東京 弁護士事務所。 ホーム|表参道徒歩7分 女性弁護士対応

ホーム|表参道徒歩7分 女性弁護士対応

東京 弁護士事務所

電話が苦手という方にも、 メールフォームでの無料法律相談 も行っております。 どうぞ、より気軽にご相談頂ける方をお選び下さい。 債務整理(任意整理)の流れと解決の方法としては、以下のようなものとなります。 ご相談、委任契約の締結。 各債権者に受任通知を発送します。 開示された取引履歴をもとに利息制限法による引き直し計算を行い、債務額を確定します。 各債権者へ和解案を提示し、和解交渉を始めます。 和解成立後、各債権者と和解書を取り交わします。 事務所を通じ,各債権者への支払いを開始します。 弁護士法人東京ロータス法律事務所では、債務整理の他にも、交通事故・労働問題・債権回収・離婚相談・相続問題・不動産トラブル等、 法律をめぐる様々な問題についてのご相談にも応じます。 また、法人のお客様につきましても、顧問弁護士の契約する場合,毎月の顧問料は会社の規模や業務内容に応じて柔軟に 対応させて頂きます。 お気軽にご相談ください。 弁護士法人東京ロータス法律事務所のお知らせ news 2020-04-08 新型コロナウイルスへの対策にて時短勤務を行っております。 ご依頼者、ご相談者の皆さまにはご迷惑おかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いします。 2019-12-04 令和元年12月31日から令和2年1月3日の間は年末年始のためお休みします。 2019-03-05 当事務所の名を騙る、支払い請求などの不審なメールや封書にご注意ください。 2018-12-25 12月31日~1月3日の間は誠に勝手ながら年末年始休暇のためお休みします。 2018-06-14 7月13日は社員研修のためお休みします。 2017-02-06 岡田法律事務所は弁護士法人東京ロータス法律事務所に名称変更しました。

次の

東京ミネルヴァ法律事務所

東京 弁護士事務所

経済のグローバル化に伴い、国境をまたぐ企業活動が急増しています。 これに伴い、企業が複雑で困難を伴うクロスボーダーの法律問題に直面することも増えています。 熾烈な国際競争を勝ち抜いていくためには、複雑なクロスボーダーの法律問題に、適切に対処していくことが必要不可欠です。 私達は、このようなクロスボーダーの法律問題に立ち向かう企業の皆様に対して、戦略的かつ機動的なリーガルサービスを提供することにより、最良の結果を勝ち取るためのサポートをいたします。 日本法偏重・受動的な従来型の日本的法曹のあり方から脱却し、能動的に皆様の真のニーズを探り、ビジネス視点を踏まえたリーガル・ソリューションをご提供いたします。 常に皆様の期待を大きく上回り続け、皆様のビジネスの成功に向け、最大の付加価値を提供することを目指して参ります。 皆様が、世界で勝負するための武器を提供するプロフェッショナル集団でありたい。 それが、我々、東京国際法律事務所の想いです。 2002年 東京大学法学部卒業• 2004年10月-2015年12月 長島・大野・常松法律事務所• 2011年 コロンビア大学ロースクール修士課程修了• 2016年1月-2019年3月 日比谷中田法律事務所(2017年7月よりパートナー)• 2019年4月 共同代表として、当事務所を設立 弁護士資格• 2004年 弁護士登録(司法研修所57期)• 第一東京弁護士会所属• 2012年 ニューヨーク州弁護士登録 メディアによる評価• 2019年11月 「覚悟の瞬間」にインタビュー記事(動画)が掲載される。 2020年1月 Newsweekにインタビュー記事が掲載される。 2003年 慶應義塾大学法学部卒業• 2006年10月-2013年4月 森・濵田松本法律事務所• 2010年 コロンビア大学ロースクール修士課程修了(Harlan Fiske Stone Scholar 賞)• 2013年5月-2019年3月 日比谷中田法律事務所(2015年1月よりパートナー)• 2019年4月 共同代表として、当事務所を設立 弁護士資格• 2006年 弁護士登録(司法研修所59期)• 第二東京弁護士会所属• 2011年 ニューヨーク州弁護士登録 メディアによる評価• その他役職• 2019年4月 株式会社LegalForce 社外監査役就任(現任)• 2016年6月より 経済ニューズメディア「NewsPicks」プロピッカー• 2003年 慶應義塾大学法学部卒業• 2006年 慶應義塾大学法科大学院卒業• 2008年1月-2019年3月 アンダーソン・毛利・友常法律事務所• 2012年3月-2013年7月 ヤフー株式会社出向• 2014年 カリフォルニア大学ロサンゼルス校ロースクール修士課程修了• 2015年10月-2016年10月 ブラジル連邦共和国のMattos Filho, Veiga Filho, Marrey Jr e Quiroga Advogados勤務• 2019年4月 当事務所参画 弁護士資格• 2007年 弁護士登録(司法研修所60期)• 第一東京弁護士会所属• 2015年 ニューヨーク州弁護士登録• 企業活動のクロスボーダー化に伴い、グローバルに事業活動を行う企業に適用される法律・規制は多岐に渡ります。 また、競争法や金融規制の分野では顕著であるように各国の当局同士が連携を行っている結果、当局による調査は同時に複数の国及び地域で行われることが多く、対象となる企業としては、各国における個別対応を検討しつつ、グローバル全体での対応としても齟齬を来さないようにするという非常に複雑なハンドリングが要求されます。 当事務所では豊富なクロスボーダー実務の経験を活かし、企業の皆様の負担、将来の企業活動への影響を最小化するために必要な案件のマネジメントを行います。 また、全体最適な戦略を構築し、それを個別の国・地域の実務に落とし込み実行に移します。

次の

2019年全国法律事務所ランキング (所属弁護士数)

東京 弁護士事務所

司法修習の同期であった私たちは、京都での司法修習時代、よく理想の法律事務所について意見をだしあっていました。 それから約8年の時を経て、当時の夢を実現したいという想いから、今般、2人でともに事務所を開設することになりました。 事務所名のもととなっている「familiar」(英語)という単語には 「親しい・馴染み深い」という意味があり、「familia」(スペイン語)という単語には 「家族」という意味があります。 弁護士は理屈っぽくて話しにくい・・・というイメージからか、法律事務所は敷居の高い場所だと思われがちです。 ですが、私たちは、弁護士のそんなイメージを払拭し、お客様にとって親しみやすく、気軽に足を運べる場所でありたいと思っています。 当事務所は、 「あなただけの顧問弁護士に」をスローガンにかかげ、小さな問題から大きな問題まで、どんなことでもご相談にのります。 私たちは、 お客様の満足度にこだわります• 「今」だけではなく 「10年後」「20年後」を見据えたサポートを提供します• 粘り強く問題解決に取り組みます 女性ならではの繊細な視点で事件に向き合い、 きめ細やかなサポートと思いやりのある対応で、総合的な法的アドバイスを提供します。 是非、お気軽にご連絡ください。

次の