函館 災害 情報 line。 災害時に使えるiPhoneアプリとアクセサリー

【LINE】災害時などに役立つLINEの活用方法まとめ(iPhone/Android共通)

函館 災害 情報 line

今後、災害時に有効な情報伝達手段に関する共同研究をすることを発表 LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、熊本県熊本市(市長:大西一史)と、災害発生時に市民や職員間の有効な情報伝達手段を探り、今後の防災計画に活かしていくために「情報活用に関する連携協定」を締結いたしましたので、お知らせいたします。 熊本市は昨年の熊本地震の被災地として復興途中にある中で、人口約73万人を有する九州有数の都市として、復興計画と共に都市型の防災計画を再作成するなど、今後の取り組みを推進しています。 このたびLINEでは、スマートフォンにおけるコミュニケーションおよび生活インフラを担う立場として、民間とも力を合わせ、さらに実効性のある防災計画を作成すべく取り組む熊本市を支援するため、今回の「情報活用に関する連携協定」締結の運びとなりました。 今後、本協定を通じて、熊本市とLINEが相互に連携しながら地域防災、および地域復興を推進してまいります。 本協定では、以下のような取り組みを協議・検討してまいります。 地域防災への「LINE」等の活用に関すること ・「LINE」の機能を使った地域住民との防災情報の受配信 ・地域社会での防災訓練と訓練を通した防災にかかる共同研究 ・地域住民への意識向上施策 ・災害時における職員間の安否確認ツール、災害対応時の情報共有ツールとしての活用 2. 地域振興への「LINE」等の活用に関すること ・地域との「LINE」でのつながりの検討(地域情報の受発信など) ・熊本市地域担当職員の職員間の情報共有ツールとしての活用 3. 市政情報の発信・収集での「LINE」等の活用に関すること ・福祉など分野ごとの市政情報発信のツールとして活用 ・地域住民に対するアンケートシステムの構築など 本取り組みを通じて、例えば、災害時における、市民間、市役所職員間、あるいは市民と役所間の連絡ツールとして、より効果的で実効性のある「LINE」の使い方等を明らかにできればと考えています。 また、地域へのより便利で的確な情報配信ツールとして「LINE」をご利用いただくために、災害や復興といったテーマに限らず、普段から市と地域との連絡手段として「LINE」をご利用いただき、地域になじみのあるツールとなることも目指します。 さらに、LINEでは熊本地震から1年の節目にあわせ、CSR活動「LINE SMILE+ PROJECT」として、復興にむけて活動している熊本の団体に、LINEが提供するスタンプ・ポイント・LINE Payの3サービスを通じて寄付ができたり、復興を応援する「SMILE写真」を募集するほか、LINEファミリーサービスを通じた様々な支援を行っています。 街のシンボルでもある熊本城の復旧・復元(熊本城総合事務所) 2. 被災地の子どもの心のケアと学習サポート活動(NPO法人みるくらぶ) 3. 益城町の仮設住宅で、子ども、高齢者をはじめ、皆が安全に過ごせる広場の整備(益城だいすきプロジェクト・気ままに) ・LINEスタンプ「SMILE熊本支援 くまモン」による寄付 熊本県PRマスコットキャラクター・くまモンとのコラボレーションスタンプを8作品1セットとして120円(LINEコイン:50コイン)で販売し、その売り上げの全てを3つの活動に均等に割って寄付させていただきます。 期間:2017年4月6日~5月3日 iOS Android ・LINEポイントによる寄付 「LINEポイント」サービスで各ユーザーが保有しているポイントを、1ポイント=1円に換金して寄付をすることができます。 寄付額は1円~5000円の8段階の中から希望額を選ぶことが可能です。 集まった合計額は3つの活動に均等に寄付させていただきます。 ・LINE Payによる寄付 LINE Payを通じて、1口300円の寄付をすることができます。 寄付は、支援先として選定した3団体から選ぶことができます。 そこで、「熊本はもちろん、全国でがんばる皆さんがSMILE(笑顔)になれるような写真」を募集。 集まった画像を使ってひとつの応援画像を作成し、4月14日に公式ブログやSNS等で公開します。 コミュニケーションアプリ「LINE」内のニュースタブより無料でご覧いただけます。 各支援の詳細は、LINE公式ブログ( )でもご確認いただけます。 LINEでは、被災地の皆さまをはじめ、すべてのユーザーの皆さまのお役に立てるサービスであり続けるため、今後もLINEのサービス・インフラを活用した支援活動や、自治体との連携・支援も積極的に行ってまいります。

