やむ ごと なき 意味。 『十六夜日記』「駿河路」の現代語訳と重要な品詞の解説1

「やんごとなき」の意味とは?正しい使い方と類語や英語訳も紹介

やむ ごと なき 意味

『枕草子』の現代語訳:87 『枕草子』の現代語訳:87 清少納言(康保3年頃(966年頃)~万寿2年頃(1025年頃))が平安時代中期に書いた 『枕草子(まくらのそうし)』の古文と現代語訳(意訳)を掲載していきます。 『枕草子』は中宮定子に仕えていた女房・清少納言が書いたとされる日本最古の女流随筆文学(エッセイ文学)で、清少納言の自然や生活、人間関係、文化様式に対する繊細で鋭い観察眼・発想力が反映された作品になっています。 このウェブページでは、『枕草子』の『正月十余日のほど、空いと黒う、雲も厚く見えながら~』の部分の原文・現代語訳を紹介します。 参考文献 石田穣二『枕草子 上・下巻』(角川ソフィア文庫),『枕草子』(角川ソフィア文庫・ビギナーズクラシック),上坂信男,神作光一など『枕草子 上・中・下巻』(講談社学術文庫) スポンサーリンク [古文・原文] 139段 正月十余日のほど、空いと黒う、雲も厚く見えながら、さすがに日はけざやかにさし出でたるに、えせ者の家の荒畑(あらばたけ)といふものの、土うるはしうもなほからぬ、桃の木のわかだちて、いとしもとがちにさし出でたる、片つ方は、いと青く、いま片つ方は濃くつややかにて、蘇枋(すおう)の色なるが、日かげに見えたるを、いと細やかなる童(わらわ)の、狩衣(かりぎぬ)は、かけ破り(かけやり)などして、髪麗しきが登りたれば、ひきはこえたる男子(おのこ)、また、こはぎにて半靴(はんぐつ)はきたるなど、木のもとに立ちて、 「我に毬打(ぎちょう)切りて」など乞ふに、また、髮をかしげなる童の、袙(あこめ)ども綻びがちにて、袴(はかま)萎えたれど、よき袿(うちぎ)着たる、三、四人来て、「卯槌(うづち)の木のよからむ、切りておろせ。 御前にも召す」など言ひて、おろしたれば、奪ひしらがひ取りて、さしあふぎて、「我に多く」など言ひたるこそ、をかしけれ。 黒袴(くろばかま)着たる男の走り来て、乞ふに、「待て」など言へば、木のもとを引きゆるがすに、危ふがりて、猿のやうにかい付きてをめくも、をかし。 梅などのなりたるをりも、さやうにぞするかし。 楽天AD [現代語訳] 139段 正月十日過ぎの頃、空はとても黒くて雲も厚く見えながら、さすがにその雲の切れ間から日は明るく差し込んでいるのに、身分の低い者の家の荒畑とか言われている、土がきちんと耕されていない所に、桃の木が若返って、新しい枝を沢山出しているのが、片側はとても青くて、もう方側は濃い色でつややかで蘇芳色をしたものが、日の光に照らされ見えているが、とてもほっそりした子供で、狩衣はひっかけて破れたりしているが、髪はきちんとした子がその木に登っているので、着物をたくし上げた男の子、ふくらはぎを出して半靴を履いた男の子などが、木の根元に立って、 「私に毬打(ぎちょう)を切って」などと頼んでいるが、また、髪の毛が美しい女の子で、袙(着物)は綻びがちで、袴もへたっているけれど、立派な袿を着ている子が、3~4人やってきて、「卯槌(うづち)を作る木の良いものを、切って落としてよ。 ご主人様に差し上げるので」などと言って、上の子が木を下ろすと、奪い合って取り合いをして、上を見上げて、「私に木を多く下さい」などと言っている様子は面白い。 黒袴を着た男が走ってきて、木をくれと願っているが、「待て」などと言うと、木の幹をゆさゆさ揺さぶるので、危なく思って、猿のように木にしがみついて喚いている姿も面白い。 梅の実がなっている時期にも、このようにしている光景が見られる。 スポンサーリンク [古文・原文] 140段 清げなるをのこの、双六(すごろく)を日一日打ちて、なほ飽かぬにや、短き燈台に火をともして、いと明うかかげて、敵の、賽(さい)を責めこひて、とみにも入れねば、筒(どう)を盤の上に立てて待つに、狩衣の領(くび)の顔にかかれば、片手して押し入れて、こはからぬ烏帽子(えぼし)ふりやりつ、「賽いみじく呪ふとも、打ちはづしてむや」と、心もとなげにうちまもりたるこそ、ほこりかに見ゆれ。 141段 碁(ご)をやむごとなき人の打つとて、紐うち解き、ないがしろなるけしきに拾ひ置くに、劣りたる人の、居ずまひもかしこまりたる気色にて、碁盤よりは少し遠くて、及びて、袖の下は、いま片手して控へなどして打ちゐたるも、をかし。 142段 恐ろしげなるもの 橡(つるばみ)のかさ。 焼けたる所。 水ふふき。 髪多かる男の、頭洗ひてほすほど。 143段 きよしと見ゆるもの 土器(かわらけ)。 新しき鋺(かなまり)。 畳にさす薦(こも)。 水を物に入るる透影(すきかげ)。 新しき細櫃(ほそびつ)。 楽天AD [現代語訳] 140段 綺麗な男が、すごろくを一日中打って、それでも飽きないのか、低い燈台に火をつけて、とても明るく灯芯をかき立てて、敵がこちらの賽に祈って責めていて、すぐに筒に入れないので、盤の上に空の筒を立てて待っているのだが、狩衣の襟が顔の邪魔になるので片手で押し込んで、垂れ下がる低い烏帽子の先を後ろに振りのけながら、「賽にそんなにお祈り(まじない)をかけても、外れの悪い目が出るわけではない」と、待ち遠しそうに相手の様子を見守っているのは、とても気負った姿に見える。 141段 碁を身分の高い人が打つといって、直衣の紐を解き、無造作な様子で碁石をあちこち置くのに対し、身分の低い人が、居ずまいもかしこまった感じで、碁盤から少し離れて及び腰で、袖の下をもう片方の手で押さえなどして打っているのも面白い。 142段 恐ろしげなもの 橡(つるばみ)のかさ。 焼けた場所。 水ふふき。 髪の多い男が、頭を洗って乾かしているところ。 143段 綺麗に見えるもの 土器(かわらけ)。 新しい鋺(かなまり)。 これから畳にする薦(こも)。 水を何かに入れるときに出来る時に、光に透けて見える流れ。 新しい細櫃(ほそびつ)。

