デレステ チューニング。 【デレステ】スカチケ 性能 おすすめ でこっそり検索したあなたのための記事

【禁じ手】ズルコン編成の話

デレステ チューニング

デレステ用タブレットとは デレステはそもそもスマホ用に開発されたアプリであるにもかかわらず、かなり高いスペックを端末側に要求することが特徴です。 特に高画質で楽しめる3Dリッチモードが実装されてからはさらにその傾向に拍車がかかり、生半可な性能のタブレットでは処理落ちやローディングの長期化、最悪アプリそのものが落ちるという事態が起こります。 そのため、まずは性能を重視してタブレットを選ぶというのが大前提になります。 タブレットの種類 タブレットの主な3つの種類を解説します。 Android• Windows• iOS Android Xperiaなどに代表されるスマホと同じAndroidをOSとして搭載したタブレットです。 iPadと違いさまざまなメーカーが製造しているので選択肢の幅が広いことが特徴ですが、性能的には一歩劣ります。 たくさんのアプリが発表されていることやカスタマイズ性が高いことが強みです。 Androidのスマホを使っている方は同じ感覚で使うことが可能でしょう。 OS7. 0アップデート時には音ズレが頻発する不具合がありましたが、現在は改善されています。 Windows パソコンと同じWindowsのOSを搭載したタブレットです。 最大の強みはパソコンと同じように使えることで、別途キーボードを装着することによりノートパソコンのような操作感を得ることができます。 特にExcelなどのオフィス製ソフトを使えるのが便利な点です。 ただし、デレステなどのスマホ用アプリには対応していないものが多く、別にソフトを用意する必要があり動作環境的にはあまりおすすめできません。 iOS iPhoneと同じiOSを搭載したiPadシリーズです。 Apple社製品共通の特徴として動作が非常に安定していることや性能が高いレベルでまとまっていること、初心者の方でも直感的に操作しやすいことが挙げられます。 また、iPhoneと親和性が高く、共通してデータ管理をすることができることも強みです。 デレステをプレイする際はアスペクト比の違いから表示上の問題があったものの、オプションに全画面表示機能が加わったことで緩和されています。 デレステをタブレットとスマホで動かしたときの違い タブレットとスマホ、どっちでデレステをプレイしてもできることに変わりはありませんが、操作感が大きく違ってきます。 まず画面の大きさによるタッチのしやすさでは圧倒的にタブレットが有利です。 滑り止めのついた固定スタンドを利用すれば両指でのタッチも可能で、ミスタッチの確率が大幅に下がります。 MVなどが大画面で楽しめることも魅力です。 一方、スマホの強みは携帯性と処理速度です。 現行のモデルならスペック的にも十分で気軽に持ち運ぶことができます。 タッチ操作はタブレットと比べてやりにくいですが、フリックはスマホの方が操作しやすいです。 デレステ用におすすめのタブレットの特徴 デレステ用におすすめのタブレットの特徴は、以下の3つです。 性能が高いこと• アスペクト比が16:9であること• 画面サイズが大きいこと 処理性能が高いこと デレステ用のタブレットを購入する時に最も気をつけなければいけない点が基本性能の高さです。 詳しくは後述しますがCPU性能、メモリの性能、ストレージ容量の大きさが重要になってきます。 本来アプリはそこまでの性能を端末に要求しないことがほとんどですが、デレステは例外です。 低スペックのタブレットだとまともにプレイできず、端末に負担がかかりとても熱くなり寿命が減るリスクがあります。 アスペクト比が16:9であること アスペクト比というのは画面の縦と横の比率のことで、デレステは16:9のアスペクト比でのプレイを想定して作られています。 