コロナ禍 意味 使い方。 コロナ禍とはなんて読む?読み方や意味、使い方をわかりやすく説明

コロナ禍の読み方や意味は?使い方は?

コロナ禍 意味 使い方

コロナ禍とは 「コロナ禍」という言葉は、 主に新聞で使われている印象があります。 なので知らなきゃ読めない! 日常ではほぼ使いませんから、なんて読むの?と思って当然です。 コロナ禍ってなんて読む??【読み方】 「コロナ禍」は「 ころなか」と読みます。 「コロナ鍋(なべ)」などと読んでる人もいるみたいですねw コロナ禍の意味 「禍(か)」とは、 わざわいや 不幸せを意味します。 音読みが『か』、 訓読みが『まが』、『わざわ(い)』です。 「福」の 対義語です(形が似てて分かりやすい!)。 つまり、 コロナ禍とは『 コロナによる災難』の意味ですね。 コロナ禍の使い方をわかりやすく説明! コロナ禍、読み方がわかっても、日常で使うわけでないので読めないし使いにくい言葉です。。 実際に使われている例をみながら使い方を説明します。 コロナウイルスの流行で人々の外出が減る、工場などの生産も休止される、経済全体が落ち込むので車など高価なものは特に購入を控える人が増えると予想されるなど、 新型コロナウイルスそのものだけでなく、『流行が原因で生じた現象』を含んだ表現と言えるでしょう。 この記事は面白くて、 ブラジルのジャイル・ボルソナロ()大統領は18日、閣僚2人と上院議長が新型コロナウイルス検査で陽性だったと発表する中、 記者会見でマスクをもてあそび、新型ウイルスの パンデミック(世界的な大流行)をめぐる対応をまたもや「ヒステリー」と呼んだ。 極右のボルソナロ氏は、これまでも新型ウイルス危機に対する おざなりな対応を批判されてきたが、記者会見中にとんでもないやり方でマスクを使用し、 ネット上で嘲笑の的になった。 とあるんですが、ウイルスそのものの被害ももちろんあるのですが、このように 一国の大統領がコロナウイルスの流行という非常事態への対応があまりにひどくネットで批判を受けてしまう、という正に「コロナ禍」、 コロナによるわざわい・災難と言える内容です…。 何か天天災の時などに目にすることがあるかもしれませんね。 これらの言葉も新聞などでしか使用されないので読めないという人が多いはず。 まとめ コロナ禍の言葉についてだいぶ慣れていただけたでしょうか? 新聞などで使用される言葉なので、日常で使用することはあまりないと思われますが、残念ながらコロナウイルスの世界への広がりをみるとすぐに終息するとは言えない状況なので今後もニュースや新聞で目にすることが多いかと思います。 その度に間違った読み方をしていると、人前でふと声に出したときに恥ずかしいことがあるかも…(笑) 「 ころなか」です!覚えておきましょう!.

次の

渦・鍋のしめすへん[ネ]=コロナ禍|読み方や意味、使い方を解説!

