コールマン ツーリング ドーム st プラス。 コールマン ツーリングドーム/ST+(プラス)の通販 by TKD1210's shop|ラクマ

【ソロキャンプ 前室が広いテント】 コールマン ツーリングドームST Coleman /キャンプ初心者/バイク旅/自転車旅/170T16400J

コールマン ツーリング ドーム st プラス

検索:• こんにちは、妄想キャンパーのメタボンです。 先日、こんなツイートをしました。 オフ車はもう乗らないのかなぁ…。 オフ車はもう乗らないのかなぁ…。 バイク旅向けツーリングテントに求めるもの 下記条件をクリアしたものがバイク旅に向いていると考えてます。 2人用以上• 自立式• 前室が広い• 仕舞寸法が60cm未満• ダブルウォール• 原色を避けた色(赤・黄・青)黒含む• 耐水圧(1,500mm-2,000mm)• 4kg 耐水圧:1,500mm 収納幅:54cm 細かいスペックは下記メーカー公式HPをご覧ください。 <> コスパ最強のツーリングテント! 訴求しなくても売れる商品として大人気のツーリングドームSTのご紹介。 欲しい機能が全て盛り込まれて、少し重いけどコスパは他を圧倒してる! Amazonではこんな口コミも見かけられます。 この幕同様に前室の付いた他者製品が色々あります。 代表として小川キャンパルのステイシーSII、スノーピークのアメニティードームS、モンベルのクロノスキャビンといったところでしょうか。 設営のし易さ、居住性、前室の広さ、自立するフライシート 小川のステイシー。 先の3幕に比較してこれらの機能は明らかに劣ります。 しかし1人で使うには最低限なポテンシャルがこのテントにはあります。 特にコスパという面に於いては先の3幕はこの幕には太刀打ち出来ません。 機能、ポテンシャルについては芸人ヒロシさんのYouTubeヒロシチャンネル他多数動画が挙がっていますので御覧頂ければと。 春夏秋と充分に使えます。 初心者の方の最初の幕としても是非是非オススメの逸品です😁👍 出典: 北海道ツーリングにて初めて使用しました。 雨が降りしきる中での使用でしたが組み立て自体は非常に簡単で特に迷う事なく建てる事ができました。 前室がありますので靴を置いても濡れる事なく、またプライバシー性とセキュリティー的にもGoodです。 前室の扉を開放し、小さな焚火を起こすと火の熱がテントの中へ入り簡易暖炉のようになり冷えた体を温める事ができ非常に助かりました。 これらはこのツーリングドームSTだから出来た事であり、他のテントでは難しいと思います。 コスパ的にも非常に良く、これからも大切に使っていきたいと思います。 出典: 上を見るとキリがないキャンプ用品。 より軽く優れた機能を持った高価なテントもあるけれど気軽に使えない。 大人1人と小学年くらいの子供1人だろうな。 ライダー1人ならヘルメットや荷物を入れても十分な広さ。 一人で使用しましたが、ゆったりとした楽なスペースです。 二人で使用するには狭いと思います。 (出典:) 前室も広く中は大人1人プラス子供1人なら大丈夫かなと。 とても気に入っております。 6kg LXはSTに比べて室内が広いので長期滞在に向いてる。 凄く気になる商品なんだけど少々デカイかもなぁ…。 仕舞寸法が60cmになるとパニアケースでは無理。

