エピス テーメー。 タイ・バンコクのテーメーカフェで女性とエッチする流れと料金

エピメーテウス

エピス テーメー

一人旅の予約の際、1室2名で予約してね! ホテルによって、1名と2名で料金が違うホテルもあるねんけど 大概は同一金額でやってるで! 今回は、共通の趣味であるビリヤード仲間の 【タク】とバンコク旅行のエロ話をしていたら 是非連れて行ってくれという事で 一緒に行くことになりました。 初GOGOバーのタク!興奮してます 笑 まずはビアシンを注文しチアーズ!!! タクはひな壇をじっくり観察し、 ナラック嬢を見つけ、速攻ペイバー。 ガチ男「えぇ、もう決めたん??」 タク「お先っす、、、!」 ガチ男も 初めてバカラに来たときは 速攻ペイバーしちゃしました 笑 まだ、 ナナプラザもテーメーカフェもあるのに、、。 でもスーパー良い場合もあるかもしれんので、 タクに幸あれと祈っときます。 ガチ男は バカラで良さそうなGOGO嬢を席に呼び セクハラ祭りを堪能して、 会話の感じで ビビッと来なかったんでバカラは退店。 ソイカウボーイのGOGOバーを バーホッピングして一旦ホテルに帰ります。 タクの部屋をノックすると、 なぜか、もうすでにタク一人で居ました。 ガチ男「もう終わったん?」 タク「速攻でスパン開始で、速攻で帰っていきました」 「こんなもんなんすか?」、、、、! って、ちょっとオコ気味なタク。 ちょっと商売スパンに偏った GOGO嬢を捕まえても~たかな。 まあまあ、 バンコクナイツはまだまだこれからでっせ!! の下には テーメーカフェという援交カフェがあるんで タクと一緒に覗いてみることにしました。 現在1:30 テーメーカフェのタイガール潜伏状況は 8分目程度のラインナップ。 ガチ男しばらく回って タイガールを鑑賞してると 社交的なタクは、 岡山から来ている2名の観光客と テーブルで仲良く話しています。 しかも、 LINE交換まで済ましており、びっくり! ガチ男も混ざって話していたら 岡山二人組は 明日エロマッサージに行く予定にしているが、 どこのエロマッサージ店に行こうかと 迷ってたんで 【アディクトマッサージ】をお勧めしました。 しかも、丁度良い事に ガチ男は 明日のお昼はナタリーと約束していたんで 昼間は タクのバンコク案内が出来ませんでした。 タクの社交的な性格が功を奏して タクは岡山二人組と 一緒にエロマッサ巡りをすることで解決。 タクはさっき スパンしたばっかりなんで今日は終了。 テーブルで 岡山二人組と仲良く話をしています。 ガチ男はナラックタイガールを探しに探し ようやく、まあまあな娘を発見。 後に分かるんですが、 ごっつい入れ墨が入っていたんで 【スミコちゃん】っていう事にします。 ガチ男、 スミコをテーブルに連れて行って会話します。 ガチ男 「タオライ?(タイ語で幾ら)」 スミコちゃん 「ショートタイム 2,500バーツ ナー」 って言いながら ガチ男の手を乙パイに当てつけてきます。 生フェラーリから始まり、 チクナメ、ベロチューと 流れに乗ったスムーズなプレイ。 ガチ男も スミコちゃんを攻めようと思っていたら スミコちゃん 「ゴム プリーズ」 って、もう挿入するん? 一応、日本から用意してきた、 日本の技術が思いっきり詰まった逸品 手渡すと 速攻息子に被せ、上からスパン開始。 ガチ男、ひとっつも愛撫をしていないんで、 マンティスの潤滑液が無い状態やけど 強引に押し込まれます。 ただ、 しまりが抜群なんで案外気持ちイイかも! しばし、ピストン運動してると やっぱりタルン(スケベ)なタイガール。 最初のキツキツマンティスのおかげで 発射体制が 80パーセントに仕上がっていたんで、 すぐにFINISH! 5分足らずでスパン終了しました。 まあ、こんなもんでしょ -。 - y-゜゜゜ 明日は、濃厚スパンが期待できる ナタリーちゃんとデートやで。

次の

ミシェル・フーコーの「エピステーメー」について誰か分かりやすく説明して...

