アイプチ 使い方。 アイプチの基本のやり方とコツ・失敗を防ぐ5つのポイント

奥二重まぶたさん向けアイプチ使い方!二重まぶたを手に入れよう

アイプチ 使い方

目次 OPEN• 夜用アイプチを使う上で知っておきたいコツやポイント 夜用アイプチは普段使っているアイプチと似てはいますが、知っておきたいコツやポイントがあります。 まぶたに油分はしっかり落としてからノリ付け! 少しでもまぶたに油分が付いていると夜用アイプチの接着性が弱くなってしまうのでしっかり落としてからノリを塗りましょう。 乳液や化粧水も油分が含まれているの注意ですよ。 中にはベビーパウダーを使う方もおられるみたいですよ。 夜用アイプチはメーカーによって塗る量を変える! 量を多く塗ればいいというわけでもないです。 はたっぷり塗るとカピカピになるので薄く塗るのがコツだったり、 や は2〜3回薄く重ね塗りをしてたっぷり塗る感じがいいですね。 それぞれメーカーによって塗る量は違う感じ。 今まで問題なかったのに急にヒリヒリとしみたりした場合は危険信号です。 そうならないためにも水・化粧水を染み込ませたコットンなどでノリをふやかしてから丁寧に優しく吸い取るイメージで落としましょう。 夜用アイプチは美容成分たっぷりといっても間違ったやり方をしているとトラブルになりかねないので正しい方法で丁寧に落としましょう。 夜用アイプチにはムクミにくくするために引き締め効果がある成分を含んでいますが、夜用アイプチだけに頼らず、普段の生活を改善することで、よりムクミにくくすることが出来ます。 ・ムクミにくい体質になるコツ• うつ伏せや横向きで寝ない。 寝る前に水分を多く摂取しない。 日頃から塩分の多い食事を避ける。 早寝早起きをして健康体! 日頃からこれらを意識することでムクミにくくなって夜用アイプチを効果的に発揮できるようになるんですよ。 試す価値はありです。 蒸しタオルは濡らしたタオルを電子レンジで10〜30秒温めるだけなので簡単に作れます。 まぶたのマッサージをしてより効果的に! 目をつぶった状態で指の腹で目頭から目じりの方向に撫でるようにマッサージが効果的です。 まぶたの脂肪を目じりの方へ逃がす感じですね。 血行促進にも繋がりますし、まぶた自体が柔らかくなりやすく、二重のクセ付けに効果的なんですよ。 夜用アイプチの正しい使い方とは では夜用アイプチの使い方ですが、メーカーによって若干やり方が違いますが、基本的な所は一緒です。 もし赤くなったりするようだったらまぶたには絶対付けないこと。 その時点でメーカーに連絡しましょう。 化粧水や乳液などの油分で接着しにくくなってしまうことがあるのでしっかり落としましょう。 2.プッシャーで二重のラインをチェック。 最初は二重幅は小さめにして徐々に理想の二重幅に広げていくのがポイント 3.プッシャーで下書きした部分にノリを塗る。 薄目状態にして下書きした部分にまんべんなく塗っていきます。 上手く接着できない場合はこの時に2〜3回程度重ね塗りしましょう。 4.少し乾くのを待つor待たずにクセ付けする。 ここは夜用アイプチの種類によってやり方が違います。 の場合は乾ききる前にプッシャーで二重のラインを作るのですが、 や は少し待ってからラインを作る感じでした。 5.後は朝まで寝るだけ。 ノリを落とすときは無理やり爪でカリカリ擦ったりすると、まぶたが荒れてヒリヒリしてしまうので絶対にダメですよ。 温かいお湯でふやかして落としたり、化粧水などで湿らせたコットンや蒸しタオルなどでノリをふやかしてから指の腹でやさしく少しづつ落としましょう。

