匂い 玉 とる。 至急お願いします。膿栓(臭い玉)について。

臭い膿栓の取り方にはコツがあった!安全で嘔吐反射しない方法とは

匂い 玉 とる

取れない臭い玉の取り方とは? くしゃみやせき込んだときや寝てる時などにぽろっととれる「膿腺」。 臭い玉という名前が一般的ですが、これは 細菌の死骸の塊です。 確かにためしてガッテンでもやってましたね。 臭い玉(膿腺)の正体は歯周病菌や大腸菌などの悪臭をはなつ悪玉菌の死骸です。 大腸菌の仲間であるため臭いもそれらが出すガスに近い大便のようなドブの腐ったような悪臭です。 「え?1人?その人ってなんで臭い玉あったの?」 と思いますよね? 臭い玉ができやすいのは 冬場に多く、 唾液の質が悪くなったり口の乾燥が臭い玉の原因となります。 もちろん臭い玉は夏場にもできるんですが、• 鼻づまりによる口呼吸• 風邪など扁桃腺に負担がかかりやすい• 空気の乾燥して唾液が乾いたり、ネバネバしやすい など冬場は臭い玉ができやすい、いろんな条件がそろいやすいんです。 ためしてガッテンでもこの臭い玉がある1人を調べた結果 その人は口呼吸だったということがわかりました。 口の乾燥は様々な口臭の原因として知られていますが、乾燥によって歯、舌、舌苔などに細菌が増えたり、 唾液の質が悪くなるために 臭い玉がたまりやすい原因になることもあるんです。 なので舌苔が増える状況である唾液不足、ドライマウスを防ぐこと、そしてサラサラした唾液を出すことが口臭予防には大事です。 こちらも参考に 臭い玉が取れない 臭い玉自分で意識しない時は案外取れるものです。 寝てる時とか力が思い切り入ったとき、またはくしゃみの時などに取れます。 ただしいざ取ろうと思うと取れないんです。 いきんでみても、のどを刺激しても取れないんですね。 そう、臭い玉は自分で意識してなかなか取れないんです。 ただ、どうしても取れない・・けど取りたい! という人も多いようで臭い玉の取り方について書いてみます。 臭い玉のある場所は扁桃 扁桃は喉の両脇にあってボコボコとしてる部分で そこに臭い玉がたまりやすいんですね。 この扁桃腺の穴に臭い玉はできて人に よっては大きくたまる場合があります。 臭い玉を取る方法とは? この臭い玉の取り方として海外のやり方を見てるとほとんどが ・綿棒で押さえて取り出す ・金属の耳かきのようなもので押し出す ・水で洗い流す 感じです。 扁桃腺の部分を押すと臭い玉がたまってる場合ブニュっと出てきます。 つまり大きい膿腺は比較的カンタンに取れるんですね。 臭い玉を取るときの水はただの水よりも生理食塩水の方が刺激が少ないのでおすすめです。。 道具はスポイトタイプが多いですね。 ちょうど動画がありました。 耳鼻咽喉科でも臭い玉は取れる?費用は? あまり知られていませんが耳鼻咽喉科でも臭い玉は取ってくれます。 膿腺の除去・陰窩の吸引については、 保険が適用となりますので千円以下で可能です。 耳鼻咽喉科での取り方も同じように専用の金属の器具で 押し出したりするような感じでとってくれます。 ただし 耳鼻咽喉科でも膿腺の除去をやってないところも多いので 最初に電話などで膿腺除去をやっているのか確認しましょう。 なので単に臭い玉を取るのが楽しい場合は良いのですが、 口臭予防の目的で臭い玉を取るとどんどん臭い玉がたまりやすい 口臭体質になります。 え?うそでしょ?と思われるかもしれませんがこれは 事実。 イチゴ鼻の角質と同じで、取ればとるほどどんどん臭い玉のたまる穴が大きくなります。 その結果、臭い玉がどんどん増えて口臭がきつくなります。 扁桃腺あたりの粘膜が傷つくとそこで細菌との闘いが生まれるので 扁桃炎になってしまいます。 扁桃炎は臭い玉ができる大きな原因になるので、結果として臭い玉ができやすくなります。 実は臭い玉より厄介なのは 膿汁(のうじゅう)と呼ばれる臭い玉ができる前の液状のものの存在。 ニオイは当然臭い玉と同じで、めちゃくちゃ臭いんですが、これは取るのは不可能。 臭い玉がないのに相変わらずニオイが扁桃腺から出てるのはこの膿汁のせいです。 奥に入り込んだ臭い玉や膿汁などは取り去ることはほぼ不可能だからです。 そもそも前述のとおり、 臭い玉ができやすい人は口の乾燥などの唾液不足が根本的な原因。 口臭の原因そのものがなくならない限りはいつまでも口臭に悩まされてしまいます。 確かに臭い玉そのものは口臭の原因ですが、その臭い玉ができやすい状態が問題なのです。 口臭をなくしたいのであれば、臭い玉ができにくい状態にすることが一番です。 臭い玉ができにくい体質をする方法はこちらを参考に.

