アリソン フェリックス。 アリソン・フェリックスの現在!結婚した旦那や子供・引退説とスピード復帰も総まとめ

アリソンフェリックスのサーキットトレーニング

アリソン フェリックス

今回は、金メダル獲得と言われているアリソンフェリックス選手の ・彼氏と結婚の噂 ・リオ五輪出場種目と日程 を調べて書いていこうと思います。 アリソンフェリックス選手は、2004年のアテネオリンピックで女子200メートルで銀メダルを獲得しオリンピックデビューを飾ります。 それからは ・2012年ロンドンオリンピックで女子200メートル金メダル ・2015年の世界陸上では女子400メートルで金メダル と、まさにウサインボルト選手の女性バージョンですね。 ウサインボルト選手についてはこちらからどうぞ! それではさっそくアリソンフェリックス選手について調べていきましょう。 Sponsored Links Contents• アリソンフェリックスのプロフィール まずは、アリソンフェリックス選手のプロフィールからみていきましょう。 リオオリンピックに出場する女子選手の中では1番注目されている選手ですね。 ・アリソンフェリックス ・生年月日 1985年11月18日 ・国籍 アメリカ ・身長 168センチ ・体重 55キロ です。 アリソンフェリックス選手は今回のリオオリンピックで、女子史上4人目(女子3人目)となる200メートルと400メートルで金メダル(二冠)を取ると表明しております。 アリソンフェリックス選手はアメリカ人ですが、アメリカはもちろん日本でも多くの人が注目しているに違いありませんね。 2012 オリンピック ロンドン(イギリス) 200m 21秒88 1位 2012 オリンピック ロンドン(イギリス) 4x100mR 40秒82 1位 世界新記録 2012 オリンピック ロンドン(イギリス) 4x400mR 3分16秒87 1位 2013 世界陸上競技選手権大会 モスクワ(ロシア) 200m 記録なし 途中棄権 決勝で途中棄権 2015 世界陸上競技選手権大会 北京(中国) 400m 49秒26 1位 2015 世界陸上競技選手権大会 北京(中国) 4x100mR 41秒68 2位 2015 世界陸上競技選手権大会 北京(中国) 4x400mR 3分19秒44 2位 これがアリソンフェリックス選手のこれまでの成績です。 2013年のモスクワで行われた世界陸上の決勝戦では、金メダルが確実と言われていましたが怪我で残念ながら途中棄権という結果になっています。 これにはきっと多くの人が残念だったでしょう。 ウサインボルト選手が、決勝戦でフライングで失格になった時も世界中の人が悲しんだでしょうね。 陸上はスタートのコンマ1秒ぐらいのミスが命取りになるので一瞬でも気がぬけない競技ですね。 アリソンフェリックスは彼氏と結婚した? Sponsored Links そんなアリソンフェリックス選手ですが、9個の金メダルを獲得していて陸上界では最強なだけでなく、姿が綺麗なことからかなり人気もあります。 短距離の選手はみんな筋トレしまくりの筋肉マッチョなイメージがありますが、アリソンフェリックス選手はすらりとした綺麗なスタイルを持っています。 そんなアリソンフェリックス選手には、10年前から彼氏と交際しているということを公言しています。 日本のアスリートは、恋愛をしていない方が多いですが海外の選手は違うみたいですね。 アリソンフェリックス選手の彼氏は、同じアメリカ陸上選手のケネス・ファーガソンさんだそうです。 現在30歳のアリソンフェリックス選手は、10年以上付き合っているそうなので大学の時からの付き合いということになりますね。 現在30歳なので結婚の噂の声も徐々に上がっているようですが、 今の所2人に結婚の情報はありませんでした。 ちなみに、ウサインボルト選手は現在29歳で来年の世界陸上で引退を考えているそうです。 なのでもアリソンフェリックス選手も、もしかするとそろそろ引退を考えているかもしれないですね。 何歳まででも現役でいて欲しいですが、どんなに素晴らしい選手でも年齢による衰えには敵わないのが現実ですが。 アリソンフェリックスの出場種目と放送時間は? そんな世界最強の女王であるアリソンフェリックス選手の、リオオリンピックの出場種目と日本でのテレビ放送時間をみていきましょう。 アリソンフェリックス選手は調べてみた結果 ・女子200メートル走 ・女子400メートル走 ・女子400メートルリレー の3種目に出場するそうです。 日本人選手にもメダルを期待しますが、アリソンフェリックス選手が二冠するのかも非常に楽しみですね。 それでは!.

