ミニマ リスト きき。 ミニマリトを目指したいのに同居人がマキシマリスト問題 家族のものに折り合いをつける妥協案

ミニマリストvsマキシマリスト!真逆な2つの生活はどちらが幸せ?

ミニマ リスト きき

グレーのニット(楽天 mili an deni)• モスグリーンのニット(楽天 mili an deni)• 白のカシミヤニット(ユニクロ)• 白シャツ(ユニクロ)• カーディガン(ローリーズファーム)• 煉瓦色の膝丈スカート(ユニクロ)• カーキのガウチョパンツ(ユニクロ)• 黒のガウチョパンツ(楽天)• ネイビーの膝下スカート(楽天)• グレーのストライプアンクルパンツ(ユニクロ)• ボーダーのカットソー(ユニクロ メンズ)• ジーンズ(ユニクロ) さすがに夏のアイテムは全てしまいました。 カーキのガウチョパンツは秋服から活躍中です。 下の3つが休日用の服で、残りは通勤でも休みでも着ています。 トップスとボトムスに分けてご紹介しますね。 ミニマリストの冬服:トップス トップスはカーディガンを含めて8枚です。 今年買ったのは楽天の mili an deniのカシミヤタッチニットを2枚。 色はグレーとモスグリーンです。 もう何度も紹介しているので、またかよ!というかたもいるかと思いますが、安くて質もいいニットです。 もう今年は洋服が十分あるので買わないですが、リピートして買ってもいいなと思っています。 ニットはグレーが好きです。 Tシャツだと汗染みが気になってグレーは着られないけど、ニットなら大丈夫。 他にどんな色を合わせてもいいし、汚れも目立たないし、1番ヘビロテしています。 白のカシミヤニットはユニクロで去年買ったものです。 ちょっと毛玉が出来てきて、お手入れしなきゃな~という感じです。 カシミヤは洋服ブラシでお手入れするんですよね? 良い洋服ブラシがあったら教えていただきたいです。 黒のハイネックニットはアース ミュージック&エコロジーのものです。 色違いでマスタードも持っていましたが、着る機会が少なかったので断捨離してしまいました。 ビジューが付いていて、ハイネックでも首が詰まった感じがなくて好きです。 シンプルな白シャツはユニクロのものです。 さすがにもう1枚では着られない(寒くて)ので、 グレーのカーディガン(ローリーズファーム)とセットで着ています。 ニットの下に着て、重ね着コーデもできますが、もたつくのが嫌でほとんど着ません。 赤系のチェックシャツはアース ミュージック&エコロジーのもので、頂き物です。 最初に見たときは、これ着るかなぁ?と疑問だったのですが、色も割と落ち着いたチェックなので30代でも大丈夫でした。 モノトーンのボトムと合わせると可愛いので、休日はよく着ています。 ボーダーのカットソーはユニクロのメンズのものです。 本当はパパが買ったモノ。 笑 でも首がボートネックで、それがすごく嫌だったらしく、着られない、ということでもらいました。 カットソーというより、トレーナーみたいな厚さ。 メンズなのでゆったりしていて、ジーンズと合わせて休日用ラクチンコーデの完成です。 ミニマリストの冬服:ボトムス ボトムスはジーンズを入れて6本です。 煉瓦色の膝丈スカートはユニクロのものです。 煉瓦色?えんじ色? 煉瓦色のおしゃれな呼び方があった気がするのですが、思い出せません。。 フレアがたっぷりで、膝丈なので女子力高めのコーデができます。 色も秋冬にぴったりです。 カーキのガウチョパンツもユニクロのものです。 これは秋服でもご紹介しましたが、今年買いました。 薄いので冬はちょっと寒いです。 タイツを履いて寒さをしのいでいます。 黒のガウチョパンツは楽天のどこかで買ったものです。 たしか一昨年に買ったもので、真夏以外は履ける素材です。 だいぶ着倒して、テカりが出てきてしまいました。 ガウチョパンツは楽天で安く売っているショップがたくさんあるので、買い換えるつもりです。 こちらも裾によれやほつれが出てきたので、買い換えるつもりです。 フレアスカートやガウチョパンツはユニクロよりも楽天の方が安くておすすめです。 グレーのストライプアンクルパンツはユニクロのもの。 去年買いました。 真夏は暑いですが、真冬は寒いっていう微妙な子です。 笑 でも仕事用のパンツはこれのみ。 毎日スカートだとさすがにワンパターンなので、今の時期はストッキングを下に履いて、活躍しています。 もうちょっと寒くなったらストッキングで外に出ている足首の部分が寒すぎるので、着なくなっちゃうだろうなぁ。 そしたらスキニータイプのきれいめパンツでも買おうかな? ジーンズはユニクロの、スキニータイプのものです。 だいぶ昔に買って、もう何年経ったのか分からなくなりました。 デニムは劣化しない(してもそれが味になる)から持ちがいいですよね。 夏はアンクルタイプのジーンズを履いていました。 冬はそれは寒いので、スキニーの足首までちゃんと隠れるデニムに交代です。 ということでミニマリストの冬服アイテムのまとめでした。 まとめると半分はユニクロってことですね。 ユニクロの万能さってすごいです。 ちなみにインナーもユニクロのヒートテックです。 2枚持っていて、毎日着ています。 会社は暑いので、ヒートテックとニットの2枚で十分! 外で遊ぶ日はタンクトップを増やしたり、極暖ヒートテックに交代します。 洋服は、買い換えはするけど、買い足しはしないつもりです。 少ない服のほうがクローゼットもスッキリ、毎朝迷わないので本当に楽ですね。

