石炭 火力 発電 所。 石炭火力発電所

Don’t go back to the 石炭〜石炭火力発電に反対

石炭 火力 発電 所

四国電力の火力発電所は、石炭火力発電所が2箇所、石油火力発電所が1箇所、石油・ガス火力発電所が1箇所の合計4箇所あります。 これらの総出力は339. 1万kWで、四国電力全発電設備に占める割合は、約6割です。 火力発電所一覧 発電所名 出力 kW 使用燃料 阿南発電所 900,000 石油 橘湾発電所 700,000 石炭 西条発電所 406,000 石炭・石油・木質バイオマス 坂出発電所 1,385,000 石油・天然ガス・コークス炉ガス• 火力発電所の特徴と役割 電力需要は時間帯や季節で大きく変動します。 また供給側においても、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーは、天候の影響によって発電出力が大きく変動します。 昼間や夏季など電気の需要が集中するとき、また再生可能エネルギーの発電出力が増減するときは、柔軟な発電出力の調整が可能な火力発電を活用して電気の需要と供給のバランスを保ち、周波数や電圧が安定した電気の供給に努めています。 拡大できます 揚水式水力 昼間に比べ余裕のある夜間の電気で上池に汲み上げた水を下池に放水して発電する方式 貯水池式水力 山間のダムに貯めておいた水を流して発電する方式 自流式水力 川の流れをそのまま利用して発電する方式 火力発電所のしくみ 汽力発電方式の概念図 拡大できます 発電所に運ばれた石油や石炭といった燃料は、タンクやサイロに一時的に貯蔵されます。 これらは、ポンプやベルトコンベヤでボイラーへ送られ、高温で燃焼し、水が加熱され高温高圧の蒸気が作られます。 この蒸気は、タービンに送られ、タービンを高速で回転させ、この回転が発電機に伝えられ、電気が作られます。 コンバインドサイクル発電方式の概念図 拡大できます コンバインドサイクル発電方式は、ガスタービンと蒸気タービンを組み合わせた複合発電方式であり、LNGを気化した天然ガスを燃やしてガスタービンで発電した後、その高温ガスを排熱回収ボイラーに導き蒸気を発生させて蒸気タービンで発電することにより、高い発電効率を得ることができます。 火力発電所の主な設備 施設紹介 昭和の高度経済成長期の経済発展に伴い急増した電力消費に対応するため建設された石油火力発電所です。 石油火力発電所であるため、発電機出力を自由に上げ下げして変動させるだけでなく、発電機を停止したり、運転を再開したりすることも自由にできます。 このため、昼間のピーク時間帯や夏季のピーク時期のように電気の使用が一時的に集中する時を中心に、電気の使用状況に応じ、いつでも安定して電気をお届けできるよう運転に努めています。 発電機出力は、3~4号機で90万キロワット。 敷地面積は約28万平方メートル 甲子園球場の約7倍 お問い合わせ先 阿南火力事業所 業務課 〒779-1631 徳島県阿南市橘町小勝1 0884-34-3411 施設紹介 昭和の高度経済成長期の経済発展に伴い急増した電力消費に対応するため建設され、燃料は、主として石油を使った発電所でした。 しかし、その後の石油ショックを契機として、様々な燃料をバランス良く利用していくという観点から、1981年~1984年に、燃料を安価で埋蔵量の多い石炭に変更しました。 その後、環境対策として木質バイオマスも混焼することとしました。 橘湾発電所に並ぶ石炭火力発電所として、低廉な電気の安定供給に貢献しています。 また、1号機は2023年に最新鋭の設備にリプレース予定です。 発電機出力は、1~2号機で40万6千キロワット。 敷地面積は約40万平方メートル 甲子園球場の約11倍 施設見学 お問い合わせ先 西条発電所 業務課 〒793-0042 愛媛県西条市喜多川853 0897-56-0260 施設見学のご案内 見学コース 発電所紹介DVD上映、バス周回、中央制御室・タービン建屋など見学 標準所要時間は90分程度 見学可能な日時 平日 9:30~16:30 年末年始、お盆、ゴールデンウィークを除きます。 発電所内工事等で見学できない場合もありますので、必ず事前にお問い合わせください。 見学対象 概ね10名以上100名までの団体 原則小学校3年生以上75歳まで に限らせて頂きます。 なお、66名を超える場合は、午前・午後の2回に振り分けさせていただく場合があります。 原則として申込み連絡をされた方が引率者としてご同行ください。 駐車場 大型バス3台まで 交通案内 高松自動車道「坂出IC」より約15分 JR「坂出駅」より車で約15分 申込み方法 必ず事前にお電話により確認頂き、見学希望日の2週間前までに申込書に必要事項を記入の上、FAXでお申込みください。 お問い合わせ先 坂出発電所 業務課 〒762-0064 香川県坂出市番の州町2 0877-46-3995 FAX 0877-44-5224 注意事項 エネルギー・環境教育目的以外での見学はご遠慮頂いています。 安全確保のため、飲酒をされている方の見学はできません。