次の

アリソンフェリックスは彼氏と結婚?リオ出場種目と日程も

アリソン フェリックス

でのアリソン 2018年 名前 本名 アリソン・ラムセス・ベッカー Alisson Ramses Becker ラテン文字 ALISSON 基本情報 国籍 生年月日 1992-10-02 (27歳) 出身地 身長 191cm 体重 91kg 選手情報 在籍チーム ポジション 背番号 1 利き足 右足 ユース 2002-2012 クラブ 1 年 クラブ 出場 得点 2013-2016 44 0 2016-2018 37 0 2018- 38 0 代表歴 2 2009 U-17 3 0 2013 U-20 5 0 2015- 42 0 1. 国内リーグ戦に限る。 2019年5月13日現在。 2019年7月7日現在。 ( ) アリソン(Alisson)もしくは アリソン・ベッカー(Alisson Becker)こと アリソン・ラムセス・ベッカー(Alisson Ramses Becker、 - )は、・出身の。 ポジションは。 ・所属。。 5歳上の兄のもなどでプレーしたゴールキーパー。 クラブ経歴 [ ] インテルナシオナル [ ] で生まれ、2002年、10歳の時にのアカデミーに加入した。 U-23チームでレギュラーとしてプレーし、2013年2月17日にの戦でデビューした。 2013年8月25日の戦に出場し、初出場を果たした。 デビューシーズンは、兄ののバックアップとして、 ()と第2GKの立場を争い、6試合に出場した。 2014年シーズンには、から移籍してきたブラジルの名ゴールキーパーのとポジションを争った。 2014年10月からレギュラーの座を勝ち取り、11試合に出場した。 2015年シーズンには、不動の守護神となり、公式戦57試合に出場した。 2016年2月4日、のに移籍することが報じられた。 5月15日、ローマ移籍前の最後の試合となった戦でクリーンシートを記録した。 インテルナシオナルでは、100試合以上に出場し、全てのシーズンでカンピオナート・ガウショを制した。 ローマ [ ] 、・へ5年契約で完全移籍。 2016年8月17日、・の戦でローマでの公式戦初出場を果たした。 2016-17シーズンはよりレンタルで加入していたが正GKを務めていたためリーグ戦での出場はなく、とでプレーした。 2017-18シーズン、がライバルのに移籍したため正GKとなり、背番号も1番に変更。 2017年8月20日の戦でセリエAデビューした。 セリエA37試合に出場。 チャンピオンズリーグも全試合に出場しベスト4に貢献した。 リヴァプール [ ] でのアリソン 2019年 2018年7月19日、・のへ完全移籍。 移籍金は2018年7月19日の時点でゴールキーパーとして歴代1位となる6250万ユーロ。 加入当時はチャンピオンズリーグ決勝戦にて致命的なミスを犯し、退団が濃厚だったが在籍していたため 、背番号は空き番の13番を選択。 リーグで最多となる21回のクリーンシート(無失点)を達成し、を受賞した。 の戦では後半の枠内FKなど数度の枠内シュートを好セーブで防ぎ、攻撃面でも高精度のフィードでチャンスを演出するなどリヴァプールの優勝に貢献し、スカイスポーツのMOMにも選ばれ、ファン投票においてもMOMに選ばれた。 一方で4節の戦ではペナルティーエリアでボールを保持していたとき、相手をかわそうとして逆にボールを奪われ失点するなどミスもあったが 、からの信頼は変わらなかった。 2019-20シーズンから背番号を1番へ変更した。 開幕戦の戦では先発出場するも、前半のうちに負傷し離脱した。 11月30日の戦では不用意にペナルティエリア外で手を使ってしまい、退場処分を受けた。 1月19日のマンチェスターU戦では好守を見せただけでなく、後半ロスタイムにロングキックでサラーの追加点となるゴールをアシストした。 シーズン中は怪我で約3ヶ月欠場したが、30年振りとなるリーグ優勝に貢献した。 代表経歴 [ ] 2015年10月13日に行われたの戦で先発出場を果たし代表初キャップを飾った。 その後、らを抑えてレギュラーに定着。 