廃業届 出さない。 個人事業主に開業届の提出は必要?出さないとどうなる?

個人事業主に開業届の提出は必要?出さないとどうなる?

廃業届 出さない

個人事業を廃止するのは事業失敗・年齢的廃業・法人成りがあります。 これ以外にも子供や親族に個人事業を譲るときに起きる個人事業の廃業もあります。 廃業時には税理士さんを頼んでいない人も多く、後日のトラブルを生んでいるのです。 個人事業を廃業した場合に確定申告は必要か【事業廃止放置は危険】 個人事業を廃業するには理由があります。 個人事業廃止には大きく分けて2つのパターンがあります。 1つは前向きな廃業です。 ・業務好調につき株式会社や合同会社などの会社設立に向かって個人事業を廃止するケース ・子供が成長してきて個人事業を子供に譲るために個人事業を廃止するケース もう一つは後ろ向きな廃業です。 ・個人事業がうまくゆかずに個人事業を廃止するケース ・個人事業で消費税納税がつらいために会社設立をしてしまうケース 前向きな廃業の場合には、顧問税理士さんが付いているケースや会社設立を機に税理士さんをつけるケースが多くなります。 前向きな個人事業廃止の場合には情報が入ってくるため大きなトラブルは少なくなります。 問題になるのは、後ろ向き廃業です。 後ろ向き廃業の場合、そもそも税理士さんがついていないことが多いのです。 もしくは税理士さんを頼んでいたけども顧問料も払っていないため聞けないということがあります。 事業がうまくいかないことで廃業するので、そのあとに税理士さんを改めて頼むということも考えにくくなります。 必要な情報は自己責任で集めて、手続きをしなければ大きな問題を抱えてしまうということになります。 万が一の際に備えて、個人事業を廃業した場合にはどうしたらよいかを見ておきましょう。 (目次) 1.個人事業を廃業する時の手続きとは? 2.個人事業を廃業する時に忘れがちな手続きとは? 3.個人事業の廃業をするときに確定申告は必要なのか? 4.個人事業を廃業したら予定納税に要注意 スポンサーリンク 1.個人事業を廃業する時の手続きとは? 個人事業主を始めるときは簡単です。 税務署に開業届を出すだけで個人事業主としてスタートできます。 この開業届を出さなくても個人事業主としてスタートすることもできます。 開業時から青色申告をしたい場合は、きちんと開業届を出して事業を開始します。 個人事業を廃業するときも簡単です。 税務署に提出する書類は次の通りです。 廃業する書類に貼付する印紙などがないので、廃業手続きに必要な手数料がないというメリットがあります。 2.個人事業を廃業する時に忘れがちな手続きとは? 個人事業主が事業を廃止する場合に必要な届出書について記載しましたが、これを出していない方が多いのです。 個人事業を廃止する際には、何も書類を出さないままフェードアウトしてしまう人のほうが多い気がするほどです。 それなのに「毎年確定申告書が送られてきてどうしたらよいかわからない」という人もいるのです。 上記1の関係するすべての書類を出すべきですが、絶対に忘れないほうがよい書類があります。 それは「個人事業の開業・廃業等届」と「事業廃止届」です。 これを出していないと税務署側では、事業をやめたということがわかりません。 消費税の免税事業者の場合には「事業廃止届」は不要です。 3.個人事業の廃業をするときに確定申告は必要なのか? 個人事業を年の途中でやめてしまった場合に確定申告が必要なのかを気にしている方も多いと思います。 特に後ろ向きな理由で廃業する場合には、税理士さんがついていないケースも多く「確定申告をどうしたらよいか」と困るケースがあります。 個人事業を廃業する場合には、確定申告が必要なケースと不要なケースに分かれます。 結局計算しなければ「確定申告が必要かどうかがわからない」ということになります。 事業がうまくいかず、他から給与をもらっている場合などは事業の損失とお給料を通算することで税金が多く戻るケースなどもあります。 税理士さんをつけていない場合でも、自分なりに帳簿をつけて確定申告をした方がメリットがあることが多くなります。 (確定申告をしない場合には青色申告に注意) 事業の利益が少し出ているけども「青色申告特別控除を引くと税金がでない」という場合には注意が必要です。 青色申告特別控除の65万円は「確定申告の申告期限までに確定申告書を提出することが要件」になっています。 税金の試算段階で65万円の控除を使って計算して税額が出ないと思っていたらアウトというケースがあります。 確定申告書の2表の右下の部分には「個人事業の開・廃業日」を記載する箇所があります。 確定申告書を提出する場合には、こちらに「廃業日」を記入しておきましょう。 4.個人事業を廃業したら翌年の予定納税に注意 個人事業を廃業したのに「税務署から税金がきた」というケースがあります。 後ろ向きな個人事業廃業よりも、法人成りなど前向きな廃業のケースに起こります。 所得税・消費税には予定納税制度というものがあります。 前年の所得税や消費税が一定金額以上だと、翌年に前年の税金の一定割合を前払いしなければならないというものです。 事業をやめている場合にも、税務署から通知が来ることがあるので 「放置しないよう」に注意してください。 これを放置してしまうと、 予定納税の税金を「延滞」していることになり、 税務署から督促が来ます。 (消費税の中間申告とは) 所得税は予定納税といいますが、消費税の場合には中間申告ということになります。 中身は基本的に同じようなものです。 通知書を放置してしまうと、通知額が確定するのでいったん納税してから還付のために確定申告をする必要がでます。 まとめ 個人事業を廃業する場合には、確定申告をしなくともよいケースがあります。 個人事業を法人化した場合などは確定申告が必要になることがほとんどです。 個人事業を廃業した際には税務署に必要書類を提出しておきましょう。 廃業年の翌年には予定納税や中間申告の書類が届くことがあるので、郵送物確認しましょう。 スポンサーリンク.

