ねこくん 設定。 フォートナイトのプレイヤー、ねこくんという方の設定についての質問...

ぼぶくんの感度・設定やボタン配置は?強さや世界記録の動画【フォートナイト】

ねこくん 設定

おすすめの設定 画面 画面設定でマストなのは、 Vsyncとモーションブラーのオフ。 この2項目をオンにすると表示遅延が発生したり余計なエフェクトがかかるため、あらゆるプレイヤーがオフにすることを推奨しています。 他には、「 最大フレームレート」をディスプレイのリフレッシュレートに合わせておきましょう。 ディスプレイの詳細設定から確認できるはず。 合わせないとどうなるかは知りません。 「 描画距離」~「 ポストプロセス」は全部最低でやってるプロもいるそうなので、処理落ちしない範囲でお好みです。 描画距離なんてエピック必須みたいな気がしますけど、そうでもないのが驚き。 ゲーム ゲームタブは、感度をしっかり調整しましょう。 「 マウスのX軸・Y軸感度」は通常時の感度で、「 マウスターゲット感度」はスナイパー以外の照準(覗き込み)感度、「 スコープ使用時マウス感度」はスナイパーの照準(覗き込み)感度となっています。 下の方にスクロールして、「 ターボ建築」と「 素材自動切り替え」はオン必須で、多分初期でオンになっています。 一番下にある「 消耗品を右側に自動ソート」は、開幕時に敵の目の前で武器と間違ってポーション飲んじゃった、なんて事故を減らせるので私はオンにしています。 オーディオ フォートナイトは足音で相手の位置を判断するので、しっかり足音が聞こえるレベルまで「 効果音の音量」を上げておきましょう。 私が設定でいじったのはこれくらい。 おすすめのキー配置 続いてキー配置。 前半は初期のまま。 この辺はややこしいんですけど、「 武器スロット1」はマウスホイール・押す、「 武器スロット2」はマウスホイール・引くを使用しています。 何故左側に置いていないのかというと、アイテムスロットが横に間延びして見づらいため。 (設定すると分かります) これによりマウスホイールをコロコロしても武器スロット1か2しか選択できなくなるので、「 武器スロット3」はC、「 武器スロット4」はVで、それぞれ人差し指と親指で押す形。 「 武器スロット5」は数字の5のままで、もはや咄嗟に押せません。 回復アイテム専用スロットと化しています。 「 Toggle Harvesting Tool」はツルハシへの切り替えでTab。 翻訳はよ。 「 壁・床・階段・屋根」は、フォートナイトのキモである 建築のキー。 色々と試して、自分の押しやすいキーを探すのが一番です。 私も何回か配置変えてコレに落ち着いてます。 この時、滑らかに切り替えられるよう「薬指は壁、人差し指は階段」といった具合に、1本の指に対して1種類の建築物を割り当てることをおすすめします。 「 建築物の回転」は完全に捨ててます。 下手に押せるキーにしたら暴発して変な方向の階段とか建てちゃうので・・・。 その後は特に特筆すべき点は無く~ こんな感じでフィニッシュ。 まとめ フォートナイトって初期設定こそぶっ飛んでるものの、「必ずこうすべき」という設定はそんなに多くありません。 なんせマウス探し中な私は現在3ボタンマウスを使っており、本来マウスのサイドボタンに割り当てたい項目も無理矢理キーボードに配置しています。

次の

フォートナイトのプレイヤー、ねこくんという方の設定についての質問...