2016年には、に出場した。 2018年1月、の監督が2018年6月にで開催されるのブラジル代表にアリソンを召集することを明言した。 クォーターファイナルでベルギーに敗退したが、全ての試合で先発フル出場した。 ではパラグアイ戦で0-0からのPK戦でPKを止め、ブラジルのベスト4入りの立役者になった。 続く準決勝アルゼンチン戦ではのFKをキャッチするなど印象的な活躍を見せ決勝進出までの5試合全てを無失点に抑えた。 大会を通じて失点を許したのはPKによる1失点のみで勢いそのままに大会最優秀GKに選出された。 人物 [ ]• 2018年にに加入した際、前のの合宿中に、から「 君はリヴァプールに来るべきだ」と勧誘されていたと言われている。 代表歴 [ ] でのアリソン 出場大会 [ ]• 2016年 - (グループリーグ敗退)• 2018年 - (ベスト8)• 2019年 - ( 優勝) 試合数 [ ] 2019年7月7日現在 国際Aマッチ 42試合 0得点(2015年 - ) 年 出場 得点 2015 3 0 2016 12 0 2017 7 0 2018 12 0 2019 8 0 通算 42 0 タイトル [ ] クラブ [ ] インテルナシオナル• :4回 2013, 2014, 2015, 2016 リヴァプール• :1回 2018-19• :1回(2019)• : 1回 2019-20 代表 [ ] U-23ブラジル代表• :1回 2013• :1回 個人 [ ]• 年間最優秀GK 2017-18• :1回 2018-19• ゴールデングローブ 2018-19• 大会最優秀GK• 脚注 [ ]• サッカーダイジェストWeb 2015年12月8日. 2018年7月21日閲覧。 Globo Esporte 2014年11月29日. 2015年10月17日閲覧。 AS Roma 2016年7月6日. 2017年12月8日閲覧。 Globo Esporte 2013年2月17日. 2015年10月17日閲覧。 Globo Esporte 2013年8月25日. 2015年10月17日閲覧。 Guichard, Diego. Globo Esporte. 2018年7月28日閲覧。 Globo Esporte 2016年2月4日. 2016年5月28日閲覧。 Internacional's official website 2016年5月15日. 2016年5月28日閲覧。 - サッカーキング 2016年7月7日• サッカーダイジェストWeb 2017年8月17日. 2018年6月1日閲覧。 - Liverpool FC Official Website 2018年7月20日• ASRoma 2018年7月20日. 2018年7月20日閲覧。 Goal 2019年5月13日. 2019年5月13日閲覧。 SKY 2019年6月2日. 2019年6月2日閲覧。 サッカーキング 2018年9月1日• Premier League. 2019年6月10日閲覧。 2019年11月30日. 2019年12月1日閲覧。 Blade, Archie 2020年1月19日. The SportsRush. 2020年1月19日閲覧。 www. theguardian. com 2020年6月26日. 2020年6月27日閲覧。 サッカーキング. 2016年5月6日. 2018年6月1日閲覧。 サッカーキング、2018年1月17日• Wilson, Jonathan 2018年7月6日. The Guardian. 2019年6月4日閲覧。 フットボールチャンネル 2019年6月28日. 2020年1月1日閲覧。 フットボールチャンネル 2019年7月4日. 2020年1月1日閲覧。 Goal. com 2019年7月8日. 2020年1月1日閲覧。 サッカーキング 2018年6月7日. 2020年1月10日閲覧。 サッカーキング 2018年7月23日. 2020年1月10日閲覧。 外部リンク [ ]• - Soccerwayによる個人成績•

次の

アリソンフェリックスが可愛い!彼氏のケネスと結婚はしたのか?

