アイコス 全国発売。 新型アイコス2.4plusが全国で発売決定!仕入れ状況は!?

【夏割情報追記】アイコス3デュオとマルチをコンビニで買えた!全国のセブン・ローソン・ファミマの価格・在庫・種類

アイコス 全国発売

アイコス(iQOS)の新モデル、アイコス3およびアイコス3マルチが全国のコンビニで発売開始してから約半年が経った。 このところアイコスに関するニュースはほとんどなく、ブームは若干下火になった感がある。 新しいモデルが発表されるまで何も目新しい変化は起きないのか? そう思っていたら、発売元のフィリップモリスジャパンは、2019年7月29日に突然ヒートスティックの新しいフレーバー3種を、アイコスストア・オンラインストアなどで先行販売開始した。 しかし個人的に残念だったのは、 3種はいずれもメンソールだったことである……。 ・メンソールだけ…… 残念と言ったのは、私(佐藤)がメンソールを吸わないからだ。 3種もヒートスティックを出すなら、1つくらいレギュラーテイストにして欲しかった……。 さて、発売が始まったヒートスティックはマールボロの「トロピカル・メンソール」(500円)。 廉価版のヒートスティック、ヒーツの「クール・ジェイド」と「フロスト・グリーン」(各470円)である。 3種の味をそれぞれ紹介しよう。 ・マールボロ「トロピカル・メンソール」 この商品は、メンソールと名前がついているが、厳密には「パープル・メンソール」「イエロー・メンソール」に続く、フレーバー系のヒートスティックとのこと。 ただ爽やかなだけではなく、「トロピカル」とあるように、フルーティーな味わいを楽しめるそうなのだが、私は個人的にパープルもイエローも苦手である。 ほのかな甘さが邪魔くさいのだ。 メンソールならキリッとした爽やかさを楽しむことができれば、それでいい。 なぜ果実味を足すのか? 実際に吸ってみると、上品な味わいであるものの、やはり甘味が気になる。 テイストとしては女性向きと言ったところだろうか。 武骨な味を好む私には合わなかった。 ・ヒーツ「クール・ジェイド」 ヒーツは2019年2月に発売開始した、安いヒートスティックである。 マールボロが500円であるのに対して、こちらは470円で購入できる。 メンソール製品の充実を希望する声を受けて誕生したメンソールのヒートスティックだ。 価格が安いぶん大ざっぱな味がするのかと思いきや、そうではなかった! 一瞬レギュラーかと錯覚するほど自然な味わいで、気づけば口の奥に清涼感を覚える。 メンソールが苦手な私でも、吸っていてイヤな気分がしなかった。 これは意外と、レギュラー好きにもアリなメンソールテイストかも? ・ヒーツ「フロスト・グリーン」 最後にフロスト・グリーン。 先のクール・ジェイドが好印象だったせいか、この商品も吸い始めからメンソールなのに、悪い気がしない。 むしろクール・ジェイドよりもさらにスムースだ。 味に丸みと深みがあって、メンソールたばこ特有のトゲトゲしさがない。 これもまた、レギュラーテイストに慣れ親しんだ人でも割と抵抗なく吸えるヒートスティックである。 それにしてもなぜ、今このタイミングで新しいフレーバーのヒートスティックを出したのだろうか? 同じ電気加熱式たばこでもグローはさらに種類が豊富。 それに比べてアイコスは、品ぞろえで遅れをとっていると自覚しているから、販売開始したのだろうか? いずれにしても、この調子でメーカー同士がしのぎを削って、さらに良い製品を出していって欲しい。 参照元:(20歳以上、サイト利用にはログインが必要) Report: Photo:Rocketnews24.

次の

IQOS(アイコス)全国発売間近!気になる人はこれをチェック!

アイコス 全国発売

発売日:2019年4月1日• 地域:6都府県• 購入店舗:コンビニエンスストア等、及びたばこ販売店• コンビニで販売される一番のメリットは、 消耗品である専用たばこカプセルの入手性にあると思います。 プルームテック・プラスの本体は通販で入手したとしても、気軽にたばこカプセルが手に入らないと不便ですし、使い続けようと思わなくなってしまいますので、販路拡大はユーザーにとってメリット以外の何物でもないので単純に嬉しい情報ですね。 発売される対象地域 6都道府県の詳細 4月1日に販売が開始するエリアの詳細は以下の通りです。 宮城県• 東京都• 愛知県• 大阪府• 広島県• 福岡県 発売される6都府県エリア内のコンビニエンスストア等(約20,000店舗)、及びたばこ販売店(約800店舗)では、予約なしで店頭での購入が可能になります。 その他の地域ではまだ発売は先ですが、すでにJTからの公式情報として全国販売が予告されています。 ただし、店舗の詳細については公表されていないのですが、6都府県の大型店舗などが対象になっていると思われますので、いち早く近くのプルームテックプラスを店頭で入手したいユーザーは問い合わせてみると良いのではないでしょうか。 なお、先行販売では入手できるアイテムについては限定がありますので注意が必要です。 対象アイテム• 専用たばこカプセル ホワイトカラーを入手したい方は一般販売まで待つ必要があります。 Ploomショップでは予約なしで購入可能に さらに、2018年3月4日から、Ploomショップでは 予約なしで購入が可能になっています。 発売から今まで、ネットで事前予約しないと購入できなかったのですが、その面倒な手続きなしでふらっと店舗に行けば購入可能になりました。 つまり、今までは品薄続きで、予約してもらわないと在庫を確保できなかった状態が、増産などによって解消されたため、いつ来てもらっても在庫のご用意がありますよ、というアナウンスに他なりません。 確かに、2月中は品薄でいつ確認してもネット在庫がなかったのに、ここ最近Ploomオンラインにも在庫がある状態ですので、店舗だけでなくPloomオンラインストアでも入手できるようになっています。 発売当時に諦めたユーザーも、この機会に再度購入を検討してみてはいかがでしょうか。

