お盆 休み 2019 渋滞。 お盆の渋滞ピークはいつからいつまで?2019年の高速道路の渋滞予測4選!

お盆休み2020の期間はいつからいつまで?業種別に詳しく解説!!

お盆 休み 2019 渋滞

大人も子供も誰もが楽しみな年に数回の連休の1つが 「お盆休み!!」 特に毎日忙しく働いている人達にとっては、年に数回の貴重な大型連休は格別です! お盆休みの過ごし方としては• 実家に帰省してみたり• 自宅でゴロゴロしたり• 海やプールなどのレジャーで楽しんだり• お祭りなどのイベントに行ったり• 大手自動車製造メーカーの一部の工場では…• 8月8日(土)~8月16日(日)の9連休!! に設定している会社もあります。 休みが長いと嬉しい反面休み明けが少し辛いんですよね……。 4.サービス業・販売業などのお盆休み 反対に…テーマパークやショッピングモール、飲食店などの サービス業・販売業などの方はこの期間は繁忙期で忙しい時期になります。 これらの会社としてはある意味稼ぎ時になります。 この期間に頑張って仕事した分は、後で休息していただきたいです。 この期間に働いてくれる方達がいるからお盆を楽しむことが出来る人もいる訳で・・・関係者の方々ありがとうございます!! 今回はお盆休み2020年の期間について見ていきました。 2020年は 8月8日(土)~10日(月)の3連休と少し間があいて 8月13日(木)~16日(日)の4連休になる方が多いです!! ちょうど夏休み期間なのでお子さんがいる家庭では子供もきっと楽しみにしていると思います。 またお盆期間はお祭りや花火大会などに出かけるのも楽しいですよね! 海外旅行・国内旅行含め、旅行の計画をされている方は早め早めに計画し予約しておくことをおすすめします。

次の

今年(2020年)のお盆期間はいつからいつまで?お休みもチェック! | あいねっと

お盆 休み 2019 渋滞

東北道お盆渋滞2019やUターンラッシュピークは? 因みに、2019年のお盆休みは、9連休が一般的のようです。 というのは、下のカレンダーのように、8月13日から16日までがお盆休暇をもらえるとすると、その前後が土曜日や日曜日、祝日の振替休日などで休みになります。 ですから、わざわざ休暇をとらなくても、2019年は、8月10日(土)から18日(日)までの9日間が休みとなり、9連休になるわけです。 そこで、混雑回避のためにも、知っておきたいのが、高速道路の渋滞予測です。 東北自動車道で、 10km以上の渋滞が多く発生するとされる日が、 ・ 下り線では、 8月9日(金)~14日(水) ・ 上り線では、 8月11日(日)~18日(日) と予測されています。 更に細かくみていきましょう。 30km以上の渋滞長さが予測される、 激混み情報についてお伝えしますね。 * スポンサーリンク 東北道お盆渋滞2019の混雑回避は? 以上が、 渋滞予測・お出かけガイドによる東北道のお盆渋滞2019の渋滞予測です。 あくまでも予測ですので、実際は、異なるかもしれませんが、 詳細なデータをもとに予測しているので、 前記の渋滞の時間は避けていただくのが、東北道お盆渋滞2019の最良の混雑回避の方法になります。 お盆 渋滞のピークの時間が予測されていますが、この日時を避ければ良いというのではなく、 このピークに至るまでの、渋滞が発生しだす時刻(前記の表)をみていただいて、その発生時間帯に自分が高速道路を走行しないようにしてくださいね。 ピーク時刻を避けたとしても、その前後も混んでいますからね。 また、 自宅から高速道路に乗るまでの時間も考えてくださいね! 高速道路に乗るまでに時間がかかってしまったら、渋滞に巻き込まれてしまうかもしれませんよ。 そして、混雑しているときに発生しやすいのが交通事故です。 交通事故があると、さらに大渋滞になってしまいます。 それを予防する意味でも、混雑しないであろう、空いた日時を選んで行ってくださいね。 *リアルタイムの混雑状況についてのをご覧ください。

次の

お盆の渋滞ピークはいつからいつまで?2019年の高速道路の渋滞予測4選!

お盆 休み 2019 渋滞

お盆の渋滞ピークはいつからいつまで?2019年版! 2019年のお盆期間は8月13日~8月16日の4日間となっていますが、そこに土日祝日が入って 8月10日~8月10日までの9日間がお盆休みとされることが一般的です。 カレンダーで確認してみるとこのようになります。 一方、Uターンラッシュについてですが、お盆終わりに当たる8月17日 土曜日 ~8月18日 日曜日 がピークとなるでしょう。 東名道の渋滞ピーク日時予想!• 帰省ラッシュピーク 8月10日 土 7:00~12:00• 渋滞が起こった際の渋滞距離も非常に長く、 お盆休みの期間だと40km~50kmの渋滞が発生することも珍しくありません。 渋滞に捕まってしまうと距離が長くなかなか抜け出せませんので、なるべくピーク時の時間は避けて通行することをオススメします。 東北道の渋滞ピーク日時予想!• 帰省ラッシュピーク 8月10日 土 8:00~15:00• また、 高速道路の事故件数もワースト入りするほど多いものとなっていますので、渋滞中のゆっくり運転だからと言って油断は禁物です。 行きにしろ帰りにしろ、事故を起こしてしまっては良い旅の思い出とはなりませんし、何より時間もお金も無駄になってしまいます。 その事故が更なる交通渋滞を発生させる原因にもなりますので、できるだけ渋滞ピーク時の運転は避けて心に余裕を持って運転すると良いでしょう。 中央道の渋滞ピーク日時予想!• 帰省ラッシュピーク 8月10日 土 8:00~15:00• 渋滞距離がかなり長くなりやすい高速道路ですので出発前には必ずトイレを済ませておき、水分補給も調整しながら行ったほうが良いでしょう。 同様に、40キロ以上に及ぶ長い渋滞にハマるとチョロチョロ進む運転がずっと続きますので、ガソリン消費も案外激しいです。 サービスエリアのガソリンスタンドも列を作って並んでいますので、高速に乗る前にガソリンを満タンに給油しておくことをオススメします。 お盆の高速道路の渋滞予測4選!まとめ 今回は帰省ラッシュ・Uターンラッシュの渋滞ピーク日時をご紹介してきましたが、お盆はピーク時以外でも渋滞は発生しやすくなっています。 基本的に、 午前中は行楽地などに向かう車で下りが混雑し、午後になると反対に上りが混雑する傾向が強いので、そちらも知識として知っておくと良いでしょう。 可能であれば早朝や深夜の通行も視野に入れて、なるべく渋滞にはまらず体力的に楽な通行手段を取るようにすると良いでしょう! また、車にETCが搭載されていない方はお盆までに付けておくことをオススメします。

次の