次の

Don’t go back to the 石炭〜石炭火力発電に反対

石炭 火力 発電 所

北海道電力 [ ] 12箇所、428万4,610kW 発電所名 使用燃料 総出力 運転開始 所在地 備考 石炭 35万kW 1968年5月 全機休止中。 25万kW 1977年6月 北海道 1、2号機は廃止。 軽油 14. 8万kW 1978年5月 北海道 発電方式。 将来的に廃止予定。 重油 70万kW 1978年11月 北海道 石炭 165万kW 1980年10月 北海道 3号機は廃止。 重油、 70万kW 1983年12月 北海道 56. 94万kW 2019年2月 北海道 方式。 2、3号機計画中。 東北電力 [ ] 12箇所(計画中1箇所)、1,143万kW(2019年3月) 発電所名 使用燃料 総出力 運転開始 所在地 備考 41. 6万kW 2014年8月 5号機は方式。 1~4号機は廃止。 、木質 180万kW 1993年5月 、 60万kW 1980年7月 秋田県 1~3、5号機は廃止。 8万kW 2010年7月 4号機はCC方式。 1~3号機は廃止。 LNG 104. 6万kW 2015年12月 宮城県 3号系列はCC方式。 1、2号機は廃止。 石炭、木質バイオマス 200万kW 1997年7月 天然ガス 10. 9万kW 2011年7月 5号系列はCC方式。 1~4、6号機は廃止。 重油、原油、天然ガス、LNG 481万kW 1972年11月 新潟県 3、4号系列はCC方式。 港3号系列、5号機は廃止。 LNG kW 新潟県 1号機(CC方式、57. 2万kW予定)計画中。 内燃力発電所 発電所名 使用燃料 総出力 所在地 備考 重油 750kW 重油 900kW 新潟県 重油 53,000kW 新潟県 60Hzでの供給。 重油 27,500kW 新潟県佐渡市 60Hzでの供給。 設備(54万KW)建設中。 石炭 200万kW 2003年12月 常陸那珂ジェネレーションによる1号機(65万kW)建設中。 重油、原油、 566万kW 1971年3月 茨城県 7号系列は方式。 1~4号機は長期計画停止中。 438万kW 2000年6月 CC方式。 LNG 0kW 千葉県 1~6号機は廃止。 新1~3号機(約234万kW)計画中(CC方式)。 LNG、 360万kW 1967年12月 千葉県市原市 1、2号機は長期計画停止中。 新1~3号機(約195万kW)計画中(CC方式)。 LNG 360万kW 1974年8月 千葉県 LNG 516万kW 1986年11月 千葉県 CC方式。 石炭 0kW 1~8号機は廃止。 新1、2号機(約130万kW)計画中。 LNG 115万kW 1970年4月 神奈川県 LNG 354. 1万kW 1964年3月 神奈川県横浜市 7、8号系列はCC方式。 1~4号機は廃止。 5、6号機は長期計画停止中。 LNG 200万kW 1987年9月 神奈川県 LNG 342万kW 2009年2月 神奈川県川崎市川崎区 CC方式。 原油 105万kW 1971年8月 全機長期計画停止中。 都市ガス 114万kW 2003年8月 東京都品川区 CC方式。 60Hz供給(旧中部電力) [ ] 11箇所(建設中1箇所)、2,437万5,800kW 発電所名 使用燃料 総出力 運転開始 所在地 備考 238万kW 2013年1月 CC方式。 重油、原油 140万kW 1981年5月 1、2号機は廃止。 3号機は休止中。 石炭 410万kW 1991年10月 愛知県 石炭 0kW 愛知県 1~4号機は廃止。 5号機(107万kW)建設中。 LNG 396. 6万kW 1966年2月 愛知県 1、2、5、6号機はCC方式。 1~4号機は休止中。 LNG 170. 8万kW 1983年9月 愛知県知多市 CC方式。 LNG 305. 8万kW 1998年12月 愛知県 7、8号系列はCC方式。 1~6号機は廃止。 LNG 237. 64万kW 2017年9月 愛知県 7号系列はCC方式。 1~6号機は廃止。 LNG 480. 2万kW 1989年6月 3、4号系列はCC方式。 LNG 58. 5万kW 1988年 三重県 4号機はCC方式。 1~3号機は廃止。 内燃力発電所 発電所名 使用燃料 総出力 所在地 備考 重油 400kW 三重県 中部電力 [ ] 1箇所、400kW 発電所名 使用燃料 総出力 所在地 備考 重油 400kW 三重県鳥羽市 内燃力発電。 現在は非常用 北陸電力 [ ] 6箇所、482万4,988kW 発電所名 使用燃料 総出力 運転開始 所在地 備考 、 25万kW 1971年1月 1~3号機は廃止。 