酵素 化粧品。 化粧品・健康食品のOEM製造 株式会社イコオ/スピード・企画力・小ロットのIkoo

酵素化粧品の通販 / ヘルシービューティフラミンゴ

酵素 化粧品

[化粧品成分表示名称] ・パパイン [医薬部外品表示名称] ・パパイン パパイア科植物パパイア(学名:Carica papaya 英名:Papaya)の果実の乳汁から抽出・精製して得られるタンパク質分解酵素(プロテアーゼ)です。 パパイアはメキシコ南部から西インド諸島を原産とし、現在では多くの熱帯の国々で栽培されており、日本では沖縄などで自生しています。 パパイアから発見されたことでその名がついたパパインは、タンパク質分解酵素であり、その中でも活性中心にアミノ酸であるシステインをもつシステインプロテアーゼに分類される酵素です。 化粧品に配合される場合は、• パパインは医薬部外品への配合において配合上限があり、配合範囲は以下になります。 種類 配合量 薬用石けん・シャンプー・リンス等、除毛剤 2. 0 育毛剤 2. 0 その他の薬用化粧品、腋臭防止剤、忌避剤 2. 0 浴用剤 1. 0 サンパウロ大学薬学部薬学科、オズワルドクルス薬学部およびサンパウロ大学生物医学研究所の安全性データ (文献3:2008)によると、• [in vitro試験] ヒト皮膚サンプルにパパインを暴露し、4,24および48時間で皮膚安全性を評価したところ、24時間で角質細胞に変化が生じたが、48時間での皮膚サンプルは対照と比較して大きな変化を示さなかったため、これらの知見はパパインが皮膚に安全に使用できることを示した と記載されています。 試験データをみるかぎり、皮膚刺激なしと報告されているため、 皮膚刺激性はほとんどないと考えられます。 眼刺激性について 試験結果や安全性データがみあたらないため、 現時点ではデータ不足により詳細は不明です。 皮膚感作性(アレルギー性)について 順天堂大学医学部皮膚科および順天堂大学アトピー疾患研究センターの安全性データ (文献7:2014)によると、• [動物試験] ヘアレスマウスの背部にパパインを貼付し、皮膚バリア機能を経表皮水分蒸散量(TEWL)の測定により評価し、抗体産生をELISAにより測定した。 これらの結果、パパイン貼付群のTEWLは対照群と比較して有意に増加し、総IgE値およびパパイン特異的IgG値の上昇を認めた。 これらの結果からプロテアーゼの経皮適用は、皮膚バリア機能障害を引き起こすのみならず、プロテアーゼ活性依存的な抗体産生を誘導した。 システインプロテアーゼ(プロテアーゼアレルゲン)の酵素活性が経皮的な感作成立に寄与する可能性が示唆された ウィーン医科大学の研究報告 (文献4:2015)によると、• またパパインを局所適用した場合、TH2に偏った抗体応答を誘導することによって好中球、肥満細胞、およびCD3陽性細胞を動員し炎症を示した。 皮膚を介した特異的な感作性はTLR4に依存しておらず、またタイトジャンクションへの分解性を示しているにもかかわらず、酵素機能に依存していなかった。 これらのデータからパパインは皮膚に対する強いアレルゲンとしての特徴をすべて備えていると結論づけられた — 個別事例 — フィンランドのオウル大学中央病院皮膚科による臨床データ (文献5:1993)によると、• [個別事例] 美容院を経営していた健常な皮膚を有する女性患者(30歳)はタルク、ベントナイト、酸化鉄、パパインを含む粉末とコーンミール、大麦粉、アーモンドミール、および小麦ふすまなどが含まれた保湿剤を混ぜたピーリングクリームを美容院で使用しており、美容室を開いた1年後に患者は結膜刺激、鼻漏、および鼻のかゆみを経験した。 最初は症状は軽度で、勤務時間中にのみ発生し、週末や休暇中には発生しなかった。 1991年1月に臨床検査を行ったところ、胸部聴診および皮膚検査は正常でした。 皮膚プリックテスト(皮膚に試験物質を1滴垂らし、検査用の針を皮膚の表面に押し当てて、15分後に反応を観察する)をクリーム配合成分で実施したところ、小麦粉で弱い陽性反応を示し、10-0. このクリームの使用を止めたところ、症状は消失した。 