ハッピーエンド歌詞。 ハッピーエンド back number 歌詞情報

ハッピーエンド back number 歌詞情報

ハッピーエンド歌詞

カテゴリ• さよならが喉の奥に つっかえてしまって 咳をするみたいに ありがとうって言ったの 次の言葉はどこかと ポケットを探しても 見つかるのはあなたを好きな私だけ 平気よ 大丈夫だよ 優しくなれたと思って 願いに変わって最後は嘘になって 青いまま 枯れていく あなたを好きなままで消えていく 私みたいと手に取って 奥にあった想いと一緒に握り漬したの 大丈夫、大丈夫。 今すぐに 抱きしめて 私がいれば何もいらないと それだけ言ってキスをして なんてね 嘘だよごめんね こんな時思い出すことじやないとは思うんだけど 一人にしないよって あれ実は嬉しかったよ あなたが勇気を出して初めて電話をくれた あの夜の私と何が違うんだろう どれだけ離れていても どんなに会えなくても 気持ちが変わらないからここにいるのに 青いまま 枯れていく あなたを好きなままで消えていく 私をずっと覚えていて なんてね嘘だよ元気でいてね 泣かない私に少しほっとした顔のあなた 相変わらず呑気ね そこも、大好きよ 気が付けば横にいて 別に君のままでいいのになんて 勝手に涙ふいたくせに 見える全部聞こえるすべて 色づけたくせに 青いまま枯れていく あなたを好きなままで消えてゆく 私みたいと手に取って 奥にあった想いと一緒に握り漬したの 大丈夫、大丈夫。 今すぐに 抱きしめて 私がいれば何もいらないと そう言ってもう離さないで なんてね 嘘だよさよなら さよならが喉の奥に つっかえてしまって 咳をするみたいに ありがとうって言ったの 次の言葉はどこかと ポケットを探しても 見つかるのはあなたを好きな私だけ 平気よ 大丈夫だよ 優しくなれたと思って 願いに変わって最後は嘘になって 一番Aメロ、Bメロです。 イントロから泣きのメロディと、冒頭の言葉の優しさで早くも涙を誘います。 『ハッピーエンド』とはとてもいえないような、「さよなら」で始まる歌詞。 男女の別れを、女性目線で歌っているようです。 女性はまだ男性の事が好きなのに、別れを選ぶ様子が描かれています。 気持ちの整理を付けて、別れを決意して、相手に負担をかけないように「平気よ 大丈夫だよ」と言いますが、本当はそんなことはない。 優しい言葉をかけたつもりだったのに、その言葉は嘘なのです。 青いまま 枯れていく あなたを好きなままで消えていく 私みたいと手に取って 奥にあった想いと一緒に握り漬したの 大丈夫、大丈夫。 今すぐに 抱きしめて 私がいれば何もいらないと それだけ言ってキスをして なんてね 嘘だよごめんね 一番サビです。 「青いまま 枯れていく あなたを好きなままで消えていく」というフレーズは、二番のサビと、ラストのサビにも繰り返されています。 「青いまま」植物は枯れるとき、茶色に変色します。 しかし、まだ緑の、生き生きとした状態のはずなのに、「枯れていく」。 