次の

閉店したらどんな手続が必要?忘れずにおこなう届け出や手続とは

廃業届 出さない

閉店の手続きをしっかりと行う理由 経営しているお店が閉店する場合、オーナーは「廃業届」を提出する義務があります。 飲食店を開業する際にも色々な届出を提出したかと思いますが、廃業する際もしっかりと報告を行わなければなりません。 これは法律で定められていることなので、届出を出さずに廃業したり、提出期限を過ぎてしまうと数十万円の罰金を課せられる場合もあります。 また、物件やスペースを借りていた場合は、管理する不動産会社へ契約解除手続きを行う必要もあります。 不動産会社は、その物件でどのような業態の店が営業されているのかしっかり把握する必要があるのです。 また、飲食店ならば保健所の指導対象にもなりますし、廃業届を出さないままでいると、保険指導に漏れがないかどうか把握できなくなってしまいます。 このような理由から、廃業後は然るべきところで手続きを踏む必要があります。 多方面に迷惑をかけないためにも、しっかりと準備を進めましょう。 閉店の手続き〜物件、テナント〜 物件やテナントに関する手続きは、マンションやアパートの契約解除手順とそう変わりません。 いつまでに解約の申し出をするべきなのかは契約内容によっても異なるので、一度契約書を確認してみましょう。 解約予告は貸主または不動産会社に行います。 この時、ほとんどの物件では退去日までにスペースを「元の状態」まで戻す必要があります。 飲食店はとりわけ物件を汚してしまいやすいので、原状回復にどれくらいの費用がかかるのかしっかり見積もることが肝心です。 また、食器や残った食材等は当然ながらすべて撤去する必要があるので、退去日から逆算して営業終了日を決定するのが無難です。 さらに厨房機器の取り付けや水道ガス等の工事が行われている場合、原状回復工事をする必要があります。 この時追加工事等が重なると費用がかさむため、負担を感じるオーナーも少なくありません。 原状回復にかかる費用はしっかりと把握し、計画的に進めることが大切です。 閉店の手続き〜行政機関などへの届け出〜 行政期間への届け出は業態によっても異なりますが、以下の3つの機関には必ず届け出る必要があります。 保健所 開業時に受け取った「食品営業許可証」を返還し、「廃業届」を提出する必要があります。 廃業届は保健所で直接受け取ってもかまいませんし、各自治体のサイトからダウンロードすることもできます。 廃業届の様式は自治体によって異なるので、必ず店舗所在地を管轄している自治体から入手しましょう。 廃業届の提出期限は自治体によって異なりますが、廃業日から10日以内と定められているところがほとんどです。 基本的には郵送でも提出できますが、自治体によっては持参が義務付けられている場合もあります。 税務署 税務署には主に「個人事業の廃業届出書」を提出する必要がある他、従業員を雇っている場合は「給与支払事務所等の廃止届出書」、消費税の課税事業者の場合は「消費税の事業廃止届出書」を提出しなければなりません。 また、青色申告で確定申告を行っている場合は、そちらの取りやめも申請する必要があります。 「個人事業の廃業届出書」と給与支払事務所等の廃止届出書」は廃業日から1カ月以内、青色申告の取りやめは翌年3月以内、消費税の事業廃止届出書はなるべく早くに提出するようにと定められています。 それぞれ提出期限が異なりますが、できるだけ後回しにせず一度に処理してしまうのがおすすめです。 各書類は税務署で受け取れる他、国税局のサイトからもダウンロードすることができます。 都道府県税事務所 廃業する際は税務署だけでなく、管轄にあたる都道府県税事務所にも届出を行う必要があります。 届出の様式や名称、提出期限は都道府県によって異なりますので、よく分からない場合は管轄の都道府県税事務所に問い合せるのがおすすめです。 この他に、労働保険に加入している場合は廃業日の翌日から50日以内に労働基準監督署に届け出を行う必要があります。 また、雇用保険に加入している場合は公共職業安定所に「お雇用保険適用事業所廃止届」「雇用保険被保険者資格喪失届」「雇用保険被保険者離職証明書」の3つを提出しなければなりません。 さらに地域によっては各自治体の役場にも届け出なければいけない場合もあるので、問い合わせてみましょう。

