モバイル suica ポイント。 お得で便利!コンビニでSuicaを上手に使う方法

お得で便利!コンビニでSuicaを上手に使う方法

モバイル suica ポイント

モバイルSuicaへチャージできるクレジットカードで、なおかつ、チャージ金額に対してポイント・マイルが付与されるクレジットカードを紹介します。 モバイルSuicaへのチャージはほとんどのクレジットカードで可能ですが、 チャージにポイント・マイルが付与されるクレジットカードは限られています。 以下に紹介するカードの中でも、 モバイルSuica年会費(通常は税込1,030円)が当面無料の、、、アトレビューSuicaカード、などのビューカードが最もおすすめです。 以上で紹介したカードは全て、カード自体にSuica機能が埋め込まれていますよ。 次善のカードとして、 モバイルSuica年会費(通常は税込1,030円)は必要となるものの、還元率が2. 0%でモバイルSuicaにもnanacoにもチャージでリクルートポイントが貯まるリクルートカードプラス(新規会員募集終了)、還元率1. 2%でモバイルSuicaにもEdyにもnanacoにもチャージでリクルートポイントが貯まるがおすすめです。 後者は、JR西日本グループ運営のSMART ICOCAにも同様に対応しています。 また、プリペイド型電子マネー1種、ポストペイ型2種に対応しているセゾンカードも使い勝手がいいです。 SuicaとQUICPayに対応しているアメリカン・エキスプレス提携各種も見逃せません! キャッシュバック還元率の高さを重視するなら、株式会社ジャックス発行の漢方スタイルクラブカードとREX CARDがおすすめです。 他の2倍近くあります。 0% 永年無料 1. 75% 無料 1. 0% 初年度無料 2年目以降1,000円 1. 0%にアップ 誕生月はライフサンクスポイント5倍!上限までチャージがおすすめです。 永久無料 0. 5% 永年無料 0. 5% JMBローソンPontaカードVisa 永久無料 0. 0% シティ リワードカード 3,000円 1. 2%!(土日) 0. 4%(平日) シティ リワード ワールド カード 12,000円 1. 2%!(土日) 0. 75%(現金還元率) 3,000円 0. 38%~1. 14% ポイント最大3倍 12,000円 0. 38% 18,000円 1. 0% 上級会員資格「シルバーメダリオン」取得可能! 12,000円 1. 0% 上級会員資格「ゴールドメダリオン」取得可能! 26,000円 1. 5% 10,000円 0. 75%(永久不滅ポイント) 1. 1%(JALマイル) 20,000円 0. 5%(永久不滅ポイント) 1. 6,000円 0. 5%~0. 5% 初年度無料 2年目以降500円 0. 2% 無料 0. 2% 【注意】モバイルSuicaチャージはポイント付与対象外になりました 初年度無料 2年目以降2,000円 0. 5% [普通カード] 2,000円(初年度無料) [CLUB-Aカード] 10,000円 初年度無料 2年目以降2,000円 【Suicaチャージ最高還元率!】 初年度無料 1,500円 1. 75% 初年度無料 2,500円 1. 5% Amazon限定デポジットなら1. 8% 無料 0. 5% アメリカン・エキスプレス・カード 12,000円 1. 0% アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード 29,000円 1. 0% 【ペニンシュラ東京提携】 アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード 29,000円 1. 0% 75,075円のホテル・デラックスルーム無料宿泊クーポン付き 7,000円 0. 5% 31,000円 0. 5%(VIEWプラス5倍)になるのは、プレミアメンバーズサービスで「ダブルA」「トリプルA」「グランプレミア」ステージに到達した場合です。 「ダブルA」ステージ到達のためには、前年1年間の獲得プレミアポイント数が3,000ポイント以上である必要があります。 JRのきっぷ、びゅう国内旅行商品、Suicaチャージ、モバイルSuica特急券を大人の休日倶楽部ミドルカードで購入した時に得られるポイントは1,000円につき5ポイントですので、単純計算で、年間60万円相当の決済が必要になります。

次の

Suicaポイントの貯め方と使い方を徹底解説!