ねこくん 設定

目次!• マウス、エイム感度設定方法 ゲーム内設定 フォートナイトのエイム設定は右上から歯車ボタンのオプションを開く。 そこの「ゲーム」の箇所からコントローラーやマウスのエイム感度を調整することができます。 マウス、エイム感度オススメ FPS、TPSの経験があまりない方はまずは 「 できるだけ低い感度から始めると良い 」 と言われています。 マウス感度が高ければ高い程敵に標準が合うまでの時間が短縮されるのでゲーム理論上はマウス感度が高い方が最強です。 しかしマウス感度が高すぎることで自分のプレイスキルが追いついてない問題点としては ・エイムが敵を追い越して、それを戻すのにまた追い越して、、、、という動きをしてしまい結果弾を当てることができない 的までの理想エイム 不慣れな人のマウス感度が高すぎて制御できていないエイム 不慣れな人のマウス感度が低いエイム というようにマウス感度が高いことで制御できていないとターゲットを追い越してしまうエイムをしてしまいます。 実際にマウスを動かす距離で考えてみますと振り向き 20センチの人の敵のサイズは実質振り向き10センチの人敵サイズの2倍です。 単純に 感度が2倍高いと当てるのも2倍難しくなります。 振り向き20cmの人と2cmの人では敵のサイズが10倍違うので10倍難しくなってきます。 なので振り向きの距離を長くすればするほど敵までのエイムに時間がかかってしまいますが敵のサイズが大きくなり、結果低い感度の方がエイムが良くなります。 ウルトラハイセンシ ~5cm スーパーハイセンシ 5~10cm ハイセンシ 10~15cm ミドルセンシ 15~20cm ローセンシ 20~25cm スーパーハイセンシ 25~30cm ウルトラローセンシ 30cm~ ハイセンシ、ローセンシのメリット、デメリット ・ローセンシ メリット エイムが速いので近距離戦が強い。 カメラ操作が楽。 リコイルコントロールが楽。 デメリット 遠距離の精密なショットが難しい。 mouse-sensitivity. この画像は1周回すまでの距離であり一番多かったのは振り向き20~22. 5cm 一周40~45cm 次に17. 5~20cm。 なので 世間FPSプレイヤーのマウス、エイム感度の最適解としては 20~22. 5cm。 FPSを始めて初心者の方はここらへんのエイム感度から練習することをおすすめします。 すぐに感度を変えず1週間はプレイしてみる事をおすすめします。 一つの参考にしてみてください。 スタイリッシュヌーブ 振り向き 約4cm やまとん 約5cm スパイギア 約13cm シャカ 約18cm ダステルボックス 約17. 5cm シュラウド 約17. 5cm グリムズ 約8. 5cm PS4のエイム感度は? PS4ユーザーはコントローラーでプレイするのでローセンシとかハイセンシとか基準が分かりにくいですよね。 このサイトではローセンシをおすすめしているので 「後ろを向くのがだるい」「カメラ操作だるい」 くらいの感度にしてみてください。 後ろの対処をほとんど捨てる代わりに前方にいる敵にリソースを全力で使うエイム感度になっています。 なのでスナイパーやアサルトライフルが当てやすい感度なので遠距離狙撃はバッチリ! しかし建築をガンガンしていくゲームでもあるので建築はセンシが高い方がやりやすいのが悩みどころ。 スポンサーリンク マウス加速設定 PCで行うマウス加速の設定。 PS4勢は設定しなくとも大丈夫です。 マウス加速とは? マウスを動かしたときの「マウスの動かす速さ」によってマウス移動距離が変わる設定です。 マウス加速がONになっていると現実のマウスの移動距離と画面のエイム距離が一定ではないのでFPSではオフにすることが基本となっています。 マウス加速をオフに windowsのマウス加速とマウス本体のマウス加速を切る二つの方法があります。 ゲームによってはゲーム内設定でもマウス加速をオフにする必要があります。 windowsのマウス加速 スタートボタンからコントロールパネルを開く そこの「ハードウェアとサウンド」から「デバイスとプリンター」にある「マウス」をクリック ポインターオプションの項目から ポインター精度を高めるのチェックを外してください。 以上の二つを行えばマウス加速設定をオフにできます。 おすすめアクセサリ ローセンシ用 スティックを長くしてエイムで微調整ができるようになるアクセサリ。 1000円未満なのでかなり人気。 まとめ 今回は【フォートナイト】マウス、エイム感度おすすめ設定まとめ! といった内容で情報をまとめてみました。 いかがだったでしょうか? 今回の内容をまとめますと ・始めたばかりの方はローセンシがおすすめ ・ハイセンシは近距離戦の素早いエイムが得意でローセンシは遠距離狙撃などが得意 ・FPSプレイヤーには振り向き20~22. 5cmが最適と思われている ・PS4だと「振り向くのがだるい」「カメラ操作だるい」くらいが当てやすい ・マウス加速は切りましょう という事でした。 今回もありがとうございました。 また次の記事でよろしくお願いいたします。