患者はこのクリームをクライアントに提供するために週に1-2回、5-10分にわたってクリームを混ぜるためにパパインに曝されており、パパインの濃度は明らかに高く、臨床診断としては職業性鼻結膜炎であった と記載されています。 試験データをみるかぎり、パパインは皮膚に対するアレルゲン・感作成立の特徴をすべて備えていると複数報告されていますが、現時点で一般化粧品による皮膚感作の報告がなく、一方で10年以上の使用実績などがあるため、 一般化粧品配合量および通常使用下において皮膚感作性はほとんど起こらないと考えられます。 ただし、パパインの適用によるタイトジャンクション分解によるバリア機能の低下および経表皮水分喪失の増加の報告が複数あるため、 現時点では通常使用においてさらなる検証が必要な成分であると考えられます。 経表皮水分喪失(TEWL:Transepidermal Water Loss)とは、バリア機能が低下することで表皮における角質と細胞間脂質のバランスが崩れて、表皮から外界へ水分が蒸散していき、角層内の水分量が減少することをいいます。 次にタイトジャンクションとは、以下の図をみてもらうとわかりやすいと思いますが、 表皮の顆粒層に存在し、細胞同士を結びつける細胞間接着装置のことで、細胞間を通り抜ける物質の調節に関与し、肌内部の水分が過剰に蒸散するのを抑制したり、細菌などの異物が体内に侵入するのを防ぎ、肌のバリア機能の役割をしています。 タイトジャンクションが緩んだり分解されると、バリア機能低下によって経表皮水分蒸散量が増えたり、外的刺激による刺激感受性が高くなったり、炎症が起こりやすくなることが考えられます。 こういった背景から、タイトジャンクションを分解し、バリア機能低下および経表皮水分蒸散量の増加が複数報告されているパパインは、さらなる検証が必要な成分であると考えられます。 — 皮膚炎を有する場合 — — 個別事例 — アメリカのシンシナティ大学メディカルセンター医学部免疫学部門による臨床データ (文献6:1984)によると、• [個別事例] アトピー性皮膚炎歴および7ヶ月間の慢性眼掻痒症などの既往歴のある女性患者(31歳)は、症状が現れるまでの1年間、パパインを含む市販のコンタクトソフトレンズ洗浄液を毎週使用しており、酵素洗浄溶液はパパインの錠剤を0. 001%チオメロサールおよびエデト酸二ナトリウムで保存した食塩水に溶解することによって調製するものであった。 この患者はレンズ洗浄のためにこの溶液を使用した直近6回のそれぞれで、4時間以内に重度の眼窩周囲の血管浮腫を経験し、レンズ装着後は掻痒と流涙が持続した。 様々な検査を実施したところ、患者の症状は本質的に季節性ではなかったため、レンズ液の成分に対する眼の感作が疑われた。 パパインを含有するレンズクレンジング溶液の使用を止めると、眼の痒みおよび流涙の迅速な消散が認められ、それ以後は血管浮腫の症状もなかった。 試験データは個別事例のみですが、アトピー性皮膚炎歴のある場合に感作反応が報告されているため、 アトピー性皮膚炎を有する場合はまれに皮膚感作を引き起こす可能性があると考えられます。 成分一覧は以下からお読みください。 宇山 侊男, 他(2015)「パパイン」化粧品成分ガイド 第6版,105. 鈴木 一成(2012)「パパイン」化粧品成分用語事典2012,318-319. 」The Journal of Allergy and Clinical Immunology 92 3 ,492-493. DI Bernstein, et al(1984)「Local ocular anaphylaxis to papain enzyme contained in a contact lens cleansing solution. 」The Journal of Allergy and Clinical Immunology 74 3 Pt 1 ,258-260. スポンサーリンク.