次の

閉店したらどんな手続が必要?忘れずにおこなう届け出や手続とは

廃業届 出さない

「廃業届」には、「負債を清算出来た場合の廃業手続きは廃業届けを出すだけでよいのでしょうか? 」「会社が倒産するときに保健所への廃業届や税務署への廃業届もする必要があるのでしょうか? 」「2相続放棄の場合、税務署への廃業届など申請はどのタイミングで行えばよいでしょうか? 」等々の質問や、「そのまま廃業届を出し忘れていたため先日警察が話しを聞きにきました。 」「知人に聞いた所5年位昔に風俗店【デリバリーヘルス】を経営していたのですがちゃんと届け出を出してやっていたのですが全然儲からないのでやめてしまいその時廃業届けを出していないからでは無いからその事では無いかとの事でした。 」といったトラブルに遭われている方の相談も投稿されています。 解散・清算分野に「廃業届」に関連する相談が多く寄せられています。 先日私が転職したため妻が扶養に入れなくなりました。 妻は個人事業主ですが収入が160万円だった為です。 その為、1度廃業届を出し私の扶養申請認定後 すぐ同じ事業を始めることは法律違反でしょうか? ご回答の程、宜しくお... 2017年02月18日• 2 弁護士回答• 会社が倒産するときに保健所への廃業届や税務署への廃業届もする必要があるのでしょうか? する必要がある場合は、それら全て会社側でするのでしょうか? 管財人がするのでしょうか?... 2013年02月26日• 1 弁護士回答• 風俗店の廃業届を提出する場合、営業すると登録した地域の警察署でしか廃業届は提出できないのでしょうか?他県から廃棄届を提出することは可能でしょうか?... 2015年06月07日• 1 弁護士回答• 個人事業主でネットショップをしていますが 月に1万程しか収入がありません。 その為、廃業届を出そうと思っています。 しかし、在庫はまだある為今販売中の物は そのままにして売れれば良しという程度で お店は開店状態のままにし... 2018年07月05日• 1 弁護士回答• 先日、警察から、20年ぐらい会っていない父親が、風俗営業証の廃業届を出さずに、行方がわからなくなってしまったらしく、警察に来て書類を書いてほしいと言われました。 父親と関わりたくないのですが、行かなくてはいけないのでしょう... 2014年10月09日• 1 弁護士回答• 2017年頭に300万を貸してくれと頼まれて、担保がないのは困るといい、相手の所有する飲食店を居ぬきで購入する旨の内容の文書を取り交わし、300万を渡しました。 その後賃貸ビルの一室ですのでビルオーナーとも交渉し協議し、新... 2017年12月31日• 1 弁護士回答• 関連ワード:• 昨年の3月13日付けで廃業届を出したのですが、そのあとも親請けから仕事をもらい今も働いています。 コロナの影響で売り上げが激減したため、持続化給付金の手続きを申請しようと思っています。 事業自体は廃業届を出す前と同じよ... 2020年05月02日• 1 弁護士回答• 個人事業主(不動産)で自己破産を考えています。 もし自己破産の手続きを始めたとして、今年分の確定申告はする必要があるのでしょうか。 また、自己破産すれば事業は廃業ということになるのですが、税務署への廃業届の提出などは必要... 2018年06月10日• 1 弁護士回答• 個人事業で加工食品の輸入卸販売をしております。 もし廃業する場合ですが、既に販売した食品について(賞味期限がまだ残っているもの)は回収することになるのでしょうか?また廃業届後に万が一何か問題がおきた場合はどうなるのでしょう... 2014年10月20日• 2 弁護士回答• 平成20年頃までに「無店舗型性風俗店」を営業しておりました。 当時、廃業するにあたり各書類(廃業届)を提出していたと思っていたのですが、今になり本当に提出したかな?と記憶が曖昧で怖くなり公安委員会に確認する前にここでご相談... 2013年04月09日• 2 弁護士回答• 先日私が転職したため妻が扶養に入れなくなりました。 