次の

PC版フォートナイト 軽さと見やすさ重視の画質設定

ねこくん 設定

各設定項目の解説 設定項目をそれぞれ深堀りして説明します。 動作は同じ解像度の場合フルスクリーンモードよりも重い。 フルスクリーンモードでモニターの解像度に合わせると重くなる状況で、解像度を下げてプレイするならウィンドウモードで起動するのはアリ。 でも、結構やりにくいので重い場合の1つの手段として知っておくぐらいで良いと思います。 PCスペックだけ良くてもモニターが60Hzだと、ゲーム内は240fpsで処理されますが実際に見る画面は60fpsと同等になるため、ほとんど意味がありません。 240fpsでプレイするなら240Hz対応のゲーミングモニターを用意しましょう。 240fpsを出せない場合、使用しているPCスペックによって上限を設定してあげる方が良いです。 基本は100%にしておくべきです。 数値を下げると引き伸ばして表示されるため、画質が荒くなって見にくくなります。 エピックに設定すれば超遠方まで描写されるものの、描画距離が要因で優位に立てるケースはそこまで無いと思います。 結構負荷が掛かるので『中』ぐらいがベストです。 上げれば上げるほど影がリアルに描写されます。 エピックは結構キレイ。 でも、影のせいで暗くなって視認性が悪くなるためオフ推奨。 オフだと完全に影がなくなります。 オフだと荒く描画されるので、よく見るとギザギザ。 設定を上げていくと滑らかな描画になるものの、遠景や遠くにいる敵がボンヤリ見えて視認性が悪くなります。 負荷は少なめなのでお好みで。 個人的にはオフが見やすい。 低にするとキャラの服の質感などが味気なくなります。 ただ、フォートナイトの低設定は以外と見れるレベルなのでこだわらないなら低でも問題ないレベルだと思います。 個人的にテクスチャを上げると視認性が良くなるので『高』を推奨。 低でも全然問題ないですが、ちょっと上げる方が発砲時のマズルフラッシュによる視界の遮りがマシに感じるので中にしています。 あと、宝箱の発光が目立つようになります。 低だとグレネードの軌跡 飛んでいくときに見える煙の線 が表示されなくなりますが、見えようが見えまいが、有利不利が大きくあるようには感じません。 光源がリアルになって暗い場所がより暗くなったり、明るい場所がより明るくなったり。 色ずれなどのエフェクトが掛かったりもします。 邪魔でしかないのでオフ推奨。 垂直同期を細かく説明すると難しいので基本的にはオフでOK。 オンにすると視点移動操作に遅延が発生します。 全く必要ないのでオフ安定。 低スペックでオンにするとfpsが落ちてしまう。 逆にハイスペックでオンにするとfps向上が狙えます。 プレイグラウンド等で最大フレームレートを無制限にしてから、画面を一切動かさずにマルチスレッドレンダリングをオン・オフしてみて、fpsが上がるようならオン。 下がるならオフにしましょう。 -USEALLAVAILABLECORES -lanplay 上記をコピペでOK。 保存とか適用ボタンは無いのでそのまま戻って問題無しです。 コマンドの内容をアンリアルエンジンのドキュメントから引用しておきます。 アンリアルエンジンはフォートナイトの動作エンジンです。 USEALLAVAILABLECORES:ターゲット プラット フォームで利用可能な全てのコアの使用を強制する。 LANPLAY:サーバー接続時に、クライアントの帯域幅に制限を設けないようエンジンに指示する。 サーバー更新の 2 倍の量が発生し、クライアントの帯域幅を飽和状態にする。 引用元: 簡単に言うと「 使えるCPUコアは全部使って、ラグを減らしてね」みたいな指示をするコマンドになります。 これ以外にもコマンドはありますが、相当キツいスペックでもない限り上記2つのコマンドでOKです。 特に「LANPLAY」は 建築編集のラグが減ると感じる人も居るので絶対やっておいた方が良いでしょう。

次の