次の

アイコスHEETS(ヒーツ)の違いは?マルボロ以外の銘柄が全国発売へ

アイコス 全国発売

フィリップモリスジャパンは1月28日、加熱式たばこ「IQOS(アイコス)」専用たばこスティック「HEETS(ヒーツ)」シリーズ4銘柄の全国展開を始めた。 価格は税込470円(20本入り)で、既存の「Marlboro(マールボロ)」シリーズ(同500円、7銘柄)よりも30円安い。 ラインアップを計11銘柄に拡充し、より多くの喫煙者に訴求する。 本日(1月28日)から全国9カ所の専門店「IQOSストア」で販売し、2月15日に全国のコンビニエンスストアを含む主要たばこ取り扱い店でも展開する。 従来は北海道、沖縄、中国・四国地方、九州地方の18道県でのみ販売していた。 ヒーツの4銘柄は、コクと深みのある濃厚な味わいが特徴の「ヒーツ・ディープ・ブロンズ」、うま味と香りのバランスの取れた「ヒーツ・バランスド・イエロー」、くせのないクリアな味わいの「ヒーツ・クリア・シルバー」、ほのかなメンソールが特徴の「ヒーツ・フレッシュ・エメラルド」。 日本で人気の高いメンソールを1銘柄にとどめ、レギュラーテイストを多く展開する理由は、紙巻きたばこの味わいを好む喫煙者の獲得をさらに促進するため。 加熱式たばこ「IQOS(アイコス)」専用たばこスティック「HEETS(ヒーツ)」 同社マーケティング&コミュニケーションズ ディレクターの坂牧真美氏は「ヒーツはグローバルブランドとして、これまで世界30カ国以上で展開してきた。 より多くの喫煙者に満足してもらえるよう、世界中のタバコ葉をブレンドしている。 一方、マールボロは日本人喫煙者の嗜好(しこう)に合うよう、地中海側で取れたタバコ葉を使用している。 味わいは両者で大きく異なる」と違いを説明。 「ヒーツのパッケージデザインは海外版と異なるが、中身は全く同じ。 マールボロブランドに『価格面では(継続的に吸うのが)難しい』『(風味が)ちょっと合わない』と感じていた方に使ってもらいたい」(坂牧氏)と狙いを話した。 関連記事• 競争が過熱する加熱式たばこ市場。 フィリップモリスジャパンは、アイコス専用たばこ「HEETS」シリーズ4銘柄を全国展開し、首位固めを目指す。 ただ競合のJTは、新型「プルーム・テック」を近く2機種発売する予定だ。 この動きにどう対抗するのか。 市場ではJTのみが手掛けてきた「低温型」を開発する計画はあるのか。 シェリー・ゴー社長に意見を聞いた。 レストランでアイコスを使用しながら飲食する試験などを行ったが、大気中の有害物質の濃度は平常時とほぼ変わらず。 非喫煙者の体内からも、こうした物質はほぼ検出されなかったとしている。 アイコスに2機種の新モデルが登場。 充電を40秒短縮した「アイコス3」、10回連続で使用できる「アイコス3 マルチ」。 価格は前者が1万980円、後者が8980円(ともに税込)。 JTが加熱式たばこ「Ploom TECH」の新型を発表。 「Ploom TECH +(プルーム・テック・プラス)」と「Ploom S(プルーム・エス)」の2機種。 前者は低温加熱式だが、吸い応えを従来モデルよりも強めた点が特徴。 後者は高温加熱式を採用し、紙巻きたばこに近い吸い応えを実現した。 JTが加熱式たばこ「Ploom TECH」の新型を2機種発表。 会見にはJTの岩井睦雄副社長が登壇し、新型に込めた狙いと今後の戦略について語った。 JTが、プルーム・テックの安全性を調べるための臨床試験結果を発表。 紙巻きたばこから同商品に切り替えた場合、体内の有害物質は禁煙した場合と同じくらい低減することが分かったという。 来春までに発売予定の新モデルの安全も今後検証していく方針。

次の