アップデートで全画面表示機能が実装されたこともあり、アスペクト比の違うタブレットではプレイできないというわけではありませんが、画面が見切れてしまったり上下に余白ができる場合があります。 性能と見比べながら可能な限り16:9のアスペクト比のタブレットを選ぶのがおすすめです。 画面サイズが大きいこと キャラゲーであること、ルームモードやMVモードが充実していることなどから、せっかくなのでなるべく画面サイズの大きなものを選びたいところです。 デレステ専用にタブレットの購入を考えているならなおさらでしょう。 一般的な画面サイズは7インチから12インチを越えるものまであり、大きくなるほど価格も高くなりますが、視認性や操作性に優れます。 デレステ用におすすめのタブレット おすすめメーカー デレステ用におすすめのタブレットのおすすめメーカーは、以下の3つです。 Apple• Huawei• Samsung Apple やはりiPadシリーズが性能、機能的に頭一つ抜けている印象です。 特にiPadの2018年モデルは2017年モデルと比べ、価格が据え置きながらCPU性能が約2倍にアップしており、今までproにしか対応していなかったApple Pencilにも対応している非常にコストパフォーマンスの高い製品です。 唯一の欠点が全モデル共通して4:3のアスペクト比を採用している点ですが、そこまで気にならない方ならとりあえずiPadを買っておけば大丈夫というほどおすすめのメーカーです。 Huawei 現在Android搭載のタブレットは性能が頭打ちになっており、デレステをプレイするという観点から考えると発売されている製品の多さに対してかなり絞り込まれてきます。 その中でHuaweiのタブレットはかなり快適に動作する部類です。 性能に対して価格が安いことも強みで、アスペクト比も16:9とうってつけですが、一部の楽曲で3Dリッチ設定にすると若干動作が厳しくなるので設定を変更する必要があるでしょう。 Samsung スマホでも高い技術力を背景に高性能のモデルを発表するSamsungもおすすめのメーカーです。 停滞するAndroid搭載のタブレットの中で最高峰のスペックを持っています。 ほぼ全ての楽曲を最高画質でプレイできるでしょう。 やや高額の傾向がありますが、アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ(通称ミリシタ)と共にプレイするのにおすすめのメーカーです。 デレステ用におすすめのタブレット 選び方 デレステ用におすすめのタブレットの選び方を以下の4つのポイントから解説します。 CPU性能で選ぼう• メモリで選ぼう• ストレージ容量を確保しよう• OSの違いを意識しよう CPU性能で選ぼう CPUとはタブレットの頭脳に当たる部分で、ほぼ全ての動作の処理速度に影響を与えるとても重要なパーツです。 CPUの性能でタブレットの快適さが全く変わってきます。 iPadなら特に気にする必要はないですが、Androidのタブレットは機種によってさまざまなCPUが搭載されています。 有名なところでSnapdragonというCPUがあり、810シリーズ以上がデレステを快適にプレイするための一つの目安になります。 メモリで選ぼう メモリとは、CPUと並んで処理速度に影響を与える重要なパーツです。 机に例えられることが多く、一度にどれだけの作業を同時に行えるかに関わってきます。 メモリが足りないと画面がカクついたりゲームが途中で落ちてしまったりする可能性があります。 デレステをプレイする際は最低でも2GB、できれば4GB以上のメモリが搭載されているタブレットを選びたいところです。 