星野 源 くも膜 下 再発。 【2020年】星野源の病気は現在完治済み!くも膜下出血再発の可能性と辛い闘病生活のエピソード

星野源の脳梗塞の状況はどんな感じだったか

星野 源 くも膜 下 再発

スポンサードリンク 星野源のプロフィール 星野源(ほしの げん) 生年月日 1981年1月28日 出身地 埼玉県蕨市 身長 168センチ 血液型 AB型 職業 俳優・音楽家・文筆家・映像 ディレクター 星野源さんが住んでいた場所が埼玉県 蕨市という街に住んでいたんですが、 ここは周りに何もなく住宅と赤ちょうちんしか ないような場所で育ったそうです。 いわゆる田舎で育った星野源さんは、 唯一テレビでマイケル・ジャクソンを見た事 がきっかけで憧れをもち、中学1年生 から音楽活動と演劇活動を始めたそうです。 そして「ニンゲン御破算」という大人計画 事務所に所属し、自由の森学園中学校・ 高等学校を卒業します。 この「ニンゲン御破算」に参加し自由の 森学園に行った理由には、おそらく この学校の特色に目を惹かれる部分が あったのかもしれません。 この自由の森学園は普通の高校と 大きく違うところが、テストによる点数や 成績による評価を基本的にはせずに、 全ての生徒が人間らしい人間として 成長する事を促す事を目指す教育を 方針とする学校なんです。 星野源さんが中学生から将来の 方向性をなんとなく決めていたのかも しれませんね。 そんな星野源さんは現在ではマルチな 活躍をしているんですが、音楽活動 映画出演やテレビドラマへの出演、 そしてラジオ、CM、舞台と様々な分野で 活躍をされているんですが、そんな星野源 にも壮絶な過去があったそうです。 星野源の壮絶な過去とは 星野源さんの本来の性格と言うのは、 今テレビで活躍する見た目とは大きく 違った性格だったそうです。 星野源さんは本来はかなりの人見知りを する性格のようで、自分から前に出て何か をするといったことが出来ないような性格の 持ち主!! おとなしい性格という事ですね。 そんなことからも、星野源さんには当時 かわったあだ名が付けられていたそうで、 そのあだ名が「おじいちゃん」と 呼ばれていたそうです。 中学当時の星野源さんの髪型が 腰のあたりまで髪の毛があったそうで、 それに眼鏡をかけて漫画を読んでいた・・・ こんなことから「おじいいちゃん」 だったそうです・・・・ おそらく、漫画を読む姿やあまり活発に 動く事をしない中学生だったことから こんなあだ名がついてしまったん でしょうね! そして一番の苦労がテレビで活躍し 人気が出るまでの期間!! 下積み時代なんです。 星野源さんは大阪芸術大学に進学 しようとした時期があったんですが、 プロフィール上は高校卒業までしかない ことから大学卒業はしていないと思いますが この大学前に現役合格できず、「親から 浪人させるお金がないから一人暮らし しろ!!」 こんな言葉を言われたそうです。 でもよくよく考えるとなぜ一人暮らしを しなければならないのか・・・・ 浪人させるお金がないなら実家に 住みながら働きながら、浪人生活を すればいいはずなんですが・・・・・ なんででしょうね~!! ただ一人暮らしを始めたころからお金が ない生活になってしまったために、バイト 先で食べ残したものをこっそりと食べたり 食べるものがなくて、雑草を食べていた という話しもありますね。 星野源に起こった悲劇!病気と再発! 星野源さんに悲劇が起きたのが、 2012年の12月22日だったんです。 突然立つ事もままならない状態に なり、そのまま救急車で病院へ運ばれた そうです。 その時に診断された病気がくも膜下 出血という病気だったんです。 くも膜下出血というのは、突然始まる 強い持続性の頭痛がおこる病気なんですが、 この頭痛をよくこのように表現される ことがあります。 金属バットやハンマーで殴られたような・・・ 痛みが急激に突然起こるために、 具体的にいつ。 