対象月 売上台帳。 必要書類(証拠書類)詳細

なんと6日で入金!農家さんの持続化給付金申請のお手伝い。計算方法や添付書類についてまとめました。

対象月 売上台帳

持続化給付金の入金が遂に! 5月14日に申請した持続化給付金がようやく入金されました。 これでとりあえず生き延びることができます! 今までに確定申告をしていなかったので、はじかれるのを覚悟していましたが 100万円の持続化給付金のおかげで事業を継続できます。 まだ確定申告をしていない人は、まずは急いで確定申告を! 不備メールは1回届きました 持続化給付金の申請でなにかと問題になっているのが「不備メール」。 不備メールの内容はさまざまですが、特に問題なのは白色申告者の以下の部分。 「売上減少の対象月の前年度売上額」 これを見ると、普通の人は「売上減少の対象月」が2月なんだから「前年度売上」を 記載する項目も「前年度の2月」と考えるのが普通でしょう。 これをしないばかりに不備メールが届く人が続出しています。 なんと説明が不親切なことか。。。 スポンサーリンク 売上台帳はこれで通りました Twitter上やいろいろなサイトで売上台帳に申請者の名前の記載が必要と書かれていましたが 必ずしも必要ではないようです(チェックする担当者によって見るべきポイントが違うかも)。 実際に申請したのは以下の画像の通りで、売上台帳ではなく「取引調」として経費なども合わせて記載し、事業者名は書かないで提出しました。 いろいろな情報を眺めていたら「不備メール確定」だと思っていましたが、見逃されたのかもしれません。 これから申請する人は、事業者名を記載し、余計な経費は記載せずに売上の詳細だけを記入し、最下部に売り上げの合計金額を記入するのが良いと思います。 まだまだ未入金の人は多いよう・・・ 5月29日14時30分時点では、未入金の報告もたくさん見られます。 特に多いのは5月1日の申請で、いわゆる「初日申請組」といわれる方々ですね。 なぜこのような事態になったのかは諸説ありますが Twitter上で言われているのは、事務局側のデータロスト。 5月1日に申請開始となり、申請が集中したためサーバーがパンクしてデータが消失したと噂されています。 これに対して中小企業庁では「データロストの事実はない」としていますが ではなぜ持続化給付金を初期に申請した人たちの入金が遅れていて、10日以降に申請した人たちが続々と入金されているのでしょうか。 謎すぎます・・・ これでは事業を持続できない人が続出するのが目に見えていますよ。。。 持続化給付金の大きな問題 持続化給付金の対応は持続化給付金事務局が行っていますが、その委託先は「一般社団法人 サービスデザイン推進協議会」です。 この組織は民間団体といわれていますが、実際は経済産業省の内局により創設された官製の組織です。 しかも、サービスデザイン推進協議会は外注や委託を行っています。 今回の持続化給付金についても、経済産業省から委託された事業を再委託して外部へ回しているのです。 ちなみに、財務省や総務省は再委託を禁止していますが、経済産業省はOKなのでしょうか。 驚くのはその金額です。 サービスデザイン推進協議会では、国から769億円で持続化給付金事業を請け負ったとされています。 事業費の97%は再委託として外部企業へ流れるということらしいですが、外部先とは、あの株式会社電通です。 — deepthroat gloomynews 安倍首相と電通については、何かと黒いうわさが飛び交っていますよね。 想像したくないですが、今回のコロナウイルスで国民が苦しんでいるのに、自分たちは利権をフル活用して私腹を肥やしているとしたら・・・ まさかね・・・。

次の

【持続化給付金】対象月の売上の集計で注意したいこと

対象月 売上台帳

持続化給付金 新型コロナウイルス感染症拡大により、特に大きな影響を受けている事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧となる、事業全般に広く使える、給付金を支給することが経済産業省より発表されました。 詳細は、中小企業庁の「」を参照してください。 家賃支援給付金 新型コロナウイルス感染症を契機とした5月の緊急事態宣言の延長などにより、売上の減少に直面するみなさまの事業の継続を支えるため、地代・家賃(以下、賃料)の負担を軽減することを目的として、賃借人(かりぬし)である事業者に対して給付金を給付することが経済産業省より発表されました。 詳細は、中小企業庁の「」を参照してください。 ここでは申請に必要な、2020年分の対象月の売上がわかる「売上台帳等」として[総勘定元帳]を出力する方法をご案内します。 クイックナビゲータの[決算・申告]カテゴリから[総勘定元帳]をクリックします。 [勘定科目]で売上や収入に関する科目を選択し、[期間]を選択します。 選択する科目や期間については、申請内容に合わせて選択します。 [印刷]ボタンをクリックし、[PDFファイルの作成]を選択して出力します。 プリンター名の一覧から[PDFファイルの作成]を選択して[OK]をクリックします。

次の

持続化給付金の売上台帳の書き方とは?白色申告者向けの書き方口座!

対象月 売上台帳

概要 内の新型コロナウイルス感染症緊急経済対策のひとつ 「持続化給付金の支給」について、お客様の事業で給付を受けられる金額の予測値の確認と必要な帳票の出力などが行える画面です。 対象月…対象月を2020年1月以降の月~前月までの中から選択できます。 対象月を「自動判定」と選択すると、給付金の支給対象になる「対象月」が自動的に判定されます。 新規開業特例…2019年1月から12月までの間に開業した場合は、「新規開業特例」のチェックボックスにチェックを入れ、「開業日」を入力してください。 こちらのチェックの有無により、集計結果に不動産収入を含めるかどうかを切り替えることができます。 また、対象であった場合の予想額が確認できます。 留意事項• 本機能はに記載された2020年5月20日時点の内容に基づき開発されています。 本機能では 「売上高」カテゴリの合計金額を売上として集計しています。 なお、営業外収益や特別利益項目は含みません。 本機能では青色申告決算書の様式に合わせて、「雑収入」・「家事消費等」については年間合計額のみ表示しています。 前年度が作成されていない場合、本機能はご利用いただけません。 集計結果には決算整理仕訳が含まれています(未実現仕訳は含みません)。 集計結果は各会計期間で設定された経理方式に準じて表示されています。 新規開業を除く申請の給付額に関する特例の計算には対応していません。 クラウド会計• クラウド会計Plus• クラウド確定申告• クラウド会計・確定申告 (アプリ)• クラウド請求書• クラウド給与• クラウド社会保険• クラウドマイナンバー• クラウド経費• クラウド資金調達• クラウド勤怠• クラウドStore• 料金・契約• 会社設立•

次の