ストレージ容量を確保しよう ストレージ容量とは、全てのデータを格納しておく場所のことで、大きければ大きいほどたくさんのデータを保存しておくことができます。 写真や動画、ダウンロードした音楽もデータに含まれます。 デレステは単体のアプリとしてはかなり容量を食う方で、デレステ専用としてタブレットを購入する場合でもできれば32GB以上、ほかのデータも保存しておきたい場合は64GB以上のストレージ容量がおすすめです。 OSの違いを意識しよう OSとはオペレーティングシステムの略称で、基本システムのことです。 OSによってできることや使えるアプリ、操作感や表示方法など全てが変わってきます。 使っているスマホに合わせてAndroidかiOSのタブレットを選ぶと操作しやすく、データも共有しやすいのでおすすめです。 今回はデレステ向けではないため除外しますが、パソコンのように使いたい場合はWindows OS搭載のタブレットが良いでしょう。 デレステ向けタブレットのおすすめ最強5選 デレステ向けタブレットのおすすめ5選を紹介します。 Apple iPad mini 5• Apple iPad mini 5の仕様・製品情報 ストレージ容量 64GB メモリ 3GB Apple iPad mini 5のおすすめポイント3つ• 推奨機種 Apple iPad mini 5のレビューと評価 総合バランスNO. 1モデル 2020年3月に発売された最新の第5世代iPad mini。 メモリは3GB相当(公式発表なし)とデレステをプレイするにはやや不安に見えますが、デスクトップPCに迫る性能のA12 Bionicチップを搭載。 デレステの推奨機種にも入っており、価格や取り回しやすさを考えればイチオシのタブレット。 Apple iPad Pro 11• Apple iPad Pro 11の仕様・製品情報 ストレージ容量 256GB メモリ 4GB Apple iPad Pro 11のおすすめポイント3つ• 大容量• 大画面• 高性能 Apple iPad Pro 11のレビューと評価 文句なしのスペックを誇る最新モデル A12 BionicチップをチューニングしたA12X Bionicチップを心臓部に搭載、オーバースペックともいえる処理性能を実現しています。 2018年モデルから推奨機種に指定されており、デレステでの動作保証済み。 さらに高性能の12. 9インチもAppleユーザーならぜひチェックしておきたいところ。 ネックはやはり価格でしょう。 HUAWEI MediaPad T5 10• Lenovo Tab P10の仕様・製品情報 ストレージ容量 64GB メモリ 4GB Lenovo Tab P10のおすすめポイント3つ• 大画面 Lenovo Tab P10のレビューと評価 バランス感のよさがウリのミドルクラスタブレット 性能的にも価格的にもHUAWEIの2機種の中間に位置するタブレットです。 デレステの快適動作の目安である4GBのメモリはクリアしていますが、3Dリッチのマスターなどでは音抜けの不安も。 HUAWEI MediaPad M5 Proの仕様・製品情報 ストレージ容量 64GB メモリ 4GB HUAWEI MediaPad M5 Proのおすすめポイント3つ• 大容量• 高性能• ハイレゾ対応 HUAWEI MediaPad M5 Proのレビューと評価 Android対応ハイスペックタブレット 正直「Android OS搭載端末でデレステが(ほぼ)完全動作するタブレット」という条件を満たすのは現行でHUAWAYの高スペックモデルのみといっても過言ではありません。 が、ベンチマーク的には最新iPad miniと互角かやや分が悪い程度。 価格や入手がやや難しいことも考えれば「Androidと大画面にこだわるユーザー向け」ということになるでしょう。

