カレン の 台所。 滝沢カレンさんの「規格外」料理本 編集者が驚いた執筆スタイル

【話題の本】『カレンの台所』滝沢カレン著 独特表現、センスの料理解説

カレン の 台所

「スッキリ」エビチリのレシピ!カレンの台所より! 大人気の滝沢カレンさん出版「カレンの台所」から、独特の滝沢カレンさん用語で説明します。 材料の分量とかはなく、感覚的なものとなります。 来週放送となりましたので、来週更新します。 ショウガ(すりおろし) お酒 長ネギ 片栗粉 ごま油 ケチャップ 豆板醤 水 酒 砂糖 塩 コショウ 酢 作り方 1.エビの殻をむき、背ワタを取ります。 2.丸裸にしたエビは、ボウルに入れ、すりおろしたショウガとお酒を振りまかしてあげます。 (すりおろしたショウガとお酒は、エビの入浴剤のようなものです。 つけておくと旨味をどこからか引き上げてくれるけれど、人間がお風呂に入った翌日に入浴剤の匂いがついていることはないように、漬け込むショウガとお酒の量は、多くても少なくても、それほどびっくりする違いにはならないので、あまり細かい分量は気にせずに!) 3.長ネギの白い部分も真ん中から縦二つに切り、刻みます。 大きさは、エビにとっての「名刺サイズ」くらいです。 4.水溶き片栗粉を少し作り、エビに纏わせます。 5.フライパンを熱し、ごま油をひいて、エビを投入します。 6.エビに火が通ったら、ネギを入れます。 7.更にケチャップと豆板醤を入れます。 豆板醤の量は、ビー玉くらいです。 8.二口飲む程度の水を加えます。 9.全体の色が真っ赤になってきたら、ケチャップの量から比べると、腰が引けた遠慮さで、酒、砂糖をちりばめます。 軽く塩コショウをふり、水溶き片栗粉を入れ、最後に、酢をお好み量入れて味を整えます。 お皿に盛り付けたら、完成です。

次の

滝沢カレンの超感覚レシピ本「カレンの台所」には分量が書いていない?見るだけで楽しい!