次の

災害時に使えるiPhoneアプリとアクセサリー

函館 災害 情報 line

今後、災害時に有効な情報伝達手段に関する共同研究をすることを発表 LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、熊本県熊本市(市長:大西一史)と、災害発生時に市民や職員間の有効な情報伝達手段を探り、今後の防災計画に活かしていくために「情報活用に関する連携協定」を締結いたしましたので、お知らせいたします。 熊本市は昨年の熊本地震の被災地として復興途中にある中で、人口約73万人を有する九州有数の都市として、復興計画と共に都市型の防災計画を再作成するなど、今後の取り組みを推進しています。 このたびLINEでは、スマートフォンにおけるコミュニケーションおよび生活インフラを担う立場として、民間とも力を合わせ、さらに実効性のある防災計画を作成すべく取り組む熊本市を支援するため、今回の「情報活用に関する連携協定」締結の運びとなりました。 今後、本協定を通じて、熊本市とLINEが相互に連携しながら地域防災、および地域復興を推進してまいります。 本協定では、以下のような取り組みを協議・検討してまいります。 地域防災への「LINE」等の活用に関すること ・「LINE」の機能を使った地域住民との防災情報の受配信 ・地域社会での防災訓練と訓練を通した防災にかかる共同研究 ・地域住民への意識向上施策 ・災害時における職員間の安否確認ツール、災害対応時の情報共有ツールとしての活用 2. 地域振興への「LINE」等の活用に関すること ・地域との「LINE」でのつながりの検討(地域情報の受発信など) ・熊本市地域担当職員の職員間の情報共有ツールとしての活用 3. 市政情報の発信・収集での「LINE」等の活用に関すること ・福祉など分野ごとの市政情報発信のツールとして活用 ・地域住民に対するアンケートシステムの構築など 本取り組みを通じて、例えば、災害時における、市民間、市役所職員間、あるいは市民と役所間の連絡ツールとして、より効果的で実効性のある「LINE」の使い方等を明らかにできればと考えています。 また、地域へのより便利で的確な情報配信ツールとして「LINE」をご利用いただくために、災害や復興といったテーマに限らず、普段から市と地域との連絡手段として「LINE」をご利用いただき、地域になじみのあるツールとなることも目指します。 さらに、LINEでは熊本地震から1年の節目にあわせ、CSR活動「LINE SMILE+ PROJECT」として、復興にむけて活動している熊本の団体に、LINEが提供するスタンプ・ポイント・LINE Payの3サービスを通じて寄付ができたり、復興を応援する「SMILE写真」を募集するほか、LINEファミリーサービスを通じた様々な支援を行っています。 街のシンボルでもある熊本城の復旧・復元(熊本城総合事務所) 2. 被災地の子どもの心のケアと学習サポート活動(NPO法人みるくらぶ) 3. 益城町の仮設住宅で、子ども、高齢者をはじめ、皆が安全に過ごせる広場の整備(益城だいすきプロジェクト・気ままに) ・LINEスタンプ「SMILE熊本支援 くまモン」による寄付 熊本県PRマスコットキャラクター・くまモンとのコラボレーションスタンプを8作品1セットとして120円(LINEコイン:50コイン)で販売し、その売り上げの全てを3つの活動に均等に割って寄付させていただきます。 期間:2017年4月6日~5月3日 iOS Android ・LINEポイントによる寄付 「LINEポイント」サービスで各ユーザーが保有しているポイントを、1ポイント=1円に換金して寄付をすることができます。 寄付額は1円~5000円の8段階の中から希望額を選ぶことが可能です。 集まった合計額は3つの活動に均等に寄付させていただきます。 ・LINE Payによる寄付 LINE Payを通じて、1口300円の寄付をすることができます。 寄付は、支援先として選定した3団体から選ぶことができます。 そこで、「熊本はもちろん、全国でがんばる皆さんがSMILE(笑顔)になれるような写真」を募集。 集まった画像を使ってひとつの応援画像を作成し、4月14日に公式ブログやSNS等で公開します。 コミュニケーションアプリ「LINE」内のニュースタブより無料でご覧いただけます。 各支援の詳細は、LINE公式ブログ( )でもご確認いただけます。 LINEでは、被災地の皆さまをはじめ、すべてのユーザーの皆さまのお役に立てるサービスであり続けるため、今後もLINEのサービス・インフラを活用した支援活動や、自治体との連携・支援も積極的に行ってまいります。

次の

【LINE】災害時などに役立つLINEの活用方法まとめ(iPhone/Android共通)

