ヘスス バジェホ。 ヘスス・バジェホとは

ヘスス・バジェホのプロフィール

ヘスス バジェホ

関連ニュース レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督がスペイン代表DFセルヒオ・ラモス 34 の将来に語った。 スペイン『アス』が伝えている。 2005年にセビージャから加わり、プレー面だけでなく、主将としても長らくレアル・マドリーを引っ張るS・ラモス。 2021年に失効する契約状況もあり、今後の動向に注目が集まっている。 ジダン監督は24日にホームで行われたラ・リーガ第31節のマジョルカ戦後、去就不透明なS・ラモスに関しても触れ、レアル・マドリーの選手としての現役引退を期待した。 「セルヒオは選手として、ここに属している。 ここに何年もいて、ここで引退すべきだ。 それこそ私の考えであり、それを支持する」 マジョルカ戦でも見事な直接FKからゴールを決め、ラ・リーガの1シーズンにおけるDF最多得点記録まであと1得点に迫るS・ラモス。 契約延長を巡り、様々な憶測が飛び交っているが、果たして…。 2020. 26 18:15 Fri 元オランダ代表MFヴェスレイ・スナイデルが、レアル・マドリーでの私生活の乱れを明かした。 スペイン『マルカ』が伝えている。 オランダの名門アヤックスでプロキャリアをスタートさせ、すぐに才能を開花させたスナイデルは、2007年夏に移籍金2500万ユーロ 約30億円 でマドリーへ加入。 加入初シーズンはリーグ戦30試合で9ゴール7アシストを記録するなど、活躍を見せ、チームのリーガ制覇に貢献していた。 しかし、背番号「10」を背負って迎えた2シーズン目は、ケガに苦しむと共に、リハビリ中の不倫発覚や、それに伴う離婚と慰謝料関連で裁判沙汰になるなどピッチ外の問題が顕著化し、2009年にインテルへ移籍していた。 昨年8月に現役引退を発表したスナイデルは、自伝を出版。 この中で、レアル・マドリーでの過去について赤裸々に告白した。 「私は若く、成功や目立つことが好きだった」 「マドリーでは悪いことが起きたが、それはドラッグではなく、アルコールの問題だった」 「ビッグスターの生活に慣れてしまったんだ。 レアル・マドリーの選手として街へ繰り出し、そこにいる人たちに何十万も奢ってあげたりすれば、どこでもチヤホヤされた」 「それによって何かを失っていたわけではなかった。 試合では良いパフォーマンスを見せることができていたからね。 ただ、私がもっと上手くなることができたとは言われている」 「いつも1人だったし、小さかった息子のジェシーにもほとんど会いに行かなかった」 「1人にしかなれなかった…そして気付かぬうちにウォッカが親友になっていた」 「フィジカル面へのアルコール影響は自分では気付かなかった。 どんなに飲んでも 次の日は何事もなかったかのように起きられた」 「ただ、トレーニングを続けているのに、毎日のように自分が下手になり、明らかに集中できていなかった。 でも、全てが上手くいっていると自分に嘘をつき、自分のフットボールIQだけに頼ってプレーした」 「コンディションはドンドン悪化し、あまり走らなくなったし、監督からも隠れるようになった。 誰も問題には気付かないと思っていたんだ」 スナイデルの自伝はオランダで26日に発売される予定だ。 2020. 25 22:05 Thu 意外な記録といっていいだろう。 レアル・マドリーがフリーキックからゴールを記録したのは久々のことだった。 マドリーは、24日にラ・リーガ第31節でマジョルカと対戦。 2-0で勝利を収めていた。 2018年夏にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがユベントスに旅立って以降、決定力不足に悩んでいるマドリー。 ドイツ代表MFトニ・クロースや、クロアチア代表MFルカ・モドリッチ、ウェールズ代表FWガレス・ベイルなど世界屈指のプレースキッカーが在籍しているものの、直接FKからはゴールを奪えていなかった。 そうしたなか、マジョルカ戦の1-0で迎えた56分にボックス中央手前でFKを獲得。 DFセルヒオ・ラモスが放ったシュートがゴール左隅に決まり、追加点を奪った。 スペイン『マルカ』によれば、直接FKが決まったのは528日ぶり。 最後に直接FKからゴールを記録したのは2019年1月13日のラ・リーガ第19節のレアル・ベティス戦で、今シーズンはアーセナルにレンタル移籍中のスペイン代表MFダニ・セバージョスが決めていた。 2020. 25 16:10 Thu サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。 今回の企画『Incredible Goals』 信じられないゴール では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元オランダ代表FWルート・ファン・ニステルローイ氏がレアル・マドリー時代に決めたゴールだ。 ファン・ニステルローイ氏はマンチェスター・ユナイテッドでの活躍の後、レアル・マドリーに3年半在籍し、公式戦通算96試合で64ゴール16アシストを記録した。 中でも2007年4月21日に行われたラ・リーガ第31節のバレンシア戦でのゴールは見事だった。 スコアレスで迎えた18分、マドリー攻撃陣が魅惑の連携を見せる。 まずはボールを持ったFWゴンサロ・イグアインがMFマハマドゥ・ディアッラとワンツーでのパス交換。 これをFWロビーニョにはたくと、ロビーニョはヒールでMFフェルナンド・ガゴに落とす。 ガゴはダイレクトでがら空きの左サイドにボールを出すと、オーバーラップしたDFミゲル・トーレスが左足でクロス。 これをファーサイドで待ち構えたファン・ニステルローイが体をぶらさずに右足をジャストミート。 少しアウトにかかったボレーシュートがサイドネット左に突き刺さった。 イグアインの最初のパスからはすべてダイレクトという宿敵バルセロナさながらの連携と、それを仕留めるフィニッシャーのファン・ニステルローイという当時のマドリー攻撃陣の素晴らしさが詰まったゴールだった。 2020. 25 11:45 Thu レアル・マドリーのブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールが、マジョルカ戦の活躍を喜んだ。 クラブ公式サイトが伝えた。 ヴィニシウスは24日に行われたラ・リーガ第31節のマジョルカ戦にスタメン出場。 19分にMFルカ・モドリッチのスルーパスからボックス左に抜け出すと、GKの頭上を越すループシュートを決めて、ゴールを記録した。 2-0の勝利に貢献したヴィニシウスは試合後、試合内容に満足感を示し、ベルギー代表MFエデン・アザールとの初共闘にも言及している。 「今日の試合には本当に満足している。 僕たちはホームで一生懸命ハードワークをした。 できる限りの最高のフォームで戻ってきた。 中断前から始めていたが、コンディションがフィットするように家で一生懸命練習をしたのは事実だ」 「ワールドカップのようなものだ。 残りの数試合はね。 最初から集中する必要がある。 僕はいつだって改善することに努めている。 コーチはいつも僕が良くなるたにいつも手助けしてくれる。 レアル・マドリーで進化を続けたい」 「アザールは素晴らしい選手だ。 今日の試合でジダン監督は僕たちを始めて一緒にスタメンにしたけど簡単にプレーできた。 素晴らしかったよ」 2020. 25 11:35 Thu.