次の

【金スマ IKKO(イッコー)さんの美肌術】馬油でマッサージ・乳酸菌や酵素の化粧品は?

酵素 化粧品

酵母を使った化粧品は、美白・保湿共に効果が高いため、 特に年齢肌ケアの分野で話題となっています。 酵母とはアルコール発酵をする菌で、ビールや日本酒、醤油や味噌、パンを作る時に使われているもの。 また、日本酒を作る杜氏の手が白くきめ細やかな肌の人が多いのも実はこの酵母のおかげと言われています。 研究の結果、酵母には アミノ酸・ 有機酸・ ビタミンなど、 肌に有用な成分がちょうど良いバランスで含まれていることがわかりました。 さらに、酵母エキスは 人間が本来肌に持っているNMF(天然保湿因子)と近いため、とても肌へ馴染みやすいのです。 アンチエイジングにおススメな酵母化粧品ランキング ここでは、気になる加齢肌ケアにおススメの酵母化粧品ランキングを一挙大公開。 「価格」「酵母へのこだわり」「保湿力・美白力(含有成分で判断)」「肌への優しさ」で比較をしました。 みなさんにとって、 最適な酵母化粧品を見付ける手助けになれば嬉しいです。 さてさて、 栄えある第1位に輝いたコスメとは?! 第1位 日本盛 米ぬか美人 うるおい化粧水(化粧水) 公式サイトはコチラ 総合評価:24/25点 価格/容量 3,780円(税込)/200ml 酵母へのこだわり 老舗酒造メーカーの日本盛が長年の研究で発見した、世界でひとつの酵母「 つや肌酵母」を配合。 20種類以上のアミノ酸やビタミン、ミネラルが自然な状態で含まれていて、4週間使い続けたところ、 肌の水分量が2倍になったという結果も。 保湿力 (しわ・たるみへの効果) 【有効成分】 つや肌酵母エキス/ヒメフウロエキス/ヘチマエキス/ビワ葉エキス/カミツレ花エキス/スーパーヒアルロン酸/ヒト型コラーゲン 美白力 (シミ・くすみへの効果) 【有効成分】 蘭エキス/つや肌酵母エキス/コメ発酵液/米ぬかエキス 肌への優しさ 無香料・無着色・パラベンフリーで敏感肌の人でも安心して使えます。 【管理人の コメント】 600種類以上の酵母を研究している酒造メーカーが見つけた、世界に一つだけの成分 「つや肌酵母」を配合。 米ぬかエキスやスーパーヒアルロン酸などの美肌成分もたっぷり含んでいて、とろみのある化粧水が 肌にしみ込んでもっちり潤います。 第2位 SK-II フェイシャルトリートメントエッセンス(化粧水) 公式サイトはコチラ 総合評価:18/25点 価格/容量 9,180円(税込)/75ml 酵母へのこだわり 独自に開発された酵母 「SK-IIピテラ」を配合。 水分補給・保持作用・肌のきめを整えなど、7つの効果を発揮して肌本来の働きを促します。 保湿力 (しわ・たるみへの効果) 【有効成分】 SK-IIピテラ 美白力 (シミ・くすみへの効果) 【有効成分】 SK-IIピテラ 肌への優しさ 無香料・無着色ですが、メチルパラベンを含みます。 【管理人の コメント】 酵母エキスを配合した アンチエイジング用の高級化粧品として有名な「SK-II」の化粧水。 肌にのせてみると思いのほかさらっとした感触なのに、 うるおいが続きます。 乾燥肌もプルプルになり、翌日の化粧ノリもよく、価格に負けない働きをしてくれます。 第3位 ドモホルンリンクル 保湿液(化粧水) 公式サイトはコチラ 総合評価:18/25点 価格/容量 5,400円(税込)/120ml 酵母へのこだわり 漢方薬でおなじみの再春館製薬が加齢肌に効果的と選んだ酵母を使用しています。 保湿力 (しわ・たるみへの効果) 【有効成分】 酵母エキス/コラーゲン/ヒアルロン酸/七変化エキスなど 美白力 (シミ・くすみへの効果) 【有効成分】 酵母エキス 肌への優しさ 無香料・無着色ですが、メチルパラベンを含みます。 