東大バフェット line。 富豪バフェット氏の超質素な生活 資産9兆円、自宅は60年前のまま

【衝撃】ウォーレン・バフェット、航空株を全売却

東大バフェット line

ニュースの内容 新型コロナウイルスの影響で人の移動が大幅に制限され、エアライン各社の売り上げが大幅に減少し、大幅な赤字に転落している状態でした。 これを受け、ウォーレン・バフェット氏は「航空会社にとって世界は変化した」「数年後に、昨年までのように人々が飛行機に乗るようになるのかが見通せない」として、バフェット氏が率いるバークシャー・ハサウェイは、保有していた航空株を 4月中に全て売却したようです。 現在までの流れ 2016年11月:航空株へ投資を再開 元々、バフェット氏は航空株に投資していた時期もありましたが、9. 11のテロ事件などの予想外の事態があり、航空業界への投資は概ね失敗に終わっていました。 それ以降、しばらくバフェット氏は航空株に手を出さなかったのですが、2016年11月、航空株への投資を再開し、それ以降買い増ししてきました。 信頼している部下であるテッド・ウェシュラー氏が「アメリカの航空業界は過当競争の時代が終わって、業界再編が完了した。 収益性の高いビジネスモデルになった」とバフェットを説得したことがきっかけのようです。 2020年2月27日:デルタ航空株を買い増し 2月27日、バークシャー・ハサウェイは暴落したデルタ航空株を買い増ししました。 買い増し額は4500万ドル程度でした。 2020年2月下旬-3月中旬:航空株に楽観的な見通しを示す 2月下旬頃から3月中旬までの時期に、バフェット氏はいくつかのメディアに出演していましたが、その中で「投資判断に新型コロナウイルスは影響しない」「持っている航空株は売らない」など航空株に楽観的な見通しを示していました。 2020年4月1日-2日:デルタ株を一部売却 バークシャー・ハサウェイがアメリカの証券取引委員会(SEC)に提出した資料によると、4月1日から2日にかけて、3億1400万ドル分のデルタ航空を売却したことがわかりました。 2020年5月3日:航空株を全売却したことを認める 5月3日、バークシャー・ハサウェイの株主総会で、バフェット氏が航空株を全売却したことを認めました。 また、2月27日のデルタ航空株買い増しについて、誤りであったと認めました。 なお、4月にバークシャー・ハサウェイが売却した株のうち、ほとんどは航空株だったようです。

次の

【衝撃】ウォーレン・バフェット、航空株を全売却

東大バフェット line

バフェットの最大保有銘柄とは ウォーレン・バフェットがCEOを務めるバークシャー・ハサウェイのポートフォリオは2,000億ドルを超えています。 そのため、分散投資が徹底されていると考えられがちですが、実際にはポートフォリオの約3分の2をわずか4つの株式が占めています。 さらに驚くべきことに、彼のポートフォリオの約40%はたった1つの株式、アップルが占めているのです。 バフェットの保有しているアップル株の時価総額は約800億ドルに相当し、その持株比率は5. 8%となっています。 あまり知られていないかもしれませんが、バフェット氏は分散投資を好みません。 同氏はキャリアの大部分において、生活必需品や金融といった少数のセクターに重点を置いており、いくつかの人気セクターへの投資を避ける傾向があります。 モトリーフール米国本社、 2020 年 5 月 28 日投稿記事より ハイテク、ヘルスケア、素材には投資しないそうです。 なぜハイテク株に投資しないのか 事業内容が一文で説明できない場合、バフェット氏はその企業への投資を望まない可能性があります。 いわゆる自分が理解できないものに投資するな、です。 なぜ仮想通貨に投資しないのか 2019年5月のバークシャーの年次総会では、記者団に対して「(ビットコインは)何もしない。 単にそこにあるだけだ。 それは貝殻か何かのようで、私にとっては投資ではない」とコメント。 「ギャンブルの道具」であり「多くの詐欺師がぶら下がっている」「ビットコインは何も生み出さない」とも話している。 バフェットに対抗できるポートフォリオとは バークシャハサウェイのポートフォリオは2000億ドルを超えているとのこと。 ハイテク+暗号資産 現役最強の個別株であるアマゾン、現役最強のサブスク銘柄であるアドビ、現役最強の暗号資産であるビットコイン この3つに分散投資して、バフェットに対抗します。 優秀 : 普通 :怠け者の比率が 25:50:25に分かれたグループを形成させます。 転職(キャリア)をきっかけにお金(ファイナンシャル)について学ぼうとする人とても多いです。 また住宅ローンのせいで仕事を続け、体調(メンタル)を崩してしまう人もいました。 間違ったネット情報(IT)のせいで、判断を誤ってしまう人もいました。 アドバイザーとして、何かしらお役に立てると思います。 老後(将来)のことはよくわからないけど、日々の生活(現実)の悩みは尽きないと思います。 コロナ影響下の元、キャシュレス還元が終わり、レジ袋が有料化されました。 次に何が起きてもいいように、あなたにも出来ることがあるはずです。 成功に近道はありませんが、行動した人だけが結果を残しています。 あなたもまずは出来ることから始めてみませんか?叶えたい夢はありますか?.