、原油、 192. 47万kW 1971年9月 富山県 1号機は方式。 石炭、木質 120万kW 1995年3月 重油、原油 25万kW 1978年9月 1号機は廃止。 石炭、木質バイオマス 120万kW 1991年10月 福井県 内燃力発電所 発電所名 使用燃料 総出力 所在地 備考 重油、軽油 288kW 石川県 関西電力 [ ] 10箇所(計画中1箇所)、1,576万6,400kW 発電所名 使用燃料 総出力 運転開始 所在地 備考 、 75万kW 1989年8月 1、2号機とも長期計画停止中。 、木質 180万kW 2004年8月 京都府 LNG 180万kW 1990年11月 200万kW 2009年4月 大阪府 方式。 、 4万kW 1993年11月 大阪府泉南郡 発電方式。 LNG 150. 74万kW 1995年4月 5、6号機はCC方式。 1、2号機は非常用。 1~4号機は廃止。 LNG 411. 9万kW 1973年10月 兵庫県姫路市飾磨区 1~6号機はCC方式。 旧 1~ 旧 4号機は廃止。 天然ガス、重油、原油 75万kW 1982年9月 兵庫県 1、3号機は天然ガス対応化。 2号機は2019年5月1日に相生バイオエナジー(株)に譲渡。 重油、原油 120万kW 1987年9月 兵庫県 重油、原油 180万kW 1984年9月 和歌山県 2号機は運転休止中。 LNG kW 和歌山県 1、2号系列(CC方式、370万kW)計画中。 中国電力 [ ] 12箇所、780万600kW 発電所名 使用燃料 総出力 運転開始 所在地 備考 100万kW 1998年6月 2号機(100万kW)着工中。 、石炭 78. 1万kW 1963年8月 1号機は方式。 、、 120万kW 1971年3月 岡山県倉敷市 1号機は天然ガス対応化。 石炭 25. 9万kW 2000年11月 PFBC 方式。 長期計画停止中。 重油、原油 85万kW 1972年4月 1号機は廃止。 140万kW 1992年12月 山口県 CC方式。 重油、原油 70万kW 1979年9月 山口県 1、2号機は廃止。 石炭、木質 100万kW 1986年4月 山口県 石炭、重油 57. 5万kW 1967年3月 山口県 内燃力発電所 発電所名 使用燃料 総出力 所在地 備考 重油 7,380kW 島根県 重油 25,320kW 島根県隠岐郡 重油 2,900kW 山口県 四国電力 [ ] 4箇所、373万6,000kW 発電所名 使用燃料 総出力 運転開始 所在地 備考 、、、ガス 138. 5万kW 1973年4月 1、2号機は方式。 旧1、2号機は廃止。 重油、原油 90万kW 1963年7月 1、2号機は廃止。 4号機は長期計画停止中。 70万kW 2000年6月 徳島県阿南市 石炭、木質 40. 6万kW 1965年11月 新1号機(50万kW)計画中。 九州電力 [ ] 7箇所、858万5,000kW 発電所名 使用燃料 総出力 運転開始 所在地 備考 180万kW 1978年9月 1、2号機は廃止。 4号機は2020年度から計画停止の予定。 36万kW 2001年7月 福岡県 新1号機は PFBC 方式。 新2号機は2017年度廃止。 重油、原油、軽油 50万kW 1980年6月 福岡県 1号機は廃止。 2号機は2018年度から計画停止。 石炭 170万kW 1989年6月 LNG 282. 5万kW 1991年6月 方式。 石炭 140万kW 1995年12月 重油 100万kW 1974年7月 2018年度から計画停止。 内燃力発電所 ガスタービン発電所3箇所を含む34箇所が存在する。 合計出力は39万1,010kW。 いずれも重油使用。 沖縄電力 [ ] 18箇所、212万9,250kW 発電所名 使用燃料 総出力 運転開始 所在地 備考 、 28. 8万kW 1977年5月 1~8号機は廃止。 重油、灯油 35. 3万kW 1974年6月 沖縄県 1号機は長期計画停止中。 、木質 31. 2万kW 1994年3月 沖縄県うるま市 石炭 44万kW 2002年2月 沖縄県 53. 7万kW 2012年11月 沖縄県 1、2号機は方式。 3、4号機(CC方式、50. 2万kW予定)計画中。 重油 1. 