次の

アイプチの正しい使い方

アイプチ 使い方

アイプチをきれいに仕上げるコツ きれいに仕上げるためには、どのようなポイントを押さえておくと良いでしょうか。 こちらでは、 4つのコツについてご紹介していきます。 顔の脂を取り除いておく• 液体を少なめに取れるようによくしごく• テープタイプはラインを引いてから付けるようにする• 目の周りの脂をあらかじめ取り除いておくことで、より接着液やテープが綺麗に張り付きやすくすることができます。 下準備を行っておくことで、あとに行う作業をよりスムーズに進めることができるでしょう。 あぶらとり紙を使って目元にやさしく当てて油分を減らすことで、肌へのダメージを減らすことができるのもポイントです。 接着液を使う時は、多めに付けてしまうと見た目が綺麗に仕上がりにくくなってしまいます。 そのため、接着液に付属しているブラシはしっかりと縁を使ってしごいて液体の量を控えめにすることが大切です。 適切な量を使って付けていくことで、より綺麗な二重まぶたにしていくことができるでしょう。 コツを押さえて一回で上手にできるようにすることで、より自然に仕上げやすくなるのもポイントです。 あらかじめラインを引いてからテープを貼るようにすることで、場所にあたりを付けて作業しやすくなるでしょう。 初めて挑戦する場合などによりおすすめなコツとなっています。 あらかじめラインを引けば左右の高さに違いや不自然な部分がないか確認することができるのもポイントです。 両まぶたにテープを貼り付ける場合にも取り入れると良いコツとなっているでしょう。 接着液タイプの商品に付いていることが多いプッシャーは、適した場面で用いることで、より自然な仕上がりに近づけやすくなります。 貼り付けたあとにプッシャーを用いて固定することで、肌に均等に力を加えながら押し付けやすくなるでしょう。 慣れてきた場合は手先を使うのも手ですが、安定して綺麗な仕上がりにしたい場合は意識することが大切なコツとなっています。 アイプチのやり方 具体的に、どのようなやり方で行うことができるのでしょうか。 こちらでは、 7つのポイントに分けてご説明していきます。 二重の幅の部分に薄めのアイライナーで印を付ける• プッシャーを使って肌を押し込みやすくしておく• 付けた線の真下に接着液またはテープを付ける• 接着液の場合は色味がややクリアになってきたタイミングでプッシャーを使い押し込む• テープタイプの場合は手でなじませていく• 絆創膏の場合は薄く切って使う• 二重の幅にしたい部分を決めたら、まずは薄めのアイライナーを使って細くラインを引いていきましょう。 ライトブラウンといった、肌に馴染みやすい薄めの色を使うことで、目印の線を目立たせないようにすることができるでしょう。 ブラックのアイラインを使ってしまうと不自然に見えてしまうため、柔らかめの色を使うというコツを押さえて作業することがおすすめです。 接着液やテープを用意する前に、プッシャーを使って押し込みやすく肌に癖を付けるコツを取り入れて作業すると、仕上がりを自然にしやすくなるでしょう。 肌に線が付きやすいように癖を付けることで、より二重ができやすい状態に近づけられます。 何回も押し込むよりも、狙いを定めて数秒間押し込み、癖を付けるようにするとダメージを抑えやすくなるのもコツです。 目印の線に沿うように配置して作業することで、満足行く仕上がりになりやすくなるでしょう。 線に覆いかぶさるように配置するのではなく、真下に置くことで想定していたラインに二重を作りやすいのもポイントでしょう。 より場所にあたりを付けて上手に仕上げたい方におすすめなコツにもなっています。 接着液を使う場合は、すぐにまぶたにくっつけるようにするのではなく、ややクリアな色味になってからにすることで、よりしっかりと綺麗に接着しやすくなります。 白い跡が残る失敗例にならないようにしたい方におすすめなコツにもなっているでしょう。 一呼吸置いて待つタイミングを忘れない、というコツを押さえて、プッシャーを上手に使って接着していきましょう。 テープタイプを使う場合は、貼ってからしばらく待つというコツは必要ありませんが、接着した後に手先を使ってなじませるというコツを使うと良いでしょう。 貼り付けた場所をそのままにするのではなく、若干なじませることで、皮膚のつっぱりなどを解消しやすくなります。 二重を作るだけでなくより自然に仕上げたい方におすすめなコツでしょう。 絆創膏を使って二重を作りたい場合は、絆創膏をテープのように薄めに切ってから使う、というコツがあります。 絆創膏は柔らかく伸びやすいため、薄めに切って伸ばして貼り付けることで、接着液の代わりに使いつつ取り入れることができるでしょう。 茶色い色味なので、より肌に馴染みやすいのもおすすめなポイントです。 自分で作ったテープは、貼り付けた後に長さが余ってしまうこともあります。 そのため、 目尻よりもはみ出てしまっている絆創膏ははさみでカットして取り除く、というコツを取り入れることで、よりテープに近い仕上がりになるでしょう。 テープを使っていて余った場合にも取り入れやすいコツとなっています。 アイプチを失敗しないポイント 失敗しないためには、どのようなポイントを気をつけるとよいでしょうか。 こちらでは、 5つのポイントについてご紹介していきます。 