函館 災害 情報 line

台風や地震などの災害発生頻度の高い日本では、常日頃から災害に対する備えが欠かせないものです。 特に先日の台風第19号では被害が大きく、多くの方が被災しました。 本当に早く復興出来る事をお祈り致します。 「自分は大丈夫」と思っている方もいると思いますが、明日は我が身という考えを持つ事が大切です。 水や食糧、燃料など、命に直結するものはある程度の備蓄をしておかなければなりません。 これらに加えて、最近では情報を取得する手段としてスマートフォンも重要なライフラインになっています。 テレビやラジオだけでは本当に必要な情報が不足することも多く、災害時にはSNSなどを活用して自ら情報を取りに行くことも必要です。 そこで今回は、台風や地震などが起こる前に備えておきたいiPhoneアプリやアクセサリーをいくつか紹介します。 災害時にスマートフォンが重要な理由 そもそもなぜ災害時にスマートフォンが重要なツールとなるのでしょうか。 そこにはいくつかの理由があります。 地域に特化した詳細な情報を取得できる テレビやラジオなど、スマートフォン以外にも情報を収集できるツールはあります。 しかし、大規模な災害になればなるほど、地域ごとに特化した詳細な情報を収集することは難しいものです。 たとえば市内のどこに給水車が来るのか、救援物資はどこで配布してくれているのか、そしてもっとも重要な避難勧告などの情報もスマートフォンから取得することができます。 特に避難勧告や避難指示といった情報は、命にかかわる重要なものです。 しかし、停電によってテレビが映らなかったり、雨や雷、サイレンの音で防災無線が聞き取れなかったりするとそれらの情報を把握することもできません。 スマートフォンは災害時の極限状態のなかであっても、命にかかわる情報を収集するライフラインになり得るのです。 家族との連絡をとるためのツール 災害はいつどこで発生するか分かりません。 夜間や休日に家族全員が自宅にいる時間帯ではなく、平日の日中に学校や職場に出かけている最中に災害が発生するケースもあります。 そのような場合に、家族の安否を確認するためのツールとしてスマートフォンは貴重な連絡手段となります。 仮に電話がつながらなかったとしても、メールやLINEで安否情報を知らせることもできるほか、携帯電話のキャリアが開設している災害伝言板を利用することもできます。 災害時に使えるiPhoneアプリ5選 それではここから、災害時に備えておきたいiPhone用アプリを5つ紹介します。 Twitter Twitterは災害時にもっとも威力を発揮するSNSといっても過言ではありません。 東日本大震災の際にもTwitterによって多くの情報が拡散されました。 給水所や救援物資の支給場所、さらには救援が届かず孤立化したエリアから助けを呼びかけるツイートなども多く発信。 災害時には自分の住むエリアを検索することで、より詳細な状況をリアルタイムで知ることができます。 しかし同時に注意しておきたいのが、デマの情報です。 過去には「動物園からライオンが逃げ出した」などといった悪質なデマが拡散されたこともあるため、その情報が真実であるかどうかを慎重に見極めなければなりません。 また、有用なツイートだと思ってリツートしたものの、実はそれがデマで自分のフォロワーに嘘の情報を拡散してしまうこともあるため注意が必要です。 災害時には確実な情報を得るため、なるべく自治体や国、消防など公的機関からのツイートを参考にするのが良いかもしれません。 Yahoo! 防災速報 ヤフーが提供している防災速報アプリは、地震や津波、台風などの災害情報を速報で知らせてくれます。 あらかじめ3ヶ所までの地点を登録することができ、それぞれのエリアに対応した防災情報を知らせてくれます。 たとえば、自宅と職場、実家を登録しておけばすぐに状況を把握することができるでしょう。 もちろん、これら3ヶ所以外であっても、現在地に関連する災害情報もリアルタイムで教えてくれるため安心です。 災害用伝言板 各通信キャリアが提供している災害用伝言板のアプリもぜひインストールしておきましょう。 たとえばソフトバンクの災害用伝言板であれば、伝言板に書き込まれると同時に事前に設定したアドレス宛に通知され、メッセージを確認することができます。 メールのようなテキストメッセージだけではなく、音声によるメッセージも送受信できるためスマートフォン以外の家族がいても安心です。 NHKニュース・防災 災害時には真っ先にNHKを確認するという方も多いのではないでしょうか。 しかし、そもそも停電しているとテレビをつけることもできず不安になるものです。 そんなときのために、NHKでは防災関連のニュースをリアルタイムで共有できるアプリを提供しています。 テレビで放映されたニュースと同じものを確認できるため、今何が起こっているのか、正確な情報を確実に知りたい方には最適なアプリのひとつです。 Twitterや口コミのデマが心配だという方は、ぜひ事前にインストールしておきましょう。 ポケットシェルター 災害は必ずしも自宅や職場にいるときに発生するとは限りません。 