宝島社 編集 者。 田中みな実写真集をヒットさせた宝島社・女性カリスマ編集者、“突然解雇”の真相

宝島社をクビになった田中みな実担当編集者、転職成功で“第2弾”写真集は講談社から!?|ニフティニュース

宝島社 編集 者

株式会社宝島社 『SPRiNG』編集長 平澤 梢(ひらさわ・こずえ)さん メンズ雑誌編集部員を経て、2010年、宝島社に入社。 『InRed(インレッド)』の編集に携わる。 その後、28歳『SPRiNG(スプリング)』に異動。 この年齢は編集長としてはお若い方ですか? 出版業界全体で考えれば若い方だと思います。 でも宝島社に限って言えば、29歳や30歳で編集長になっている人もいるので、意外と普通かもしれません。 というのも、私の考える「デキる編集者」像って、どこか突出した強みがある人なんです。 周りの編集者を見ても、個性が強いというか、何か自分の好きなものに突き進むことができる人が活躍しているイメージでした。 その点、私は何事も広く浅くというタイプで……。 ファッションも好きは好きですが、業界のプロ達と比べればごくごく普通レベル。 「私にはこれだ」と思える武器がなくて、いつも引け目を感じていました。 辞令があった時は、驚かれたでしょうね! もう青天の霹靂(へきれき)です! 前任の編集長が私を推薦してくださったそうなのですが、ちょうど編集者として行き詰まっていた時期だったからこそ、そんな評価をいただけたことが嬉しくて、挑戦してみようという意欲が湧きました。 コンセプトを、それまでの森ガール的な「ナチュカワ(ナチュラルで可愛い)」から、おしゃれで知的な文化系女子「グッドガール」に一新。 ファッションスタイルもこれまでとは真逆のメンズライクに方向転換したそうですね。 かなり大胆な路線変更ですが、この決断の理由はどこにあったんですか? リニューアルについて話し合っていく中で生まれたのが、「いま、私たちの読みたい雑誌がないよね」という声でした。 他誌をチェックしていると、「モテ」や「愛されヘア」といった男性を意識したワードが多くて。 そうではなく、「自分が好きだからこの服を着るんだ」っていうふうにファッションを楽しんでいる女性はもっとたくさんいる気がしたんです。 そこで、友人たちにヒアリングしてみると、男性ファッション誌を読んでいたり、メンズブランドもうまくスタイリングに取り入れている人が多いことが判明。 ここを掘り下げていけば、まだどこの雑誌もアプローチできていないターゲットにリーチできるんじゃないか。 その予感が、リニューアルの決め手になりました。 具体的に、誌面はどのように変化させたのでしょうか? これまで、日本の女性ファッション誌の表紙を飾るのは人気の女優さんや日本人モデルがほとんどでした。 それを『SPRiNG』では表紙も誌面も外国人モデルで統一。 感度の高い女性が憧れを抱くようなハイセンスなビジュアルを意識してつくりこみました。 リニューアルを機にこれまでのファンが離れたりもして、部数は一時3万部まで落ち込みました。 当時は毎月の売り上げの数字を見る度に心がヒリヒリしていました(笑)。 ただ、もともと読者層がある程度入れ替わることは想定していたので、こういうこともあるかなとは想定していました。 平澤さんが自分の信念を貫けたのは何があったからでしょう? それはやっぱり読者の声です。 離れていった読者もいたのは事実ですが、逆に「こんな雑誌を待っていました」と熱いメッセージが届き、支持してくれる読者もじわじわ増えてきて。 ちゃんと私たちが想定したターゲットは市場にいる。 そして、そこに届く雑誌はつくられている。 その確信が、気持ちの折れそうな状況下で私たちの信念を支えてくれました。 編集者はクリエイターであり、ビジネスマンでもあること。 ですので、コンセプトはそのままに、より多くの方に手にとっていただけるよう、入口を広げていく方向へシフトチェンジしようと考えました。 そこで、表紙にはマスに向けて人気タレントを起用。 付録は本皮仕様のカードケースや『TSUMORI CHISATO』のぬいぐるみケースとエコバッグのセットといった豪華なアイテムを付けました。 また、アジャスターを付けるなど使いやすさの面でも力を入れて、幅広い人が手に取れるアイテムにこだわるなど、『SPRiNG』の認知度を広めていくために試行錯誤を続けました。 そこに宝島社の強みである価格戦略、大胆な部数戦略、宣伝、プロモーション力が加わって、一気に発行部数を2倍に仕掛け、それに伴い売上部数も一気に伸びたんです。 逆に、「ここだけは変えない」と判断したことは何だったのでしょうか? ターゲットですね。 情報を伝えるアプローチの方法は変えるけれど、ターゲットは絶対に変えない。 その想いだけはブラさずに持ち続けました。 結果、徐々に部数が回復し、今ではリニューアル前の2倍以上の実売13万部近くまで伸ばしています。 自分たちがやりたいことと、ビジネスとして求められていることと。 