次の

「已」の意味と使い方・読み方・名前・「己・已・巳」の違い

やむ ごと なき 意味

閑居の気味 本文 現代語訳 語彙 おほかた この所に住みはじめし時はと思ひしかども、今すでに五年を経たり。 仮の庵も ややふるさととなりて、軒に朽葉ふかく、土居に 苔むせり。 おのづからに都を聞けば、この山にこもりゐて後、のかくれ給へるもあまた聞ゆ。 ましてその数ならぬたぐひ、尽してこれを知るべからず。 にほろびたる家またいくそばくぞ。 ただ仮の庵のみ のどけくして、おそれなし。 ほど狭しといへども、夜臥す床あり、昼ゐる座あり。 一身を宿すに不足なし。 は小さき貝を好む。 これ知れるによりてなり。 みさごは荒磯にゐる。 すなはち人をおそるるがゆゑなり。 われまたかくのごとし。 を知り、世を知れれば、願はず、ず、ただ静かなるを望み、憂へ無きを楽しみとす。 そもそも当分の間の仮住まいのつもりだったのだが、今までに、もう五年たっている。 だんだん土地に馴染んで、軒には朽ち葉がたまり、土居には苔がむした。 いろいろな事のついでに、自然に聞こえてくる京都の様子では、私がこの山にこもってから、高貴の方々もだいぶ亡くなられたらしい。 まして、そういう数にはいらない人たちにいたっては、おそらく数えきれまい。 再三の火事で焼けた家なども、どれほどあろうか。 ただ、こういう仮の庵だけが、のどかにこうやって暮らせて、何の心配もなしにいられるのだ。 手狭とはいえ、とにかく寝る所はあり、起きて居る所もある。 一人で住む分には十分だ。 やどかりというやつは、小さい貝に住み、けっして大きな貝に宿を借りようとはしない。 大きな貝に宿を借りるのは危険だということを、すなわち生命の大事を知っているのだ。 みさごという鳥は荒磯にいる。 波風はげしい荒磯より、人間のほうが怖いからだ。 私も、彼らと同様である。 街なかに住めば、どういう大事に立ち至るか、世間というものはどういうものかを知ったから、羨みもしないし、あくせくもしない。 ただ、静かにしていたいと思い、心配がないのが何よりだと思っている。 おほかた【大方】…【接続詞】 そもそも。 総じて。 ちょっと。 いくらか。 だんだんと。 やがて。 こけむす 【苔生す】【苔産す】…【自サ四】こけが生える。 =事のついで。 打ち捨てておけない。 特別だ。 この上ない。 並たいていでない。 尊ぶべきだ。 重々しい。 いくそばく【幾十許】…【副詞】 どれぐらい数多く。 どれほど。 のどかだ。 うららかだ。 ゆったりしている。 のんびりしている。 かむな 【 寄居 虫】【 寄居 子】…【名詞】貝の名。 やどかりの古名。 「かうな」「がうな」とも。 みさご 【鶚】【雎鳩】…【名詞】鳥の名。 猛禽(もうきん)で、海岸・河岸などにすみ、水中の魚を捕る。 岩壁に巣を作り、夫婦仲がよいとされる。 惣て 世の人の栖を作るならひ、必ずしものためにせず。 或は妻子眷属のために作り、或は親昵朋友のために作る。 或は主君師匠および財宝牛馬のためにさへこれを作る。 われ今身のためにむすべり。 人のために作らず。 となれば、今の世のならひ、この身のありさま、もなく、頼むべき奴もなし。 縦ひろく作れりとも、誰を宿し、誰をか据ゑん。 それ、人の友とあるものは富めるをたふとみ、を先とす。 必ずしもなさけあると、すなほなるとをば愛せず。 ただ を友とせんには。 人の奴たるものは、はなはだしく 恩顧あつきを先とす。 さらに 育みあはれむと、安く静かなるとをば願はず。 ただわが身を奴婢とするにはしかず。 おしなべていって、世間の人が住まいを作る動機は、一大事のためではない。 妻子一族のためであったり、親しい知友のためであったり、自分が仕えている主君や師匠のためであったり、ときには財宝や牛馬のためにさえ造ったりする。 今、私は自分のために方丈の庵を結んだ。 一大事のためでもないが、他人のためでもない。 なぜそうしたかといえば、今日のような乱世における、自分の境遇として、いっしょに住まわせる人があるわけではなし、頼みとする忠僕がいるわけでもない。 広い家を建ててみたところで、誰を泊まらせ、誰を居させるあてがあろう。 今の時代の友だちづきあいをみていると、財産のある者を重んじ、愛想のいい者とまず親しくなろうとする。 