コロナ禍 意味 使い方

新型コロナウイルスが世界中で猛威をふるっている。 日本国内でも、東京や大阪、北海道や愛知などの大都市圏を中心に感染拡大が止まらない状況が続いていて、オリンピックとパラリンピックに関しても1年程度の延期が発表されたばかりだ。 ここ2ヶ月ほどは、もうどこを見ても新型コロナウイルス関連のニュースで持ち切りとなっている。 そんな中、新聞やネットニュースなどで度々目にするようになったワードがある。 それは 『コロナ禍』。 私は初めてこの単語を見たとき、「これって何て読むんだ??」と思ってしまった。 (頭悪いのがバレる) 一度気になってしまったものや疑問に思ったことは、誰かに聞くなり調べるなりして解決しないと落ち着かない性格なので、今回はこの 『コロナ禍』について深堀りしてみることにしよう。 コロナ禍の正しい読み方とは? 早速、コロナ禍の読み方について調べてみる。 私は当初、禍という漢字を『渦』だと勘違いして、『コロナうず』と読むのではないかと思っていた。 しかし、渦だと部首が『さんずい』。 禍の部首は多分『しめすへん』なので、これはきっと違う… というわけで仕切り直し。 漢字辞典で調べようにも読み方が分からんので、スマホの検索窓にコピペして検索!(検索エンジンはまさに文明の利器!) 『禍』はどう読むの?と、Google先生に聞いてみたところ… 【禍】 音読みは 『か』、訓読みは 『わざわ(い)、まが』 このような答えが導き出された。 これに基づいてさらに調べてみたところ、コロナ禍は 『コロナか』という読み方が一般的とのこと。 コロナうずという読みは、やっぱり間違いだった… 『禍』という漢字の意味や使い方の例 ちなみにこの【禍】の漢字の意味について調べてみると… 『災い、不幸せ、思いがけない災難、良くないこと』といった意味合いがあるとのこと。 使い方の一例としては、 【禍を転じて福と為す(わざわいをてんじてふくとなす)】という有名なことわざに使われていたり、 禍事(まがごと/凶事、災難という意味)・ 禍福(かふく/災害と幸福、不運と幸運という意味)といった熟語にも用いられている。 つまり、災いに関連した語句に絡んで使われている漢字といっていいだろう。 コロナ禍は世界的に起きている『災い』を意味する言葉 以上、コロナ禍の読み方について調べてみた結果をお伝えしてきた。 禍という漢字にあまり馴染みがなかったので、私自身もひとつ勉強になった。 新型コロナは前例がなく、有効な治療法が確立されていない感染症だけに、いつ収束するか全く先が見えない状況。 感染者が増える一方、全国各地で外出自粛要請がしばらく続きそうなことから、不安な日々を過ごされている方も多いだろう。 まさに世界規模で起きている災害級のパンデミックは、経済面にも影を落とし、もはや人類滅亡へと向かっているのではという不吉な声も囁かれ始めているが… こういうときこそ、冷静になって行動することが大事になってくると思う。 手洗いうがいを欠かさず行ったり、外出は極力しないなど、自分でできる予防策を徹底しつつも、あくまでも平常心を忘れずに。 今は一刻も早い収束、そして平穏な日常が戻ってくることを願うばかりだ。

次の

コロナ禍なんて読む?意味と使い方をシェア

コロナ禍 意味 使い方

「禍」という漢字の使い方についても、ひもときましょう。 「禍(わざわい)」とも読む漢字ですが、同じ読み方を持つ「災(わざわ)い」と、意味の上での使い分けがあります。 「 災(わざわ)い」は、「天災」など、 主に「防ぎようのない元凶によりもたらされもの」に使われる漢字、 それに対し「 禍(わざわい)」は「舌禍」など、 主に「人為的ミスなどにより発生した凶事」に使われるようです。 新型コロナウイルスに由来する凶事に「禍」の字があてられるのは、 「これ以上感染を広げない」という重要ポイントが、個々人の行動にかかっている…という点にあるでしょう。 自分や大切な人、そしてこの社会を守るため、できる限りの予防策をとって、協力しあって参りましょう。 2問目に参ります。 【問題2】「禍々しい」ってなんと読む? 「禍々しい」という日本語の読み方をお答えください。 ヒント:意味は「不吉である」「いまいましい」などです。 <使用例>「禍々しい出来事にも、必ず終わりが来ます!」 文字、音ののイメージが強烈ですが… 「禍」という字には「禍(まが)」という読み方があります。 凶事の表現として「禍事(まがごと)」という日本語もあり、文字だけでも凄みを感じてしまいますが…。 苦境でこそ大切なのが「イメージにひきずられない」「必要以上にネガティブにならない」という「冷静さ」でしょう。 東京都の地区別感染者数が発表された際、筆者の周囲で、こんなエピソードがありました。 4月2日の時点で感染者数が最多であった世田谷区在住の友人が、SNSの友人グループに「怖い」と怯えたメッセージを送ってきました。 すると別の友人が「世田谷区は実は人口そのものが多いので、感染者数だけ見ると一見して最多であっても、人口比で考えると、世田谷区だけの罹患率が突出しているわけではないのよ?」という情報を、冷静に提示したのです。 罹患率そのものよりも、 怯えた友人の平常心を呼び戻すために、このやりとりは意義があったと思います。 つい、心が曇りそうになりますが、必要以上にネガティブになっても状況は変わりませんし、むしろ立ち向かう気力をそいでしまうでしょう。 見えないウィルスとの闘いには、一人一人が当事者として、平常心で毅然と戦う力が不可欠です。 「禍(わざわい)を転じて福となす」未来が一刻も早く訪れるよう、ともに立ち向かって参りましょう! 本日は、 ・コロナ禍(ころなか) ・禍々(まがまが)しい という日本語をおさらいしつつ、 ・禍(わざわい)を転じて福となす という先人の経験に基づく故事成語をお届けしました。 関連記事•

次の