5万kW 沖縄県 発電出力を掲載 重油 1万kW 沖縄県 ガスタービン発電出力を掲載 内燃力発電所 13箇所、17万4,250kW(再掲) 発電所名 使用燃料 総出力 所在地 備考 久米島発電所 重油 18,500kW 渡嘉敷発電所 4,900kW 島尻郡 渡名喜発電所 850kW 島尻郡 粟国発電所 1,600kW 島尻郡 南大東発電所 3,640kW 島尻郡 北大東発電所 1,540kW 島尻郡 19,000kW 宮古島市 出力を掲載 宮古第二発電所 40,000kW 宮古島市 新多良間発電所 1,860kW 20,000kW 石垣市 内燃力発電出力を掲載 石垣第二発電所 58,000kW 石垣市 波照間発電所 950kW 与那国発電所 3,410kW 八重山郡 電源開発 J-POWER [ ] 7箇所、816万2,000kW 発電所名 使用燃料 総出力 運転開始 所在地 備考 120万kW 2002年4月 石炭 50万kW 1968年7月 石炭 70万kW 1983年3月 既設1号機,2号機廃止。 新1号機(60万kW)建設中。 石炭 210万kW 2000年7月 石炭 100万kW 1981年1月 石炭 200万kW 1990年6月 長崎県 石炭 31. 2万kW 1986年11月 旧みなし卸電気事業者 [ ] 発電所名 使用燃料 総出力 所在地 運営会社 供給先 25万kW 北海道電力 石炭、木質 70万kW 東北電力 石炭、木質バイオマス 200万kW 東北電力、東京電力パワーグリッド 石炭、重油、 炭化燃料、木質バイオマス 170万kW 福島県 東北電力、東京電力パワーグリッド 副生ガス、重油 100万kW 東京電力パワーグリッド、 副生ガス、重油 115. 29万kW 東京電力パワーグリッド、 副生ガス、重油 37. 9万kW 関西電力、 副生ガス、LNG、重油、石炭 61. 3万kW 中国電力、 副生ガス、重油 84. 4万kW 中国電力、JFEスチール西日本製鉄所 LNG、副生ガス、石炭 89. 1万kW 九州電力、 副生ガス、重油 65. 5万kW 九州電力、 上記以外 [ ] 特定電気事業者、卸供給事業者 IPP・独立発電事業者 、特定規模電気事業者 PPS・新電力 、その他の事業者 特定供給、自家発電など 発電所名 使用燃料 総出力 種別 所在地 運営会社(親会社) 21. 25万kW 自家発電・IPP 26. 8万kW 自家発電・PPS 北海道 残渣油 7. 67万kW 自家発電・IPP 北海道苫小牧市 副生ガス、石炭 10万kW 自家発電・IPP 北海道 7. 8万kW 自家発電・PPS 北海道 石炭 13. 6万kW 自家発電・IPP 日本製鉄 22. 93万kW 自家発電 日本製紙 残渣油 14. 575万kW 自家発電 宮城県 石炭、 5万kW PPS 、 11万kW PPS 日本製鉄、JXエネルギー、 木質 5万kW PPS 新潟県 、 石炭 13. 4万kW IPP 新潟県糸魚川市 、 重油 24. 7万kW IPP・PPS 重油 18. 89万kW IPP 茨城県 石炭 50. 7万kW IPP 茨城県 日本製鉄 重油、石油コークス 65万kW 特定供給 茨城県 、、 21万kW 特定供給 茨城県神栖市 、、 62. 4万kW IPP 都市ガス 5. 185万kW PPS LNG 10. 5万kW PPS 千葉県千葉市美浜区 電源開発、 副生ガス、都市ガス 45. 3万kW 自家発電・特定電気 千葉県千葉市 都市ガス 41. 04万kW IPP 千葉県千葉市中央区 JFEスチール 残渣油 6. 61万kW 自家発電 千葉県 残渣油 18. 21万kW 自家発電 千葉県市原市 出光興産 LNG 10. 765万kW PPS 千葉県市原市 電源開発 LNG 11万kW PPS 千葉県市原市 電源開発、 都市ガス 10. 92万kW PPS 千葉県袖ケ浦市 都市ガス 3. 866万kW 特定電気 、都市ガス、LNG 74. 06万kW 自家発電・特定電気 LNG 84. 74万kW PPS 神奈川県川崎市川崎区 JXTGエネルギー、 副生ガス、重油、残渣油、灯油 27. 419万kW IPP 神奈川県川崎市川崎区 、電源開発 残渣油、都市ガス 12. 42万kW 自家発電・IPP 神奈川県川崎市川崎区 副生ガス、都市ガス、重油 44. 15万kW 自家発電 神奈川県川崎市川崎区 JFEスチール LNG 122. 13万kW PPS 神奈川県 東京瓦斯、 分解軽油 5. 694万kW 自家発電・IPP 神奈川県横浜市 JXTGエネルギー 残渣油 54. 855万kW 自家発電・IPP 神奈川県横浜市 JXTGエネルギー 都市ガス 23. 97万kW IPP 神奈川県 東京瓦斯 灯油 6. 7万kW IPP 神奈川県 15. 