どこで起こったのかも 鮮明にわかるほど衝撃がある痛み だそうです。 病院ではすぐに手術が行われたそう なんですが、助かる可能性はあっても 後遺症が残る可能性があるかもしれない ことを、後で星野源さんに伝えたそうです。 くも膜下出血という病気が手術で無事に 成功したそうなんですが、術後も病気に 対する痛みはあったそうです。 くも膜下手術は大きくわけて2種類!! くも膜下出血という病気を手術する 場合に大きく二通りの方法があるそうです。 まず一つ目にくも膜下出血という病気が これ以上に広がらないようにするための 手術なんですが、クリッピング治療と 呼ばれる治療で、脳の出血や脳の 動脈瘤を取り除き、脳の圧を一定に するために排出する管を設置する手術。 そしてもう一つの方法が、血管の中に カテーテルを入れて治療するという 手術!! 星野源さんがくも膜下出血の手術を どのように行われていたかは わかりませんが、こういった手術をした 可能性があるかもしれません。 術後からその後の経過について 星野源さんは術後、食事をすることは もちろんできず、激しい頭痛と頭痛による 不眠が3日も続いたそうです。 身体が動かない事でのストレス・・・ 入院生活で治っていくはずの 病気が3日も痛みによって苦痛を 強いられたそうです。 入院中は、再出血の可能性や感染症の 可能性などが心配されていたんですが 無事に退院することが出来たんです! ところが、2013年の6月ごろの定期 健診でのこと!! 手術した箇所が万全ではない状態に なってしまっているという事がわかった んですが、その後の経過観察と新たな 処置が必要になったために病気の 治療に専念するために入院!! つまり再発したということですね。 9月26日に再手術が行われ、また 闘病生活を余儀なくされることになって しまったんです。 スポンサードリンク ただ今回の再発で、星野源さんは 一つ思った事があったそうで、辛い闘病 生活を違う発想に転換させることをした そうで、それは様々なシチュエーション で下ネタで妄想することへの転換!! これを闘病生活で実践していたそうです。 これは、星野源さん自身が考えて行った ことなのか、それとも人からのアドバイス なのかはわかりませんが、2度目の病気 との闘いは少し気持ちの持ち方が変わった のかもしれませんね。 こういった病気と闘いながらも無事に 退院することができた星野源さんですが、 やはり克服したといってもこれからの 生活では何らかの生活の支障は出て 来ると思います。 病気がまだあった!パニック障害の噂は 星野源さんがくも膜下出血を患った時に、 もう一つ悩んでいた過去がパニック障害 だったということなんです。 歌手として活躍する一方で、2013年には 俳優として活躍もしているほど、マルチな才能 を発揮している中で、パニック障害になった 過去があったというのには驚きかもしれません。 しかし、星野源さんがパニック障害になった きっかけが過去にあったわけですが、その 引き金になったのが幼少期にあったそうです。 それが学生時代も含めていじめにあっていた!! という過去だったんです。 当時、いじめにあったきっかけは小学校時代に まで溯りますが、当時、おもらしをしてしまった 事に対して学校でいじめに合う対象にされていた とわれています。 そしてそのいじめは過酷を思うわせるような 事があったわけなんですが、肝心のどういった いじめの仕方を受けていたのかは、わかって いません。 ただ、このいじめをきっかけに、小学校を 卒業した後も、学校へ通うことができずに ずっと苦しんでいたそうです。 星野源さんがどれほどの期間悩んでいたのかは 分かっていませんが、小学校で受けたいじめに よって、中学、高校と進学しているにも関わらず その症状は一向に改善されることがなかったと いわれています。 