モバイル suica ポイント

モバイルSuica利用者は朗報! まだ使ってない方にも朗報! モバイルSuicaで買い物をすると 支払額の5%または2%がポイントとして還ってきます! JR東日本は、2019年10月1日にから「 モバイルSuica」にてポイント還元サービスを始めました! 経済産業省が推進する キャッシュレス・消費者還元事業者の対象店で、 モバイルSuicaで買い物をするとポイント還元を受けられます。 実施期間は、 2019年10月~2020年6月• 貯まったJREポイントは Suicaへのチャージやショッピングモールサイト「 JRE MALL」などで利用できます。 貯まったJREポイントの確認は、 JREポイントサイトで確認できます。 モバイルSuicaでポイント還元を受け取るには、 JREポイント利用開始の会員登録をしなければなりません。 スポンサーリンク モバイルSuicaを使ったポイント還元とは? モバイルSuicaは、使えば使うほどJR東日本のポイント 「JRE POINT」が貯まります。 鉄道利用でもポイント還元はありますが、5%・2%ではありません。 5%・2%のポイント還元は、キャッシュレス・消費者還元事業者で買い物をする場合のみです。 キャッシュレス・消費者還元事業者は 経済産業省が推進している事業者です。 対象となる店舗でクレジットカードや電子マネーなどのキャッシュレスで支払うとポイント還元(JRE POINT)を受けられます。 実施期間: 2019年10月~2020年6月 還元方法:JRE POINT 還元時期:対象となる決済の翌月上旬頃に1カ月分がまとめて還元される。 還元率: 5%(中・小規模小売店)、 2%(フランチャイズ店・ガソリンスタンドなど) ポイント還元を利用する為の会員登録の流れ モバイルSuicaを使ったポイント還元を利用するには JREポイントサイトへの会員登録が必要です。 JREポイントサイトを開いて下さい。 開いたら いますぐ新規登録をタップします。 会員仮登録を済ませるため、入力項目にすべて入力して下さい。 入力し終えると確認画面が表示されます。 問題なければ 登録するをタップします。 仮登録が完了しました。 入力したメールアドレスに認証メールが届くので、メールに記載されたリンクをタップします。 サイトへログインしたら、 第2パスワードを設定します。 登録ポイントサービスの選択は Suicaで登録される方をタップします。 続けてSuica種類選択は モバイルSuicaをタップします。 再び必要事項を入力します。 入力し終えたら確認画面が表示され 登録するをタップ。 これで 登録は完了です。 Suica(ID番号)の登録 JREポイントサイトへ会員登録をしても カードを登録・追加しなくてはポイント還元は受けられません。 お手持ちのSuicaまたはカードを忘れることなく登録・追加していきましょう!• ビューカード• ポイントカード• Suica(ID番号) Suica(ID番号)は 20件まで登録できます。 ポイント還元のメリット、デメリット モバイルSUICA払いをするとお得になる事がわかりましたか? 消費税が10%になり負担が増えましたが、少しでもお金が戻ってくると思うとモバイルSUICAで買い物をしなきゃ勿体無いと思うのではないでしょうか? 最後に、モバイルSUICA払いのメリット・デメリットをあげてみました。 デメリット 一方、鉄道利用でのポイント還元はデメリットの方が多いような気がします。 例えば、東京駅から津田沼駅まで乗車した場合、モバイルSuicaで9ポイント(9円)が貯まります。 東京駅~津田沼駅間のIC運賃は 473円です。 運賃だけを考えると 回数券の方がお得です。 したがって、モバイルSuicaのデメリットは 回数券よりも割高な点にあります。 メリット、デメリットをよく考慮した上でモバイルSuicaのポイント還元を利用していくのが良いです。

次の

モバイルSuicaは通勤定期でもポイント付与だからドンドン貯まる!

モバイル suica ポイント

JR東日本は10月1日から、Suica利用で鉄道に乗車した際にポイントが貯まるサービスを導入した。 モバイルSuicaの還元率が高いのが特徴だ(写真:tkc-taka/PIXTA) JR東日本は10月1日から、Suica(スイカ)で鉄道を利用した際にポイントが貯まるサービスを開始した。 首都圏の駅などで「Suica究極の新サービス始まる」という告知を見かけた人も多いだろう。 このサービスは、JR東日本グループの共通ポイントサービスである「JRE POINT」に手持ちのSuicaを登録したうえでJR東日本の在来線に乗ると、1回ごとの利用額に応じてポイントが貯まるというものだ。 従来からSuicaで買い物をした際にポイントが貯まるサービスはあったが、ついに鉄道利用でも可能になったわけだ。 モバイルは大盤振る舞い? すでにJRE POINTに登録している人なら、その「大盤振る舞い感」に驚いた人もいただろう。 「モバイルSuica」を利用した場合のポイント還元率が高いのだ。 カード形のSuicaだと200円ごとに1ポイントだが、モバイルSuicaは50円ごとに1ポイント貯まり、還元率は2%だ。 Suicaグリーン券や定期券をモバイルSuicaで買った場合も、購入額に応じて同じ還元率でポイントが貯まる。 定期券は他社線を含む場合でも、購入金額全体がポイント計算の対象だ。 なお、1ポイントが1円相当となる。 従来、JR東日本グループのポイントサービスは、駅ビルなど商業施設のポイント、クレジットカード「ビューカード」のビューサンクスポイント、そして「Suicaポイント」など、各種のサービスそれぞれに分かれていた。 2016年2月、これらの共通化に向けて「JRE POINT」が登場。 まず駅ビルなどのポイントに始まり、2017年12月にはSuicaポイントがJRE POINTと共通化。 さらに2018年6月、ビューサンクスポイントも共通化され、さまざまなサービスのポイントをまとめることができるようになった。

次の