はっぱをかける 意味。 「はっぱをかける」ってどんな意味?使い方や語源も詳しく解説!

「発破をかける」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

はっぱをかける 意味

どういう慣用句か 発破をかける(はっぱをかける)の意味は 力強い言葉、激しい言葉で 相手の気合を入れたり、行動を後押しをすることです。 力強い言葉、激しい言葉なので 「いや、君が頑張っているのはよく分かるよ、 でも、あの、ここをもうちょっとこうしてくれたら もっといいんだけどなあ」 なんて、やさしい言い方ではありません。 「コラ! しっかりせんかい! 気合入れろ!」 みたいな激しい言葉、 もしくは 「おいおい、そんな仕事ぶりで 大丈夫と思っているのかい、 おめでたいヤツだなあ、え?」 といった、相手を挑発するような言い方の 場合に「発破をかける」という意味になります。 発破とは何か 発破とは爆薬などを仕掛けて 岩や建物などを爆破すること。 もしくはそれに使う爆薬そのものです。 トンネル工事やビルの解体で 「ドゴーン」とやるものですね、 実際に見る機会はまずないですが 映画やテレビでは一度は見たことあるでしょう。 「はっぱをかける」は漢字で書くと 「発破を掛ける」、 つまり爆薬を仕掛けるといった意味になります。 ハッパと聞いて、普通思い浮かべるのは 「葉っぱ」ですが、これは間違いで 木の葉などを相手に振りかけても しょうがないです。 まあ、慣用句ってものは ような 実に回りくどい由来があったりするので 「どうせ葉っぱを掛けることが 気合を入れる意味になる由来が何かあるんでしょ? 中国の故事でそんな逸話があったとか」 などと深読みしてしまいそうですが そんなものはありません。 そもそも発破を掛けること自体が 爆薬を使うことなので 少なくとも爆薬が発明されて以降の慣用句だと思います。 また、「はっぱかける」と 「を」を飛ばして言う人も多いですが 正しくは「はっぱをかける」です。 スポンサーリンク 類語はあるのか 「発破をかける」は 独得の意味合いの慣用句なので 類語があるようで、なかなかありません。 良く使われて近そうなのが 「背中を押す」ですが これは勇気づけて行動を促すということなので ちょっと違います。 「激励する」も同様で こちらは励ます意味があるので少し違いがあります。 「尻を叩く」はかなり近そうですが こちらはやる気がない人を しぶしぶと行動させるニュアンスなので 「発破を掛ける」のような激しいものとは これまたちょっと違いそうです。 間違えやすいのが 「激を飛ばす」で、 これは発破を掛けると同じ使い方を されることがありますが、実は間違い、 「激を飛ばす」は自分の考えを人々に伝える、 といった慣用句なので、別の意味なのです。 これについては、 こちらで詳しく書いてますので、よろしければ、ごらんください。 近い意味のものはこれらですが 類語というには少々意味が離れている感じがしますね。 使い方の注意点 この発破をかけるという慣用句、 他に同じ意味の言葉がないためか 割とよく聞くことはありますが、注意すべき点は 自分のイライラを相手にぶつけているだけなのに 「あいつのために発破をかけるんだ!」 なんて都合よく使わない。 ということですね。 そもそも発破とは、トンネルを掘ったり ビルを解体する目的でやるものです。 爆発させて何かを破壊すること自体を楽しんで ストレス解消するためのものではありません。 なので、単に怒鳴り散らして 自分の怒りを誰かにぶつけることは 「はっぱをかける」とはいいません。 そんなことをしているのは単なるダメ上司。 ビルの解体も、安全に配慮して 爆薬の位置と量を慎重に配置する職人芸です。 同様に、慣用句での発破をかけるというのも、 かなりの高等技術といえます。 一流の監督や、名教師は あえて相手に激しい言葉を浴びせたり 挑発して行動をうながすことができますが それを見よう見まねで誰かに怒鳴り散らして満足、 なんてことはせずに その結果、言われた生徒や部下が 良い方向に向かっているか、 しっかり見守っていくことが大事でしょう。