12万kW 自家発電 日本製紙 7万kW 自家発電 石炭 14. 7万kW IPP 石炭 60万kW 自家発電 愛知県 日本製鉄 石炭 25. 9万kW IPP 愛知県 、 重質重油 33. 19万kW 自家発電・IPP 愛知県 出光興産 残渣油 4. 11万kW 自家発電 愛知県知多市 JXTGエネルギー 残渣油 3. 45万kW 自家発電 コスモ石油 残渣油 22. 3万kW IPP 三重県四日市市 コスモ石油 石炭 20. 6万kW 自家発電 三重県四日市市 都市ガス 6. 68万kW PPS 都市ガス 1. 746万kW PPS 大阪瓦斯 LNG 14. 99万kW IPP 大阪府 大阪瓦斯 LNG 14. 9万kW IPP 大阪府大阪市 大阪瓦斯、中山製鋼所 LNG 110万kW PPS 大阪府大阪市 残渣油 18. 39万kW 自家発電・IPP 大阪府 残渣油 2. 164万kW 自家発電 大阪府 コスモ石油 石炭 140万kW IPP 神戸製鋼所 石炭 13. 3万kW 自家発電・IPP 兵庫県 日本製鉄 残渣油 18. 5万kW 自家発電 JXTGエネルギー 石炭 14. 5万kW 自家発電 石炭 21. 6万kW IPP 山口県宇部市 宇部興産 17. 05万kW 自家発電 山口県 日本製紙 石油コークス、残渣油 21. 115万kW 自家発電・IPP 山口県 JXTGエネルギー 石炭 82. 9万kW 自家発電 山口県 東ソー 石炭 55. 2万kW 自家発電 山口県周南市 残渣油 7. 695万kW 自家発電 山口県周南市 出光興産 残渣油 2. 598万kW 自家発電 コスモ石油 石炭、重油、木質バイオマス 25万kW 特定供給 石炭、重油、木質バイオマス 30万kW 特定供給 愛媛県 住友共同電力 石炭、重油、消化ガス 2. 96万kW 特定供給 愛媛県新居浜市 住友共同電力 石炭、重油 50万kW 自家発電 愛媛県 大王製紙 石炭 16. 7万kW IPP 太平洋セメント、電源開発 副生ガス 9. 448万kW 自家発電 日本製鉄 日本製鉄八幡製鉄所 石炭 13. 7万kW 自家発電・IPP 福岡県北九州市 日本製鉄 副生ガス、石炭 30万kW 自家発電・IPP 日本製鉄 残渣油 18. 4039万kW 自家発電・IPP 大分県大分市 JXTGエネルギー (特定電気事業者)は、2011年6月に廃止された。 かつて存在した発電所 [ ] 発電所名 使用燃料 廃止時総出力 廃止時期 所在地 運営会社 備考 軽油 7. 416万kW 2018年 北海道 緊急設置電源。 2万kW 1977年 北海道 北海道電力 ガスタービン発電方式。 5万kW 1989年 北海道 北海道電力 石炭 37. 5万kW 1991年 北海道 北海道電力 残渣油 11. 978万kW 2019年 北海道 0. 815万kW 2012年 新潟県 内燃力発電方式。 60Hzでの供給。 石炭 kW 1923年 石炭、重油 7. 5万kW 1963年 東京都 二代目、初代は1917年廃止()。 2万kW 1991年 東京都 東京電力 kW 1913年 東京都 kW 1923年 東京都 東京市 kW 1923年 東京都 東京市 重油 44. 5万kW 1984年 東京電力 石炭 kW 1973年 神奈川県川崎市川崎区 東京電力 重油、 15. 6万kW 2004年 重油 34. 1万kW 1989年 中部電力 重油、原油 87. 5万kW 2018年 三重県 中部電力 重油 31. 2万kW 2001年 重油、 62. 4万kW 2003年 大阪府大阪市 関西電力 重油 15. 6万kW 2003年 大阪府 重油 46. 2万kW 2001年 大阪府 関西電力 重油、原油 120万kW 2020年 大阪府 関西電力 重油、原油 210万kW 2019年 関西電力 石炭 31. 8万kW 1974年 関西電力 石炭 30万kW 1976年 兵庫県尼崎市 関西電力 原油 46. 8万kW 2001年 兵庫県尼崎市 関西電力 石炭、重油 31. 2万kW 1986年 中国電力 石炭 kW 1985年 中国電力 石炭 30. 2万kW 2004年 福岡県 九州電力 石炭 22. 2万kW 2004年 九州電力 重油 50万kW 2013年 九州電力 重油、原油 87. 5万kW 2015年 唐津市 九州電力 重油、原油 87. 出典 [ ] []• 北海道電力• 北海道電力• 常陸那珂ジェネレーション• 日高新報web• YOMIURI ONLINE• 九州電力• 北海道電力 関連項目 [ ]• 外部リンク・参考資料 [ ]•