責任ある決断をするプレッシャーはありませんでしたか? そうですね。 確かにプレッシャーは大きいです。 実は私、前職で担当していた雑誌が休刊になったことがあるんです。 休刊や廃刊は、ある日突然決まってしまう。 会社から決定が出たら最後、編集部の私たちにはもうどうすることもできません。 だから、その前にやれる限りのことは絶対やっておかなくちゃいけない。 雑誌として売れなければ休刊や廃刊になるし、それで毎日当たり前のようにやっていた仕事が無くなる現実を知っていたからこそ、「そうはしたくない」という思いで舵を切ることができたんだと思います。 だけど、決してクリエイティブだけに偏ってはいけない。 宝島社は、雑誌を商品と捉え、どうやったら売れるかというビジネス感覚を持つことが大切だと考えています。 単に売上だけを狙った中身のないものつくっても意味がないし、かと言ってつくりたいものだけをつくって売れなければビジネスパーソンとしては失格。 『SPRiNG』の復活も、携わっている全員が、良い雑誌をつくりたいというクリエイティブ魂と、売れる商品をつくらなければいけないというビジネス感覚の両方を持っていたからこそだと思います。 編集長としてプレッシャーと向き合う日々。 売上が厳しければ、責任は編集長が問われます。 精神的にきついこともあると思いますが、モチベーションを維持する方法は? 時々ではありますが、会社から求められることに対して逃げ腰になってしまうこともあります。 そこで大事なのは、「嫌だな」とか「やりたくないな」とか、個人的な感情に落とし込む前に、「なぜそれを求められているのか」を冷静に考えてみること。 私の場合、部数を伸ばすということが至上命題ですが、なぜ部数を伸ばさなければいけないのかと言うと、当たり前ですが会社として売上が上がらないと私たちのお給料も出ないし、部数が高くなければできない企画やチャレンジもいっぱいあるからです。 部数を伸ばすということは、雑誌に関わるすべての人がハッピーになることなんだって、そう自分の中で納得できてからは、たとえ会社から厳しいことを求められても前向きに挑戦できるようになった気がします。 実はそんなに大したことはしていなくて(笑)。 『Instagram』や電車の中吊り広告を意識的にチェックしたり、街で見かける女の子たちの持っているものを観察したり、隙間時間でトレンドや女の子たちの今の気分を知るようにしています。 あとは掛け合わせを考えることは大事にしています。 他の雑誌やテレビなどをチェックして、面白い企画があったら、それを『SPRiNG』でやるならどんな要素を加えると良いだろうとアイデアを練ってみたり。 以前やったことがある企画でも、別のプラスアルファと掛け合わせることで、今っぽい企画に生まれ変わることはよくあるんです。 最近、特にヒットした企画はありましたか? 去年で言えば「神ってる」という言葉が流行っていたので、それに合わせて「神パンツ」、「神コート」という特集を組んだときは、読者からの反響も大きかったですね。 そういう意味では、ジャンルを問わずトレンドをチェックしておくことは重要ですね。 特に、テレビのゴールデン番組は、世の中で何が流行っているかを掴むのに貴重な情報源です。 若者のテレビ離れ、なんていわれていますけど、やっぱりテレビは侮れないですよ(笑)! なかなか忙しくて自分でアンテナを張りきれないという人は、周りに流行に詳しい人を一人押さえておくといいかもしれませんね。 やたらトレンドに詳しい人って、周囲に1人はいませんか(笑)? そういう人との会話の中から情報収集するのも1つの手だと思います。 最後に、今後の目標をお聞かせください。 今も多くの人に支えていただいている『SPRiNG』ですが、もっとこの雑誌を多くの人に届けたいし、楽しんでもらいたい。 そのためにも、読者ともっとコミュニケーションを取りつつ、リアルに憧れられる世界観を提示していけたらと考えています。 取材・文/横川良明 撮影/吉永和志 正社員で長く働きたい女性のための転職サイト「女の転職type」 東京・横浜など首都圏を中心に女性に人気のある正社員求人情報を多数掲載中。 女性が仕事探しをする際に重視する「残業の有無」や「産育休活用例の有無」などの情報を求人ごとに紹介。 また、希望の職種や勤務地からの検索ができるだけでなく、登録情報にマッチしたオススメの求人情報や転職イベント情報などを女の転職type編集部よりご案内しています。 その他、面接対策や履歴書の書き方、実際に企業で働く社員から職場の評判を集めた「うちの会社のほんとのところ」など、転職・就職活動に役立つ情報も満載!さらに、2016年より「リトルミイ」がサイトキャラクターとして新登場!どんな仕事が自分に向いているのか、自分の経験はどんな仕事に活かせるのかが分かる「いい仕事ミイつけよう診断 職業・適職診断テスト 」など長く働きたい女性の転職を応援します。 転職するなら「女の転職type」をぜひご活用ください。

