インデックス 登録 され まし た が サイト マップ に 送信 し てい ませ ん。 新サーチコンソールで「インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません」と表示される時の解決方法

Search Consoleで「送信された URL に noindex タグが追加されています」エラーが発生した場合の対処法

インデックス 登録 され まし た が サイト マップ に 送信 し てい ませ ん

インデックス(index)とは・・・直訳すると、(本などの)索引といった意味になります。 「索引(さくいん)」とは・・・例えば、本に記載されている「人名」・「用語」などが載っているページがすぐ分かるように五十音順などに並べたモノで、普通は、本の最後のページにあります。 下図のようなモノですね。 この「インデックス」という言葉ですが、 検索エンジン用語では、「Google(検索エンジン)に、Webサイトのページを登録する事」を指します。 今回の記事では、この「インデックス」について、概要や促進方法を、順に解説していきます。 以下、当記事の目次になります。 インデックス(index)の概要について• インデックス(index)を促進するための6つの方法• 自分のサイトのページが、正常にインデックス(index)されているのか確認してみる スポンサード・リンク インデックス(index)の概要について 上述している通り、インデックスとは、GoogleやYahoo等の検索エンジンに、自分のWebサイトのページを登録する事を指します。 検索エンジンに、自分のサイトのページが登録される事で、下図のように検索結果に表示される事になります。 これによって、Googleを介して、検索ユーザーが自分のサイトを訪れてくれるようになります。 Googleは、「クローラー」というプログラムを用いて、世界中のサイトのページ情報を取得して、そのページ情報を、Googleのデータベースへ登録(インデックス)しています。 そして、この「クローラー」ですが、世界中のWebサイト(ページ)を、リンクを介して巡り巡っています。 なので、Googleに自分のサイトをインデックスしてもらう最も基本的な方法は、他のWebページから「リンク」を貼ってもらう事です。 これによって、クローラーが、自分のWebサイトのページに訪れる事ができる状態となり、実際に訪れてもらう事で、インデックスに繋がります。 また、一度「インデックス」した後も、同じページに対して、クローラーは訪れてきます。 前に、インデックスしたページ情報から、変更されていないかの確認のためですね。 なので、一度「インデックス」されたページでも、そのページを更新した場合、更新情報が検索エンジンに伝わるのは、再度クローラーが訪れて、ページ情報を取得していった時になります。 だから例えば、自分のサイトの「Aページ」が既にインデックスされている状態で、そのページに「SEO対策」を施して、ページを最適化した場合、その最適化内容が検索エンジンに伝わって、検索順位に反映されるのは、最適化をしてから、しばらく経ったあとになります。 被リンクが多ければ多いほど、クローラーが訪れる頻度は多くなるので、それだけリアルタイムに、ページの更新情報が検索エンジンに伝わる事になります。 クローラーについては、下記でも詳しく解説しています。 ・ 以上、インデックス(index)の概要でした。 インデックス(index)を促進するための6つの方法 上述している通り、検索エンジンにインデックスされていない場合、自分のサイトが検索結果に表示される事はありません。 なので、もし検索エンジン経由でを図りたい場合は、必ず必要になる項目になります。 そこで、当章では、自分のサイトの「インデックス(index)」を促進するための方法について、6つにまとめましたので、順に解説していきます。 【サイトの更新頻度を高くする】 サイトの更新頻度が高ければ高いほど、「Googleのクローラー」がクローリングする頻度も高くなるので、インデックスされる可能性が高くなります。 要は、更新頻度が高いと、それだけ活発にサイト運営をしていると(検索エンジンから)認識され、その分クローリングの頻度も増えるという事です。 【Ping送信する】 ping送信とは・・・サイトでページ(記事)を更新したときに、その最新情報を、予め登録しておいたサイト(検索エンジン等)へ、通知するための機能です。 こちらは、昔からの方法ですが、検索エンジンの発達によって、今ではだいぶ重要度は下がっています。 【Googleに、(xml)サイトマップを通知する】 「(xml)サイトマップ」とは・・・Webサイトやブログ内にあるページを、いち早く検索エンジン(google等)に登録するためのファイルになります。 【「PubSubHubbub」を利用する】 「パブサブハバブ」と呼ばれるサービスで、端的に言うと「コンテンツの更新を、随時検索エンジンに通知するサービス」になります。 仕組み的には、「PubSubHubbub」が、サイトと検索エンジンを仲介して、サイトの更新情報をリアルタイムで、検索エンジンに伝える仕組みになっています。 ですので、コンテンツを更新したら、ほぼリアルタイムで検索エンジンに伝わり、インデックスを促す効果があります。 当サイトでは使用していないですが、「リアルタイム性」を重視するなら非常に有用なサービスでしょう。 【「Fetch as Google」で、Googleにページ登録リクエストをする】 「Fetch as Google」を使用することで、Googleに速やかなクローリングを要求することができます。 通常は、要求してから1日以内にクロールされます。 クローラーの訪問頻度が低い新規サイトや、新しい情報を一刻も早くインデックスしてほしい時に、使用すると良いでしょう。 当サイトも、立ち上げ初期の頃は「Fetch as Google」を利用していました。 【サイト内のリンク構造を単純にする】 サイト内のリンク構造が複雑で、階層が深かったりすると、クローラーが訪問しない可能性が高くなります。 逆に階層が深く、トップページから7リンク目でようやくコンテンツにアクセスできる状態等であると、「クローリング」されない確率が高まりますので注意してください。 以上です。 自分のサイトのページが、正常にインデックス(index)されているのか確認してみる 当章では、自分のサイトのページが、ちゃんとインデックスされているのかを確認する手順を解説していきます。 まず、確認するためには、Googleウェブマスターツールを利用します。 事前に、こちらに自分のサイトを登録しておいてください。 まだ、登録していない方は、下記で解説してます。 下図では、「0」になっていますね。 以上、インデックス(index)状況の確認手順でした。