【管理人の コメント】 ある 一定の年齢からでないと買えないと言われている「ドモホルンリンクル」。 漢方薬の再春館製薬が作る化粧品とあって安心感があります。 配合成分も 全てホームページで確認できるのもうれしいところ。 とろみのあるテクスチャーと独特の匂いは好みが分かれるところかもしれません。 第4位 グラスオール コンクエッセンス(美容液) 総合評価:16/25点 価格/容量 8,640円(税込)/30ml 酵母へのこだわり 通常の酵母エキスの約30倍の保湿力を持つといわれるシャンパン酵母を使用しています。 保湿力 (しわ・たるみへの効果) 【有効成分】 シャンパン酵母エキス/ヒアルロン酸/高保湿型アミノ酸/海洋性コラーゲン 美白力 (シミ・くすみへの効果) 【有効成分】 シャンパン酵母エキス/コエンザイムQ10 肌への優しさ エタノール・パラベン・香料などを含みます。 【管理人の コメント】 世界初「 シャンパン酵母エキス」使用の化粧品として興味深い化粧品です。 他にも、コエンザイムQ10やヒアルロン酸、高保湿型アミノ酸などの 高級成分がたくさん配合されています。 酵母化粧品は独特の香りがするものが多いですが、こちらは バラの香りで癒されます。 第5位 ライスフォース ディープモイスチュアローション(化粧水) 公式サイトはコチラ 総合評価:15/25点 価格/容量 8,640円(税込)/120ml 酵母へのこだわり 化学物質を含まない、100%お米からできた成分である「ライスパワーエキス(酵母)」を配合。 角質層のすみずみまで浸透します。 保湿力 (しわ・たるみへの効果) 【有効成分】 ライスパワーNo. 11エキス(酵母)/ヒアルロン酸/植物性スクワラン 美白力 (シミ・くすみへの効果) 【有効成分】 ライスパワーNo. 11エキス(酵母)/天然ビタミンE 肌への優しさ 粘度調整剤、pH調整剤、パラベンを含みます。 【管理人の コメント】 白米に 麹菌、酵母菌、乳酸菌を加え長時間発酵させ、厳格な管理のもと 約90日間かけて作ったライスパワーエキスを配合。 テクスチャはややとろみ有り。 化粧水を塗る前と比較するとの 約2倍と高い保湿力が得られます。 つや肌酵母が加齢肌をしっかりケア! 日本盛のみが扱うことができる、世界にひとつだけの酵母 「つや肌酵母(5015酵母)」を配合していて、 20種類以上のアミノ酸やビタミン、ミネラルが自然な状態で含まれていることが特長なのです。 テクスチャは少しとろみがあって、これらの 贅沢な美容成分がじんわりと肌にしみ込んで潤う感覚。 このつや肌酵母による独特の使用感やうるおい効果は、1度使うと「すごくいい!」と やみつきになる(笑)人が多く、リピーターも多数! 美肌効果の高い成分もたっぷり! 米ぬか美人うるおい化粧水には、美肌効果が高い 米ぬかエキス、コメ発酵液、スーパーヒアルロン酸、数十種類の植物エキスなどを豊富に配合しています。 これらの成分が肌の潤いを保ち、ツヤのある肌へと導いてくれるので、結果として 加齢肌への効果を発揮してくれるのです。 この化粧水、使ってみた人からの口コミ評判も良くて、モニター調査によると、なんと 97%の人が満足と回答しているのだそうです。 化粧水ひとつにしても、 5,000~9,000円が一般的だと思います。 でも、米ぬか美人のうるおい化粧水は、これだけの美肌成分を含んでいながらも 200mlで3,780円(税込)と、とってもリーズナブル! この価格なら、 惜しまずにシリーズ使いもできますよね。