「あなたを好きなままで消えていく」を表現している、美しい歌詞です。 まだ嫌いになっていない、気持ちは枯れていないのに、別れることになってしまったと歌うのです。 本当は別れたくない、一緒にいて、抱きしめて、キスをしてほしい。 でも、相手はそれを望んではいない。 だから、「嘘だよ」そんなこと言って困らせて「ごめんね」と、自分の気持ちを押しつぶし、相手のことを考える、優しい主人公が描かれています。 本当は別れたくない 泣かない私に少しほっとした顔のあなた 相変わらず呑気ね そこも、大好きよ 三番Aメロです。 「泣かない私に少しほっとした顔のあなた」 男性もまた、女性がまだ自分を好きでいることがわかっているのです。 一番、二番で、女性側の感情が一方的に出てきていたのでわかりにくかったのですが、男性もまた、相手を気づかう優しい人なのです。 別れなければいけないけれど、男性も、別れを選べば女性が悲しむことはわかっている。 なるべく女性に負担のないように別れたい。 「相変わらず呑気ね」 男性も、女性の気持ちを伺いながら、言葉を選んでいたでしょう。 だから、泣かせずに済んだのだと、少しほっとした表情を見せてしまったのだと思います。 女性は、それも全て分かっていて、そんな素敵な気持ちを持っているこの男性のことが、より「大好き」だと感じてしまったと歌うのです。 青いまま枯れていく あなたを好きなままで消えてゆく 私みたいと手に取って 奥にあった想いと一緒に握り漬したの 大丈夫、大丈夫。 今すぐに 抱きしめて 私がいれば何もいらないと そう言ってもう離さないで なんてね 嘘だよさよなら ラストのサビです。 状況は変わることなく、女性は男性に想いを寄せながら、戻ることはありませんでした。 好きな気持ちだけがどんどん強くなる、失恋ソング。 私たちが想像する、『ハッピーエンド』とは全く違う世界が、歌詞の中に描かれていました。 なぜ、この失恋ソングのタイトルが『ハッピーエンド』なのでしょう。 歌詞に出てくる登場人物の、優しさを考えてみましょう。 主人公の女性は、自分の気持ちを押し殺し、相手が気持ちよく別れられるように、本当は泣きたいのを抑えて、嘘をついています。 自分の気持ちを素直に伝えることは良いことですが、相手にとってはそうではないこともあります。 嘘をつくことはいけないことですが、それで、相手を傷つけずに済むこともあります。 男性もまた、女性が自分のことを好きでいてくれるのに、別れを選んでしまう事への申し訳なさのような感情が表れています。 女性にとってこの状況は、全く『ハッピーエンド』ではありませんが、客観的にみると、良い別れ方、美しい恋の終わり方、に映って見えるのかもしれません。 この恋の終わり方は、客観的に見て『ハッピーエンド』なのです。 まとめ 今回はback numberさんの『ハッピーエンド』の歌詞を考察しました。 今年もback numberさんの季節が来ました。 失恋ソングなのに『ハッピーエンド』、とても深い意味があるということを、ぜひ歌詞を考えながら聴いてみて下さい。