次の

宝島社

宝島社 編集 者

「若者の雑誌離れ」が言われるなか、10代読者の新規開拓に挑んでいる雑誌があります。 宝島社のストリートファッション誌・miniです。 編集長に就任後、「ストリートスナップ廃止」「カタログから教科書へ」といった方針を打ち出してきた見澤夢美さん(38)に話を聞きました。 宝島社miniはこんな雑誌です 2000年に創刊したmini。 Tシャツ、デニム、スニーカーを基本とした「ボーイッシュだけど女の子」なスタイルを提案するストリートファッション誌です。 10代後半から20代前半をターゲットにしており、日本ABC協会発表の雑誌販売部数によると、2016年下半期から2018年上半期にかけて女性ング誌部門で4期連続1位を獲得しています。 大学卒業後、2004年にアルバイトとしてsweet編集部に入った見澤さん。 2006年に宝島社の社員となってmini編集部へ。 2011年に30歳で編集長に抜擢されました。 まずは表紙を改革 見澤さんが取り組んだのが「表紙」の改革です。 ストリートっぽさを出すために、それまでのツルツルした手触りのものからマットな質感のものに変更し、文字色もネオンカラーの単色に。 誌面で「ギャル系」「清純派」とまったく系統の違う2人を看板モデルに起用して、普段のイメージとは関係なくストリートファッションを着てもらっていましたが、表紙でも同じ取り組みを始めました。 現在もこのコンセプトは続いており、 有村架純さん、川口春奈さん、小松菜奈さんといった女優に、あえてストリートファッションで登場してもらっています。 その狙いについて、見澤さんはこう話します。 「いろんな雑誌の表紙に登場されている女優さんですが、ストリートファッションで登場するのはminiだけ。 意外にも思えるこの組み合わせが、SNSでは見られない、この雑誌だけのものなので、手にとってもらえるんです」 誌面改革のポイントは ストリートスナップの廃止。 街中で見つけたおしゃれな人たちを撮影して特集するストリートスナップは、かつては人気コンテンツでした。 しかし、SNSが普及した現在では、Instagramで気になる人をフォローすれば事足りるようになっています。 「読者アンケートの結果を見ていても、スナップは弱くなったと感じていました。 今の雑誌でやる意味があるのかを考えて廃止することにしました。 代わりに力を入れているのがビューティー特集です」 読者の価値観が変化 創刊当初から表紙を見比べてみると、年々メイクが濃くなっており、関心が高まっていることがわかります。 そこで「時短」「基本のキ」などのキーワードを設定して、メイクやヘアアレンジの特集を組むように。 当初は後ろの方のページでしたが、次第に昇格して巻頭特集を飾るまでに成長しています。 「私の個人的な感想ですが、 東日本大震災以降、読者の価値観が変わったように思います。 それまで『こんなに服を持っている』という満足だったのが、 自分を磨く・自分に投資するという流れに」 付録が左右する? 宝島社の雑誌といえば、多くの人がイメージするのが 「豪華付録」です。 miniも例外ではありません。 ベーシックなものを、使うシーンまで想定して企画しているそうで、主導するのはコラボする企業ではなく、あくまで編集部だといいます。 「こちらから 『こんな商品を付録にできませんか』と提案しています。 mini編集部では付録と広告は切り離しています」 今年の3月号に付録としてつけたミッキーマウスがデザインされたバッグは、Instagramでも話題に。 東京ディズニーランド・ディズニーシーに持って行って、キャストにサインをもらうという人たちが相次いだそうです。 「売り上げを左右するのは、中身じゃなくて付録なんじゃない?」といった意見も時折見かけますが、見澤さんはどう考えているのか。 「雑誌の売れ行きを左右するのは、表紙・巻頭特集・付録の3つです。 付録が豪華だからといって中身を手抜きするわけではないので、結果的に仕事は増えています。 『どうせ付録のおかげでしょ』と言われたくないからこそ、編集にも力が入ります」 雑誌も作れて、モノ(付録)も作れて、それで読者に喜んでもらえるなら、それが一番。 見澤さんはそう考えています。 yahoo. 宝島社が発刊しているファッション雑誌「sweet」「GLOW」「リンネル」「オトナミューズ」「InRed」などに掲載されたアクセサリーや雑貨、ブランドとコラボしたiPhoneケースなどを販売しています! ココでしか手に入らない宝島社ストア限定アイテムも! 【雑誌】 ・sweet ・リンネル ・InRed ・GLOW ・大人のおしゃれ手帖 ・オトナミューズ ・SPRiNG ・steady. ネットの声 今宿さんと花楓さんの黄金期。 大好きだった! 管理人の率直な感想 ですからね! こういった女性誌の努力を男性誌にも見習ってほしいんですよ。 いつまでもエッチな袋とじ。 付録があってもショボい。 豪華付録で有名な宝島社。 この層々たる女性誌のラインナップを見てくださいよ。 ブランドの一覧を見てくださいよ。 宝島社は男性誌も扱ってるのに何でこんなに違うんだい。 しかも豪華付録はもちろん、オンラインストア限定のコラボグッズが販売されてるじゃないですか。 オンラインストアを見てるだけでワクワクしますもん。 トートバッグとか安いし。 ストアを拝見すると男性誌で今推してるのはsmartのコラボグッズでした。 smart読んでましたけど、何ですか 『野生爆弾くっきーTシャツ』って。 「オンライン受注生産品だからちょっと経ったらプレミアつくのかな」くらいですよ。 野生爆弾の肉巻き巻きDAYSって・・・面白いけどちょっと違うんだな。 それこそ バッグとか、カードケースとかスマホケースとかいろいろあるじゃないですか。 キーホルダーでもいいですよ。 ちょうど部屋の鍵のキーホルダーを変えたいって思ってたんです。 もし宝島社の関係者の方が見ていたらご検討をお願いします。 是非とも今後こんな感じで展開を!(見てないと思いますけど・・・).