二重にしたら固まるまでよく待つ• 二重にする位置をしっかり決めてから行う• 液体とテープのうち使いやすい方をチョイスする• プッシャーを押し当てて一番線が残りやすい部分にラインを書く• 二重の形になってから、しっかりと固まるまでまぶたをなるべく動かさずに待つことで、二重の形を崩れにくくできるというコツがあります。 どうしてもまばたきしやすいことはありますが、なるべくたくさんまばたきせずに待つことで、刺激を与えて形がよれてしまうことがないようにできるでしょう。 アイプチが外れてしまった、ということがないようにしたい方にもおすすめなコツとなっています。 二重にする位置をしっかりと考えずに作業してしまうと、二重を作ることができても左右で違いが大きくなってしまったりと不自然な見た目になってしまいます。 そのため、一回目で成功するようにしたい方は、あらかじめどの位置に二重を作るか印をつけたり、意識するというコツを押さえておくことがおすすめです。 液体のりのように使うタイプと、テープとして貼り付けて使うタイプでは、使い方に違いがあります。 そのため、より自分が扱いやすいタイプを用いるというコツを押さえれば、アイプチを上手に使いやすくなるでしょう。 後述する選び方もぜひ参考にして、よりスムーズに作業しやすいタイプをチョイスするというコツがおすすめです。 どの部分に癖をつければ良いのかわかりづらい時には、何箇所かにプッシャーを押し当てて一番後が残りやすかった所を選ぶようにすると良い、というコツがあります。 目印のラインを引く場所に困った時にもおすすめなコツとなっているでしょう。 まぶたの腫れが強いと、アイプチをしてもうまく二重が作りにくい状態となってしまいます。 眉の下の目頭部分の骨を、親指の腹を使って軽く押し、上を回って段々と顔の外側に行くように動かしてマッサージする、というコツがあるでしょう。 また、 目の下の骨から顔の外側にかけて中指を使って3秒ずつ押しながらマッサージしたり、こめかみを5秒押してから鎖骨に流してマッサージするコツもおすすめです。 アイプチ商品を選ぶポイント 商品を選ぶ時は、どんな点に気をつけて選んでいけばよいでしょうか。 こちらでは、 3つのポイントに分けてご紹介していきます。 使い方• まぶたの厚み• よりしっかりと接着する使い方をしたい方は、両面のテープタイプや接着タイプのリキッドをチョイスする、というコツがあります。 また、まばたきしても自然な仕上がりにしたい方は折込タイプのリキッドを選ぶと良い、というコツもあるでしょう。 まぶたが厚めな方は、接着力が高めな両面タイプのテープや、液体のりのリキッドを選ぶとよりしっかりと二重を作りやすい、というコツがあります。 まぶたが薄めな方は、折込タイプのリキッドを使ってよりばれない芸能人風に仕立てたり、片面接着のテープで二重の幅を調節すると好みに仕上げやすいというコツもあるでしょう。 商品の中には、夜の間使って二重になりやすくしていけるというタイプもあります。 そのため、 すぐに二重にするために長時間キープできるタイプを用いるか、夜の間だけ付けて自然に癖を付けていくか選ぶこともできるでしょう。 おすすめアイプチ商品 おすすめの商品には、どのようなものがあるでしょうか。 こちらでは、 おすすめな商品を15個ご説明していきます。 二重まぶた形成化粧品 6ml• ローヤルアイム8ml• ローヤルアイムリピリッチモイスト7ml• オペラアイプチN• Ledouble[ルドゥーブル]二重まぶた化粧品 2mL• アイプリ8ml二重形成化粧品• コージーアイトーク8ml• キコラボメイクうるプチゴム《5ml》• アストレアヴィルゴアイビューティーフィクサー• ワンダーアイリッドテープエクストラ120本• DECORATIVEEYES埋没式ふたえテープ 超強力タイプ• D-UPワンダーアイリッドテープリタッチボンド 5ml• プリュドールナチュラル30組入• こちらでは、 3つの注意点についてご説明していきます。 肌荒れが起きたら商品を変えるかしばらく使用を控える• 接着液を落とす時は温水を含ませたコットンで優しく取る• 肌荒れが起きてしまったら、なるべく早く使用を中断して肌の調子を整えるようにすると良いでしょう。 より敏感肌用の商品に変えるのもおすすめです。 温水を用いてコットンに含ませることで、より肌に優しい状態にしながら接着したのりをこすらずに落とすことができる、というコツがあります。 しばらくコットンを乗せてのりを浮かせてから下にコットンを動かして取り除く、というコツを押さえるとリムーブしやすいでしょう。 アイメイクを施したい場合は、アイシャドウやマスカラを行ってからアイプチを施し、アイラインを引いて完成させる流れを守るというコツがあります。 順番のコツを把握すれば、アイプチの跡をなじませながらメイクしやすくなるでしょう。 アイプチを映えさせるおすすめケア 仕上がりを映えさせるためのケアは、どのようなものでしょうか。 こちらでは、 2つのおすすめなケアについてご説明していきます。 蒸しタオルを乗せて血流を活性化させる• 蒸しタオルをまぶたの上に当てることで、目の疲れを和らげやすくなります。 水を絞ったタオルを500Wのレンジで1分温めることで簡単に蒸しタオルを作れる、というコツも取り入れることがおすすめです。 ワセリンや美容液を使うことで、効果的に優しく保湿しやすいというコツがあります。

