知ら なく て いい こと キスシーン。 『知らなくていいコト』柄本佑の“胸キュンシーン”まとめ動画配信

柄本佑の「踏みとどまろう」からの“一線越えキス”にTL騒然…「知らなくていいコト」6話

知ら なく て いい こと キスシーン

女優の吉高由里子さんの主演ドラマ「知らなくていいコト」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第3話が1月22日、放送された。 週刊誌「週刊イースト」で日々スクープを狙う記者、真壁ケイト(吉高さん)はある日、自身の父がハリウッドスターだと聞かされる。 自分の出生の謎と父の秘密に迫ると、人生最大の「知らなくていいコト」にぶち当たり……というストーリー。 柄本さん演じる尾高は、フリーランスの動物カメラマン。 報道カメラマンだったころ、かつて世間を騒がせた殺人犯で、第1話でケイトの父と判明した乃十阿徹(小林薫さん)の出所の写真を撮影し、「週刊イースト」に掲載した経験を持つ。 現在は妻子持ち、という設定。 第3話では、ケイトと尾高が付き合うきっかけとなったキスシーンが登場した。 仕事帰りの車の中で、尾高が「なんか食ってくか?」とケイトに聞くと、「何も食べたくないけどキスしたいです。 なんかそんな気分というか……そういう気分になっている自分に困っているというか……」と話す。 尾高は、「ははははは、それは困っちゃうね」と笑うと、ケイトは「すいません、頭おかしいんだと思います」と話す。 尾高は「相当おかしいよ」と言いながら、ケイトの頭に左手を添えキスをする……という展開だった。 SNSでは、「柄本佑のキスのしかた最高すぎかよ! 左手!!」「声と目にも出る大人の余裕感、引き寄せてチューしたあと左手に残した余韻」「あの優しさと色気!! とくにキスする時の手と包容力」「柄本佑さんの演技がたまらん」といった声が飛び交った。 また、放送中のドラマ「恋はつづくよどこまでも」に登場したワード「天堂担(当)」という言葉を用いて、「今クールは尾高担、天堂担」というコメントもあった。 SNSでは、「大貫さんのダンスシーン とても見応えありました 美しかったな~」「タツミーヌ素敵だった」といった声があがった。 また、昨年7月期に放送された女優の深田恭子さんの主演ドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)で大貫さんが演じた役名を出して、「円城寺さん!! 最高です!!」といった声もあった。

次の

「知らなくていいコト」“首もげキス”など沼続出の尾高さん(柄本佑)名シーン一挙振り返り

知ら なく て いい こと キスシーン

スポンサーリンク 知らなくていいコト柄本佑で尾高沼にはまる女子急増? 知らなくていいコトを見て柄本佑さん演じる尾高の沼にハマる女子が急増しています。 尾高のどんなところがカッコいいんでしょうか。 わりとクセの強い役をされている印象で、どちらかというとお父さんの柄本明さん同様、個性派俳優だと思ってました。 しかし、知らなくていいコトを見て評価が一変! 「え、めっちゃカッコいい…。 」 そう感じた人が多いようで、今までとのギャップも含めてやられた人がたくさんいます。 どういうところがカッコいいのかを、調査していきます。 ケイトに対するときのひたすら優しいまなざしと声、野中にキレた時の冷たい感じなどなど魅力がたくさんの尾高。 しかし、彼は 既婚者で子供もいるんです。 ハマってはいけないと思いつつも、抜け出せない。 これが沼といわれるゆえんかなと思います。 尾高沼にハマった女子の声 尾高さんのキスがやばくて、みんなの反応見に行っちゃった。 祭りだった😆めっちゃ不倫が出てくるドラマだね。 でもなんかみんな本気な不倫だね。 奥さんつら〜。 他の女に本気になる旦那なら要らね〜。 — ぎんこ ginko0421 尾高さん毎週ありがとうございます。 溢れる愛情にキュンとするけど、でも手放しには喜べなくてもんもんする。 野中をぶん殴ってくれてありがとう! びっくりするほどカッコよかった。 普段温和な尾高さんだからこそ最高だった。 あとは編集長が素敵すぎる… — 婚活のハリネズミ yuma54060544 この爆イケ尾高役に柄本佑を選んだ人天才。 みなさん色んな意見があって、尾高の魅力がたくさんあることがわかりますね。 数々の胸キュンポイントがあるところがみんなが尾高沼にハマっていっちゃう理由なんでしょう。 スポンサーリンク 知らなくていいコト柄本佑の尾高さんがイケメン・カッコいい画像 もっともっと尾高の魅力にハマりたい! ということでイケメンシーンやカッコいい画像を集めてみました。 脱いでかける前に温めたいって気持ちが伝わってきて、キュンとしますよね。 ちょっと!!尾高さんやばいってば!!!!ケイトとのハグの身長差やばいんだけど!!!!シンデレラフィットじゃん!!! — りん🐯🐹💜 tetetete951230 ケイトと不倫関係になってしまった後ですね。 たまに会ってくれるだけでいいと言うケイトに、そんな器用なことはできないといいながらもこのハグ。 しかも髪の毛クシャクシャします! 口ではそう言いながらもケイトと離れられないんだなって切ないです。 はぁ〜〜今回はケイトに関するコトで怒りが爆上がりな尾高さん。 目がガチで好きです。 普段優しい人が実は激情タイプっていうのが好きです。 雄の顔をしてる尾高さんが好きです。 いや、こんなことされたら惚れちゃいます。 本気で命がけの恋なんですね。 柄本佑さんにこんなに胸キュンさせられるとは思いませんでした。 スポンサーリンク 知らなくていいコト柄本佑の尾高さんカッコよさの理由は? 色々言ってきましたが、ここで改めて尾高のカッコよさを整理しましょう。 これ嬉しいですよね。 母親の言ったことを否定せずになおかつ君らしくいればいいなんて最高です。 他にも、ケイトが殺人犯と言われている乃十阿の娘だと知っていてプロポーズもしてたんですよ。 当時のケイトは断ってますけど、後でケイトはものすごく悔やんでましたね。 このすれ違いのせいで尾高は他の人と結婚しちゃうんですよね、残念です。 ケイトに対するときの優しくて、包んでくれるような話し方がいいんですよね~。 それに、ケイトが何も言わず一人で乃十阿に会いに行った時も、ちょっと姿を見ただけで何かあると察知して乃十阿のところまで迎えに来てくれます。 その時、身体が濡れたからとラブホテルに入りますが、何もせずに帰るんですよ。 ケイトの気持ちをちゃんと考えてくれてるんだな、大人だなぁと思います。 そういうとこもいいですよね。 スポンサーリンク 知らなくていいコト柄本佑のキスシーン画像 知らなくていいコトの尾高とケイトのキスシーンも話題になってます。 知らなくていいコト3話キスシーン 尾高さーーーん!!!!!😍 キスの後に、少し髪を撫でる手が好き この人の声のトーン素敵だなぁ — のぞみ ringonoz 2人が付き合うきっかけになったキスシーン。 ケイトが一度はそうだよねって引いたからなのかな。 そんなの嫌ってケイトからキスしに行ってたら、尾高が引いてた気がします。 柄本さんと吉高さんの表情が素晴らしくて、気持ちの揺れ動きが伝わってきますよね。