次の

「発破をかける」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

はっぱをかける 意味

どういう慣用句か 発破をかける(はっぱをかける)の意味は 力強い言葉、激しい言葉で 相手の気合を入れたり、行動を後押しをすることです。 力強い言葉、激しい言葉なので 「いや、君が頑張っているのはよく分かるよ、 でも、あの、ここをもうちょっとこうしてくれたら もっといいんだけどなあ」 なんて、やさしい言い方ではありません。 「コラ! しっかりせんかい! 気合入れろ!」 みたいな激しい言葉、 もしくは 「おいおい、そんな仕事ぶりで 大丈夫と思っているのかい、 おめでたいヤツだなあ、え?」 といった、相手を挑発するような言い方の 場合に「発破をかける」という意味になります。 発破とは何か 発破とは爆薬などを仕掛けて 岩や建物などを爆破すること。 もしくはそれに使う爆薬そのものです。 トンネル工事やビルの解体で 「ドゴーン」とやるものですね、 実際に見る機会はまずないですが 映画やテレビでは一度は見たことあるでしょう。 「はっぱをかける」は漢字で書くと 「発破を掛ける」、 つまり爆薬を仕掛けるといった意味になります。 ハッパと聞いて、普通思い浮かべるのは 「葉っぱ」ですが、これは間違いで 木の葉などを相手に振りかけても しょうがないです。 まあ、慣用句ってものは ような 実に回りくどい由来があったりするので 「どうせ葉っぱを掛けることが 気合を入れる意味になる由来が何かあるんでしょ? 中国の故事でそんな逸話があったとか」 などと深読みしてしまいそうですが そんなものはありません。 そもそも発破を掛けること自体が 爆薬を使うことなので 少なくとも爆薬が発明されて以降の慣用句だと思います。 また、「はっぱかける」と 「を」を飛ばして言う人も多いですが 正しくは「はっぱをかける」です。 スポンサーリンク 類語はあるのか 「発破をかける」は 独得の意味合いの慣用句なので 類語があるようで、なかなかありません。 良く使われて近そうなのが 「背中を押す」ですが これは勇気づけて行動を促すということなので ちょっと違います。 「激励する」も同様で こちらは励ます意味があるので少し違いがあります。 「尻を叩く」はかなり近そうですが こちらはやる気がない人を しぶしぶと行動させるニュアンスなので 「発破を掛ける」のような激しいものとは これまたちょっと違いそうです。 間違えやすいのが 「激を飛ばす」で、 これは発破を掛けると同じ使い方を されることがありますが、実は間違い、 「激を飛ばす」は自分の考えを人々に伝える、 といった慣用句なので、別の意味なのです。 これについては、 こちらで詳しく書いてますので、よろしければ、ごらんください。 近い意味のものはこれらですが 類語というには少々意味が離れている感じがしますね。 使い方の注意点 この発破をかけるという慣用句、 他に同じ意味の言葉がないためか 割とよく聞くことはありますが、注意すべき点は 自分のイライラを相手にぶつけているだけなのに 「あいつのために発破をかけるんだ!」 なんて都合よく使わない。 ということですね。 そもそも発破とは、トンネルを掘ったり ビルを解体する目的でやるものです。 爆発させて何かを破壊すること自体を楽しんで ストレス解消するためのものではありません。 なので、単に怒鳴り散らして 自分の怒りを誰かにぶつけることは 「はっぱをかける」とはいいません。 そんなことをしているのは単なるダメ上司。 ビルの解体も、安全に配慮して 爆薬の位置と量を慎重に配置する職人芸です。 同様に、慣用句での発破をかけるというのも、 かなりの高等技術といえます。 一流の監督や、名教師は あえて相手に激しい言葉を浴びせたり 挑発して行動をうながすことができますが それを見よう見まねで誰かに怒鳴り散らして満足、 なんてことはせずに その結果、言われた生徒や部下が 良い方向に向かっているか、 しっかり見守っていくことが大事でしょう。