次の

「バフェット指数」とは?バブルの目安!

東大バフェット line

バフェットの最大保有銘柄とは ウォーレン・バフェットがCEOを務めるバークシャー・ハサウェイのポートフォリオは2,000億ドルを超えています。 そのため、分散投資が徹底されていると考えられがちですが、実際にはポートフォリオの約3分の2をわずか4つの株式が占めています。 さらに驚くべきことに、彼のポートフォリオの約40%はたった1つの株式、アップルが占めているのです。 バフェットの保有しているアップル株の時価総額は約800億ドルに相当し、その持株比率は5. 8%となっています。 あまり知られていないかもしれませんが、バフェット氏は分散投資を好みません。 同氏はキャリアの大部分において、生活必需品や金融といった少数のセクターに重点を置いており、いくつかの人気セクターへの投資を避ける傾向があります。 モトリーフール米国本社、 2020 年 5 月 28 日投稿記事より ハイテク、ヘルスケア、素材には投資しないそうです。 なぜハイテク株に投資しないのか 事業内容が一文で説明できない場合、バフェット氏はその企業への投資を望まない可能性があります。 いわゆる自分が理解できないものに投資するな、です。 なぜ仮想通貨に投資しないのか 2019年5月のバークシャーの年次総会では、記者団に対して「(ビットコインは)何もしない。 単にそこにあるだけだ。 それは貝殻か何かのようで、私にとっては投資ではない」とコメント。 「ギャンブルの道具」であり「多くの詐欺師がぶら下がっている」「ビットコインは何も生み出さない」とも話している。 バフェットに対抗できるポートフォリオとは バークシャハサウェイのポートフォリオは2000億ドルを超えているとのこと。 ハイテク+暗号資産 現役最強の個別株であるアマゾン、現役最強のサブスク銘柄であるアドビ、現役最強の暗号資産であるビットコイン この3つに分散投資して、バフェットに対抗します。 優秀 : 普通 :怠け者の比率が 25:50:25に分かれたグループを形成させます。 転職(キャリア)をきっかけにお金(ファイナンシャル)について学ぼうとする人とても多いです。 また住宅ローンのせいで仕事を続け、体調(メンタル)を崩してしまう人もいました。 間違ったネット情報(IT)のせいで、判断を誤ってしまう人もいました。 アドバイザーとして、何かしらお役に立てると思います。 老後(将来)のことはよくわからないけど、日々の生活(現実)の悩みは尽きないと思います。 コロナ影響下の元、キャシュレス還元が終わり、レジ袋が有料化されました。 次に何が起きてもいいように、あなたにも出来ることがあるはずです。 成功に近道はありませんが、行動した人だけが結果を残しています。 あなたもまずは出来ることから始めてみませんか?叶えたい夢はありますか?.

次の