ジブラルタ生命 選考。 【面接対策】ジブラルタ生命保険の中途採用面接では何を聞かれるのか

転職活動中なんですが、今度ジブラルタ生命保険株式会社の面接に行くもので...

ジブラルタ生命 選考

今回のインタビュー企業はジブラルタ生命保険株式会社さんです。 同社のITグループは社内の他部門や協力会社と密にコミュニケーションをとり、営業支援系システムや契約管理システムなどの開発、運用、保守、改善等を行っています。 このITグループでリクルーターを担当されている営業システム開発チームの水間綾子さんと、内定者の横浜国立大学 経営学部 坂井綜謙さんにOfferBoxでの出会いから内定までの経緯についてお話を伺いました。 ジブラルタ生命保険株式会社 営業システム開発チーム 水間綾子さん 横浜国立大学 経営学部国際経営学科 坂井綜謙さん IT技術を駆使し、生命保険のビジネスを支える OfferBox事務局 まず、主体的にコミュニケーションを図り、自分の意見をしっかりと相手に伝えられる人を探していました。 私たちITグループは生命保険会社のIT部門という立場ですが、私たちのシステムを活用する他部門の方々のやりたいことを言葉から汲み取って、開発担当者にその要望を伝える仕事なので、コミュニケーション能力がとても重要です。 さらに、具体的に求める人物像を4つのタイプに分けていました。 OfferBox事務局 そうですね。 キャリアパスも社員の意志で選択できますし、働き方も柔軟に選択できる環境があります。 部門によりますが、「時差出勤制度」を利用している社員もいます。 勤務時間は変わりませんが、ご家庭の事情などに合わせて始業時刻を選択できる制度です。 私も仕事にメリハリをつけるためにこの制度を活用しています。 例えば、朝8時に出社して16時半で仕事を終え、趣味の野球観戦に行くこともありますね。 その他にも、育児休暇や産前産後休暇に加えて、介護休暇や、自身やご家族が病気になったときに休暇が取れる傷病休暇など、仕事とプライベートの両立を支援する制度があります。 管理職がワークライフバランスに理解があるので、スタッフも休暇が取得しやすい環境です。 企業が本当に知りたいのは「実績」ではない OfferBox事務局.

次の

障害者雇用 - ジブラルタ生命保険株式会社(事務職) : 蒼穹 -そうきゅう-

ジブラルタ生命 選考

世界最大級の金融サービス機関である、米国プルデンシャル・ファイナンシャルの一員。 【沿革】 2000年に経営破綻した協栄生命保険を買収し、その事業を承継した生命保険会社。 協栄生命保険の事業を引き継いだため、公立学校の教職員や自衛官との契約を多く保有しており、特に教職員市場でのシェアは4割に達する。 【資本関係】 プルデンシャルフィナンシャルのグループ会社であり、日本ではプルデンシャルタワーに入居している。 「プルデンシャル生命保険株式会社」は、共通の親会社を持つ兄弟会社ということになる。 設 立: 1935年 HP: 採用HP: タグ 【事業について】 前述の通り教職員向けに強く、一部教職員向けの専用保険も用意されている。 同業他社に比べても保険の継続率が高いとされている。 同社コンサルタントのMDRT会員( Million Dollar Round Table)は2016年時点で467名となっており、業界3位の所属人数となっている。 (厳密には、手数料額以外にも様々な基準があり、手数料額は必要条件の1つとなる) 【2020-10-31締切】 実施内容詳細 <当社オリジナルコンテンツ> 世界最大級の金融サービス機関「プルデンシャル・ファイナンシャル」の一員であるジブラルタ生命の【営業管理職】の職務・やりがいを体感できる1day 仕事体験プログラムをご用意しています。 当社オリジナルのビジネスシミュレーションゲームを通じて、組織のマネジメントや、ライフプラン・コンサルタント(LC)の採用・育成など当社営業管理職の仕事を疑似体験できます。 また、保険業界や当社について詳しく知ることのできるコンテンツや、実際に営業管理職として働く先輩社員のスピーチを 【日程】 1月23日(火)、1月24日(水)、1月26日 金) 2月8日(木)、2月14日(水)、2月22日(木) 開催時間はいずれも9:00~12:00 場所は東京都港区港南1-2-70 品川シーズンテラス 弊社会議室を予定しております。 なお、各インターンの予約締め切りは開催日の2営業日前とさせていただきますが、早めにご予約いただけますと幸いです。 なお、上記3部門についてはインターンシップ開催の予定はございません。

次の

辞退した企業に内定?横国大生がジブラルタ生命保険の選考に再挑戦した理由

ジブラルタ生命 選考

今回のインタビュー企業はジブラルタ生命保険株式会社さんです。 同社のITグループは社内の他部門や協力会社と密にコミュニケーションをとり、営業支援系システムや契約管理システムなどの開発、運用、保守、改善等を行っています。 このITグループでリクルーターを担当されている営業システム開発チームの水間綾子さんと、内定者の横浜国立大学 経営学部 坂井綜謙さんにOfferBoxでの出会いから内定までの経緯についてお話を伺いました。 ジブラルタ生命保険株式会社 営業システム開発チーム 水間綾子さん 横浜国立大学 経営学部国際経営学科 坂井綜謙さん IT技術を駆使し、生命保険のビジネスを支える OfferBox事務局 まず、主体的にコミュニケーションを図り、自分の意見をしっかりと相手に伝えられる人を探していました。 私たちITグループは生命保険会社のIT部門という立場ですが、私たちのシステムを活用する他部門の方々のやりたいことを言葉から汲み取って、開発担当者にその要望を伝える仕事なので、コミュニケーション能力がとても重要です。 さらに、具体的に求める人物像を4つのタイプに分けていました。 OfferBox事務局 そうですね。 キャリアパスも社員の意志で選択できますし、働き方も柔軟に選択できる環境があります。 部門によりますが、「時差出勤制度」を利用している社員もいます。 勤務時間は変わりませんが、ご家庭の事情などに合わせて始業時刻を選択できる制度です。 私も仕事にメリハリをつけるためにこの制度を活用しています。 例えば、朝8時に出社して16時半で仕事を終え、趣味の野球観戦に行くこともありますね。 その他にも、育児休暇や産前産後休暇に加えて、介護休暇や、自身やご家族が病気になったときに休暇が取れる傷病休暇など、仕事とプライベートの両立を支援する制度があります。 管理職がワークライフバランスに理解があるので、スタッフも休暇が取得しやすい環境です。 企業が本当に知りたいのは「実績」ではない OfferBox事務局.

次の