次の

宝島社 採用情報

宝島社 編集 者

概要 [ ] にが設立。 6月にから版権譲渡を受けた月刊誌『 』(旧『ワンダーランド』。 が創刊・編集)を復刊。 若い世代を対象とした切り口は、以後の出版界に少なからぬ影響を及ぼした。 『宝島』復刊当初、編集はの「株式会社宝島社」、発行はの「株式会社JICC出版局」と編集・発行が別会社になっていた。 3月から政治問題からサブカルチャーまでを扱う『』を創刊、市場を切り開く。 11月4日には、借り上げていた麹町にあった当時の本社において発砲を受け事件化する。 編集者1人当たりの出版出荷額にノルマをかけ、同社急成長の元となった「社員成金化計画」などは業界内では有名である。 には・を含む近隣エリアを買い取り、同社保養所とする。 その後に馬場を作ったり、一旦湖水を減らしたり、私有地のため観光パンフでの地図上の表示を取りやめるよう一部に持ちかけるなどし、照月湖を愛する近隣住民・自治体との間でトラブルが生じる。 ファッション、雑貨などの有名ブランドのグッズが付属したブランドムックに強く、ファッション誌の付録にも豪華なアイテムが多くみられる。 なお、宝島社は「ブランドムック」をしている。 近年では、『』において東アジア諸国(いわゆる)や、、などに対し攻撃的に切り込む政治的な内容の書籍を出版している事で知られる。 7月29日に看板雑誌の『宝島』を同年8月25日発売の10月号をもって、10代女性向けファッション雑誌の『』を同年8月11日発売の9月号をもって休刊することを発表した。 出版雑誌一覧 [ ] ファッション雑誌 [ ] 近年、宝島社の雑誌は付録が豪華なことで有名である。 主に有名ブランドとコラボレートしたバッグやポーチが付録として採用される。 ヘア、メイク、旅行、スーツなど、テーマを絞った増刊ムックも豊富に展開される。 ムック本はいずれも「 e-MOOK」シリーズに分類されている。 メンズ [ ]• 『』 - 20代男性向けファッション誌。 『』 - 10代後半 - 20代前半向けのファッション雑誌。 2007年に「e-MOOK」として3号発売。 レディース [ ] 40代向け• 『大人のおしゃれ手帖』 20代後半 - 30代向け• 『』 - SPRiNGの姉版。 ライフスタイルにもこだわる新しい30代の提案。 『』 - 可愛いモノ好きの20代後半 - 派手めスタイル。 『オトナミューズ』 ティーンズ - 20代前半向け• 『』 - 大人のストリートカジュアルファッション誌。 『』 - 同社初のOLターゲット。 お仕事対応のきれいめカジュアル。 『』 - 20歳前後のシンプル志向の裏原ガールズ向け。 『smart』の女性版として創刊。 娯楽雑誌 [ ]• 『』 - 2007年より刊行。 主に30代男性向けグッズ情報誌。 デジタル、ファッション、スポーツ等を扱う。 『』 - 1988年より刊行。 』シリーズの嚆矢となる。 略称は「このミス」。 『』 - 2005年版から定期刊行化。 略称は「このラノ」。 『』 - 2005年より年末に定期刊行化。 『田舎暮らしの本』• 『』- 2015年8月をもって休刊。 『』 - 同社唯一の誌。 原宿発信のトレンドを扱う。 2015年8月をもって休刊。 『ウルトラONE』• 別冊宝島ブックレット• 『BOOM』- サブカル色の強いアイドル雑誌。 末期は少女向けに路線変更した。 