アリソン フェリックス

米国では,、リオデジャネイロ五輪の選考会が,、陸上競技でも行われている。 けがが心配されたアリソン・フェリックスが400mに出場、49秒68で制し、4大会連続の五輪を決めた。 アリソンは、リオ五輪本番では200mと400mの金メダルを目指す。 アリソンのこの日のタイム49秒68は今季世界1位であるが、彼女の自己ベストは昨年の北京で行われた世界陸上で出した49秒26。 とんでもなく凄い記録なのだが、世界記録よりも1秒6以上遅く、世界歴代17位でしかない。 世界記録の47秒60を出したのは東ドイツ(当時)のマリタ・コッホ。 1985年にオーストラリアの首都キャンベラで陸上W杯が開催されたときの記録だ。 この前年にロサンゼルス五輪が行われたが、ソビエトをはじめとする共産圏と呼ばれた国々の多くは、モスクワ五輪の報復ボイコットをし、多くの選手が涙を飲んだ。 この当時世界陸上は4年おきに開催されており、東独スポーツ科学の成果を晴らす大会としてキャンベラのW杯がターゲットにされたのだろう。 YOUTUBEに動画があったが見てほしい、とにかくすごい走りだ。 マリタ・コッホ(当時・東ドイツ)が「薬物を使用していた」という証拠は見つかっている。 が、コッホの記録が抹消されるとか、取ったメダルがはく奪されるとか言った話はない。 実は、このキャンベラの大会の100mにベン・ジョンソンが出場し、10秒00で勝っている。 昨年12月23日の朝日新聞に、ベン・ジョンソンのインタビューが掲載されているのだが、この大会の話しもしている。 自らのドーピングは、この大会のマリタ・コッホがきっかけだと言いたいようだ。 私は84年ロサンゼルス五輪の100メートルで銅メダルを取った。 その翌年、オーストラリアで開かれた陸上ワールドカップの女子400メートルで、東ドイツのマリタ・コッホが47秒60というとてつもないタイムで走った。 30年経った今も破られていない世界記録だ。 この大会で10秒ちょうどで優勝した私は、コーチのチャーリー・フランシスと一緒にそのレースを見ていた。 ゴールした後、チャーリーは「今まで誰もドーピングをしていないと思っていたけど、東ドイツで何が起きているかわかった」と私に言ったんだ。 ベン・ジョンソンが一度は優勝しながら失格したのはソウル五輪。 同じソウル五輪の女子100mに金メダルを獲ったのは、フローレンス・ジョイナー。 この2人のソウルまでの道のりはよく似ている。 ジョイなーの金メダルの記録は10秒54(追い風)だが、同じ年に10秒49という驚異的な世界記録を出している。 ソウルの4年前のロサンゼルス五輪には200mに出場、22秒04の記録で銀メダルを獲っているが、東ドイツ勢が出ていないから銀メダルが獲れたと言われた。 ソウル五輪の200mには21秒34の世界新記録で金メダルを獲った。 (このあたりの経緯もベン・ジョンソンにそっくりだ。 ) ジョイナーの100m、200mの記録はもちろん今も世界記録だ。 これもYOUTUBEに動画がある。 結果から言うと、ソビエトチームが3分15秒17の世界新記録で金メダル。 メンバーはタチアナ・レドフスカヤ、オルガ・ナザロワ、マリヤ・ピニギナ、オルガ・ブリズギナ。 一方の米国は、ディニアン・ハワード、ダイアン・ディクソン、バレリー・フックス、フローレンス・ジョイナーのメンバーで3分15秒51で銀メダル。 この2つの記録は28年経った今も世界歴代1・2位の記録として残っている。 しかも ソビエトのアンカー、オルガ・ブリズギナは47秒81、米国のアンカー、フローレンス・ジョイナーは48秒08で400mを走った。 もちろん、リレーの記録と単独種目の400mの記録を比較することはナンセンスだが、このレースは五輪史に残るレースと言ってもいいだろう。 IAAFに今も残るフローレンス・ジョイナーのプロフィールのページに400mの記録はない。 400mの世界歴代100傑の中にもジョイナーの名前はない。 ジョイナーは公式な大会で400mを走ったことはほぼないのだ。 オルガ・ブリズギナもフローレンス・ジョイナーもドーピングの疑惑はあるものの、発覚したことはない。 が、ジョイナーはソウル五輪の10年後、1998年9月21日に心臓発作で急死した。 享年38歳。 やはりドーピングの闇は深いのだ。

次の