必ずしも友情のある者、率直な者を愛しようとしているのではない。 そんなことなら、友だちを求めず、楽器や季節を友としているほうがましだ。 また、下僕も、大げさな賞を与えたり、待遇をよくしてくれる主人につこうとし、いたわって使ってくれるとか、平穏無事だとかいうことは問題にしない。 そういうわけなら、自分自身を下僕とする方が、気がきいている。 全部で。 だいたい。 一般に。 配下の者。 しんぢつ【 親昵 】…【名詞】親しみなじむこと。 また、 親しい間柄。 たふとむ【尊む】【貴む】…【他マ四】尊ぶ。 尊重する。 おんこ【 恩顧 】…【名詞】 めぐみ。 ひきたて。 はぐくみ【 育み 】…【名詞】大切に育てること。 同情する。 下男下女。 「奴」が男子で、「婢」が女子。 奴婢とするとならば、もしなすべき事あれば、すなはちおのが身を使ふ。 からずしもあらねど、人を したがへ、人を かへりみるよりやすし。 もし歩くべき事あれば、みづから歩む。 苦しといへども、馬鞍牛車と心を悩ますにはしかず。 今、一身をわかちて二つの用をなす。 手の奴、足の乗り物、よくわが心にかなへり。 、苦しむ時は休めつ、なれば使ふ。 使ふとても、。 とても、事なし。 いかにいはむや、常に歩き、常に働くは、なるべし。 なんぞいたづらに休みをらん。 人を、罪業なり。 いかが他の力を借るべき。 衣食のたぐひ、また同じ。 、麻のふすま、得るにしたがひて、肌をかくし、野辺の、峰の木の実、わづかに命を継ぐばかりなり。 人に交らざれば、姿を恥づる悔もなし。 乏しければ、おろそかなるをあまくす。 惣て、かやうの楽しみ、富める人に対して言ふにはあらず。 ただわが身ひとつにとりて、昔今とをなぞらふるばかりなり。 どのように「自分を下僕とするのか」と言われれば、もし何かすることがあれば、ほかでもない、自分の体を動かしてするということである。 疲れて気のすすまぬことがない訳ではないが、人を使って、そのために気を遣うよりは、気楽だ。 歩かなければならない所へは、自分で歩いて行く。 苦しくはあっても、馬だ、鞍だ、牛だ、車だと、めんどうな思いをするよりはましである。 今、この身一つに二役を兼ねさせる。 命ぜられる手・足と、命ずる身と。 手という奴、足という乗物は、わが心の思うように動いてくれる。 また、身のほうも、心の苦しみを知っているから、苦しいときは休めるし、元気であれば使う。 使うといっても、度を過すことはない。 物憂く、働きたくないといっても腹も立たない。 いつも歩いたり、動いたりしているほうが、体のためにも、いいのだ。 ただじっとして、体の悪くなるのを待っている必要があろうか。 また、人を使って、苦労させるということは、罪を作っているようなものである。 どうして他人の力が借りられよう。 衣食についても、同じである。 藤の衣・麻の夜着でも、あり合わせた物で体を包み、野辺のよめ菜でも、峰の木の実でも、手に入った物を食べて、命をつなぐことができれば、それでいい。 社交場に出入りするわけではないから、身なりのことで、恥ずかしく思うこともない。 食料が少ないから、つまらないものも、おいしくなる。 以上述べてきたような嗜みは、富み栄えている人に対していうことではない。 ただ、私一個の経験からいうのだが、その今の嗜みを、昔に比べているだけである。 服従させる。 思いのままにする。 供として連れていく。 気にかける。 懸念する。 反省する。 世話をする。 ふすま【衾】【被】…【名詞】寝るときに身体にかける夜具。 かけ布団・かいまきなど。 それはただなり。 心もしやすからずはもよしなく、も望みなし。 今、さびしき住ひ、一間の庵、みづからこれを愛す。 おのづから都に出でて身のとなれる事を恥づといへども、帰りてここにをる時は他の 俗塵に馳する事を あはれむ。 もし人この言へる事を疑はば、魚と鳥とのありさまを見よ。 魚は水に飽かず、魚にあらざればその心を知らず。 鳥は林をねがふ、鳥にあらざればその心を知らず。 閑居の気味もまた同じ。 住まずして誰かさとらむ。 ああ、この世界は、心の持ち方一つだ。 心が安らかでなかったら、象や馬や七つの珍宝があっても、ある意味がないし、宮殿楼閣があっても、希望はもてない。 今、さびしい住まい、一間の庵にはいるが、ここは自分で気に入っている。 