妻は個人事業主ですが収入が160万円だった為です。 その為、1度廃業届を出し私の扶養申請認定後 すぐ同じ事業を始めることは法律違反でしょうか? ご回答の程、宜しくお... 2017年02月18日• 2 弁護士回答• 公庫に個人事業で170万の創業資金の残債が4年半くらいあります。 無担保無保証です。 本業としての事業継続が困難な状況にあります。 廃業も考えています。 といっても、完全に廃業届を出して廃業するわけではなく、他に仕事をし... 2017年10月31日• 1 弁護士回答• 確定申告について質問させて下さい。 個人事業主として昨年度までは青色申告をしておりました。 その後事業の方がうまくいかず廃業届を出して 9月からは会社員となる予定です。 廃業時に青色申告の終了届のようなものも提出... 2019年08月12日• 3 弁護士回答• 元役員(身内です)が退職し独立しました。 業者登録をしている業者へ弊社のその部門は廃業となり自分が引き継ぐ事になったと言い、業者登録を外されてしまいました。 そちらの業者も元役員と相当なパイプがあるためなのか、そういったこ... 2017年04月06日• 1 弁護士回答• 両親が実家でスナックを経営しており、カラオケのリース契約していました。 最近売上げも少ないから契約を解除しようかと話をしたら、 リース会社の営業に解約には廃業届が必要と言われたそうです。 契約書を見てみないと何とも言えな... 2011年04月05日• 1 弁護士回答• ・個人事業で営んでいる飲食業を2020年1月1日付で引き継ぐことになりました。 ・以前の事業主は廃業届、新事業主は開業届を出し忘れていました。 ・昨今のコロナの状況等で忙しく、支払いの引き落としなどが2020年1月以... 2020年04月13日• 2 弁護士回答• 個人事業主の確定申告について 今年の7月末に廃業届と青色申告の辞めることを書類で提出したのですがそれ以降個人事業主として仕事し確定申告する場合何かペナルティや法律違反はあるのですか?仕事内容は在宅ワークで売り上げも100... 2015年09月11日• 1 弁護士回答• 現在、自己破産手続き中です。 個人事業で自動車部品をネットで販売していたのですが、廃業を言い渡され廃業することになりました。 各ネット通販サイトの解約をし、廃業届を出す予定です。 破産管財人の弁護士さんから二度と自動車部... 2019年07月12日• 2 弁護士回答• お世話になります。 現在個人事業主なのですが、同時に就職をすることを考えています。 就職先での雇用保険についてお尋ねしたいことがあります。 廃業届を出さず、個人事業主のままで雇用保険に加入し、保険料を払うことが出来るの... 2017年09月17日• 1 弁護士回答• 個人商店を営んでいましたが売り上げ減のため廃業します、保証協会の債務もあり他社へ働きに行く予定です、ただ、履歴書も提出していません、時間給を提示され月末〆の翌月20払いで請求書をとのこと、私と会社との間に雇用契約は無く下... 2013年08月17日• 4 弁護士回答• 伯父と伯母が個人事業でコインランドリーを営んでいたのですが、 最近個人事業主である伯父が亡くなりました。 伯母は自分ひとりでは運営できないと考えているようで、娘に事業を渡そうとしているようです。 娘の方は事業をやる気で... 2018年04月30日• 1 弁護士回答• 協同組合の個人タクシーに所属して個人タクシーを経営していましたが訳があって今回廃業届を提出しました。 3年前に電子決済気を28万円で支部から購入し分割で払っていましたが今回の廃業に伴い分割払い残金は 本部等からの戻り金で精... 2019年10月04日• 1 弁護士回答• バーの雇われ店長をしています。 給料が少なく生活が苦しいので、辞めたいとオーナーに伝えましたが、辞めるなら代わりに店長になるヤツを探して来いと言われました。 ネットでいろいろ調べて、代わりの店長を探す必要はないことや、退... 2016年09月09日• 2 弁護士回答• ・自己破産考慮しております。 ・以前、個人事業主でした。 ・既に廃業届は提出しております。 その時やってたビジネスはいわゆる副業ビジネスコンサルで、商品の値段はやや高めでした。 1件成約30-150万 しかし、その... 2020年02月17日• 3 弁護士回答• 木造三回建の戸建で民泊を運営しています。 もちろん行政の許可を受けている物件で、許可されてから約10ヶ月が経ちましたが、先日行政から電話があり、 こちらのミスで許可したが、木造の三階部分では本来許可はおりないので、廃業... 2019年04月11日• 2 弁護士回答• 父が営んできた店舗(米や食料品を扱うスーパー)を、高齢のこともあり閉める方向で考えています。 現在は、店舗への来客はほぼなく、固定客から受けた電話注文の品物を仕入れて届けるという形で細々... 2018年01月03日• 1 弁護士回答• 以前、無店舗型風俗を経営していたのですが、3年前に閉店させました。 そのまま廃業届を出し忘れていたため先日警察が話しを聞きにきました。 風営法違反にあたるという説明を受け近日中に警察に話しをしに行くのですが、立件されてし... 2011年06月27日• 1 弁護士回答• これまで個人事業主をしてきましたが、転職し、企業に就職することになりました。 就業先が副業を禁止しているようなので、個人事業を廃業しようと思っています。 個人事業の廃業に関して3つ質問があります。 これまで行ってきた... 2015年03月15日• 2 弁護士回答• 5日前に父が他界致しました。 父は個人事業主で製造業を営んでおり(法人化はしていません) 私、母も従業員として働いておりました。 生前に聞いていた金融公庫の借金(私が保証人)いがいに何件か新たに出てきました。 金融公庫... 2013年10月20日• 2 弁護士回答• 父親が経営していた事業の債務でお聞きしたいことがございます。 父親が個人事業主、息子の私が専従者で給与を貰う形をとっておりました。 先日父親が病気で寝たきりとなり入院したため、私は新規事業の形で屋号も変えて開業届を出し... 2016年04月22日• 2 弁護士回答• よろしくお願いします。 当方、施設園芸で農作物をつくる専業農家です。 決算に関しては、白色申告で、毎年税理士料を払い、自分で作成した資料を基に税理士に書類いの制作から提出までをまかせておりました。 23年度に、父親より経営を... 2014年04月11日• 3 弁護士回答• 2007年頃まで自営をしていた父が昨年末に亡くなり、法定相続人である母、長女、次女の3人は相続放棄をして「相続放棄申述受理通知書」が全員届きました。 郵便で債権者に通知書を送付し、父が亡くなった日に事業の廃業届も受理されま... 2019年03月26日• 2 弁護士回答• 赤字経営の美容室の事業継承を行う予定です。 廃業届及び開業届けを行います。 現オーナーは日本政策金融公庫からの残債が1500万円ほど残っております。 保証人は私です。 継承を機に経営改善のために事業資金を私名義で借り入れ行... 2017年12月04日• 2 弁護士回答• 相続放棄について、ご回答お願い致します。 先月、美容業を営んでいました、個人事業主の父が亡くなりました。 負債が上回るので、相続放棄の方向で話はまとまっています。 2016年02月15日• 2 弁護士回答• 初めて利用いたします。 どうぞよろしくお願いいたします。 私は会社とのフランチャイズ契約をやめようとしているインストラクターです 11月30日で廃業届が受理され、12月末に廃業する事が決定しました。 契約書を抜粋すると、... 2012年12月06日• 3 弁護士回答• カードローン150万 クレジットカード1200万 合計1350万円ほどの借金があります。 私は税務署に自営業の開業届をだしていて、小規模企業共済に加入しています。 ただし、自営業はフリーライターということになっていて収入... 2019年11月11日• 1 弁護士回答• お世話になります。 私一人代表者で運営していた小さな会社(雇っていません)ですが、数年前から休眠しておりました。 