次の

知らなくていいコト柄本佑で尾高沼に?イケメン・キスシーン画像まとめ!

知ら なく て いい こと キスシーン

「知らなくていいコト」第7話より。 尾高(柄本佑)とケイト(吉高由里子) - (C)日本テレビ ドラマ「知らなくていいコト」(日本テレビ系・毎週水曜よる10時~)のカメラマン・尾高由一郎役で女性を中心に熱い注目を浴びる。 今週末公開の映画『』(2月21日公開)でも人妻を翻弄するモテキャラを演じる彼の、女性をとりこにする色香に迫ってみた。 第6話までのストーリーに触れています) 「知らなくていいコト」は、有能な週刊誌記者・真壁ケイト()の慌ただしい日常を、自身の父親が無差別殺人犯かもしれない秘密と共に追う物語。 柄本は、ケイトの元恋人でフリーランスの動物カメラマン・尾高を演じている。 今は妻子がいるが、ケイトが同僚の野中()に婚約破棄されてからというもの、ふさぎがちな彼女を気にかけていた。 一方、ケイトもそんな尾高の優しさに触れ、かつて尾高を捨てて野中を選んだ過去を後悔するように。 そうして2人は徐々に接近し、先週放送の第6話ラストでは急展開を迎えた。 [PR] 柄本演じる尾高は、元は報道カメラマン。 無差別殺人を犯したとされる乃十阿()を追っていたが、ケイトの亡き母・杏南()からケイトの父親が乃十阿であることを打ち明けられ、乃十阿を追うことをやめてほしいと懇願された経緯があった。 衝撃展開を迎えた第6話(C)日本テレビ 第3話ではケイトと車中で初めてのキスをした回想シーン、第5話では弱みを見せ抱きついてきたケイトの頭を優しくなでるシーン。 いずれも尾高の包容力ある大人の色香が際立つシーンだったが、第6話ではかろうじて踏みとどまっていた彼に変化が。 「俺の心の中にはいつもケイトがいる。 ケイトを思わない日はない」とケイトに胸中を明かし、「こうやって正直に言葉にすれば踏みとどまれると思ったんだけど……」と迷いながら、お互いに言い聞かせるかのように「踏みとどまろう」の一言。 しかし、次の瞬間にはまさかの行動に出て、この衝撃的な場面に視聴者から「キュンキュンする」「尾高さん尊い」「明日からも生きていける」と興奮のリアクションが寄せられている。 [PR] 第6話でマックスに達した尾高とケイトの思いが、どのように展開していくのか。 そんな2人の思いに比例するかのように、嫉妬を募らせていく野中の動向も気になるところ。 映画『Red』(2月21日公開)より。 ヒロインの人妻・塔子(夏帆)と、同僚の小鷹(柄本)(C)2020『Red』製作委員会 柄本の魅力が際立つ恋愛モノといえば、『』『』(いずれも2018)『』(2019)といった映画もあるが、新作『Red』でも色香たっぷりのキャラクターに。 直木賞作家・の恋愛小説を、『』などの監督が映画化した本作では、自身の欲望にふたをして生きている主婦・塔子()を翻弄する小鷹役に。 女性慣れしていて鋭い彼は、塔子が入社してくるなり無遠慮に接近し、塔子とかつての恋人・鞍田()の関係を見抜き、歯に衣着せぬ物言いで塔子を揺さぶる。 強引だがニクめない生粋のモテキャラを、柄本は「小鷹は、鞍田とは対照的に、喋りもうまく、コミュニケーション能力も高く、世の中を渡っていく上での術を割としっかり持っていて、クレバーな人の印象を受けました。 だから恋愛でも、たぶん行き過ぎない70点くらいを出し続けるような奴なのかなと思います(笑)」と分析している。 (編集部・石井百合子).

次の