次の

Googleのインデックス登録・更新を促進 サイトマップ送信方法

インデックス 登録 され まし た が サイト マップ に 送信 し てい ませ ん

インデックス(index)とは・・・直訳すると、(本などの)索引といった意味になります。 「索引(さくいん)」とは・・・例えば、本に記載されている「人名」・「用語」などが載っているページがすぐ分かるように五十音順などに並べたモノで、普通は、本の最後のページにあります。 下図のようなモノですね。 この「インデックス」という言葉ですが、 検索エンジン用語では、「Google(検索エンジン)に、Webサイトのページを登録する事」を指します。 今回の記事では、この「インデックス」について、概要や促進方法を、順に解説していきます。 以下、当記事の目次になります。 インデックス(index)の概要について• インデックス(index)を促進するための6つの方法• 自分のサイトのページが、正常にインデックス(index)されているのか確認してみる スポンサード・リンク インデックス(index)の概要について 上述している通り、インデックスとは、GoogleやYahoo等の検索エンジンに、自分のWebサイトのページを登録する事を指します。 検索エンジンに、自分のサイトのページが登録される事で、下図のように検索結果に表示される事になります。 これによって、Googleを介して、検索ユーザーが自分のサイトを訪れてくれるようになります。 Googleは、「クローラー」というプログラムを用いて、世界中のサイトのページ情報を取得して、そのページ情報を、Googleのデータベースへ登録(インデックス)しています。 そして、この「クローラー」ですが、世界中のWebサイト(ページ)を、リンクを介して巡り巡っています。 なので、Googleに自分のサイトをインデックスしてもらう最も基本的な方法は、他のWebページから「リンク」を貼ってもらう事です。 これによって、クローラーが、自分のWebサイトのページに訪れる事ができる状態となり、実際に訪れてもらう事で、インデックスに繋がります。 また、一度「インデックス」した後も、同じページに対して、クローラーは訪れてきます。 前に、インデックスしたページ情報から、変更されていないかの確認のためですね。 なので、一度「インデックス」されたページでも、そのページを更新した場合、更新情報が検索エンジンに伝わるのは、再度クローラーが訪れて、ページ情報を取得していった時になります。 だから例えば、自分のサイトの「Aページ」が既にインデックスされている状態で、そのページに「SEO対策」を施して、ページを最適化した場合、その最適化内容が検索エンジンに伝わって、検索順位に反映されるのは、最適化をしてから、しばらく経ったあとになります。 被リンクが多ければ多いほど、クローラーが訪れる頻度は多くなるので、それだけリアルタイムに、ページの更新情報が検索エンジンに伝わる事になります。 クローラーについては、下記でも詳しく解説しています。 ・ 以上、インデックス(index)の概要でした。 インデックス(index)を促進するための6つの方法 上述している通り、検索エンジンにインデックスされていない場合、自分のサイトが検索結果に表示される事はありません。 なので、もし検索エンジン経由でを図りたい場合は、必ず必要になる項目になります。 そこで、当章では、自分のサイトの「インデックス(index)」を促進するための方法について、6つにまとめましたので、順に解説していきます。 【サイトの更新頻度を高くする】 サイトの更新頻度が高ければ高いほど、「Googleのクローラー」がクローリングする頻度も高くなるので、インデックスされる可能性が高くなります。 要は、更新頻度が高いと、それだけ活発にサイト運営をしていると(検索エンジンから)認識され、その分クローリングの頻度も増えるという事です。 【Ping送信する】 ping送信とは・・・サイトでページ(記事)を更新したときに、その最新情報を、予め登録しておいたサイト(検索エンジン等)へ、通知するための機能です。 こちらは、昔からの方法ですが、検索エンジンの発達によって、今ではだいぶ重要度は下がっています。 【Googleに、(xml)サイトマップを通知する】 「(xml)サイトマップ」とは・・・Webサイトやブログ内にあるページを、いち早く検索エンジン(google等)に登録するためのファイルになります。 【「PubSubHubbub」を利用する】 「パブサブハバブ」と呼ばれるサービスで、端的に言うと「コンテンツの更新を、随時検索エンジンに通知するサービス」になります。 仕組み的には、「PubSubHubbub」が、サイトと検索エンジンを仲介して、サイトの更新情報をリアルタイムで、検索エンジンに伝える仕組みになっています。 ですので、コンテンツを更新したら、ほぼリアルタイムで検索エンジンに伝わり、インデックスを促す効果があります。 当サイトでは使用していないですが、「リアルタイム性」を重視するなら非常に有用なサービスでしょう。 【「Fetch as Google」で、Googleにページ登録リクエストをする】 「Fetch as Google」を使用することで、Googleに速やかなクローリングを要求することができます。 通常は、要求してから1日以内にクロールされます。 クローラーの訪問頻度が低い新規サイトや、新しい情報を一刻も早くインデックスしてほしい時に、使用すると良いでしょう。 当サイトも、立ち上げ初期の頃は「Fetch as Google」を利用していました。 【サイト内のリンク構造を単純にする】 サイト内のリンク構造が複雑で、階層が深かったりすると、クローラーが訪問しない可能性が高くなります。 逆に階層が深く、トップページから7リンク目でようやくコンテンツにアクセスできる状態等であると、「クローリング」されない確率が高まりますので注意してください。 以上です。 自分のサイトのページが、正常にインデックス(index)されているのか確認してみる 当章では、自分のサイトのページが、ちゃんとインデックスされているのかを確認する手順を解説していきます。 まず、確認するためには、Googleウェブマスターツールを利用します。 事前に、こちらに自分のサイトを登録しておいてください。 まだ、登録していない方は、下記で解説してます。 下図では、「0」になっていますね。 以上、インデックス(index)状況の確認手順でした。