またこのパニック障害と言われている証拠 にもなり得ることが、高校生になっても症状が 改善されなかったために、精神安定剤を服用 していた時期もあったそうです。 しかも不安神経症にまでなっていたそうです。 ここでパニック障害と不安神経症と何がどう 違ってくるのか・・・ですよね!! じつはもともとパニック障害も不安障害も 同じ不安神経症の中の一つの病気として くくられる病気なんです。 しかし、1980年、米国精神医学会の 診断基準によってパニック障害と不安障害は 2つに分類されるようになったそうです。 そして、パニック障害か不安障害かを分ける 基準が下記の症状が4つ以上該当すると、 パニック障害と診断を受けるそうですね。 動悸がする 2. 胸が痛い 3. 息苦しく、呼吸がしづらい 4. 汗が異常に出る 5. 震える 6. 窒息するような感じがする 7. めまいがしたり、ふらついてしまったりする 8. お腹のあたりが不快な感じがする 9. 現実にいるような感覚がなく、夢を見ているような感覚になる 10. 気が狂ってしまうのではと思うくらい、自分の気持ちのコントロールが不可能になる 11. 死に対する恐怖が強い 12. しびれるような感覚がする 13. 異常に熱いと感じたり冷たいと感じたりする もう一つの病気!モニカ病ってなに? 星野源さんに「モニカ病」の話題が起こったのは 「笑っていいとも」に出演していた時のこと だったんです。 この時に星野源さんから語られたのが「モニカ病」 という病気を患っていたということなんです。 このモニカ病がどんな病気なのか調べてみると そもそも、こういった名前の病気は存在しない ことがわかったんです。 このモニカ病という病気は正式名ではなく、 星野源さんが名前をつけた病名だったんです。 そしてこのモニカ病がどういった病気なのか 気になりますよね!! わざわざ星野源さんが命名するほどの 病気なんですから・・・・!! このモニカ病の症状には、睡眠時に お尻のところがつる感じの激痛が走る というかわった病気なんです。 ただあまりにも激痛だったために病院 へ診察を受けにいったそうですが、医師からの 診断結果は、何も異常が見当たらなかった という診断結果だったんです!! 寝ている時に激痛が走るのに、病名すら 何も診断がないという・・・・!! え?モニカ病って、一体なんなの?と思って しまいますよね!! このモニカ病の原因は、調べてみると どうやら、「突発性肛門通」ではないかと 言われているんです。 そしてこの突発性肛門通の正体は何かしらの 病気のせいで、校門付近に痛みが走っている 可能性があると医師から指摘をうけているんです。 つまり、モニカ病はあくまでも断定された 病気ではないということ!! そして星野源さんが命名したきっかけは、 吉川晃司さんが歌う「モニカ」の歌っている 時のポーズが丁度、その痛みを感じる時に 近いということなんです!! モニカ病の正体はこれだったんです!! ただやはり心配なのは、病気が特定されて いないということ!! 原因と言われているのには、肛門付近の 筋肉が痙攣をおこすことで激痛が起こって いるそうですが、疲れやストレスが原因で そうなっているともいわれています。 しかし、医師の所見には、直腸や大腸が 肛門痛を引き起こす可能性だってあるという ことなんです。 腸であれば、ポリープができても、癌が できていても痛みを感じない場所のため 気づかない可能性もあると言われている そうです。 こういったことを考えると、ただ疲れや ストレスといった考えだけでは済まされなく なってきますよね!! 定期的な病院での受診、薬の管理、 食事の制限といったところも出てきていると 思います。 こういった面では病気の心配は消える ものではないために心配になりますね。 星野源さん!! これからの活躍にも注目が集まりますが 何より病気には注意してほしいですね。

