オフィシャル 髭 男 dism アルバム。 Official髭男dism(ヒゲダン)メンバーについて!ボーカルがまさかのメタル好き!?

Official髭男dism(ヒゲダン)メンバーについて!ボーカルがまさかのメタル好き!?

オフィシャル 髭 男 dism アルバム

Traveler にから発売された、のメジャー1作目、通算2作目の。 その曲の中に髭男の魅力もたっぷり詰まっていて、• ポップでキャッチーなメロディ• おしゃれなサウンド• 大胆で幅広いアレンジ• 多彩なコーラスワーク にこれまで以上に磨きがかかっています。 正直、想像以上の出来でめちゃくちゃ驚いています。 このアルバムは名盤です。 にしてもタイアップ曲めっちゃ多いな!すご!!• 1.イエスタデイ 作詞・作曲:藤原聡、編曲:蔦谷好位置、Official髭男dism 配給アニメ映画『』主題歌。 1曲目から神曲きちゃいましたね。 かっこよさと疾走感と切なさが見事に調和した名曲です。 映画館で「HELLO WORLD」の予告見ただけで胸を ズギューンと射抜かれました! 髭男で一番好きな曲かもしれません。 時計の音が使われてる曲ってなぜか好き。 笑 9月の5曲にも選出しました! 2. 作詞・作曲:藤原聡、編曲:蔦谷好位置、Official髭男dism 3rdシングル。 2019 夏の高校野球応援ソング/「」テーマソング。 派手なブラスと力強い歌詞のパワーがすごい曲。 ベースもシンセベースで、 とても今どきな音像に仕上がっています。 バンドでここまでやっちゃう無敵感がすごい。 私はちょっとやりすぎかな〜と思ってしまいました。 懐かしいサウンドのダンスミュージック。 けど随所に今っぽいハイハットなどが組み込まれていて、懐かしいけどださくはなってないんですよね。 髭男のアレンジ力の高さを見せつけられます。 4.Rowan 作詞・作曲:小笹大輔、編曲:illicit tsuboi これ好きっすわ〜〜〜!! ベースのグルーヴとエレピが気持ちいいおしゃれAOR。 椎名林檎の「丸の内サディスティック」と同じコード進行なんですが、丸サが完ぺきな仕上がりで、 このコード進行の代表作になってしまいました。 だって、ぜーーーんぶ丸サに聞こえちゃうんですよね〜〜〜!笑 ちなみにこの曲はギターの小笹さんが作っています。 ・ 『』主題歌。 この曲も前々からかなり好きです! 基本的に、 髭男ってメロディつくるのがうますぎますよね。 メロディラインのうまさもですが、韻を随所に踏んでくるのでリズミカルでキャッチーさが増します。 ブラスも多用していて、派手でパンチ力ある曲ばっかりだな〜。 6.最後の恋煩い 作詞・作曲:藤原聡、編曲:Official髭男dism ちょっと懐かしいメロとサウンドが心地いいファンクチューン。 このアルバムで一番ベースが重要な曲だと思います。 (十分多いですが、)音数が少なめで隙間が多いのでベースのグルーヴが存分に楽しめます。 このくらいのブラスの量がいいですね。 7.ビンテージ 作詞・作曲:藤原聡、編曲:Official髭男dism 『』主題歌。 カントリーチックなスライドバーのギターフレーズがビンテージ感を演出するミディアムナンバー。 イントロから厚いコーラスが印象的です。 この曲はそんなに、あれです。 笑 8. 作詞・作曲:藤原聡、編曲:Official髭男dism 2nd EP 表題曲。 CMソング。 「ビンテージ」で一旦落ち着いた後に聞くと、やっぱりこの曲の魅力を再確認しますね。 イントロのピアノバッキングだけで素敵すぎるもんな〜。 そしてサビは今どきのフューチャーベースっぽいフレーズで、よくバンドでやったなぁこれ。 笑 髭男は基本的にキーが高くて歌えないんですが、この曲は歌っていて気持ちいいです。 TVアニメ『』OPテーマ。 このアルバムで一番派手なギターロックナンバー。 ブラスもだけど、 タンバリンうるせえ!(笑) でも、引いて余りある程ベースかっこいい。 さっきから上モノを否定してばかりですが、いらないわけじゃないですからね!笑 10.旅は道連れ 作詞・作曲:楢﨑誠、編曲:Official髭男dism 「」『ドライブ父娘』篇 CMソング。 お昼に散歩したくなるようなラフな雰囲気が漂う平和な曲。 この曲はベースのならちゃんが作っているんですが、なんと、 メンバー全員が歌っています! 11.052519 作詞・作曲:藤原聡、編曲:Official髭男dism 「Pretender」のイントロが伸びたような約10秒のインストで、そのまま次の曲に繋がっていきます。 この数秒が、これまで聞いてきた「Pretender」の印象をがらりと変えていてびっくりです。 このタイトルの意味、とても気になりますよね! 私は詳しくないですが、どうやらアニメ「シュタインズゲート」が関わっているみたいです。 12. 作詞・作曲:藤原聡、編曲:Official髭男dism 2ndシングル。 東宝配給映画『』主題歌。 あのね、人気な曲とか聞いてほしい曲って アルバムの3曲目までに持ってくるのが鉄則なんですよ。 なのに、あれだけ爆発的にヒットしたこの曲を後の方に持ってくるなんて。 私の周りでもこの曲が好きな人は多いし、みんなカラオケにいれるし、歌えない。 13.ラストソング 作詞・作曲:藤原聡、編曲:Official髭男dism 実質アルバムの最後を飾るミディアムナンバー。 もっと歌いたいのにな という歌詞が胸に残ります。 Cメロがエモくていいっすな〜! 14.Travelers 作詞・作曲:藤原聡、編曲:Official髭男dism スマホで録ったような弾き語りから始まる2分にも満たない曲。 これがアルバムの1曲目でも良かったんじゃないかな〜と思いましたが、最後に収録されているのは何か意図があるのでしょう。 さぁそろそろ行こうか という歌詞で締められることもあり、ついついアルバム1曲目から聞き直してしまいます!.