都に出かけることがあって、わが身を顧み、ずいぶん落ちぶれたもんだと思うことがあっても、ここに帰ってくると、東奔西走している連中が、返って気の毒になる。 もし、この言葉を疑うとすれば、たとえば魚や、鳥の生態を見るがよい。 魚は一生、水の中にいて、水の中が飽きたとは言わない。 魚でなければ、その気持はわからない。 鳥はいつでも林の中にいたがる。 鳥でなければ、その気持はわからない。 閑居のよろしさも、それと同じだ。 住んでもみずに、何がわかろう。 ぞくぢん【 俗塵 】…【名詞】俗世間の塵(ちり)。 世俗の雑事。 俗世間の煩わしさをたとえる。 同情する。 1 …臨時。 かりそめ。 2 …『方丈記』の書かれた建暦二(一二一二)年まで最近、十年間には次の記録がある。 建仁二・一〇・二一 内大臣土御門通親薨 元久三・三・七 摂政九条良基薨 承元元・四・` 前関白九条兼実薨 承元三・八・一二 皇太后(忻子)崩 同 四・四・一二 坊門院(範子)崩 建暦元・六・二六 八条院崩 同 元・二・八 春華門院(昇子)崩 3 …原本「の」なし。 諸本により補入。 4 …やどかり。 原文、かな書きの右に「寄居」とある。 5 …大事、変事。 その事態を予測し、状況を見透しているという意味で「事知れる」といっているので、上文をうけ、小さい貝のほうが安全だということを知っているからである、の意。 6 …この「事」も上に同じ。 7 …「わしる」は「はしる」に同じ。 あたふたする。 8 …この「事」も、大事の意味。 前述のやどかりの比喩から察せられるところでは、生命の危険を知っていることを「事知れる」とするのだから、人間、人生の門題にすえ直せば、「一大事の因縁」(徒然草百八十八段)というようなことになろう。 だが世間の人はけっして一大事のために家を建てるのではなく、世俗的な要求から家を建てる。 自分も一大事のために家を建てているのでないことは世間の人と同じだが、世間の人とちがうところは、それが他人のためでなく、自分のためだという点にある。 といいたいのであろう。 以上の三つの「事」、諸本では「身」となっている。 10 …「ともなふべき人」は、いっしょに隠棲しようと思うような人、の意。 11 …元来、懇切、ていねい、親密の意であるが、ここでは、それに俗悪なニュアンスを与えて使っている。 べたべたと寄りついてくる者、阿諛追従する者、贈答手厚き者、等々。 12 …「糸」は絃楽器、「竹」は管楽器。 13 …春の花、秋の月。 14 …しくまい。 …したほうがましだろう。 「しく」は元来、追いつく意。 「しかず」は元来…に越すことはない意。 15 …早く、聖徳太子十七条憲法の第十一に賞罰必当が説かれているが、ここでは賞のほうにアクセントがつけられている。 16 …どのように。 17 …「たゆし」は疲れて、だるく、体を動かしたくない気持。 18 …「心、身の苦しみを知れれば」(前田本など)とあるほうが解しやすいが、底本は「身、心の」とある。 19 …「まめ」は、誠実、勤勉の意であるが、ここでは健康の意。 20 …回数を多くしすぎるような無理はさせない。 21 …ものうい気持。 仕事がしたくない感じ。 22 …感情に左右される、感情的になる、腹を立てる意味に使っているらしい。 23 …養生。 24 …諸本、「悩ます」の次に「は」がある。 25 …藤の衣は葛の繊維を編みまたは織って作った粗末な衣服。 26 …よめ菜。 若葉は食用にする。 27 …口に含んだ物。 底本「報」。 諸本により改む。 28 …欲界・色界・無色界の三つの世界を一切衆生は生きたり死んだりして輪廻すると仏教ではいう。 『法華経』の「譬喩品」は三界を火宅にたとえ、「信解品」以下において、その三界からの得脱を解く。 29 …「三界唯一心、心外無別法」(華厳経)の語によったものか。 30 …『法華経』の「提婆達多箔品」の初めに、仏が「心無悋惜、象馬七珍、国城妻子、奴婢僕従、頭目髄脳、身肉手足、不惜駆命、…」と、一切を惜しまず布施したことを説く一条がある。 31 …どこにでもあることばだが、『法華経』の「随喜功徳品」に「…諸妙珍宝、及象馬車乗、七宝所成、官殿楼閣等、是大施主、如是布施、満八十年已、而作是念、…」とあるあたりが、ここの場合、意識されていたか。 32 …乞食。