『』 - 1988年から2001年まで刊行されていた月刊誌。 『』 - 1999年の創刊当初は『Bandやろうぜ』の増刊。 その後2011年5月号まで刊行された。 『』 - 1988年から2004年まで発刊。 出版ムック一覧 [ ]• TJムック• 宝島ムック 出版書籍 [ ]• : JICC出版局時代のレーベル。 シリーズ• 宝島社新書 1999年9月創刊。 創刊ラインナップは『ブラックバスがメダカを食う 日本の生態系が危ない!』(秋月岩魚)、『宇多田ヒカルの作り方』(竹村光繁)、『金融監督庁』(金融再生研究会)の3点。 ベストセラーに『「捨てる!」技術』()などがある。 賞 [ ]• モバイル [ ]• (有料)• (有料) その他の事業 [ ]• 「Healty」の販売(・専売)• - のプライベートレーベル。 マキシングルの販売業務を担当。 日本ファッショリーダーアワード主催(2009年 - ) キャプテンレコード [ ] かつて、後半のブームの頃はプロデューサーを中心に「キャプテンレコード」というを展開していた。 当時の主軸を押さえてたが、インディーズに商業主義を早期に持ち込んだことについて賛否両論あり「アマチュア青田買い」と揶揄された。 [ ]なお、キャプテンレコードが保有していた楽曲の著作権と原盤権はすべてが保有している。 所属していたアーティスト [ ]• メトロファルス• 主な作品 [ ]• V・O・S(ビデオ)• V・O・S(ビデオ)シリーズとしてのアーティストビデオ(バンド「純音楽」など) 系列会社 [ ]• - 元々は宝島社での刊行が適さないマイナー・堅い本を刊行していた。 しかし、元『宝島』『別冊宝島』『』編集者(現在退職して映画評論家)のが同社に移って手がけた『』が小ヒット。 また、初期『別冊宝島』編集長であり、宝島社の実質的な主力編集長だったがに移ってからは、かつての『別冊宝島』テイストを感じさせる『ムックy』『新書y』にも力を入れていた。 2020年2月1日付で宝島社に吸収合併され解散した。 従業員や権利義務等は宝島社が承継するが、『映画秘宝』は休刊、それ以外の出版物も合併後の発行は行わないとしている。 宝島ワンダーネット - 『宝島城』など事業を中心に行う。 事件・トラブル [ ]• 同社がに製作を委託し、に発売したムック本・「」の付録の食材用抜き型について、使用されていたがに移り付着することが判明し、同社は自主回収を行った。 スポンサー番組 [ ] 現在 全てフジテレビ系、(過去にテレビ朝日系列でも提供実績がある)• (以降) - 筆頭スポンサー(前半60秒、後半30秒)• 右翼団体が『』の反皇室報道に抗議したという体裁になっているが、真相は不明• - 日本雑誌協会 日本書籍出版協会50年史 Web版(2020年6月9日閲覧)• WWD JAPAN. com 2015年7月29日• 2015年7月30日. 2015年7月30日閲覧。 - 国立国会図書館(2020年6月27日閲覧)• - 国立国会図書館(2020年6月27日閲覧)• 「ぼくたちだけの天国」BAKU-8501-CD CDジャケットの側面、および背面に記載。 ,朝日新聞,2019年12月18日• ,読売新聞,2019年12月19日• 産経新聞 2010年9月23日 2010年9月26日, at the. 外部リンク [ ]• - チャンネル.

次の