エピス テーメー

前回の続きです。 テーメーカフェに向かう前 その日はタラートロットファイのナイトマーケットで食事やショッピングを楽しんでいたので 遅い時間に夜の街へと繰り出しました。 時刻は夜の 23時頃に ソイカウボーイに到着。 流石にこの時間になると良い子はみんな売り切れちゃってますね。 バカラ、 クレイジーハウス、 シャークと有名店を何件か見て回ったのですが 「コレだ!」という子が見つからず… かといって酒も入っててヤル気マンマンなので手ぶらで帰るわけにもいかず… どうしたもんか迷っていた時に、ふとテーメーカフェの存在を思い出しました。 (そういえばテーメーカフェなんてモンもあったな、行ったことないし試しに行ってみるか) てことでソイカウボーイを後にしてテーメーカフェに向かいました。 テーメーカフェへ テーメーカフェの場所は何となくでしかわかってなかったですが 細かい位置が分からなくても問題ありません。 入り口前には若者や立ちんぼが大勢いて、誰かしらに声かけられるので (あ、ここがそうか)って一発で分かります。 この日もアソークからナナ方面へ歩いていると 「コンニチハ、オニーサン、ワタシト イイコト シマショ?」 と日本語で声かけられます。 (ここがそうかな?)と思うも一応確認で 「What is hear? 」と尋ねると 「Thermae」と答えが返ってきたので (あーここがそうか)と確信しました。 基本的に店の入り口前にいる女の子は• 女の子ではなく男の娘(レディボーイ)• 入場料替わりのドリンクも買えないスーパーストリートチルドレン なのでスルーしましょう。 テーメーカフェ店内へ 出典: 地下へと続く階段を降りテーメーカフェ店内へ 援助交際カフェと聞くと、 薄暗くちょっとダークな雰囲気が漂っているイメージがありましたが中を見て驚きました 店内は明るく、食事用のテーブルなんかもあり、まるでファーストフード店、 ハンバーガー屋みたいな雰囲気がありました。 実際にテーブルで食事をとってるオヤジなんかもいます。 そしてさらに驚いたのは 女の子の数! 時刻は 24時前で、先ほど行ったゴーゴーバーは人数も減りすっかり閉店モードだったにも関わらず ここでは 100人以上の女の子がいました。 遅い時間に行くのであればゴーゴーよりテーメーがおススメです! 入口前のレジで入場料替わりのドリンクを頼むように言われたのでとりあえずコーラを注文。 (お値段は確か80Bくらいだったと思います。 次回訪問時に正確な値段を確認してきます。 ) コーラ片手に店内を歩きながら見回ります。 女の子は150人弱ほど、男性客も30人ほどいてにぎわってました。 客は アジア人が中心ですが、 欧米人から 西洋人まで 多種混合、人種は違っても工口は世界共通である… 女の子は、本気で稼ぎに来てる子、客を取りに来てる子は列に並んで声かけられるのを待ったり、自分から単独客に声をかけたりしてます。 そうでない子は友達数人と固まってしゃべってたりしていました。 (友達同士でワイワイやってる子の中に結構良さげな子がいたのですが、あの雰囲気ではかなり話しかけずらいですね) 店内を囲むように並ぶ女の子たちを一人一人品定めしていく、この選び方はマカオのサウナに近いモノがあります。 時刻は24時という事もあり、恐らくかわいい子は皆お持ち帰りされてしまったのでしょう、あまりピンとくる子が居ませんでした。 そんなこんなでコーラ片手にボーっと店内を見回っていると一人の女性に声をかけられました。 次回はお持ち帰り編をお届けしたいと思います。 つづきはこちら bocchix.