次の

イッタラ2枚。一人暮らしの食器と盛り付け例〈全18種〉

ミニマ リスト きき

一人暮らしの食器の数 防災の観点から食器の枚数を見直していった結果、とても使い勝手の良い2枚にたどり着きました。 以前は料理の苦手意識を減らそうと、この10倍以上のお皿を所有していました。 使用したお皿は、 ・ ・ 添えてあるカトラリーは、 ・ ・ です。 イッタラ ティーマ 21センチプレート 左上から、焼き鮭・オムライス・ピザトースト、だし巻き卵、チキンソテー、グリルアスパラ、カルボナーラ、フレンチトースト、カプレーゼです。 オムライス&ミニサラダのようなワンプレートランチにちょうどよいサイズ感。 食パンもフチにかからずぴったり収まります。 プレートですがフチの高さがしっかりあるのでパスタやカレーにも対応。 サラダなどの副菜から煮込み料理、スープ、リゾットや小ぶりな丼物に。 まずは麺との比較。 麺を優先して盛り付けたたところ、食べやすさを考えてスープは50ミリリットルほど鍋に残しました。 今は、15センチボウルにのっけ飯(どんぶりもの)と具沢山のスープが最も多い組み合わせ。 スープは、同じくティーマのカップを利用することもあります。 今使っている食器は、 ・ティーマ 21センチ プレート ・ティーマ 15センチ ボウル ・ティーマ カップ&ソーサー ・デュラレックス ボデガS(200cc) ・iwaki パックボウル となりました。

次の

ミニマリトを目指したいのに同居人がマキシマリスト問題 家族のものに折り合いをつける妥協案

ミニマ リスト きき

私の同居人はマレーシア人パートナーのタムタム。 彼は買い物大好き、もらい物大好き、所有している洋服や靴は私の倍以上あるでしょう。 それ、いらないよね?ってもの「安かったから」「使うかもしれないから」と理由で嬉々として家に持ち込みます。 ミニマリトを目指したい方は私のように「家族のもの」に対してモヤモヤっとした気分になっている方が多いのではないでしょうか。 家族のせいで理想のミニマルライフが遠ざかる、、、と眉間にシワを寄せる前に「物をため込んじゃう人」の行動や心理を探って、妥協案を見つけていきましょう。 え?それは捨てなくてもいいんじゃない?クローゼットにしまっておけばいいじゃん。 もったいないよ。 だから、ごっそりと物を捨てたい時は彼の不在時にこっそり捨てています。 (捨てたことには気づいていない) 彼の行動からその心理を探ると、• もらえるものは必要不必要に関係なくもらっておかなかければ損!• 安かったら買わなければ損!• まだ使えるものなら捨てるのは損! 人間には損失回避(物を失うことを避ける・嫌う心理)が本能として備わっています。 だから、彼の行動も損失回避で一般的にはまぁそこまで大きな問題ではないのかもしれません。 ただ、一緒に暮らしているパートナーと「モノの所有」という部分で価値観がズレズレなんです。 上手くやっていくには歩み寄りや妥協も必要なわけでして。 ミニマリストを目指す私からマキシマリストの同居人への妥協案 床やテーブルに物を置きっぱなしにすることは彼も好まないので、物は基本的には寝室のおおきなクローゼットに片付けています。 クローゼット内の3分の1は私の荷物、あとは彼の洋服やら靴やらなんだかんだが「窮屈そうに」収納されています。 だって、家賃だって半々でやってるんだから彼が収納スペースのほとんどを使うのは不平等。 寄付は「損」ではなく、「誰かの役に立っている行為」だから。 台所も彼がどこからかもらってきた食器や調理器具、お菓子作りの道具、食品用ラップやサンドイッチをいれる袋などで収納スペースは余裕がありません。 冷蔵庫も食べ物でパンパン。 なぜ毎日のように食品の買い物をしてくるのか謎。 空いているスペースに物を入れておくこと、使えるものを保管しておくことは悪いことじゃないよ、、、、と100%納得はいかないようでしたが、しばらく様子をみてみることにします。 まとめ 人それぞれの考え方や価値観はできるだけ尊重して、お互い気持ちよく生活できるようにしたい、と思っています。 自分だけの意見を押し付けるのではなく、相手の意見もきちんと聞いて、落としどころを探っていくのが大切ではないでしょうか。 【関連記事】 パートナーはモノは多いけど綺麗好きだし、「損をしたくない」という気持ちはモノに対してだけで、募金や人助けは喜んでする人です。 見習う部分もたくさんある人なので、「ブランデーグラスをもらってきた」というだけで、イライラしている私の器が小さく思えてきました。

次の