次の

アイプチの基本のやり方とコツ・失敗を防ぐ5つのポイント

アイプチ 使い方

アイプチをきれいに仕上げるコツ きれいに仕上げるためには、どのようなポイントを押さえておくと良いでしょうか。 こちらでは、 4つのコツについてご紹介していきます。 顔の脂を取り除いておく• 液体を少なめに取れるようによくしごく• テープタイプはラインを引いてから付けるようにする• 目の周りの脂をあらかじめ取り除いておくことで、より接着液やテープが綺麗に張り付きやすくすることができます。 下準備を行っておくことで、あとに行う作業をよりスムーズに進めることができるでしょう。 あぶらとり紙を使って目元にやさしく当てて油分を減らすことで、肌へのダメージを減らすことができるのもポイントです。 接着液を使う時は、多めに付けてしまうと見た目が綺麗に仕上がりにくくなってしまいます。 そのため、接着液に付属しているブラシはしっかりと縁を使ってしごいて液体の量を控えめにすることが大切です。 適切な量を使って付けていくことで、より綺麗な二重まぶたにしていくことができるでしょう。 コツを押さえて一回で上手にできるようにすることで、より自然に仕上げやすくなるのもポイントです。 あらかじめラインを引いてからテープを貼るようにすることで、場所にあたりを付けて作業しやすくなるでしょう。 初めて挑戦する場合などによりおすすめなコツとなっています。 あらかじめラインを引けば左右の高さに違いや不自然な部分がないか確認することができるのもポイントです。 両まぶたにテープを貼り付ける場合にも取り入れると良いコツとなっているでしょう。 接着液タイプの商品に付いていることが多いプッシャーは、適した場面で用いることで、より自然な仕上がりに近づけやすくなります。 貼り付けたあとにプッシャーを用いて固定することで、肌に均等に力を加えながら押し付けやすくなるでしょう。 慣れてきた場合は手先を使うのも手ですが、安定して綺麗な仕上がりにしたい場合は意識することが大切なコツとなっています。 アイプチのやり方 具体的に、どのようなやり方で行うことができるのでしょうか。 こちらでは、 7つのポイントに分けてご説明していきます。 二重の幅の部分に薄めのアイライナーで印を付ける• プッシャーを使って肌を押し込みやすくしておく• 付けた線の真下に接着液またはテープを付ける• 接着液の場合は色味がややクリアになってきたタイミングでプッシャーを使い押し込む• テープタイプの場合は手でなじませていく• 絆創膏の場合は薄く切って使う• 二重の幅にしたい部分を決めたら、まずは薄めのアイライナーを使って細くラインを引いていきましょう。 ライトブラウンといった、肌に馴染みやすい薄めの色を使うことで、目印の線を目立たせないようにすることができるでしょう。 ブラックのアイラインを使ってしまうと不自然に見えてしまうため、柔らかめの色を使うというコツを押さえて作業することがおすすめです。 接着液やテープを用意する前に、プッシャーを使って押し込みやすく肌に癖を付けるコツを取り入れて作業すると、仕上がりを自然にしやすくなるでしょう。 肌に線が付きやすいように癖を付けることで、より二重ができやすい状態に近づけられます。 何回も押し込むよりも、狙いを定めて数秒間押し込み、癖を付けるようにするとダメージを抑えやすくなるのもコツです。 目印の線に沿うように配置して作業することで、満足行く仕上がりになりやすくなるでしょう。 線に覆いかぶさるように配置するのではなく、真下に置くことで想定していたラインに二重を作りやすいのもポイントでしょう。 