次の

臭い玉は積極的にとるべき!【臭い玉の有害性】

匂い 玉 とる

膿栓がすぐ近くまで出てきてるか、自分で確認できる裏ワザ!? > > 膿栓がすぐ近くまで出てきてるか、自分で確認できる裏ワザ!? 『プ、フーーッ』 ども、キャンです。 膿栓が、とれる位置まで出てきているか、自分で確認する方法について書いてみました。 そう、ゴクリとね 飲みました? ツバを飲み込んでいる最中、 『ベロの付け根あたりからベロの先端くらいまで』と『上あごの裏側部分』がしっかりとくっついて、真空状態?になるとき がありますよね? (なんか僕の下手くそな文章で表現すると、かえって難しく聞こえますが、ツバをゴクっと飲んだとき、ベロ全体が、上あごの裏部分と、くっつきますよね。 そのことを言っているだけ) で、その、ぴったりとくっついている真空状態のときに、息を止めて、 ベロの付け根と上あごの間に勢いよく、空気を「プッ」と送り込むと同時に、鼻から「フーーッ」て息を出します。 音で表すと、なんとなく『プ、フーーッ』って感じです。 「プ」がベロの付け根と上あごの間に勢いよく、空気をだした音で、「フーーッ」が鼻から空気をだした音。 だから、連続して表現すると、『プ、フーーッ』って感じです。 同時というよりも、「プ」のほうが、先かな。 なんか、文章で書くと、難しそうな動きをしているように感じますが、やっている動きは、別に複雑ではありません。 「プッ」と空気を送りこんだら、鼻から空気をフーってだす。 そうすると、膿栓が顔をだしていたり、もう少しで出てきそうなくらい浅い位置にある場合、 喉の奥から、あの膿栓の独特のにおいがしてくるのを、フーッって鼻から空気をだしたときに、自分の鼻で確認できる はずです。 スポンサード リンク 『プ、フーーッ』、クセになってます 僕は、この方法で、膿栓が、近くまで出てきているか、毎日、確認しています。 というか、わざわざ確認しようとするわけではなく、なんとなくこの動きがクセになっていて、無意識のうちにやっていたりします。 で、膿栓がすぐ顔を出していたりしたら、「うわ、クセ!膿栓臭だ…」って、なったりします。 やってみたけど、やり方がよくわからないという人は、たぶん、膿栓がたまっていないのでは? 膿栓がたまっていたら、やり方がよくわからなくても、この動きをやろうとしているときに、喉の奥から、かすかでも、異臭を感じとれるはずです。 その、喉の奥からの異臭がまったくしないようなら、たぶん大丈夫です。 たまっている人は、この動きをやろうと、プフプフしていると、「あ、クセー、なるほど、こうやるんだ!」ってわかるはずです(笑) このプフプフ、膿栓の存在を知る前から、僕は、やっていました。 ツバ飲んだときに、なんか喉の奥が臭いなあ…と思い、気のせいかなあと思っていたけど、やっぱ、ツバ飲むと、またクサい。 なんだ、このクサさは? ツバを飲んだときに、たまにしてくる、この喉の奥からの異臭。 はっきりと正体をつきとめてやろうと、四苦八苦しながら、たどり着いた方法が、この『プ、フーーッ』って方法。 それ以来、ちょくちょくやるように。 風邪ひいて、治りかけくらいのとき、『プ、フーーッ』ってやると、「うわッ、超くせー…」ってなりました。 超濃縮された下水みたいなニオイが、喉の奥からしてきて、ブルーになったのを、今でも記憶しています。 なんで俺の喉から、下水みたいなニオイがしてくるんだ……って その後、この喉の奥からのニオイ、やべーと思い、ネットで調べたら、膿栓が原因とわかり、今日にいたります。 みなさんも、『プ、フーーッ』で、膿栓が近くにでてきているか、確認してみてくださいね。 そう、膿栓とったと思っても、また数日すれば、たまって、喉の奥からニオイしてくるんですよね、、、チョベリバ スポンサード リンク.

次の

臭い玉はどこに隠れているんでしょう?【膿栓場所】

匂い 玉 とる

せきをした時にのどから小さな白い玉のようなものが出てきたことはありませんか。 これをつぶすと、とても臭いにおいがします。 この白い玉は何なのでしょうか。 私たちののどの入り口で見えるところに、扁桃というリンパ組織があります。 ここは細菌など体の外から入ってきた異物の侵入をブロックする関門です。 扁桃の表面には多数の小さなくぼみがあります。 扁桃全体の表面積を大きくすることで、効率よく侵入物を退治して体の免疫力維持に役立っています。 この小さなくぼみに、食事の残りや菌の死骸がたまり小さな白い玉を作ります。 これが時々のどから出てくる臭いにおい玉の正体で、医学的には「扁桃膿栓」と呼ばれています。 膿栓の多くは米粒大ぐらいの大きさで、食事と一緒に飲み込こんだり、うがいなどで知らないうちに取れて無くなったり、何かの拍子で急にポロリと出てくることもあります。 なかには小豆ほどの大きなもの成長したりするものもありますが、気が付かないかたが多いぐらいで、特に体に害を及ぼすものではありません。 耳の中に耳あかがたまったり、鼻の中にかさぶたがたまったりするのと同じように、膿栓も扁桃があれば誰でも自然にできるものなのです。 直接病気の原因にはならない扁桃膿栓ですが、たまることでのどの違和感が生じたり、口臭の原因になる場合もあります。 予防法としてはうがいをこまめに行うことですが、これだけで完全に除去するのが難しいときもあります。 膿栓を綿棒などで自分で上手にとっているかたもいますが、難しいかたは耳鼻咽喉科で器具を使って膿栓の吸引などの処置を行ってとることができます。 耳あかと同じようにたまれば除去するということを、扁桃膿栓の場合も何度も繰り返すことが多いです。 この処置は急性扁桃炎や慢性扁桃炎急性増悪時などの急性炎症を起こして扁桃が腫れているときや痛みがあるときには、かえって症状を悪化させることがありますから、無理をして行うものではありません。 急性炎症のある場合には抗生物質や消炎剤を内服して、炎症が治まり痛みや腫れが引いてから扁桃処置を行います。 のどをみて扁桃膿栓が気になるかたは、耳鼻咽喉科の受診をお勧めします。 診察を受けて相談してみてください。 (たきした耳鼻咽喉科 滝下照章).

次の