次の

星野源の脳梗塞の状況はどんな感じだったか

星野 源 くも膜 下 再発

名前:星野源(ほしの 現) 出身地:埼玉県蕨市 生年月日:1981年1月28日 身長:168cm デビュー:2000年 出身高校:自由の森学園高等学校 最終学歴:自由の森学園高等学校卒業 所属事務所:大人計画(俳優業) アミューズ(音楽業) 星野源さんは、2000年に高校出身の同級生とバンド「SAKEROCK」を結成し、シンガーソングライターとしてデビューを果たしました。 その後、2003年に舞台「ニンゲン御破算」に参加。 大人計画事務所所属となり、俳優としても活動を開始しています。 また、エッセイストやコラムニストとしての顔も持ち、「TVブロス」などで連載も担当されています。 2013年公開映画「箱入り息子の恋」や「地獄でなぜ悪い」での演技により、第5回TAMA映画賞、第37回日本アカデミー賞、毎日映画コンクールで新人俳優賞を受賞するなど、俳優としても高い評価を受けています。 2015年、自身がリーダーを務めたバンド「SAKEROCK」が解散。 解散翌年には、ラジオ番組「星野源のオールナイトニッポン」が放送開始されました。 my-kaigo. 無事手術は終了したものの、その後は激烈な痛みのせいでまともに睡眠も取れない日々が続いたことを自身の著書「蘇える変態」の中で語られています。 食べ物はもちろん水も飲めず、「爆発的な」頭の痛みだけが、ただただ続く。 動けないストレスからか、神経が過敏になり、ほかの患者の息遣いや機械の音が気になって眠ることもできない。 「24時間、不眠不休で痛みと神経過敏に耐え続ける。 それが三日間続いた」と、想像を絶する過酷な状況だったのだ。 そうなると、体だけではなく、精神もむしばまれてくる。 「今すぐにでもベッドの頭上にある窓から飛び降りたい。 早く死んでしまいたい。 こんな拷問のような痛みはもうたくさんだ」と、心まで消耗していく過程が赤裸々に描かれている。 fullmusic. なんとか日常を取り戻した星野だったが、医師から再発を宣告され、二度目の手術を受けることに。 状況はより深刻で、手術予定日から数カ月後に新曲をリリースすると決めたときも、「その時自分は喋ったり、歩いたりできているかどうかもわらかないのだ」と思うほど。 実際に二度目の手術やリハビリのほうが「断然過酷」だったようだが、「面白さが、辛さに勝ったのだ」と記されている。 一般的な闘病記にありがちな、生を称える記述もなければ、死を迎えるための達観した視点もないが、死が間近に迫っていても卑猥なことばかり考える星野に、人間の泥臭い欲望や生への執念が感じられ、すんなりと心に入ってくる。 4health. くも膜下出血とは、 脳の表面をおおう膜のひとつである「くも膜」の下に出血がある状態をいいます。 原因は、脳の血管のふくらみである 「脳動脈瘤」の破裂によることがほとんどです。 くも膜は、脳を保護する3層の膜(外側より硬膜、くも膜、軟膜)の一つです。 くも膜と脳との間(くも膜下)には脳の栄養血管である動脈が走り、保護液でもある脳脊髄液(無色透明の体液)が循環しています。 引用: 「くも膜下出血の症状」激しい痛みに襲われる 出典: 星野源さんが著書で語ったように「バットで殴られたような」激しい頭痛に襲われる症状が典型であるとされています。 ほとんどの方が、出血した瞬間に、 「突然の、今までに経験したことのないような、あるいはバットで殴られたような頭痛」を感じます。 これは、脳の保護膜の一部が痛みを感じるはらたきを持っていて、くも膜下に広がっていく出血が保護膜を刺激して頭痛をおこすためです。 出血の程度によりますが、頭痛と一緒に、激しくはいたり、意識を失うこともあります。 「突然、強い頭痛を訴えた後で倒れた人を目の前にしたら、くも膜下出血を考えて救急車を呼ぶべきである」ぐらい、特徴的な症状と言えます。 手足の麻痺などは必ず起こるとは限りません。 他の脳卒中(脳内出血、脳梗塞)の多くが、頭痛を感じない事や半身の運動麻痺を伴う事が多いこととは対照的です。 引用: くも膜下出血といえば、2014年に読売ジャイアンツコーチであった木村拓也さんがシートノック中に倒れ、そのまま帰らぬ人となったことでも知られている病気です。 致死率の高さや後遺障害の残る可能性があることから、危険な病気であるとされています。 ただ、星野源さんに関しては、幸いなことに、現在もドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」や数々の音楽番組に出演されるなど、再発もなく良好な予後を送られているようにも見えます。 出典: 2016年には星野源が体調不良で音楽番組を急遽辞退する騒動がありました。 くも膜下出血の再発によるものではなく、過労による体調不良とのことです。 多忙なスケジュールが祟ったようです。 11月29日放送の日本テレビ系「ベストアーティスト2016」の出演を急きょキャンセルしました。 放送当日になっての公式サイトでの「過労による体調不良のため、十分なパフォーマンスが出来ない」という発表で、本当に急な決定でした。 星野は9月にもパーソナリティを務めるラジオ番組「星野源のオールナイトニッポン」を体調不良で欠席しており、あまり体が強いほうではないのかもしれません。 引用: 星野源、多忙過ぎて睡眠時間はわずか1時間 出典: 今や、俳優に歌手にと大活躍の星野源さん。 相当忙しいようで、みているこちらが心配になるほどです。 2018年は映画『ドラえもん』の主題歌を担当、そして朝ドラ『半分、青い。 』の主題歌にも選ばれています。 大人気の為、気軽に休養することは難しいかもしれませんが、ぜひペースを落として仕事をしてほしいですね。 まとめ ・星野源は2012年12月、レコーディング中にくも膜下出血で倒れた。 ・星野源は2013年2月に仕事に復帰。 その4ヶ月後にくも膜下出血が再発し再手術を受けた。 ・星野源は2016年、過労による体調不良で倒れたことが報じられた。 また、多忙の為、睡眠時間は1日1時間程度ともいわれている。 以上、星野源さんが過去に患った「くも膜下出血」や闘病生活についてまとめました。 ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のヒットにより、一躍時の人となっている星野源さん。 多忙な日々のストレスで、一時は過労に倒れたこともあったと報じられました。 忙しい日々の中ですが、病気の再発だけはないよう、日々の生活に気を配っていただければと願うばかりです。