次の

ハッピーエンド back number 歌詞情報

ハッピーエンド歌詞

さよならが喉の奥につっかえてしまって 咳をするみたいにありがとうって言ったの 次の言葉はどこかとポケットを探しても 見つかるのはあなたを好きな私だけ 平気よ大丈夫だよ優しくなれたと思って 願いに変わって最後は嘘になって 青いまま枯れてゆく あなたを好きなままで消えてゆく 私みたいと手に取って 奥にあった想いと一緒に握り潰したの 大丈夫 大丈夫 今すぐに抱きしめて 私がいれば何もいらないと それだけ言ってキスをして なんてね 嘘だよ ごめんね こんな時思い出す事じゃないとは思うんだけど 一人にしないよってあれ実は嬉しかったよ あなたが勇気を出して初めて電話をくれた あの夜の私と何が違うんだろう どれだけ離れていてもどんなに会えなくても 気持ちが変わらないからここにいるのに 青いまま枯れてゆく あなたを好きなままで消えてゆく 私をずっと覚えていて なんてね 嘘だよ 元気でいてね 泣かない私に少しほっとした顔のあなた 相変わらず暢気ね そこも大好きよ 気が付けば横にいて 別に君のままでいいのになんて 勝手に涙拭いたくせに 見える全部聴こえる全て 色付けたくせに 青いまま枯れてゆく あなたを好きなままで消えてゆく 私みたいと手に取って 奥にあった想いと一緒に握り潰したの 大丈夫 大丈夫 今すぐに抱きしめて 私がいれば何もいらないと そう言ってもう離さないで なんてね 嘘だよ さよなら ハッピーエンドと聞けば誰もが幸せな結末だと思うと思います。 その言葉がタイトルになっているので幸せな歌を歌った曲かと思えば第一声に「さよなら」という言葉が書かれています。 なのでハッピーな気持ちに終わり(エンド)がきたといったような意味合いになっているのではないかと考えました。 一般的にハッピーエンドといえば、物語の結末が幸せに終わっていくことをイメージすると思います。 しかしこの曲は、それまでの沢山のハッピーな気持ちを持ったまま終わりがきてしまったとまるで引きずっているような失恋ソングとして歌っている意味と、沢山の幸せな気持ちや想いを持ったままだけどその気持ちに区切りをつけよう、といったような前向きな恋愛ソングになっているのではないかと考えました。 このことから、さよならという終わりが来る事を前提になぜハッピーという表現がされているのかを考察していきたいと思います。 ひいらぎの解釈 さよならという言葉は喉の奥につっかえていて まるで咳をするようにでた言葉はありがとうだった 次の言葉を捜そうとポケットの中を探してみたけど 見つかったのはあなたの事が好きな私だけだった 私という事からこの曲は女性目線でかかれてることがわかります。 そしてさよならという言葉を言われたからさよならと返そうとしているのか、女性からさよならと切り出そうとしているのかはわかりませんが、さよならという言葉が切り出せずにいます。 そこで喉につっかかった言葉を吐き出そうと、咳をするようにでた言葉はありがとうだったといっていることから、お別れしようとしている相手に感謝しているのがわかります。 あなたを好きな私しか見つからないといっている事からまだ好きな気持ちはあり、何か別れないといけない理由があるように感じられます。 好きなのに振られてしまったという風にも取れますが、私は離れなければいけない理由が何かあるのではないかと感じました。 平気よ大丈夫だよ優しくなれたと思って 願いに変わって最後は嘘になって ひいらぎの解釈 青いまま枯れていく様子がまるであなたを好きなまま消えて行く私みたいで 大丈夫 大丈夫と私の胸の奥に秘めている気持ちと一緒に手にとって握り潰してみた。 青いまま枯れて行く植物と自分を重ねて、相手を思いながらも離れなければいけない気持ちを比喩しているように思えます。 