次の

インデックス カバレッジからインデックス状況を確認する方法

インデックス 登録 され まし た が サイト マップ に 送信 し てい ませ ん

インデックスされるまでの時間を決める要素 インデックスされるまでの早さは、Webサイトの種類(ECサイト・ニュースサイト・ブログ等)、更新頻度、立ち上げてからの期間などによって左右されますが、一般的にインデックスされるまでの時間を早くする方法を挙げます。 XMLサイトマップを登録してURLを送信する• URL検査ツールを用いたインデックス送信を行う• Ping送信を行う• 価値あるコンテンツの更新頻度を高める• ページの表示速度を速くする XMLサイトマップを登録してURLを送信する にを登録しURLを送信すれば、検索エンジンがURLを見落とすことはなくなり、クロールされやすくなります。 新規にWebページを公開した場合にXMLサイトマップにURLが追記されるようにしてください。 WordPressなどのCMSによってはプラグインで自動化することも可能です。 URL検査ツールを用いたインデックスリクエストを行う サーチコンソールの機能であるURL検査を行うことで、Googleにインデックスリクエストを送信することができます。 インデックスをリクエストしたとしても、何かしらの問題によってインデックスされない場合もあります。 その場合もこのツールで原因を知ることができます。 参考: (Google検索ヘルプ) Ping送信やRSSの配信を行う Ping送信というのは、新規公開・更新したブログを発表するサイト Pingサーバー に対して、ブログを新規公開・更新したことを知らせるための方法です。 Yahoo! JAPANやGoogleが運営しているPingサーバーもあるので、活用しましょう。 大量にPingを送信することは、Pingスパムとよばれ、受け付けてもらえなくなる危険性があります。 Webページの修正毎にPingが送信される設定の場合、意図した以上にPingが送信されてしまう可能性があるので、注意しましょう。 またRSSフィードはXMLサイトマップと合わせてサーチコンソールに登録することも可能です。 ユーザーなどに向けてRSSフィードを配信しているサイトであれば、あわせて登録しておきましょう。 価値あるコンテンツの更新頻度を高める 更新頻度が著しく低いサイトの場合、何回きても同じ情報しか載っていませんので、クローラーが頻繁にアクセスする理由がありません。 逆に新しい情報を掲載されているサイトであれば、クローラーが頻繁に訪問してくれるようになります。 また価値のあるコンテンツを多く発信していく中で、権威(オーソリティ)のあるサイトと認められることで、クロールの頻度はより向上します。 サイトの表示速度を速くする システム、サーバー、ネットワークなどの不具合やサイトが重いために表示速度が遅くなっている場合、これもWebサイトの評価を下げてしまい、インデックスまでの時間が遅くなる要因として考えられます。 サイトの表示速度をチェックする手段としては、「」などGoogleの提供しているツールもありますので、活用してください。 問題のある個所を指摘してくれるので、その部分を修正することで、表示速度を改善することができます。 まとめ 以上、インデックスされるまでのスピードを上げるための方法について列挙いたしました。 コストをかけた記事コンテンツなどが、確実にインデックスされるような手法は多数あるため、必要に応じて実装してください。

次の