カレン の 台所

書籍を購入いただくと、購入者限定特設ページが見られます! インスタライブのアーカイブ映像など限定特典も盛りだくさん! この人は、日本語をこわしているのではない。 あたらしい日本語をデザインしているのだ。 糸井重里 読んだら作ってみたくなる 言葉の魔術師・滝沢カレンが綴る、人類未体験の新感覚レシピ文学! Instagramで公開した鶏の唐揚げレシピが、「独特すぎる」「文章が神がかっている」と話題沸騰中。 「冷たい何も知らない鶏肉」 「お醤油を全員に気付かれるくらいの量」 「無邪気にこんちくしょうと混ぜてください」 「二の腕気にして触ってるくらいの力で、鶏肉をさらに最終刺激」 など、「その発想はなかった! 」と思わず唸ってしまう。 独特の世界観にハマる人続出中! しかも、その言葉の通りにやってみると、本当に作れてしまうのが本書のすごいところ。 レシピとは思えないその詩的な文章は、時には食材目線にまでおよび 1つの料理ができあがるまでの壮大な物語に吸い込まれ、 実際に作らなくても、読むだけでも面白い! 本書用に新たにたっぷり書き下ろしたものを含む、豪華全30メニュ ーを掲載。 レシピだけどレシピじゃない。 なのにつくれる。 うまい。 今まで誰も読んだことのないレシピ文学です。 本書から 〜鶏の唐揚げ〜 油物がほんとは大好きで、でも油物はカロリーがやら太るやらと可哀想な扱いされがちなので、 なるべく外では油物を食べないで家で自分が作るときだけは食べていい、という決まりにしてます。 それでは私が家で唐揚げ作るときのお決まりをご紹介します。 私は味濃いのが好きなので今から話すことは味濃いと思いながら聴いてください。 薄いのが好きな方はこれから話すよりは自分で決めて下さいね。 まず、透明度まではいかないがスーパーでよく見かけるしもらうしなの、ビニール袋を二重にします。 豪快な方はジップロックなど そこに冷たい何も知らない鶏肉をいれてあげます。 やれやれとボッタリくつろぐ鶏肉に上からいくつかかけ流していきます。 まずリーダーとして先に流れるのは、お醤油を全員に気付かれるくらいの量、 お酒も同じく全員気付く量、乾燥しきった粒にみえる鶏ガラスープの素をこんな量で味するか? との程度に、ふります。 いれすぎても、いれなさすぎても、あまり変わるわけではないので気にしすぎもよくないです! そして匂いが取り柄な、ニンニクすりおろしかチューブ、生姜すりおろしか、 チューブを鶏肉ひとつにアクセサリーをつけるくらいの気持ちでつけてあげて下さい。 あとはごま油をご褒美あげるくらいにします。 最後に気前よく塩胡椒して鶏肉への刺激は終わります。 順番は自由です。 あとは開きっぱなしの入り口を柔らかく結んでください。 あとでまた開けます。 あとは自分が二の腕気にして触ってるくらいの力で鶏肉をさらに最終刺激します。 男のみなさんは自分の力を見せない程度にしてあげてください。 うわっこりゃすごい色だ! と濃さや匂いに驚かれてる方は、15分位冷蔵庫で冷やしたらもう漬けるのをやめましょう。 わぁもういい匂いだお腹すいた! 面白いくらいにブったりした鶏肉があるはずです。 好き好きな入れ物に片栗粉と少しの小麦粉を入れて潤い満タンの鶏肉を一気にパサパサ雪世界にしてあげます。 あ、その前にみなさん激熱油は用意できてますか? 私はたまにの油物なのでここは贅沢御免でオリーブオイルを170度くらい熱々にします。 飛び跳ね、指を入れるなど命かけてしないでください 熱々に見えなくてもそこは想像を絶する熱さです。 170度にいきましたら、パサパサ鶏肉をおにぎりを一握りの気持ちで「いってこい」の後押して油へ すぐさまなんかしらの反応見せたら、あ、楽しくやってるな、と見過ごしてあげてください。 何の反応もしてくれなかったら一旦取り出してください、油がまだ170度ではありませんそれは。 そして全体的に薄茶色になったら一旦油取りが紙 料理用 みたいのに移しさらなる高温に油を熱くします。 だんたんとキャピキャピ音が高くなってきたら、ほんとに出してくれの合図ですしっかりここではコミュニケーションとってください。 これ以上茶色な唐揚げみたくない! ってタイミングでもいいです。 