握りつぶしている想いはきっと、本当はさよならなんていいたくない、あなたがまだ好き、本当はあなたがいない未来なんて大丈夫なんかじゃない、 といった気持ちだと思います。 それを大丈夫 大丈夫と繰り替える事でまた自分に自己暗示をかけているのでしょう。 今すぐに抱きしめて 私がいれば何もいらないと それだけ言ってキスをして なんてね 嘘だよ ごめんね ひいらぎの解釈 こんな別れ話をしているときに思い出すようなことじゃないけど あなたが一人にしないよって言ってくれたことが実は嬉しかったの あなたが私に電話をくれた日と今の私、一体何が違うんだろう 大好きな人と離れる時、沢山問題があったとしても何故か思い出すのは楽しかった思い出や、嬉しかった出来事が思い浮かんでくるもので、きっとこの女性もそんな思いに浸ったのでしょう。 ふと思い出した彼の言葉でしたが、嬉しかった思い出と共にあの日の自分と今の自分、何かが変わってしまったからこんな結末になったのかなと思っているようにも感じます。 どれだけ離れていてもどんなに会えなくても 気持ちが変わらないからここにいるのに ひいらぎの解釈 どれだけ離れた所にいても会えない日々が続いても 気持ちだけは変わっていないから今の2人がいるのに ここで2人が離れた場所に住んでいてなかなか会える時間がなかったことがわかります。 おそらく遠距離恋愛をしていたのではないかと考えました。 しかしそれでも気持ちはずっと変わらなかった、けれど別れに繋がってしまったという事から、お互い別々の道を歩く事になった、またはもっと遠くへ、会えないような状況になるような道を彼が選んだのではないでしょうか。 なので私がいれば他に何もいらないってくれたらなって思う気持ちがあったのでないかと思いました。 青いまま枯れてゆく あなたを好きなまま消えてゆく 私をずっと覚えていて なんてね 嘘だよ 元気でいてね ひいらぎの解釈 いつのまにか君は隣にいて 君はそのままでいいのにって涙をふいてきたくせに 私の世界に色をつけていったのは君なくせに まるであなたが勝手に私の世界に入ってきて、私の世界を作っていったくせに「どうして今度は勝手にでていくのよ、自分勝手ね!」といった心の叫びのようなものが伝わってくるように感じました。 そしてここでまた1番に戻るわけですが、先ほど心の叫びが出てきてしまった分を大丈夫大丈夫とまた自分にいいきかせてるように聞こえます。 そしてその後、1番ではごめんねと言っていた部分がさよならに変わっています。 1番初めに喉の奥に詰まっていたさよならがやっといえた瞬間ですね。 しかし彼への気持ちは残ったままです。 全ての歌詞を通しても彼への負の気持ちは一切かかれていません。 ~~のくせにの部分でさえ、涙をふいてくれた、色をつけたなど、くせにといいつつ裏返せば感謝している気持ちがかかれています。 彼への大好きな気持ちと感謝の気持ちが最後の最後まで枯れることなく、幸せだった思い出のまま終わっているのでしょうね。 この事から【ハッピーエンド】というタイトルに繋がっているのではないかと考えました。 最後まで気持ちが変わる事なく大好きなままで終わるという事は、悲しいことですがそれだけそれまでの過程で幸せな日々が積み重ならないとできません。 そんな気持ちで終われる事はただの失恋ではなく、とてもいい恋愛をしたハッピーエンドなんだよという気持ちがこめられているそんな曲になっているのではないでしょうか。 La fin... まとめ 今回はbacknumberの「ハッピーエンド」の解釈をご紹介しました。 遠距離恋愛からの別れという内容の解釈でしたが、歌詞から想像するに、女性は本当に優しい性格なのでしょうね。 今後も当サイトではbacknumberを追って行くのでぜひチェックして見てください!.