より場所にあたりを付けて上手に仕上げたい方におすすめなコツにもなっています。 接着液を使う場合は、すぐにまぶたにくっつけるようにするのではなく、ややクリアな色味になってからにすることで、よりしっかりと綺麗に接着しやすくなります。 白い跡が残る失敗例にならないようにしたい方におすすめなコツにもなっているでしょう。 一呼吸置いて待つタイミングを忘れない、というコツを押さえて、プッシャーを上手に使って接着していきましょう。 テープタイプを使う場合は、貼ってからしばらく待つというコツは必要ありませんが、接着した後に手先を使ってなじませるというコツを使うと良いでしょう。 貼り付けた場所をそのままにするのではなく、若干なじませることで、皮膚のつっぱりなどを解消しやすくなります。 二重を作るだけでなくより自然に仕上げたい方におすすめなコツでしょう。 絆創膏を使って二重を作りたい場合は、絆創膏をテープのように薄めに切ってから使う、というコツがあります。 絆創膏は柔らかく伸びやすいため、薄めに切って伸ばして貼り付けることで、接着液の代わりに使いつつ取り入れることができるでしょう。 茶色い色味なので、より肌に馴染みやすいのもおすすめなポイントです。 自分で作ったテープは、貼り付けた後に長さが余ってしまうこともあります。 そのため、 目尻よりもはみ出てしまっている絆創膏ははさみでカットして取り除く、というコツを取り入れることで、よりテープに近い仕上がりになるでしょう。 テープを使っていて余った場合にも取り入れやすいコツとなっています。 アイプチを失敗しないポイント 失敗しないためには、どのようなポイントを気をつけるとよいでしょうか。 こちらでは、 5つのポイントについてご紹介していきます。 二重にしたら固まるまでよく待つ• 二重にする位置をしっかり決めてから行う• 液体とテープのうち使いやすい方をチョイスする• プッシャーを押し当てて一番線が残りやすい部分にラインを書く• 二重の形になってから、しっかりと固まるまでまぶたをなるべく動かさずに待つことで、二重の形を崩れにくくできるというコツがあります。 どうしてもまばたきしやすいことはありますが、なるべくたくさんまばたきせずに待つことで、刺激を与えて形がよれてしまうことがないようにできるでしょう。 アイプチが外れてしまった、ということがないようにしたい方にもおすすめなコツとなっています。 二重にする位置をしっかりと考えずに作業してしまうと、二重を作ることができても左右で違いが大きくなってしまったりと不自然な見た目になってしまいます。 そのため、一回目で成功するようにしたい方は、あらかじめどの位置に二重を作るか印をつけたり、意識するというコツを押さえておくことがおすすめです。 液体のりのように使うタイプと、テープとして貼り付けて使うタイプでは、使い方に違いがあります。 そのため、より自分が扱いやすいタイプを用いるというコツを押さえれば、アイプチを上手に使いやすくなるでしょう。 後述する選び方もぜひ参考にして、よりスムーズに作業しやすいタイプをチョイスするというコツがおすすめです。 どの部分に癖をつければ良いのかわかりづらい時には、何箇所かにプッシャーを押し当てて一番後が残りやすかった所を選ぶようにすると良い、というコツがあります。 目印のラインを引く場所に困った時にもおすすめなコツとなっているでしょう。 まぶたの腫れが強いと、アイプチをしてもうまく二重が作りにくい状態となってしまいます。 眉の下の目頭部分の骨を、親指の腹を使って軽く押し、上を回って段々と顔の外側に行くように動かしてマッサージする、というコツがあるでしょう。 