次の

ヘスス

ヘスス バジェホ

2017. 19 こんにちは、幼稚園児の時に買ってもらったぬいぐるみを今でも捨てきれずたくさん持っている男、づんづんです 今回はバイエルンミュンヘンへ移籍したハメスロド[…]• 2017. 17 こんにちは、づんづんです 今回はいよいよ23日に迫ったワールドカップ最終予選のメンバー発表記者会見について解説します![…]• 2020. 02 90巻以上出ている名探偵コナンの読み返しに入った男、づんづんです 今回はアーセナルのセンターバック、シュコドラン・ムスタフィについて解説します[…]• 2017. 03 こんにちは、昼食はお菓子でも大丈夫な男、づんづんです 今回は現在サッカー界を賑わしているビデオ判定の是非について考えていきたいと思います[…]• 2018. 06 こんにちは、モンハンワールドにのめりこんでいる男、づんづんだ 今回は今年のロシアW杯で活躍が期待される若手GKを紹介していこう[…].

次の

【東京オリンピック】スペインU

ヘスス バジェホ

Real Madrid C. 2014年に17歳でトップチームでデビューを果たすと33試合に出場するなど早くも主力に定着。 2015年には素質を評価した レアル・マドリードにお買い上げされて所属することになりました。 2015ー2016シーズンと2016ー2017シーズンは経験を積むためそれぞれ古巣のサラゴサ、さらにドイツ・ブンデスリーガの フランクフルトにレンタル移籍されていましたが、2017年からレアル・マドリードに復帰することが発表されています。 背番号は「3」。 今期でベシクタシュに去る ペペの番号を引き継ぐことになりました。 まだスペインA代表の経験はありませんが、アンダー世代には17歳の頃から順調に選ばれています。 POINT ・サラゴサ出身でレアルマドリードに買われる ・フランクフルトにレンタルで移籍して活躍 ・2017年レアル復帰、背番号はペペの「3番」 ヘスス・バジェホのプレースタイル セルヒオ・ラモスのように積極的な守備 3番を継いだことからも分かるようにバジェホのポジションはセンターバック。 フィジカルとスピードに長けたストッパータイプで同じレアル・マドリードのセルヒオ・ラモスを髣髴とさせる 積極的な守備が魅力の選手です。 ラモスのようにボールがバイタルエリアに入るとポジションを多少離れてでも猛然とアタックに行き、早めに攻撃の芽をつぶすようなプレーが得意で、レアルのセンターバックには比較的適しているタイプだと言えるでしょう。 展開の早いブンデスリーガでプレーしたことで攻守を素早く切り替えるセンスも育っているのでますますカウンター戦術がメインの レアル向きDFに進化していると感じますね。 スペイン人の中ではビルドアップがまだまだか? ただ現状の欠点としてはスペイン人にしては後方から試合を組み立てる ビルドアップ能力がまだまだかな、という印象はあります。 (あくまでスペイン人にしては) フランクフルトでは3バックでほとんどの試合にスタメン出場していましたが、センターポジションでビルドアップを主に担っていたのは日本代表の 長谷部誠選手でした。 スペインリーグでやるならこのビルドアップパスのセンスを磨く必要はあるでしょう。 ただレアル・マドリードにはラモスやヴァランなど優秀なセンターバックがたくさんいるのでバジェホならすぐにやれるようになると思いますけどね。 レアルは層が厚いのでサイドバックなど別のポジションをやらされることもあるかもしれませんが、ペペの後を継いで是非優秀な「3番」になって欲しいですね。

次の