次の

ハッピーエンド 歌詞「back number」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

ハッピーエンド歌詞

カテゴリ• さよならが喉の奥に つっかえてしまって 咳をするみたいに ありがとうって言ったの 次の言葉はどこかと ポケットを探しても 見つかるのはあなたを好きな私だけ 平気よ 大丈夫だよ 優しくなれたと思って 願いに変わって最後は嘘になって 青いまま 枯れていく あなたを好きなままで消えていく 私みたいと手に取って 奥にあった想いと一緒に握り漬したの 大丈夫、大丈夫。 今すぐに 抱きしめて 私がいれば何もいらないと それだけ言ってキスをして なんてね 嘘だよごめんね こんな時思い出すことじやないとは思うんだけど 一人にしないよって あれ実は嬉しかったよ あなたが勇気を出して初めて電話をくれた あの夜の私と何が違うんだろう どれだけ離れていても どんなに会えなくても 気持ちが変わらないからここにいるのに 青いまま 枯れていく あなたを好きなままで消えていく 私をずっと覚えていて なんてね嘘だよ元気でいてね 泣かない私に少しほっとした顔のあなた 相変わらず呑気ね そこも、大好きよ 気が付けば横にいて 別に君のままでいいのになんて 勝手に涙ふいたくせに 見える全部聞こえるすべて 色づけたくせに 青いまま枯れていく あなたを好きなままで消えてゆく 私みたいと手に取って 奥にあった想いと一緒に握り漬したの 大丈夫、大丈夫。 今すぐに 抱きしめて 私がいれば何もいらないと そう言ってもう離さないで なんてね 嘘だよさよなら さよならが喉の奥に つっかえてしまって 咳をするみたいに ありがとうって言ったの 次の言葉はどこかと ポケットを探しても 見つかるのはあなたを好きな私だけ 平気よ 大丈夫だよ 優しくなれたと思って 願いに変わって最後は嘘になって 一番Aメロ、Bメロです。 イントロから泣きのメロディと、冒頭の言葉の優しさで早くも涙を誘います。 『ハッピーエンド』とはとてもいえないような、「さよなら」で始まる歌詞。 男女の別れを、女性目線で歌っているようです。 女性はまだ男性の事が好きなのに、別れを選ぶ様子が描かれています。 気持ちの整理を付けて、別れを決意して、相手に負担をかけないように「平気よ 大丈夫だよ」と言いますが、本当はそんなことはない。 優しい言葉をかけたつもりだったのに、その言葉は嘘なのです。 青いまま 枯れていく あなたを好きなままで消えていく 私みたいと手に取って 奥にあった想いと一緒に握り漬したの 大丈夫、大丈夫。 今すぐに 抱きしめて 私がいれば何もいらないと それだけ言ってキスをして なんてね 嘘だよごめんね 一番サビです。 「青いまま 枯れていく あなたを好きなままで消えていく」というフレーズは、二番のサビと、ラストのサビにも繰り返されています。 「青いまま」植物は枯れるとき、茶色に変色します。 しかし、まだ緑の、生き生きとした状態のはずなのに、「枯れていく」。 「あなたを好きなままで消えていく」を表現している、美しい歌詞です。 まだ嫌いになっていない、気持ちは枯れていないのに、別れることになってしまったと歌うのです。 本当は別れたくない、一緒にいて、抱きしめて、キスをしてほしい。 でも、相手はそれを望んではいない。 だから、「嘘だよ」そんなこと言って困らせて「ごめんね」と、自分の気持ちを押しつぶし、相手のことを考える、優しい主人公が描かれています。 本当は別れたくない 泣かない私に少しほっとした顔のあなた 相変わらず呑気ね そこも、大好きよ 三番Aメロです。 「泣かない私に少しほっとした顔のあなた」 男性もまた、女性がまだ自分を好きでいることがわかっているのです。 一番、二番で、女性側の感情が一方的に出てきていたのでわかりにくかったのですが、男性もまた、相手を気づかう優しい人なのです。 別れなければいけないけれど、男性も、別れを選べば女性が悲しむことはわかっている。 なるべく女性に負担のないように別れたい。 「相変わらず呑気ね」 男性も、女性の気持ちを伺いながら、言葉を選んでいたでしょう。 だから、泣かせずに済んだのだと、少しほっとした表情を見せてしまったのだと思います。 女性は、それも全て分かっていて、そんな素敵な気持ちを持っているこの男性のことが、より「大好き」だと感じてしまったと歌うのです。 青いまま枯れていく あなたを好きなままで消えてゆく 私みたいと手に取って 奥にあった想いと一緒に握り漬したの 大丈夫、大丈夫。 今すぐに 抱きしめて 私がいれば何もいらないと そう言ってもう離さないで なんてね 嘘だよさよなら ラストのサビです。 状況は変わることなく、女性は男性に想いを寄せながら、戻ることはありませんでした。 好きな気持ちだけがどんどん強くなる、失恋ソング。 私たちが想像する、『ハッピーエンド』とは全く違う世界が、歌詞の中に描かれていました。 なぜ、この失恋ソングのタイトルが『ハッピーエンド』なのでしょう。 歌詞に出てくる登場人物の、優しさを考えてみましょう。 主人公の女性は、自分の気持ちを押し殺し、相手が気持ちよく別れられるように、本当は泣きたいのを抑えて、嘘をついています。 自分の気持ちを素直に伝えることは良いことですが、相手にとってはそうではないこともあります。 嘘をつくことはいけないことですが、それで、相手を傷つけずに済むこともあります。 男性もまた、女性が自分のことを好きでいてくれるのに、別れを選んでしまう事への申し訳なさのような感情が表れています。 女性にとってこの状況は、全く『ハッピーエンド』ではありませんが、客観的にみると、良い別れ方、美しい恋の終わり方、に映って見えるのかもしれません。 この恋の終わり方は、客観的に見て『ハッピーエンド』なのです。 まとめ 今回はback numberさんの『ハッピーエンド』の歌詞を考察しました。 今年もback numberさんの季節が来ました。 失恋ソングなのに『ハッピーエンド』、とても深い意味があるということを、ぜひ歌詞を考えながら聴いてみて下さい。

次の