次の

星野源くも膜下出血の復帰から4年。再発の可能性は・・・・?

星野 源 くも膜 下 再発

hoshinogen. 突然経つこともままならないほどの状態に、救急車で緊急搬送されたそう。 そのときに診断がつけられたのが、脳出血の代表疾患の1つであるくも膜下出血でした… 脳の血管の中でも、脳の表面をおおっている膜のひとつである「くも膜」の下に出血をきたす病気。 イメージしていただきたいのですが、脳の表面の膜(くも膜)と脳との間に空間が存在し、そこに比較的太い栄養血管があるのですが、この栄養血管が切れるとくも膜下出血となります。 とても特徴的な症状として「激しい頭痛」があります。 なぜ出血で激しい頭痛を感じるかというと、脳を保護している膜に痛みを感じるはたらきがあり、くも膜下で出血した血流が、その膜を刺激することで激しい痛みを感じます。 基本的な発症の防止については、脳への負担が少ない食事が求められるそう。 もし高血圧などがある人の場合は塩分をとりすぎないことだそうです。 特に高齢者は要注意なようで、70歳以上の場合に手術が成功しても、5年以内に30%は自立した生活が送れなくなるといったデータも出ております。 ということは、一度くも膜下出血という病気になられた場合、治療後も定期的な健診が必要とされています。 星野源さんは結局は2度に渡って、くも膜下出血の手術をされ長期療養を余儀なくされました。 当の本人からすれば、対策はばっちりしてあるでしょう。 くも膜下出血の代表的な後遺症としては、片麻痺、半身麻痺があります。 星野源さんのくも膜下出血は2度の手術により治療されました。 二度ともなると致死率も30%と高い疾患でもあります。 たとえ死なずにすんでも、そのうちの2人の1人は障害(言語障害などの後遺症)が残ると言われています。 つまり何も障害がない人は3人に1人ということになります。 幸いにも星野源さんはくも膜下出血の後遺症はほとんどないようです。

次の