また、 目の下の骨から顔の外側にかけて中指を使って3秒ずつ押しながらマッサージしたり、こめかみを5秒押してから鎖骨に流してマッサージするコツもおすすめです。 アイプチ商品を選ぶポイント 商品を選ぶ時は、どんな点に気をつけて選んでいけばよいでしょうか。 こちらでは、 3つのポイントに分けてご紹介していきます。 使い方• まぶたの厚み• よりしっかりと接着する使い方をしたい方は、両面のテープタイプや接着タイプのリキッドをチョイスする、というコツがあります。 また、まばたきしても自然な仕上がりにしたい方は折込タイプのリキッドを選ぶと良い、というコツもあるでしょう。 まぶたが厚めな方は、接着力が高めな両面タイプのテープや、液体のりのリキッドを選ぶとよりしっかりと二重を作りやすい、というコツがあります。 まぶたが薄めな方は、折込タイプのリキッドを使ってよりばれない芸能人風に仕立てたり、片面接着のテープで二重の幅を調節すると好みに仕上げやすいというコツもあるでしょう。 商品の中には、夜の間使って二重になりやすくしていけるというタイプもあります。 そのため、 すぐに二重にするために長時間キープできるタイプを用いるか、夜の間だけ付けて自然に癖を付けていくか選ぶこともできるでしょう。 おすすめアイプチ商品 おすすめの商品には、どのようなものがあるでしょうか。 こちらでは、 おすすめな商品を15個ご説明していきます。 二重まぶた形成化粧品 6ml• ローヤルアイム8ml• ローヤルアイムリピリッチモイスト7ml• オペラアイプチN• Ledouble[ルドゥーブル]二重まぶた化粧品 2mL• アイプリ8ml二重形成化粧品• コージーアイトーク8ml• キコラボメイクうるプチゴム《5ml》• アストレアヴィルゴアイビューティーフィクサー• ワンダーアイリッドテープエクストラ120本• DECORATIVEEYES埋没式ふたえテープ 超強力タイプ• D-UPワンダーアイリッドテープリタッチボンド 5ml• プリュドールナチュラル30組入• こちらでは、 3つの注意点についてご説明していきます。 肌荒れが起きたら商品を変えるかしばらく使用を控える• 接着液を落とす時は温水を含ませたコットンで優しく取る• 肌荒れが起きてしまったら、なるべく早く使用を中断して肌の調子を整えるようにすると良いでしょう。 より敏感肌用の商品に変えるのもおすすめです。 温水を用いてコットンに含ませることで、より肌に優しい状態にしながら接着したのりをこすらずに落とすことができる、というコツがあります。 しばらくコットンを乗せてのりを浮かせてから下にコットンを動かして取り除く、というコツを押さえるとリムーブしやすいでしょう。 アイメイクを施したい場合は、アイシャドウやマスカラを行ってからアイプチを施し、アイラインを引いて完成させる流れを守るというコツがあります。 順番のコツを把握すれば、アイプチの跡をなじませながらメイクしやすくなるでしょう。 アイプチを映えさせるおすすめケア 仕上がりを映えさせるためのケアは、どのようなものでしょうか。 こちらでは、 2つのおすすめなケアについてご説明していきます。 蒸しタオルを乗せて血流を活性化させる• 蒸しタオルをまぶたの上に当てることで、目の疲れを和らげやすくなります。 水を絞ったタオルを500Wのレンジで1分温めることで簡単に蒸しタオルを作れる、というコツも取り入れることがおすすめです。 ワセリンや美容液を使うことで、効果的に優しく保湿しやすいというコツがあります。

次の