出張や旅行先で災害にあった場合、土地勘がないとどこに避難すれば良いか分からず孤立してしまう可能性もあります。 そんなときに役立つのが、ポケットシェルターというアプリ。 緊急地震速報と連動しており、大きな地震が発生した際には最寄りの避難所まで案内してくれます。 もっとも重要なポイントとなるのは、事前に地図をダウンロードしておけばオフラインでも使えるということ。 万が一停電が長期化し、携帯電話ネットワークが不通になったとしてもオフラインで利用することができます。 災害時に役立つiPhoneアクセサリー3選 次に、災害が起こったときのために準備しておきたいiPhone用アクセサリーを3つ紹介します。 モバイルバッテリー まずはiPhoneアクセサリーの定番であるモバイルバッテリーです。 万が一の時のためにモバイルバッテリーは複数用意しておくのがおすすめです。 日常的に使用している方も多いと思いますが、災害時用としてできるだけ大きな容量のモバイルバッテリーを常備しておくことも検討しましょう。 最近では20000mAh以上の大容量モバイルバッテリーも購入しやすい価格帯となっています。 ちなみにiPhoneを1回充電するためには約3000mAh〜4000mAhほどの容量が必要となるため、モバイルバッテリーの容量が大きければ大きいほど複数回iPhoneを充電できる計算となります。 モバイルバッテリーは自宅に常備しているだけでは意味がありません。 いつでも使える状態にしておくためにも、常にフルで充電しスタンバイしておくように心がけましょう。 ポータブル電源 モバイルバッテリーと用途は同じですが、通常のモバイルバッテリーよりもはるかに大容量のバッテリーを搭載しているのがポータブル電源です。 一般的には100000mAh以上の大容量のものが多く、iPhoneであれば30〜40回ほどのフル充電が可能。 さらにはAC電源、シガーソケットへの給電も可能で、停電が長期化した場合には貴重な電源となります。 当然、モバイルバッテリーに比べると非常に高価ですが、万が一のときのために一家に一台備えておくのもおすすめです。 シガーソケット充電器 停電が長期化しモバイルバッテリーの残量の底をついてしまった場合、車から電源を供給するという方法もあります。 そこで有効なのがシガーソケットに差し込んで使用する充電器。 車のエンジンをかけていれば車内で充電ができるため、貴重な電源となります。 ただし、家庭用コンセントと異なり電圧も低いため、通常の充電器に比べると充電スピードが遅いものが多いです。 満充電になるまで車内で待っているとガソリンを無駄に消費してしまうことになるため、必要な分が充電できたらすぐにエンジンを切ったほうが良いかもしれません。 災害時に覚えておきたいライフハック 最後に、災害が起こった際に役立つ知識をいくつか紹介します。 今回はiPhoneにも関連するライフハックなので参考にしてみてください。 ペットボトルランタン 350mlまたは500mlのペットボトルに水を入れ、その下から照明を当てることによってランタンとして活用することができます。 懐中電灯がない場合はiPhoneのライトを活用しても有効で、通常のライトよりも強い光を放ちます。 これは警視庁のホームページでも紹介されている方法で、火を使わないため非常に安全性が高くおすすめです。 メディカルIDへの事前登録 命の危険が差し迫っていると感じた場合は、手持ちのiPhoneにメディカルIDが登録されているか確認しておきましょう。 これを設定しておけば、万が一誰かがあなたを救出したときに、あなたのiPhoneから緊急発信しようとした際に氏名や血液型、緊急連絡先などの情報を知らせることができます。 これは自分自身を守る際に役立つことはもちろんですが、他の誰かを救護した際にも役立つはずです。 緊急速報の設定を確認しておく iPhoneの災害対策でもっとも重要であり、かつ基本となるのが緊急速報の受信設定です。 これは緊急地震速報などの情報をいち早く知らせてくれるための設定ですが、iPhoneの設定がオフになっていると通知が届きません。 緊急速報が届かないとその分逃げ遅れて被害に遭う確率も高くなるため、事前に設定を確認しておく必要があります。 災害が多い国だからこそ日頃から準備を万端に 2011年以降、日本では台風や地震、豪雨などの災害が毎年のように起こっています。 「自分は安心」「いざとなったら対応できる」と過信することなく、どのような備えが必要で何をすべきなのかを日頃から意識しておくことが重要です。 今回紹介したiPhone用のアプリやアクセサリー、災害時のライフハックなどは、あくまでも一例に過ぎません。 多くの人にとって共通して重要なことではありますが、自分自身や家族を守るために必要なことはまだまだ多くあるはずです。 全てのアプリ、アクセサリー、設定などを網羅したから大丈夫ということではなく、あくまでも今回紹介したものは最低限の準備と考えたほうが良いです。 たとえばスマホを持っていない子どもの安全はどう確保するのか、ペットはどう避難させるべきかなど、まだまだ課題は多いはずです。 災害が多い国だからこそ、日本に住む国民全員が高い防災意識を持たなければならない時代に来ています。

次の