イタチ 生息地。 イタチの生態と住宅への侵入被害

イタチの種類と生態。鳴き声、ふん、臭いなど特徴について

イタチ 生息地

見出し• ホオアカトキ photo by pixta アフリカ北部からヨーロッパの一部にかけて生息していたホオアカトキは、現在モロッコ以外では絶滅してしまったそうです。 全長80cmで頭部には羽毛はなく、全身の羽は光沢のあるエメラルド色や黒など、美しい見た目をしています。 長いくちばしを使って昆虫や、小さな生き物を捕まえて食べるのが特徴です。 20世紀半ば頃に人工繁殖の成功例がありますが、まだまだ十分な個体数がいるわけではなく、絶滅危惧種としてカウントされています。 センザンコウ photo by pixta アルマジロに似て岩や兜のような珍しい見た目をしているセンザンコウ。 単独で行動する夜行性の動物で、アフリカやアジアの森の中や草原に生息しています。 全身の鱗が特徴的で、アルマジロとは違い鱗の一つ一つが鋭利な刃物のようになっています。 敵が来たら丸まって攻撃から身を守ったり、反対に尻尾の鱗を使って攻撃したりします。 ですが、その鱗目当てに乱獲などが行われ、現在では個体数が減り絶滅の危機に瀕しています。 クロアシイタチ イタチ科に属するクロアシイタチは、北米の農家などで生息が確認されている動物です。 主食はプレーリードッグ。 生息地が人間によって破壊され続けたために、現在は絶滅危惧種に数えられています。 また、かつて農家や酪農家がプレーリードッグを駆除した際に、クロアシイタチも一緒に数が減ってしまったのだそう。 実は1980年代後半に人工繁殖によって増えた個体が野生復帰に成功しており、保全努力によっては絶滅の危機から救える可能性のある動物なのです。 ナキウサギ photo by pixta ハムスターやネズミにも見えるこの小さくて可愛い動物は、ナキウサギと呼ばれるうさぎの仲間です。 体長20cm弱の体重300gと小柄。 北アメリカや東ヨーロッパの寒冷地、アジアの天山山脈の一部などの標高の高い場所で草を主食に生息しています。 地球温暖化の影響で寒冷地が減少傾向にあり、より標高の高い地域へ生息地が追いやられていることから、絶滅危惧種に数えられています。 アムールヒョウ photo by pixta 野生と人間に保護されている個体でも全世界で60匹しかいないと言われているアムールヒョウ。 元々は中国、韓国、ロシアに生息していましたが、現在は中国吉林省とロシアのアムール川流域にしか生息していないそうです。 過去10年ほどで個体数は2倍に増えたものの、単体で生活するため繁殖しづらい理由と、環境破壊や毛皮目的の密猟などで現在も絶滅の危機に瀕しています。 ゴールデンライオンタマリン photo by pixta その名の通り黄金の毛色をまとっているかのような見た目のゴールデンライオンタマリンは、ブラジルの熱帯雨林に生息している固有種です。 体長30cmと小柄で、毛色は正確には黄金ではなくオレンジ色です。 現地の先住民たちに食用にされたり、美しさゆえペット目的に乱獲されたりした結果、個体数が減り絶滅危惧種に数えられています。 ボルネオオランウータン photo by pixta ボルネオ島とスマトラ島北部に生息するボルネオオランウータンは、一般的にオランウータンとして認識されている動物です。 自然破壊や森林火災、ペット目的の乱獲、農園開発によって個体が減ってしまい、現在は全世界でも25000頭しか残っていないと推測されています。 オオカワウソ 南米に生息しているオオカワウソは、最大で体長が1. 5mにもなる世界最大のカワウソです。 毛皮目的の乱獲で個体数が減少してしまい、現在では生息地である川や湖の破壊でも生存の危機に晒されています。 主食である魚が確保できなければ生きていけないため、生息地の破壊はオオカワウソにとって死活問題でしょう。 ダーウィンギツネ 1834年に発見したチャールズ・ダーウィンにちなんで名前がつけられたダーウィンギツネは、現在では650〜2500頭しかいないと推測されている絶滅危惧種です。 チリのチロエ島や、ラ・アラウカニア州のナウェルブタ国立公園に生息する雑食性の動物で、日が暮れてからと日の出前に活発に活動する姿が確認されています。 スマトラサイ 東南アジア広域に生息していたスマトラサイは、体長3mと世界最小のサイとして知られる絶滅危惧種です。 人間による角目的の乱獲や生息地破壊などによって個体数が減少し、現在ではインドネシア、ミャンマーなどの森の中に生息しているそう。 先日23日にマレーシアに生息していた最後の一頭が息を引き取ったことから、危機感がさらに高まっています。 人工飼育での繁殖がとても難しく、100頭未満まで減少していると推測されていることから、絶滅の可能性が非常に高い動物とされています。

次の

イタチの日本での分布や生息地とは!?