次の

「はっぱをかける」 の由来と語源

はっぱをかける 意味

「発破をかける」の意味とは? 「発破をかける」の類語や言い換え• 「発破をかける」の使い方• 「発破をかける」を使った例文• 「発破をかける」の発破とは• 上手な「発破」のかけ方のコツ 「発破をかける」の意味とは? 「発破をかける」は【はっぱをかける】と読みます。 意味は、• 言われる本人にとって厳しく激しい言葉であったり、その言葉でやる気に火を着けられる言葉のこと• 少々手荒できつく、内容も激しいけれど、内心では応援したり励ましたりしている事 などになります。 決して木の 「葉っぱ」ではありませんので注意してください。 この 「発破をかける」は 「陰ながらそっと支える」 「注意や忠告をして窘める」と言うような柔らかく生易しいものではなく、かなり激しくある意味 「活」を入れ奮起させるような事だと思って下さい。 ですから言われた側は怒られていると感じたり、場合によっては 「何なんだよ」と腹が立ってしまうかもしれませんが、言っている側は決して怒ったり馬鹿にしているのではなく、むしろ『まだまだ全力じゃないでしょ、もっと自分の力を試しなさいよ』という愛情を含んだニュアンスで発言しているのだと理解して下さい。 発言はキツく厳しくても、なぁなぁにしたり、その場凌ぎの生半可な言葉で片付けるような行為ではないという事を表す言葉になります。 「活を入れる」【かつをいれる】 「活を入れる」とは柔道などの格闘技で使われる言葉が一般化したと言われています。 投げられて失神や気絶をする事が多い柔道の世界では、絞め技と同時に気絶した気を戻す術も学びます。 そこから転じて《気を入れて呼び起こす》から《気合いを入れる》という意味で使われるようになりました。 またよく 「活を入れる」の 「活」を 「喝」だと思っている人がいますが、それは誤りになります。 「活」は 「気」という意味なので 「入れる」が後にきますが、 「喝」は漢字の作りからも分かるように部首が《口編》です。 つまり 「大きな声を出す」といった音の響きの事を表します。 ですから 「喝を入れる」は誤用になります。 「この辺で活を入れないと益々だらけてくるでしょう。 」 など。 「発破をかける」の使い方 気合いをいれたり、勢いや物事に対してやる気の火を着ける為にする事なので、能力や才能が眠っている相手や、まだまだ全力ではない状況、可能性がくすぶっている状態などに使います。 間違っても自分の都合よくストレス発散の為に使ったり、 「? のためだ」なんていう言い訳で使う言葉ではありません。 今の状態を打破する、ぶち壊して創造する為に『発破』するのですから、感情的になったり私情を挟むシチュエーションには使えません。 逆にいうと、創造が可能であり夢や希望、将来性を見据えていなければ『発破』にならないので、簡単に 「発破を」かけてはいけませんし、エネルギーやパワーが必要なのでかける事も出来ないはずです。 また、この言葉は目上の人や自分よりも立場が上の人に対しては使わないので注意して下さい。 上手に「発破をかける」 ではどうすればいいのかといえば、まず 「発破をかける」と 「圧力をかける」の違いを理解しなければいけません。 だいたい上司という立場だけでも強い圧力になっているのです。 一言だけで部下によっては非常に重い圧力になる事もあります。 ですがそれでは根本的な事が解決をするわけではないので意味がありません。 大切な事は数字を伸ばし、その先に楽しい事がある事を理解してもらう事です。 ではどう言えばいいかと言うと、 「この部署は全く数字が伸びない。 その原因が何なのかをすぐに追究し、問題に取り組み改善すれば、給料も上がるし君達もやりやすくなり楽しくなると思う」と言うようにポジティブな発言をするようにします。 誰かと比べたりネガティブな発言をしても何の意味もありませんし、むしろ更にやる気が失せてしまいます。 「発破をかける」とは素晴らしい未来のために現状を爆破させる事なので、しっかりとコントロールをしないとただ爆発させるだけで終わってしまいます。

次の