次の

【デレステ】ユニット編成の目安

デレステ チューニング

はじめに 2019年4月15日 新特技「チューニング」を持った[ブランニュー・ビート]が追加された。 この特技ってどうなの?というのを考えてみる。 スコアアタックの観点での話がメインになる予定 また、特技レベル10・特技ポテンシャル10振りとして話を進める 考えながら書いていたら長くなってしまったので先に結論を書いておくと、 「スコアアタックに置いて、現在の理想編成であるライフ編成の要素、もしくはライフ編成に代わる編成の要素にはならない。 」 である。 特技概要と第一印象 初めにこの特技の文を見た印象は、「弱そう」とか「パッとしない」といったものだった。 まあ、恒常のものだしこんなものかな?くらいのものだった。 僕は結構GREATを出す。 そのため、スコアアタックへの寄与は小さいと言っていいだろう。 じゃあ単純にオールラウンドよりもスコアの貢献度が低いのかと言うと発動時間 ここでは「しばらく」というところ の都合で計算してみないとわからないのだが、大きく変わるということはないだろう。 そもそもスコアアタック的にオールラウンドの評価が低いことからその計算にリソースを割くのは悪手に感じるのでやらないが、暇があったら計算してみたい。 やはり単体性能は微妙な性能であると感じている。 考察1 単体性能 では、他の特技との比較を行ってみる。 先ほど「単体性能が微妙」と述べた。 では単体性能の高い能力とは何か。 僕はやはり 以下オバロ ではないかと考えている。 ライフを消費すると言うデメリットはあるものの、入れておけば強い。 特に例に出した7中オバロは最強格である 言い過ぎかもしれないが実際強い。 スコアアタックをテーマに考えるならば、オバロという壁がどうしても立ちはだかるのである。 また、後に触れるがコンセントレーションも壁のひとつである。 チューニングにこれら壁を超えられるポテンシャルは考えるまでもなくないだろう。 考察記事なのに「考えるまでもない」とか書くのはいかがなものか• 考察2 コンセとの組み合わせ 続いて、他の特技との組み合わせを考える。 今の理想編成でもライフとライフ回復の組み合わせによって高いスコアを実現しており、組み合わせるという要素は編成を考える上では欠かせない。 スコアアタックにおいてのチューニングの単体性能が微妙であると述べたが、理想編成に入っているライフ回復は、当たり前だが単体ではスコアへの寄与は全くないのだ。 それでもライフとの組み合わせが強力であるために理想編成入りを果たしている。 チューニングの説明文を読んだときの第一印象は先ほど述べた通りだが、その後に考え付いたのがコンセントレーション 以下コンセ との組み合わせである。 考察1の最後にも軽く触れたが、コンセの理論値は相当高い。 安定の面では難がある特技だが、倍率はかなりのものである。 特に11中のコンセは、 ほぼ APならば7中オバロを超えることができ、おそらく単体性能最強である。 この組み合わせの強みはGREAT, NICEでもコンセの恩恵を受けられることにある。 強そうだ。 これならオバロを超えられる。 しかしながら、編成の枠を2つ使ってオバロ1枚と比較してもしょうがないのでやはり比較対象は、ライフ回復+ライフになるだろう。 一般的なライフ編成ではライフは305あたりに調整されており、上限まで回復した際の体力は610になる。 このときのライフによるコンボナの倍率は驚異の24%となる。 「305あたり」としたのはオバロ消費分のケアで少し多くする場合もあるため この値の実現には一部のアイドルのライフにポテンシャルを割く必要があるため、その分アピール値は減少する。 そのデメリットを持ってしても理想編成足り得る倍率となっている。 細かい計算は省く また、ライフは1度ライフが規定値を超えてしまえば、ライフ発動の際の倍率は常に24%を叩き出せる。 その反面、チューニング+コンセは同時に発動していることが前提の組み合わせである。 秒数を揃えてやればもちろん確率は上がる。 上がっても結局は確率である。 ちなみに11中コンセのアイドルに[FEEL SO FREE]があるのだけど、多分これ運営はりーなとの組み合わせ狙ってるよね? 勝ち目があるとすれば、NICEを叩いてしまったときに、ライフでは無論コンボが途切れてコンボナの効果が薄まるが、チューニング発動時ならPERFECTになってコンボ継続かつ19%のボーナスが付くことくらいかと思われる。 そこそこのフルコンスコアをフルコンがぎりぎり出来ない楽曲でも出せる、と解釈しておくか• 結論 ライフ最強! ただイベントなどで条件がついた場合に使われる可能性がある…のか…? ライフ編成は、編成の難易度が高めでゲストアイドルありき、ライフへのポテンシャル振りありきだ。 回復も最近は新規追加が増えてきたがちょっと前までは数も少なく、単純に入手出来るチャンスが年一回の期間限定ガシャと言ったレベルだった。 スコア狙いではなくフルコンのサポートとしてに使うのには選択肢が増えて良いのかもしれない。 ただし、放置編成に入ることはない。 スキブ込みでもMISSを拾うことが出来ないため• 締め 初めて考察記事を書いてみたのだが、普段自分であれこれ考察してるのとは勝手が違って難しかった。 情報の取捨選択もそうだし、盛り込む情報の粒度の調整も非常に難しい。 結論だけ書いても納得し難いし もちろんそれで満足な層もあるとは思う 、事細かに書いても 見れば良くない?ってなってしまう。 そもそも、読者層の想定ある程度絞るべきだったとも思う。 とりあえず今回はお試しということで、ダラダラと説明する形になった。 次があれば課題を改善していきたい。 blinuild.

次の

【デレステ】新特技効果「チューニング」を持つ新SSレア多田李衣菜登場!