しかし、再稼働の目途もたたないため、廃業しようと思っています。 昨年、事業を廃止していない届出書を提出し... 2019年03月27日• 1 弁護士回答• 土地の売買代金、契約書を見せてもらう事なく所有権移転が終わっていました。 代理人は、当時宅建業者の会社の名義を借りてましたが 一年以上前に、その会社は廃業しています。 売買代金を請求したいのですが、警察に被害届を出せば調べ... 2012年09月09日• 1 弁護士回答• 個人事業について 起業して3年半が経ちますが開業届の提出もしていません。 同僚と2人で始めていたのですが買掛金未払いが発生し 事業を続けていくことが不可能となりました。 いわゆる廃業?です。 主要仕入先とは取引台... 2012年08月18日• 2 弁護士回答• 今月28日に離婚裁判が行われるのですが、義父の話によると夫は廃業届を出し引越すと言っているそうです。 その時期は不明ですが、義父の代表者再登録までは延期させたいと言っていました。 昨年1月から義父の経営していた運転代行業... 2014年01月11日• 1 弁護士回答• 現所有の自動車ですが、車検証等に記載される「所有者」を変更したいのですが、それにまつわる相談です。 所有者として登録されている自動車販売業者が、現在業務を行っておらず、なおかつ店舗を引き払い、経営者の行方が、数年経った今... 2008年08月16日• 1 弁護士回答• 2019年01月24日• 1 弁護士回答• 家庭の事情で3月末で退職を申し出たのですが 会社の都合で5月まで延長になりました。 ところが、2月半ばに突然3月末で廃業すると 通告がありました。 (人手不足により) 退職届を出す前だったので会社都合の退職か 自主退職か確... 2020年03月24日• 1 弁護士回答• 連帯保証人の解除について質問させて頂きます。 2年半前に亡くなった主人の会社が、平成7. 8年ぐらいに保証協会を付けて銀行から融資を受けましたが、代理弁済となりました。 その時に、連帯保証人として代表取締役の主人、主人の母... 2020年06月15日• 1 弁護士回答• パンフレットやホームページには、金融商品取引業登録及び貸金業登録をしていると記載した金融業者が、投資家から資金を募っていて、昨年廃業していた。 調べてみると、過去に何の登録も届もしていない、ただの一般法人に過ぎなかった。 2019年09月30日• 2 弁護士回答• 法人契約した携帯電話の料金滞納についての質問です。 一時期、会社の代表をしておりましたが、業績不振のため、現在、休業しております。 本当は、廃業にしたかったのですが、手続きにかかる費用が全くなかったため、休業届を提出し、... 2019年01月25日• 1 弁護士回答• 退職の相談です まつげエクステサロンで働いています。 納得していないので書いていません お店を1月末で廃業にすると言われ、1... 2020年01月21日• 1 弁護士回答• ずっとバイトに行ってた運転代行の社長が 自己都合で廃業にする事になり、そのまま引き継がせて欲しいと言ったらオッケーがでました。 それにより 手続きを進め、自動車まで購入し、更に 夫婦で 今迄の仕事も 断り準備を進めでました... 2017年07月03日• 2 弁護士回答• 負債はありません。 ぎりぎりまで頑張っ... 2018年07月11日• 1 弁護士回答• はじめまして、よろしくお願い致します。 開業医であった父が亡くなりました。 現在、第一順位者の子供である私が相続放棄の手続きを行なっています。 第三順位者まで全員相続放棄する予定です。 以下、教えて頂けないでしょうか。 2017年09月27日• 1 弁護士回答• 年老いた両親が営んでいる小さな商店に日中にも関わらず頻繁に泥棒が入るようになりました。 盗まれる商品はほとんどが煙草です。 両親の落胆する姿を見るのが辛くて、50万円ほどかけて防犯カメラを設置しました。 三ヵ月後窃盗グループ... 2016年01月12日• 1 弁護士回答•

次の