次の

ビコーゲン化粧品

酵素 化粧品

酵素パウダー洗顔で角質汚れが! 最近流行ってますよね、パウダー系の洗顔料。 ハリウッド化粧品のものはこうやって1包ずつパウチに入っています。 手で簡単にビリって破って開けられます。 私は洗顔系コスメは、お水をほんのすこーーしだけ足して泡だてネットで硬いあわを作るのが好きなんです。 なので今回も同様に。 この方法で泡を作ると、しっかりもっちり泡が作れるのですが、 このウォッシングパウダーの泡はサクサク系でした。 サクサクってあまり好みじゃないな〜とは思ったんですが、それよりも効果が大事!なんでね。。 説明文に、 タンパク分解酵素(プロテアーゼ)、リパーゼ、塩化リゾチーム(整肌成分)配合。 皮脂などの汚れとともに古い角質も落とし、すべすべの肌へ。 とあるんですが、洗いあがった顔を見て納得!小鼻の白い角質が浮き出てるーーーー!! ピーリング石鹸のようにピリピリする感じもなく、酵素が角質を吸着して浮き上がらせてくれた!という感じでしょうか。 酵素パックは洗い上がりしっとり。 くすみオフ効果は? そして一番期待していたのがこの酵素パック。 クリームにパウダーを混ぜて、それを顔に塗布していくもの。 これは前モデルで、今はAUSEの酵素パックがありますよ〜 試供品だとこんな風に、半分半分にパウダーとクリームが入っています。 むぎゅーっと液を合わせてモミモミ。 ピンクっぽいクリームができた! これで足りる?と思ったけど塗って見たら余裕でした!首とかデコルテまで塗ってもよかったかも。 スパチュラがなくて、指で塗り塗り。 置く時間は肌質によって変わります。 いつまで経ってもヌメヌメヌメヌメ。。。 うーん。。 最近はクレンジングで、DUOやマナラを使っているからくすんで無かったのかな?くすみがないのならないでいいんだけど、つい劇的な変化を求めてしまいますね。。 美容液、ローションは普通かな 酵素マスクの後につけるバランサー(美容液)、ローション(化粧水)もいただき使ってみましたが、こちらはまぁまぁな感じでした。 美容液はいいかな〜、と思ったけどやっぱり美容液ならローズ香るアルケミーの方がいいし。。 ハリウッド化粧品のコスメはどれもほとんど香りがしないんですよね。 化粧水もアルケミーにして、そうしたら酵素のオンパレードでいいかもしれないっ! 乳液が合わなかった そうそう、唯一合わなかったのがこの乳液! ウォータリーモイストミルクという名前のものですが、 塗った直後から唇がヒリヒリ。。 (私は化粧水を唇や耳の裏、首まで塗り広げます) そのヒリヒリが翌日も翌々日も止まらず、常にリップクリームを塗らなくてはいけない状態でした。 私は結構肌が弱いので、合わないものだとすぐに唇にきます。 ある意味、唇の荒れ具合によって合う合わないを検証している部分もあるかもしれない。 ここまで特に刺激を感じなかったので、最後の最後でヒリヒリしてしまってちょっと残念でした。 それと この乳液は結構さっぱりめなので秋冬にかけては保湿としては物足りないかな〜と思います。 ウォッシングパウダーが一番のおすすめ ということで 私の1番のおすすめはウォッシングパウダーですね! マイルドに角栓をとってくれるところが気に入りました!サクサク系の泡なのでずーっと肌に乗せて置くことはできないけど、ささっと洗うだけでもしっかり効果を出してくれました。 酵素マスクは思ったほど私には効果がなく、そこまで感動はできなかったのですが。。

次の