次の

逆風の石炭火力発電所、バイオマス混焼に転用を コンサル会社が提言

石炭 火力 発電 所

火力発電の種類• ボイラーなどで発生した蒸気によって蒸気タービンを回して発電する方式。 火力発電のなかで、主力となっている発電方式です。 内燃発電 ディーゼルエンジンなどの内燃機関で発電する方式です。 離島などの小規模発電で利用されます。 高温の燃焼ガスを発生させ、そのエネルギーによってガスタービンを回す方式です。 ガスタービンと蒸気タービンを組み合わせて、熱エネルギーを効率よく利用する発電方式です。 運転・停止が短時間で容易にでき、需要の変化に対応した運転ができます。 発電効率が良いので環境面からも注目され、積極的に取り組まれている方式です。 エネルギー資源による分類 火力発電では、燃料として石油、石炭、天然ガスなどが使われます。 石油や石炭などのエネルギー資源には限りがあるため、エネルギー資源に乏しい日本ではさまざまな発電用燃料を組み合わせることで、エネルギー資源の安定確保に努めています。 石油火力 燃料単価が高く、国際情勢などにより燃料価格が変動しやすい。 LNG火力、その他ガス火力 石油・石炭に比べCO 2の排出量が少ない発電方式。 燃料単価は石油より安いが、石炭と比べると割高。 石炭火力 石油に比べ埋蔵量が豊富で単価も安い。 その反面、環境保全対策が特に必要な発電方式。

次の