次の

ツーリングドーム/ST+|キャンプ用品やアウトドアならコールマンオンラインショップ

コールマン ツーリング ドーム st プラス

アシストクリップとは、ポール建ち上げの際にエンドピンを抑えてくれるクリップのこと!従来では1人でテントを建てようとすると、どうしてもエンドピンがポールから抜けてしまい、1人で建てるのは難しかったです。 しかし、アシストクリップがあれば、エンドピンがポールから抜けずらくなります。 手を出しやすいリーズナブル価格 また、これから始めるというもののいきなり高価なものには手を出しづらい、という方でも購入できるよう、比較的お財布にやさしい価格となっているのも嬉しい特徴です。 コールマンのテントはどう選ぶ? 好みに合った種類のテントを見つけよう! コールマンのテントは種類が豊富なので、まず、形、デザインをチェック!肝心の機能は!?と心配になる方、ご安心ください。 コールマンのテントは、どれもキャンプをするには十分な機能を備えています。 値段も比較的安価で、性能も耐久性、耐風性、耐水性ともに十分なスペック!さらに蒸れにくい設計になっており、真夏でも対応可能です。 設営も簡単なので、まさに初心者のためにあるシリーズと言えるでしょう。 ウェザーマスターシリーズ コールマンのシリーズの中で最も高品質なのがウェザーマスター。 機能性が非常に高く、初心者よりは上級者にオススメしたいシリーズです。 ウェザーマスターという名のとおり、あらゆる天候に対応可能!夏の蒸し暑い日はもちろん、冬は結露の心配がいりません。 理由は換気性能が最大限まで高まっていることから空気循環機能が高いためです。 ハイスペックな仕様であるため、価格も他のシリーズより高い設定になっています。 そして、タフスクリーン2ルームハウスは価格は他の2つに比べると少し高めですが、広々としたリビングスペースがあり、大人でも立って移動できるほど大きいテントです。 表に記載している「スカート」というのは、フライシート 外張り の裾のこと。 スカートがあることによって得られるメリットは、外気や虫の侵入防止です。 通常は地面とのフライシートの間に隙間ができるのですが、スカートがあることによってその隙間がなくなり、先述したメリットが得られるんです。 「冬にもテントを使いたい」「虫が苦手」という方には、スカート付きのテントがおすすめです。 さらに、ひさしにより、日光や雨を防ぎながら、リビングスペースが30%も増加している高機能テントです! コールマン タフスクリーン2ルームハウス テント名 オアシステント ターコイズ オアシス ファミリーテント テント画像 定員 4〜5人 4〜5人 スカート なし なし 特徴 名作「オアシス」の リバイバル 40周年復刻モデル 値段や人数は底まで大きくは変わりませんが、ヴィンテージシリーズだけあってどれも特徴的な見た目をしていますね。 エクスカーションティピーは開閉時に雨の侵入を防ぐ前室がついているので雨でも快適に過ごせます! そして、ウィンズライトドームはきれいなターコイズブルーと他にないデザインで周りと差を付けられますよ! コールマン ツーリングドームST.

次の

コールマン ツーリングドームSTプラスはダークルーム仕様で朝までぐっすり眠れる!

