどと言われていましたが今や600以上です。 108Gでランプ消灯ヤメ。 個人的にこのゲーム数からではあまり気が進みませんが他に打てる台も無かったので仕方ありません 不安は的中し、早い当たりはなくずるずるハマっていきます。。。 642Gで引いた強チェから 激熱・・・ スポンサーリンク もうすぐ天井なのにどうなるんだろう…。 投資6320 回収3980 -2340 そのまま歯医者の予約があったので一旦マイホを後にします。 763Gです。 2連で終わり。 さすがにそう上手くはいかないですね。 というわけでこの日の稼働はこれにて終了。 いつも面白い記事書いているなーって思って見ています。 自分はおいらっくすさんとほぼ同様のエナ専業です。 違うところは、持ち店舗は15店舗ってところと、設定狙いは一切やらないことですかね…。 一応リゼロの有利区間引き続きについて、他ブログの考察記事、自分の膨大な観察と経験からコメントさせていただきます。 200~349白鯨負けの有利区間引き継ぎは、普通にA天行きます。 前回Bだろうと関係ないです。 しかし、350以降の白鯨負け有利引き継ぎは、今までの観察と経験上全てB天までで当たっています。 つまり、有利区間引き継ぎで打つ価値アリなのは、350以降の白鯨負けと、AT後の引き継ぎということですね。 長文で申し訳ないです。 少し気になったので、コメントさせていただきました。 一つ一つ(1台1台)の稼働報告に自分主観の脚色、脚本を加える。 そうすると、いかにもブログ記事になりますよ。 例えば、 「リゼロ238Gから。 果たして、前任者はどうしてここでやめたんだろ?Aを察知して、200G前にガセ前兆がなかったからなのか?もしくは、野性的カンで、違う台の高設定台を射止めたからか?謎は多いが、既に黄色アイコンを確保してあるのが強み。 しかーし、ポイントはまだ、20ポイントしか溜まっていない。 悩むが、少し回してみて、体操の入り具合を見つつ、本日初の白鯨戦を目指して、いざ、レバーオン!」 みたいな。 一つ一つを脚色するんです。 実は、私もかなり以前にブログやってまして、実践ブログって、ただ経過報告だけでは皆と同じ。 読んで楽しい、読み手も巻き込んで、自分色を出していくと、ジワリと読者が増えました。 そうすると、実際の稼働が少ないのに、ボリュームあるブログ記事になりますよw ご一考を。 初めまして、密かに拝見させて頂いてましたが初のコメントになります。 ネタを探しているということでしたが、おいらっくすさんの期待値を考えずに稼働させた場合のお好きな台や、嫌いな台の特徴とその理由。 そしてご自分の性格に合わせて、なぜ好きなのか・なぜ嫌いなのかの考察などはいかがでしょうか? 実はブログ徘徊していても、期待値ブログってコメントがしづらいというのがありまして。 聖闘士星矢やリゼロ、GODなんて紹介されてる部分は楽しいかもしれないけども、それまでの展開中って地獄のようにつまらない台なんだよね…と思ってしまうことがあります。 これは批判ではなく、プロとしては打ちたくないんだけど、この台はスロットとして面白いかもしれない…みたいな記事がたまにあってもいうのかな?と。 自分は面白い台をとことん打ち続ける性格なので、『お、じゃあ俺も打ってみようかな?』と思える台を探し中です。

次の