次の

Major 1st Album 「Traveler」特設サイト

オフィシャル 髭 男 dism アルバム

高いライブ力と圧倒的な歌唱力で動員急上昇中! 今作のツアーでは中野サンプラザ単独公演も決定しているOf? cial髭男dism。 通称『ヒゲダン』。 今作ではテレビ朝日系「関ジャム」にて蔦谷好位置が選ぶ年間ベストソング2017で2位に選出された「Tell Me Baby」を含む全12曲を収録。 初回盤のDVDには昨年開催されたワンマンツアーファイナル 赤坂マイナビBLITZ公演 のライブ映像を10曲収録。 様々な著名ミュージシャンから支持を集める彼らの魅力が凝縮された2018年必ず話題になる1枚!! <アーティストについて> Official髭男dism オフィシャルヒゲダンディズム 山陰発ピアノPOPバンド。 2012年6月7日結成、島根大学と松江高専の卒業生で結成されており、愛称は「ヒゲダン」。 このバンド名には髭の似合う歳になっても、誰もがワクワクするような音楽をこのメンバーで ずっと続けて行きたいという意思が込められている。 2015年4月1stミニアルバム「ラブとピースは君の中」をリリースし、デビュー。 ブラックミュージックをルーツにJ-POP新時代の旗手を目指す新しい才能である。

次の

Official髭男dism、ニュー・アルバム『Traveler』収録曲「イエスタデイ」を藤原

オフィシャル 髭 男 dism アルバム

Official髭男dismが10月9日にリリースするニュー・アルバム『Traveler』より新曲「イエスタデイ」が、9月8日に放送されるFM802"MUSIC FREAKS"にて初オンエアされることが発表された。 同楽曲は、プロデューサーに蔦谷好位置を迎えて制作され、9月20日に公開される映画"HELLO WORLD"の主題歌として書き下ろされたもの。 04820/¥5,000(税別) 【初回限定盤Live DVD盤】 PCCA. 04821/¥5,000(税別) 【通常盤】 PCCA. 24 NHKホール ノーカット完全版 1. ESCAPADE 2. Tell Me Baby 3. バッドフォーミー 4. SWEET TWEET 5. コーヒーとシロップ 6. 115万キロのフィルム 7. 相思相愛 8. Trailer 9. LADY 10. たかがアイラブユー 11. ブラザーズ 12. FIRE GROUND 13. Clap Clap 14. 犬かキャットかで死ぬまで喧嘩しよう! 15. ノーダウト 16. Stand By You 17. 日曜日のラブレター 18. ~ HMV限定特典:A4クリアファイル~HMV ver. ~ Amazon限定特典:A4クリアファイル~Amazon ver. ~ TSUTAYA限定特典:A4クリアファイル~TSUTAYA ver. ~ その他法人限定特典:A4クリアファイル~アザー ver. 宿命 (2019 ABC 夏の高校野球応援ソング/「熱闘甲子園」テーマソング) 2. 過去の自身を超えるのが命題だが、今作は構成と歌詞両方で未知の価値観を認め合おうとする意志が窺えた。 突っかかるビート感とシンセ・ベースがモダンなイントロから、ファンキーなカッティングに合わせ生ベースが登場し、"高まる愛の中"でサビを迎えたかと思えば、2サビと言えるクラップとクワイアが印象的な一体感のあるパートへ広がり、さらに、落ちサビのあとにピアノが沁みるブロックで締める。 構成ではそのすべてが主役で、歌詞では知らなかった相手の側面や新しい価値観を"I Love Your Love"という肯定に収斂。 時代性も映した渾身の1曲だ。 (石角 友香) バンド初となる日本武道館公演を含むワンマン・ツアーが全公演ソールド・アウトとなったヒゲダンによるメジャー3rdシングルは、"2019 ABC 夏の高校野球応援ソング"、"熱闘甲子園"のテーマ・ソングだ。 冒頭から鳴り響く力強いホーンとサビのゴスペル風のコーラスは、ヒゲダンならでは。 歌詞も含め、これまでとはひと味違う応援ソングになっている。 球児たちが背負った宿命を、バンドという運命を共にする自らに重ね合わせ、メンバー全員が活躍できるパートを作ったアレンジもテーマにぴったりだ。 一丸となってこの曲に取り組んだメンバーたちの思いが窺える。 (山口 智男) 2019年7月8日にバンドにとって初となる日本武道館ワンマンを開催するOfficial髭男dism。 メジャー・デビューからわずか1年3ヶ月の快挙が、人気の急上昇を物語っているが、そんな彼らが映画"コンフィデンスマンJP"の主題歌「Pretender」をシングルとしてリリースする。 ブラック・ミュージックのエッセンスを消化したJ-POPという意味では、彼らの真骨頂と言えるミディアム・ナンバー。 報われない男の恋心を歌い上げる伸びやかな歌声に切なさと若干の甘酸っぱさが入り混じるところが聴きどころ。 さらに表題曲のAcoustic Ver. を加えた全3曲を収録。 (山口 智男).

次の