コールマン ツーリング ドーム st プラス

ツーリングドームの良さ3つ• 比較的安価で手に入る• 前室が広い• 前後にメッシュドアがある まず、これらがどう良いのか、実際の設営画像と共に紹介していきます。 比較的安価で手に入る ツーリングドームはSTとLXの2種類サイズがあります。 どちらも 2万円前後で購入可能。 これだけの機能が盛り込まれているドーム型テントはそうないです。 2020年春にフライシートを強化したST+(STプラス)も登場しましたが、価格はそれほど変わっていません。 登場してすぐに完売してしまった人気ぶり。 これは価格だけの問題ではありません。 ツーリングドームSTに変わる新しいテントを発表せず、フライを強化している事からも、 コールマンがツーリングドームを大事にしている事が分かります。 関連記事 前室が広い 「ツーリング」と名前があるように、バイクの雨よけになるような広い前室がついています。 上画像はテントの中から外を撮影した様子。 奥行きがあるので、解放感を感じます。 前室が広い事で• 見晴らしが良くなる• 屋根部分を高くできる• 横からの雨風、プライバシーを防ぐ• 就寝スペースを広く使える といったメリットがあります。 以下は「ツーリングドームLX」の様子。 ちょっとしたテーブルを縦に置けます。 このテーブルは、お気に入りの「ヘリノックステーブルワン」。 前室にぴったりでした。 関連記事 そして、 横から吹く雨や風、プライバシーを守ってくれる点が有難い。 大荒れの時にはフルクローズする方が安心ですけども。 一般的なアウトドアチェアを入れてみましょう。 2個とも、すっぽり入っていますよね。 横風が吹いても、前室に避難して体力温存できる。 ただ・・・前室にすっぽり入って寛ぐ場合、身長が高い方は頭のてっぺんが当たってしまうので、ローチェアを検討すると良いですよ。 関連記事 ポールを長く使って屋根部分を高めにすれば、出入りしやすくなります。 屋根部分をクローズして、サイドからのれんをくぐるように出入りするのもまた良し。 前後にメッシュドアがある 冬だというのに、急に暖かくなり汗ばんできました(後述あり)。 そこで、前後メッシュドアを開放。 すぐさま季節の風が吹き抜けます。 片方しか扉が無いタイプではこうはいきません。 メッシュを開ければどちらからも出入りできるので、狭い区画でも重宝します。 これらの良さはお天気が良い時は「至福」。 天気が悪い時、実際どうなの?というのが気になる点ですよね。 突然に天気が変わる事って多々ありますから。 急変する天気にも素早く対応できる 今回のキャンプでは、天気がコロコロ変わりました。 そんな中、雨・風・陽射し除けにと、かなり便利だったんですよ。 お天気状況は・・・• 夕方から明け方に強い雨が降る• 海沿い春のキャンプ場。 風速10m超え• 悪天候で使った時の「サイズ感」や「雰囲気」に触れながら紹介します。 雨に備えて道具をテント内へ移動 夕方から明け方まで雨が降る予報だったので、少しずつ荷物をテント内へ避難。 この日はキャンピングカー内で就寝すると決めました。 関連記事 夜になり、全てをテント内へ。 ベンチレーター付近にはいくつか黒いループがあるので、 軽いランタンならば数か所に吊るして使えます。 フルクローズして、翌朝。 きちんと耐水しています。 雨上がりの朝は快晴でした。 海沿い春のキャンプ場。 強風で会話も難しい状況に お天気になったのは嬉しいけれど、 朝から強風。 風速10メートル越え。 屋根部分がバタつくので、ポールを取り込んで巻き上げです。 すぐに撤収できるようにしておきました。 強風の中でテントを設営をしている方は、かなり大変そう。 大きなテントほど、時間がかかっている様子でイライラしている方も多かった。 心のゆとりが欲しいなぁと思います。 こんな時、 オートキャンプ場だと車の中に避難できるので有難いですね。 キャンピングカーでなくとも、車中泊をされる方ならば分かってくださるかなと思います。 会話が出来ないくらいの強風だったので、前室とテントの中でのんびり過ごしました。 これは、 前室が広いから出来たこと。 サッと避難できるのも嬉しい点です。 気温上昇!ベンチレーターとメッシュドア解放で通気性良く 風と共にお天気にもなり、汗ばむ陽気へ。 そこでベンチレーターもドアもフルオープンにしましたよ。 メッシュドアを開けると、風通し抜群。 とはいえ、真夏はこれでも厳しいだろうな・・・というのが本音。 ツーリングドームの上にタープを張ればもっと日除けになると思います。 こんな感じで過ごして、気になった点は以下の通り。 気になる特徴あれこれ 強風でポールがギシギシと音を立てて揺れる ポールに負担を減らす目的でも「ストームガード」を使うべきでした。 「ストームガード」を使う事はコールマンも推奨しています。 以下は取説より。 「ストームガード」とは羽根みたいな部分ですよ。 日除けを強化したい場合は、テントの上にタープを追加した方が良さそうです。 ソロキャンプなら、2020年に登場した「ツーリングドームST+(プラス)」を検討しても良いと思います。 耐水性は倍クラス、UVを強化したフライシートになっていますよ。 ダークルームになるので、睡眠の質も上がります。 関連記事 人気のテント!キャンプ場では必ず誰か使っている ツーリングドームはキャンプ場へ行くと必ず誰かが使っていますね。 グリーンとブラックのメリハリがあるデザインは目立ちます。 けっこう被ってしまいがち。 色が気になるなら、Amazon限定カラーもありです。 Amazonの紹介画像で見えているような濃い色ではなく、薄いベージュに近いとの事ですよ。 関連記事 まとめ:ツーリングドームは優秀テント ツーリングドームの良さ、悪天候での様子を紹介しました。 私はLXを使っていますが、STでも同じ事が言えます。 ツーリングドームの良さ3つ• 比較的安価で手に入る• 前室が広い• 前後にメッシュドアがある 今回悪天候で使ってみて思うのは、 天気を予測してあらかじめ備えておく事で、 使いやすくなる。 良さが生きるのだと実感しました。 例えば、衣類や道具を撤収しやすくまとめておく、ポールの負担を軽減するために「ストームガード」を使うなどです。 これは経験上、断言できます。 テントの種類は色々あって、ワンタッチテント、ツールームテント、ワンポールテント、ドームテントと分かれます。 その中でも扱いやすいのがドームテント。 というのも、 ドームテントを使えるようになれば、他の種類を扱いやすくなります。 経験してみて、もっと簡単でいいよとなればワンタッチ。 設営に慣れてきたらワンポール、広く使いたくなったらツールームといった感じに応用が効くのです。 ポールを入れて設営した時の様子、空気の流れ、手入れの方法など体感し、 自分に合ったテントへステップアップできます。 ツーリングドームは多くの方に選ばれているので、STはAmazon限定カラーがありますし、2020年春にはフライシートを強化したST+(STプラス)も登場しました。 関連記事 前後メッシュドアを開けて、風を取り込む解放感を味わって欲しい。 季節を感じて、寝転んでみませんか。

次の