次の

パラダイムとエピステーメー

エピス テーメー

上記の動画の序盤に、セクシーな格好をした女の子が道の両側に映ってると思います。 これらの女の子が立ちんぼです。 黒人の立ちんぼなんかもいるので、興味がある人は声を掛けてみても良いでしょう。 ただ、立ちんぼの中には ニューハーフがかなりの数混じってます。 なので、あまりにもスタイルが良い子は疑った方が良いでしょう。 バンコクの援交カフェ「テーメーカフェ」の料金の相場は? 女の子の言い値は、一律 3,000バーツですね。 数年前は2,500バーツくらいでした。 が、どんどん相場は上がっています。 なお、女の子の間で協定価格として3,000バーツを設定してるようなので、 料金交渉はほぼ不可能と考えた方が良いでしょう。 まぁ、深夜になっても売れ残ってる場合はディスカウントもあり得ます。 が、女の子のレベルもそれなりになりますから・・・。 ちなみに、どうしても安くしたいなら、テーメーカフェで一度遊んだ後に連絡先を交換。 で、 個人的に会ってセックスする関係を築ければ、2,000バーツ・1,500バーツといった料金でも交渉に応じてくれるようになります。 なお、初回は無理だと思いますが 、2回目以降はあなたとのセックスが気持ちよければ、お小遣いのディスカウント、場合によってはタダマン 毎回は無理ですが・・・ に応じてくれることも多いです。 なので、バンコクの風俗でいい思いをしたいなら、 セックスのテクニックは磨いておきましょう。 ちなみに、タローは をチェックし始めてから、タイ人の女の子とタダマン・ディスカウントセックス 1,000バーツで一晩等 できる機会が一気に増えました。 AV感覚でオナニーのおかずとして使うだけで、自然にセックステクニックが磨かれる優れものの教材です。 バンコクでいい思いをしたいって人は、ぜひ をチェックしてみて下さい。 バンコクの援交カフェ「テーメーカフェ」で遊んだ体験談!2020年のテーメーカフェは・・・ では、今回はバンコクの援交スポット「テーメーカフェ」の体験談になります。 テーメーカフェ前にいるニューハーフには注意せよ! テーメーカフェは、海外風俗の定番中の定番となるスポット。 あまりにもメジャーになりすぎているため、 海外風俗で遊んでるって言う感覚もありません。 カフェ内では 日本語も普通に飛び交っていますしね。 実際、タローもこれまでに何度も遊んだことがあるスポットになります。 なので、海外風俗としては、トップレベルに難易度が低い場所です。 まぁ、店内に入店する前の時点で注意しておくこととしては、• テーメーカフェの前にいる女は全ておかま ってことだけですかね。 このテーメーカフェ前にたむろってる女の中で、 スタイルが抜群に良い美人がいたら、95%の確率でおかま。 テーメーカフェは 女の子しか入店できないっていうシステム。 なので、ニューハーフはテーメーカフェの前で待機して客をゲットしてます。 このおかまを選ばないようにするっていうのが、ポイントですね。 「 おかまなんか選ぶわけないだろ!」って思うかもしれませんが、タイのおかまはあなたが想像してる以上にレベルが高い。 まぁ、初めてタイに行く人なら、絶対にニューハーフだと気づかないし、「 なんでテーメーカフェの中にいる子より、外にいる子の方がレベルが高いんだろう?」って不思議に思うはず。 普通の女の子を凌駕するくらい、タイのニューハーフのレベルは高いです。 なので、あえてニューハーフを選ぶっていう人もいるくらい。 ただ、初めてタイで風俗遊びするって人にはニューハーフはレベルが高いと思います。 なので、 店外にいる子は一旦スルーして、テーメーカフェの中に突入するようにしましょう。 テーメーカフェの攻略法はただ一つ!臆さず話しかけること! テーメーカフェの中に入ると、下記の動画みたいな感じで女の子がフロアに散らばって立っています。 この立ち並んでる女の子達の間を歩き回りながら、好みの子を探すって感じですね。 ただ、入店したら女の子を選ぶ前にドリンクを一杯頼む必要があります。 ビールで大体150バーツ程度。 なので、入口横にあるカウンターで飲み物を注文。 それを飲みながら女の子を物色するようにしましょう。 なお、この際の注意点としては、• 好みの子がいたら、恥ずかしがらずに声を掛ける ってことだけ。 日本人の男性は恥ずかしがりが多い。 なので、かわいい子がいてもけん制し合って、全く声を掛けないで時間が過ぎていくなんてこともよくあります。 そうこうしてるうちに、 だるくなってきて日本語が堪能な微妙なルックスのおばちゃん立ちんぼを選んでしまうなんて失敗ケースも・・・。 これは、タローも何度も経験しました。 