みなさん、「何事も早くがいい」と言われても、先に190度など高温にしてしまうと焦げたり中はまだあったまってないですから、気をつけてくださいね。 そんな鶏の唐揚げの物語でした。 編集者からのコメント 料理って、こんなにシンプルで、かんたんで、楽しくて、自由だったのか! この本には、普通のレシピ本にあるようなきっちりした手順も、 大さじ1とか細かな分量もいっさいでてきません。 でも、カレンさんが紡ぎ出す魔法のような言葉を頼りに台所に立ってみると、 まるで食材たちとおしゃべりするような、不思議な世界へと連れ出されます。 さあ、カレンの台所を一緒に体験してみませんか? きっとあなたの台所の景色も、今日から変わって見えるはずです。 主婦歴19年。 全く料理の腕が上がらず旦那からも「美味しいご飯が食べたいから俺が作るよ。 」と料理は全任せ。 思春期の息子からは「お腹空いた。 」と言われ作って出すと「ごめん。 やっぱりお腹空いてないや。 」と言い冷蔵庫をあさられ、メシマズ豚とあだ名を付けられる母です。 そもそも料理が嫌いだから上達するはずもありません。 そんな時、テレビでカレンちゃんの料理本が紹介されていて内容も面白く挿絵も可愛くて即予約しました。 届いて早速5年生の娘と豚の角煮を作りました。 「お醤油とみりんとお酒はどのくらい入れるんだっけ〜?」 「豚バラたちの足元埋まるくらい同じ量ずつだよ〜」と読んでもらいながら楽しく作れました。 思春期息子に恐る恐る麻婆豆腐を出しました。 初めは警戒していましたが、「一口だけ食べてみるかと思って食べたら意外に美味しかったよ。 」と残さずに食べてきてくれて嬉しくて泣きました。 カレンちゃんのお陰で料理をしよう。 次は何を作ろう。 という気持ちになれたし、美味しいと言ってもらえるまでになって本当に感謝しています。 早く第2弾を出して下さい。 料理経験も興味もゼロで料理とは縁遠かった元サラリーマン62歳男性です。 ステイホーム遵守のため、三食家で食べることになり、本屋さんでカレンさんの名前を見て偶然手に取り買ったものです。 読んでびっくり!Webで検索できるレシピや他の本とは全く違います。 「自分のための料理ってこんなに、はちゃめちゃに楽し〜いよ」ってう カレンさんの想いが前のめりに出ていて、料理にグイグイ引き込まれていく自分に気付きます。 他の料理本のレシピは、「大さじ何杯、何グラム」とか決められた数字があり、それにしっかり頼りますので、それを繰り返せば、自分の感覚は、どんんどん失われていくことになります。 でもカレンさんのレシピは、縛られる要素がなく優しく寄り添う感じですから、自由に、のびのび料理ができ、自分の感覚もどんどん研ぎ澄まされていきます。 また、カレンさんは具材を調理処理の対象ではなく、尊敬して、会話しながら最高のおもてなしをして、最高のパーフォーマンスを出してもらう、いわゆる具材との協同ワークをしてる感じです。 「海老に息が詰まる片栗粉」「ジャガイモは堂々と自信を持った形に変えていきます」「ごゆっくりおくつろぐいただき・・・・」など思わず、微笑んでしまう表現もいっぱいです。 カレンさんの料理は「命をいただくもの」への感謝の気持ちと愛に満ち溢れています。 料理とは何ぞ? 年齢は関係ありません! 読めば、誰でも、そこから料理が はちゃめちゃに楽しくなります! 第二巻の発売、心待ちです! 一人暮らしを始めてから「食費が勿体無いから失敗したくない、美味しい物を食べたい!」という気持ちが強く、料理への失敗を恐れていました。 なので、レシピを探すのに時間を無駄に費やし、料理を始めてからも、分量や工程を事細かに確認しては作業して…料理って大変だなぁ、と思っていました。 そんな中、本屋で出会ったカレンさんのレシピ本。 開いてみると、楽しげなストーリー、かわいい絵、美味しそうな写真…本当にレシピ本?って疑うほど可愛く読みやすくて。 一目惚れし、即購入。 帰宅して、いざ挑戦です。 ストーリーという名のレシピをわくわくしながら読み進め、味見をしつつ、気楽にできました。 料理ってこんなにサクッと楽しみながらできるのか、と感動し、それ以来前向きになれました。