イタチ 生息地

好きなところに飛べます• イタチの特徴 イタチは哺乳綱ネコ目イタチ科イタチ属の世界に広く分布している動物で、日本でもニホンイタチ、チョウセンイタチ、オコジョなど計5種が生息しています。 ニホンイタチは全身が明るい茶色の毛で覆われ、目の周りが焦げ茶色、口の周りだけ切り取ったように白毛になっています。 チョウセンイタチも似たような見た目をしていますが、チョウセンイタチの方が長い尾を持ち、若干毛色が白っぽいのが特徴です。 短足胴長の体形で、最も小柄な種のイイズナだと30gほどしかありません。 またオスはメスよりも2倍ほど大柄になります。 雑食動物ですが、肉食性が強く、自分よりも大きな獲物を仕留めることもあります。 Sponsored Link テンの特徴 テンは哺乳綱ネコ目イタチ科テン属の動物で、本州から四国、九州、朝鮮半島に分布しています。 日本でテンというと、ほとんどの場合ホンドテンのことを指します。 ホンドテンは、全身の毛が黄色がかっていたり茶色が強かったり生息地によってばらつきがあり、前者をキテン、後者をスステンと呼ぶそうです。 夏と冬では毛の色が変化するという特徴を持ち、夏はキテンもスステンも顔の周りや手足が黒っぽくなり全身の毛の色が褐色になります。 冬になるとキテンは夏の毛色よりも淡いイメージになり、スステンには大きな変化はありません。 体重1~1. 5kgと小柄で、昼夜問わず活動します。 雑食で、ネズミや鳥、木の実などを食べます。 イタチとテンの違い・見分け方 さて、そっくりなイタチとテンを見分けるにはどうしたらいいでしょうか。 まずは大きさですが、イタチは体長が尾を含めると体の大きなチョウセンイタチでも40cm~60cm程度で、テンは60cm~75cmとテンの方がやや大柄になります。 毛色の違いでいうと顔にその違いが顕著に現れており、イタチは口元のみが白いのに対し、テンは季節によって顔全体が夏は黒く冬は白くなる傾向にあります。 また、テンはイタチの仲間の中では最も樹上での生活に適していると言われており、イタチも木登りは得意ですが地上で餌を探すことの方が多いようです。 餌と糞の形が違う? しかし、彼らが害獣として家の中に侵入してきてもなかなか姿は見せないからどっちか分からない…ということもしばしばあります。 そんな時は彼らの残しもので判断しましょう。 残しもの、すなわち糞です。 まず匂いが非常に強烈だったらイタチの可能性が高いと思われます。 雑食とはいえほとんど肉食に近いイタチの糞尿は物凄い悪臭を放ちます。 また毛が交じっていることが多く、細長く水っぽいという特徴があるそうです。 テンの糞は直径が約5~6mmのイタチの糞よりも大きく、約1cm程度あるといわれています。 テンもイタチと同じく肉食性が強い動物ですが、果物も好み秋になると果物の種が糞の中に混じっていることが多くなります。 まとめ ・イタチは肉食性が強い小柄な動物。 ・テンは季節によって毛色が変わる木登りが得意なイタチの仲間。 ・毛並や身体の大きさの他、糞の大きさや食性などで異なる面を持つ。

次の

ハクビシンの生息地はほぼ日本中!確実に撃退する方法を知ろう|アライグマ・イタチ捕獲・屋根裏ハクビシン駆除対策撃退|害獣駆除110番

イタチ 生息地

ニホンイタチ 日本固有種のニホンイタチは、もともとは本州、四国、九州に生息していましたが、ネズミを駆除する目的で伊豆諸島などの小さな島々に送りこまれました。 北海道はたまたま船に侵入していたイタチが繁殖し野生化したようです。 最近では、チョウセンイタチに侵食されており、減少傾向にあるようです。 ニホンイタチの特徴 日本固有種のニホンイタチの特徴は、体長は成獣で50㎝程度、体色はヤマブキ色や明褐色、鼻周りは白、目鼻頭周りが黒や濃い茶色です。 性格は獰猛で攻撃的でオスはメスの2倍の大きさになり、夜行性です。 接近すると、噛みついたり引っ掻いたりすることが多く、「キイキイ」と甲高い声で鳴きます。 高い繁殖力を持っており、1回の出産で5匹程度の子供を産むため気がつくとネズミ算式に子供が増えています。 食べ物は昆虫や爬虫類、両性類、鶏、ネズミ、果物、穀物と何でも食べるため、民家に侵入し人間の食べ残しの残飯やゴミなどを漁る被害が出ているのです。 チョウセンイタチ ニホンイタチ同様日本に最も多く生息しているチョウセンイタチ。 チョウセンイタチは食肉目イタチ科イタチ族の哺乳類です。 外来種ですが朝鮮半島、中国大陸、台湾、ベトナム、対馬半島に生息していました。 しかし、ニホンイタチを侵食し、今では日本全土に生息を範囲を広げ、衛生害虫として認められています。 スポンサードリンク チョウセンイタチの特徴 大きさは50㎝程度、体毛はニホンイタチ同様ヤマブキ色や茶褐色。 目から鼻周りに濃褐色の斑紋があります。 性格は獰猛で賢い。 こちらもニホンイタチ同様高い繁殖力を持っています。 食べ物は昆虫から果物、穀物と何でも食べます。 ニホンイタチと似ているため外来種ではなく在来種として認識されています。 まとめ 日本のイタチは日本固有種のニホンイタチと外来種のチョウセンイタチがほとんどですが、最近は外来種であるチョウセンイタチの方が生息範囲を広げ、ニホンイタチは減少気味のようです。 特徴は、見た目は可愛い顔をしていますが獰猛で賢い性格のため捕獲が困難です。 繁殖力が高く1度に5~6匹の子供を産むため捕獲をしてもなかなか減らず人への被害が広がっているのです。 スポンサードリンク.

次の