次の

「やむを得ない」とは?意味や使い方を解説!

やむ ごと なき 意味

先述の通り、身分の高さを表す意味で「やんごとなし」という言葉を用いるのは現代の用法で、古語の「やむごとなし」は以下のとおりいくつもの意味を持っています。 捨てておけない、よんどころない、やむをえない、のっぴきならない• ひととおりではない、特別だ• 尊重しなければならない、気がおける• きわめて尊い、高貴だ• おそれおおい、失礼だ 「やむごとなし」は 「止む事なし」と書き、その文字の表す通り 「やめられない」や「ほうっておけない」というのがもともとの意味です。 そして、ほうっておけないような大切なもの、尊重すべきもののさまであることから「別格だ」「貴重だ」「尊い」「おそれ多い」などの意味が生まれたと言われています。 以下に意味ごとの使用例の紹介として、平安時代の文学作品の一節を引用します。 日常会話で「やんごとなき事情」「やんごとなき状況」のような使い方をするケースがあります。 ただし、それは周知されているものではないと認識しておく必要があります。 場合によっては、言い間違いを指摘されたり言葉を知らない人だと誤解されたりすることもあります。 また、詳しい説明を避けるために「やんごとなき」を多用するのは、余計なトラブルを招いたり、相手に説明責任を果たさない人物だという印象を与えることにもなりかねません。 会話をする相手や状況を選ぶ表現であると認識しておくことが大事です。

次の