デレステ チューニング

5秒間 少しの間=6秒間 しばらくの間=7. 5秒間 かなりの間=9秒間 高確率・特技LV10・属性一致・特技ポテ0 発動率78% 高確率・特技LV10・属性一致・特技ポテ10 発動率100% 中確率・特技LV10・属性一致・特技ポテ0 発動率68. 25% 中確率・特技LV10・属性一致・特技ポテ10 発動率94. 585 0. 75 7秒毎 わずかな間 4. 5秒間 0. 5014 0. 6429 9秒毎 少しの間 6秒間 0. 52 0. 6667 11秒毎 しばらくの間 7. 5秒間 0. 5318 0. 6818 13秒毎 かなりの間 9秒間 0. 54 0. 6923 中確率 発動間隔 表記 効果時間 カバー率ポテ0 カバー率ポテ10 備考 4秒毎 一瞬の間 3秒間 0. 5119 0. 5秒間 0. 5119 0. 7069 7秒毎 少しの間 6秒間 0. 585 0. 8078 9秒毎 しばらくの間 7. 5秒間 0. 5688 0. 7854 11秒毎 かなりの間 9秒間 0. 5584 0. 468 0. 6 8秒毎 わずかな間 4. 5秒間 0. 4388 0. 5625 10秒毎 少しの間 6秒間 0. 468 0. 4255 0. 5455 13秒毎 しばらくの間 7. 5秒間 0. 45 0. 5769 中確率 発動間隔 表記 効果時間 カバー率ポテ0 カバー率ポテ10 備考 5秒毎 一瞬の間 3秒間 0. 4095 0. 5655 8秒毎 わずかな間 4. 5秒間 0. 3839 0. 5302 10秒毎 少しの間 6秒間 0. 4095 0. 5655 11秒毎 少しの間 6秒間 0. 3723 0. 5141 13秒毎 しばらくの間 7. 5秒間 0. 3938 0. 5秒間 0. 39 0. 5 12秒毎 少しの間 6秒間 0. 39 0. 5 15秒毎 しばらくの間 7. 5秒間 0. 39 0. 5 特技グループC' PERFECTサポート SRアイドルの持つ特技が対象のグループ、カバー範囲がかなり狭い 高確率 発動間隔 表記 効果時間 カバー率ポテ0 カバー率ポテ10 備考 7秒毎 一瞬の間 3秒間 0. 3343 0. 4286 11秒毎 わずかな間 4. 5秒間 0. 3191 0. 4091 中確率 発動間隔 表記 効果時間 カバー率ポテ0 カバー率ポテ10 備考 6秒毎 一瞬の間 3秒間 0. 3413 0. 4713 9秒毎 わずかな間 4. 5秒間 0. 3413 0. 4713 12秒毎 少しの間 6秒間 0. 3413 0. 4713 15秒毎 しばらくの間 7. 5秒間 0. 3413 0. 4713 18秒毎 かなりの間 9秒間 0. 3413 0. 4713 特技グループD COMBOサポート 現状、COMBOサポートのみが所属するグループ。 カバー範囲がやや狭い 中確率 発動間隔 表記 効果時間 カバー率ポテ0 カバー率ポテ10 備考 10秒毎 少しの間 6秒間 0. 4095 0. 5655 12秒毎 しばらくの間 7. 5秒間 0. 4266 0. 5891 特技グループE スキルブースト 現状、スキルブーストのみが所属するグループ。 カバー範囲が非常に広い 高確率 発動間隔 表記 効果時間 カバー率ポテ0 カバー率ポテ10 備考 7秒毎 少しの間 6秒間 0. 6686 0. 8571 8秒毎 しばらくの間 7. 5秒間 0. 7313 0. 9375 10秒毎 かなりの間 9秒間 0. 702 0. 9 特技グループF フリックアクト、ロングアクト、スライドアクト 現状、アクト系特技が所属するグループ。 カバー範囲が広い 高確率 発動間隔 表記 効果時間 カバー率ポテ0 カバー率ポテ10 備考 7秒毎 少しの間 6秒間 0. 6686 0. 8571 9秒毎 しばらくの間 7. 5秒間 0. 65 0. 8333 11秒毎 かなりの間 9秒間 0. 6382 0. 8182.

次の