次の

【電子書籍】カレンの台所 試し読み!イラストは誰?分量やレシピ数!評価・評判【滝沢カレン】

カレン の 台所

ピーマンは近づいてみたら、いい奴だった ハンバーグが大好物という滝沢カレンさん。 そんな彼女の価値観を変えたのが、 ピーマンの肉詰めという存在だったそうです。 「ハンバーグが大好きで、なんでこんなにハンバーグばっかりと心細くなるほど作ってました。 それまで肉を何かに詰めたいなんて考えたこともなかったというか、そんなの知らなかったんですが、20歳くらいの頃、Webで初めてピーマンの肉詰めを見て、『 ピーマンに肉詰めていいんだ!』と衝撃を受けたんです」(滝沢カレンさん) もともとピーマンは好きではなかったカレンさんでしたが、「色がすごくキレイでやってみたい!」と思い立ち、ピーマンの肉詰めにトライしてみたのだとか。 「これが、ピーマンを好きになれたきっかけですね。 意外と良いとこあるじゃん、みたいな。 近づいてみたら、いい奴だったんです。 ハンバーグには足りなかったシャキシャキ感があってお見事でした。 そのうちピーマンのきんぴらとか、ほかの料理にも使えるようになって、ピーマンの味っていつの間にか受け入れてるんですよね。 勝手に歩み寄っちゃって、好きになってる。 ピーマンのおいしさは味というより食感ですね。 ピーマンって本当にすごい実力だと思います。 火を入れてもピーマンだけは強いですから」(カレンさん) ということで、全3回でお届けしてきた「カレンの台所の舞台裏・後編」は、カレンさんお気に入りの「ピーマンの肉詰め」のレシピをご紹介します。 肉を何かに詰めたくて仕方ない方におすすめです。 お集まりいただくのはピーマンに、豚ひき肉多め、牛ひき肉少なめ、玉ねぎ、お麩、卵です。 途中まではハンバーグを作る気持ちと被っていいですので、玉ねぎをみじん切りしましたら、ボウルにひき肉全て、玉ねぎみじん切り、お麩を崩しに崩した粉、卵、塩胡椒をややむせるほど、マヨネーズを宝石を一粒添える程度入れ、 硬すぎず柔らかすぎずの肉質に変えていきます。 ピーマンの帽子になっている部分をギリギリ切り、足もギリギリに切り、それをさらに半分に切って2つの筒にします。 顔を出したくなるような筒ピーマンを何個かお作りしましたら、なんかしらの空間で片栗粉が ピーマンひとりひとりに嫌がられない程度にまとわりつけます。 そうしたら、先ほど力尽くで作った肉の塊を 筒ピーマンの部屋へ埋めていきます。 新居を見つけた肉は少し丸まり優しくなったような表情をしてるはずです。 全てに部屋を与えたら、 フライパンという土地にそれを建てていきます。 土台が茶色く土づいたらひっくり返し、屋根も床も火をしっかり通して、さらなる丈夫な筒にしていくためにお酒を全員にあたる程度入れ、蓋をして蒸し焼きにしていきます。 4~5分蒸しましたら、もうしっかり 独り立ちできる部屋の完成ですので、フライパンからお皿へお引越しお願いします。 空き地になったフライパンにケチャップと中濃ソースに少しのお酒を足し全てを煮詰め、 筒ピーマンたちに敷金返すつもりでお塗りください。 そんな引越しが成功したピーマンの肉詰め物語でした。 ピーマンしか住む家を選べない選択の無さにうつむくひき肉たちがいるのなら、 椎茸のように床のしっかりした住居だっていいです。 ナスの身を縦に半分にして身をくり抜き、皮だけの空間にまるで海賊船に乗るようにひき肉を入れたっていいです(くり抜いた身はどこかにお使いください)。 レンコンを薄く切り、集合住宅のように窓がたくさんあいた場所にひき肉を埋めたっていいです。 ひき肉の住居を探してあげる 不動産屋は私たちだということです。 しっくりくる食材にお試しください。 レシピとは思えないその詩的な文章は、時には食材目線にまでおよび、1つの料理ができあがるまでの壮大な物語に吸い込まれ、実際に作らなくても、読むだけでも面白い一冊となっています。 レシピだけどレシピじゃない。 なのにつくれる。 うまい。 滝沢カレンさん (撮影/三輪友紀) 1992年、東京生まれ。 2008年、モデルデビュー。 現在は、モデル以外にもMC、女優と幅広く活躍。 主なレギュラー出演番組に『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ)、『沸騰ワード10』(日本テレビ)、『伯山カレンの反省だ!! 』(テレビ朝日)、『ソクラテスのため息~滝沢カレンのわかるまで教えてください~』(テレビ東京)など。 【Instagram】 【クックパッド】.

次の