琉球 新報 告別 式。 中日對照讀新聞》安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円 安室奈美惠9月16日引退軼事 給故鄉沖繩的「餞別禮」達數十億日圓

【沖縄ならでは】新聞だけじゃない!ネットでもお悔やみ情報をみることができます!「沖縄お悔やみ情報局」|やりたい事をやっているだけです

琉球 新報 告別 式

在日本沖繩縣出生、定居英國的艾琳,今年4月因乳癌病逝沖繩縣內醫院,享年54歲。 受疫情影響,住在英國的家人無法奔喪,艾琳的日本友人透過線上告別式,讓家人能送最後一程。 據日本琉球新報報導,艾琳 Irene 雙親分別是日本人及美國人,她從小在沖繩縣出生成長,之後跟英國男友結婚,經常往來英國、東京及沖繩等地,擔任研討會講師等職務,有時也會應邀分享自己的抗癌過程。 艾琳是在2013年被診斷罹患乳癌,開始漫長的抗癌生活。 她在今年3月因為工作造訪沖繩後,身體突然不適住院約1個月,並在4月30日死亡。 艾琳在沖繩縣內的友人,5月2日在豐見城市內舉行告別式,並透過網絡,讓艾琳在英國的家人能即時看到告別式及火葬等場景。 友人再度為艾琳舉行線上ZOOM告別式,邀請艾琳丈夫及朋友參加。 5月14日,友人再度為艾琳舉行線上Zoom告別式,邀請艾琳丈夫及朋友參加。 艾琳的朋友田窪洋士在出席沖繩的告別式後,企劃了這場線上告別式。 他說,在艾琳住院期間,受到2019冠狀病毒疾病(COVID-19)疫情影響無法探病,艾琳的家人也無法到日本來;對重視愛、在全球都有朋友的艾琳來說,「一個人離開實在太過寂寞」。 田窪是第一次策劃網路告別式,對在實際的葬禮上拍攝遺體及儀式等並不符合常識,內心感到相當糾葛;但艾琳家人及朋友對能像在現場一樣送艾琳表達感謝,「我相信艾琳應該也很開心才是」。 友人透過網絡,讓艾琳在英國的家人能即時看到告別式及火葬等場景。

次の

【沖縄ならでは】新聞だけじゃない!ネットでもお悔やみ情報をみることができます!「沖縄お悔やみ情報局」|やりたい事をやっているだけです

琉球 新報 告別 式

12日に死去した指定暴力団旭琉会の富永清会長の告別式に、桑江朝千夫沖縄市長を差出人とする弔電が送られていたことが19日までに分かった。 私人ではない上に全市民を対象とする発送システムで形式的に送られた形だが、経費は公費で賄われている。 識者は「反社会的勢力が市民と認められた形になる」と指摘している。 琉球新報は直接的な表現を避けていますが、「故人の告別式広告は15日付の琉球新報と沖縄タイムスの朝刊に掲載された」とが報じています。 つまり、 琉球新報も沖縄タイムスも反社会的勢力から広告掲載費を受領しているのです。 沖縄タイムスは沈黙を貫いていますが、琉球新報は自らの行為を棚に上げて沖縄市の対応を批判しています。 これはダブルスタンダードとして厳しい批判にさらされなければならないと言えるでしょう。 『富永清会長の告別式』との接点を問題視するなら、自社の接点についても批判しなければならない 琉球新報の姿勢が問題されるのは「自分たちが『富永清会長の告別式』の広告を掲載したことを不問としているから」です。 自社は「告別式の喪主は反社会的勢力ではない」との判断を下しておきながら、 琉球新報に掲載された告別式広告を見て弔電を送った沖縄市の行動を「暴対法を軽視している」と非難しているのです。 明らかなダブルスタンダードだと言わざるを得ません。 沖縄市は弔電を送りましたが、琉球新報(と沖縄タイムス)は広告掲載費を受け取っているはずです。 反社会的勢力との関係性で言えば、どれだけ少なく見積もったとしても「50歩100歩」です。 マスコミが掲載した告別式広告を見て行動を起こした行政の対応を批判しているのですから、これは「マッチポンプ」と同じです。 この問題に対する報道姿勢は「沖縄タイムスの方がマシ」と言えるでしょう。 しかし、実際は「琉球新報に掲載された告別式広告に対して自動的に弔電が送られた」のです。 少なくとも、今回の件で沖縄市の対応を批判する資格は琉球新報には存在しません。 批判したいのであれば、自社の広告掲載基準を見直すことが先です。 「反社会的勢力からの広告掲載依頼に応じてしまったこと」を問題視し、再発防止策を講じた上で批判を行うことが大前提と言えるでしょう。 「自分に甘く、他人に厳しく」という姿勢は反感を招くだけです。 双方向が当たり前になった時代にメディアは適応する必要があると言えるのではないでしょうか。 sqboe.

次の

電子新聞

琉球 新報 告別 式

(中央社記者劉冠廷、王揚宇台北22日電)日本石垣市議會今天通過將釣魚台行政區更名登野城尖閣。 國民黨表示強烈譴責,並強調釣魚台列嶼屬於中華民國領土,主權一寸都不能讓,要求政府不能漠視日方侵門踏戶的舉措。 日本琉球新報報導,日本沖繩縣石垣市議會今天表決通過,確定將釣魚台列嶼(日本稱尖閣諸島)的所在行政區名,從「登野城」變更為「登野城尖閣」,預計10月1日施行。 國民黨發布新聞稿指出,釣魚台列嶼屬於中華民國領土,主權一寸都不能讓,日方此舉無疑是侵犯我國領土、主權、漁權,國民黨要求政府不應漠視日方侵門踏戶的舉措,「我們放任一步,對方就會進逼一步」,政府若仍對日方節節退讓,與滿清時期不斷割地賠款的喪權辱國行徑有何不同。 國民黨表示,總統蔡英文宣示「釣魚台是我國領土」,卻又對日方更名動作默不作聲,駐日代表謝長廷只敢對日方表達關切,不敢表達抗議,根本是相互矛盾、邏輯錯亂。 政府口口聲聲維護台灣主權,遇到日本就「卑躬屈膝」,難道蔡總統的「維護台灣主權」也有雙重標準。 對於釣魚台列嶼的爭議,國民黨表示,「護主權、顧漁權」已是全民意志、全台共識,絕對不能容忍主權一點一滴被侵蝕,呼籲政府應該立刻召見日本駐台代表,表達嚴正的抗議,並提出具體的反制方案,維護台灣領土、主權、漁權的完整性。 此外,國民黨主席江啟臣今天也與國民黨立法院黨團總召林為洲、書記長蔣萬安、首席副書記長林奕華等人召開記者會,表達強烈抗議,高喊「釣魚台是我們的,領土主權寸土不讓」口號,並邀請總統蔡英文出海捍衛釣魚台主權。 江啟臣說,國民黨要表達對日本政府強烈的抗議,因為「釣魚台是我們的,是頭城釣魚台」,蔡政府也應硬起來,而且改名案已經傳出好幾個禮拜,但國安團隊與外交部也不在意。 蔡總統要儘速召見日本駐台代表,當面表達抗議,另外也應召回失職的駐日代表謝長廷,回台說明。 蔣萬安質疑,因為政府的軟弱,使得日本一意孤行,外交部要負起責任,政府應展現強硬態度,捍衛中華民國主權,也要求謝長廷在立法院召開臨時會時,赴立法院報告及說明。 (編輯:郭無患)1090622.

次の