まぁ、テーメカフェでダラダラ数時間も過ごして女の子を物色してる人もいます。 が、タロー的にはやはり 「スピード勝負」をおすすめします。 入店したら、5分くらいで店内を一周してかわいい子の目星をつける• 2周目で目星をつけていた子に声をかける• テーブルで飲みに誘う or すぐに料金交渉して連れ出す ってくらいの感じがいいと思います。 ぐるぐる何周も回っててもかわいい子が増えてくるわけじゃありませんし、時間を無駄に使うだけです。 なので、 長くても30分くらいで女の子のチェックして交渉。 で、 いい子がいなければ、ソイカーボーイ・ナナプラザといったゴーゴーバーに移動することをおすすめします。 その方がいい子を抱ける確率は格段に高くなりますよ。 とは言え、やっぱりテーメーカフェは微妙だよね・・・ タローが行ったのは22時前くらいの時間帯。 テーメーカフェは女の子で大盛況でしたね。 150~200人くらいの女の子がいたと思いますね。 ちなみに、昔は「テーメーカフェ=日本人の援交カフェ」って感じでしたが、最近は経済発展著しい韓国人・中国人も増えてます。 これも時代でしょうか。 ちなみに、150人くらいいる女の子の中でかわいいかなって感じる子は 10人程度。 ただ、その10人の女の子の中にも• 微笑んでくる子• スマホから顔を上げずに完全に拒否モードの子 っていう2つのタイプがいます。 まぁ、微笑んでる子でもホテルに連れて行くと、塩対応ってケースは山ほどあります。 が、少なくともスマホから顔を上げない子よりはマシなケースが多い。 なので、 目を合わせてみて、こっちに笑顔を向けてくる子と交渉するようにしましょう。 ちなみに、テーメーカフェの近くにホテルを取っているなら、女の子を自分のホテルに連れて帰れます。 が、遠い場合は女の子からホテルに行くことを拒否されるケースがよくあります。 また、ホテルには連れ込みたくないって人もいるでしょう。 そんな人はテーメーカフェの近くにヤリ部屋 日本で言うラブホテルみたいな感じ があるので、そちらを利用しましょう。 なお、タローが選んだ子は、テーメーカフェで見た時はかわいいって思いましたが、 連れ帰ったら微妙でした。 年齢も20代中盤位で若くはありませんでしたね。 ちなみに、テーメーカフェの女の子ほぼすべてに共通しますが、 サービス精神はほぼ皆無。 セックスの相性があって、女の子が「 気持ちいい!!」ってなれば積極的に上に乗っかって腰を振ってきます。 が、相性が合わなければ、完全な塩対応です。 ちょろっとちんこを手コキして、勃起したら寝っ転がって挿入を待つだけのちょんの間スタイル。 なので、 サービス重視の人にはおすすめできません。 あくまでも自分から積極的にサービスしていく姿勢が求められます。 なので、 受けタイプの人はテーメーカフェよりもMPなどを利用した方が満足度は高いと思います。 【2020年3月版】バンコクの援交カフェ「テーメーカフェ」を徹底調査!相場は?行き方は?動画もあるよのまとめ では、バンコクのテーメーカフェの総合評価です。 日本語が堪能なおばちゃんが20人くらいいましたが、それ以外は そこそこのレベルの子が集まっていたかなと。 なお、 15~20人に1人くらいは「お!」っていうかわいい子もいました。 まぁ、以前ジャカルタでコタインダーという風俗スポットで遊びましたが、そのレベルかなって感じましたね。 コロナウイルスの影響で中国人観光客が減ってるのは大きな要因かと。 なお、3月は大学生の休みも重なってることもあってか、若い兄ちゃんがたくさん来店してました。 テーメーカフェの女の子もおっさんよりは若いお兄ちゃんが好き。 なので、おっさんは自分から積極的に声を掛けていかないと厳しかったですね。 が、明らかなデブもいないですね。 ただ、ゴーゴーバーみたいに露出度高めの恰好で踊ってるわけではないので、 脱がせてみたらがっかり・・・みたいなパターンもあります。 その点は要注意ですね。 ただ、 サービス精神が全くないこと、1発3,000バーツっていうコスパの悪さを考えると、この評価。 まぁ、バンコク在住の人や頻繁にバンコクに来る人であれば、馴染みの嬢を作って定期の関係になることで安くセックスできるかもしれません。 ただ、たまにしかバンコクに来ない人にとっては、テーメーカフェを利用して不満を感じることの方が多いかと。 少なくともタローは テーメーカフェで大当たりって子を引いた覚えはほぼ無いですね。 数年前に一度だけセフレっぽい関係になった子がいましたが、仕事が忙しくなったら、自然消滅。 その後は、ほぼ不満を覚えるような結果に終わってます。 こういった個人的な経験から言っても、まぁテーメーカフェは微妙なスポットと言わざるを得ないかなと思いますね。

次の