速水 けんたろう コロナ ウイルス。 速水けんたろう(コロナ感染)は逮捕歴や事故があった!?現在(今)は声優や歌手!?

速水けんたろうさんコロナ感染 「たんぽぽ」白鳥さんも [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

速水 けんたろう コロナ ウイルス

速水は「日頃お世話になっておりますスタッフ・関係者の方々、そしていつもたくさんの応援をして頂いてるファン皆さま、ご心配をおかけしてすみません」と謝罪しつつ「病状が一進一退のところがあり、一時期悪い方向に向かった時もあったので、なかなか経過をお伝えしづらいところもありましたが、今はすっかり元気を取り戻したので、現状をご報告させて頂こうということになりました」とつづった。 「すっかり元気になって落ち着きを取り戻し、PCR検査を実施するところまで来ましたが、2回の実施でまだ陽性です。 う~ん、なかなかしぶとい!」としつつも「でも、まもなく陰性になると思うのでご安心して頂けたらと思います。 そして、退院したらあらためてご連絡ご報告させて頂きます」とした。 さらに「ご承知の通り、この病気は平熱が続いたとしても 突然容態が悪化したりするケースも増えているようです。 一緒に入院している妻も私と同じような経過にあったのですが、発症して高熱が11日間も続いたあと、平熱に戻り安堵していたところ突然39度以上の高熱が3日間続きました。 今はまた平熱に下がって落ち着いていますが、本当に気が気ではありませんでした」と回顧。 「この病気は完治の声を聞くまでは予断を許さないとても恐ろしい病気だと思います。 かなりしぶといです」とし、「なので、皆さん!普段の生活、とても厳しい状況を強いられていると思いますが、神経質すぎるぐらいに気をつけて下さい。 そして、絶対に感染しないで下さいね!」とつづった。 「どこでうつってしまったのか、、、もしかしたら、自分も知らない誰かにうつしてしまったのでは?と思うと胸が痛みます。 どこにも出掛けないで家にいた妻や家族にうつしてしまったのは本当に悔やまれるところです。 自分がかかり、家族にうつしてしまう。 こんないたたまれないことはありません」と複雑な心情を吐露。 「なので皆さん、くれぐれも気をつけて下さいね! みなさん、もうすぐ完全復活してまたステージに立ちたいと思います。 元気に歌う姿を是非、観てほしいです!歌いたくて、みんなに会いたくて、そんな気持ちでいっぱいです!応援してくださるファンのみなさま、あと少しだけ待っていて下さいね!」と呼びかけた。 速水は8日に感染を公表。 3日に発熱症状が見られ、咽頭痛・咳・痰・体の痛み等の症状が続いたため、6日に居住地近くの医療機関を受診。 胸部レントゲンでは所見なしの診断であったものの、PCR検査を受診し、7日午後に陽性が判明したとしていた。

次の

速水けんたろう活動復帰、ラジオで元気な声 “新型コロナ感染”体験談語る

速水 けんたろう コロナ ウイルス

お笑いコンビ・たんぽぽの白鳥久美子さん(38)が新型コロナウイルスに感染したことがわかった。 所属事務所が8日発表した。 熱やせきはなく、嗅覚(きゅうかく)も戻りつつあり、自宅で療養しているという。 事務所によると、白鳥さんは3日夜、親しい知人から「新型コロナウイルスの陽性と診断された」と連絡を受け、体温をはかると微熱があった。 翌4日に都内の保健所に連絡し、PCR検査の結果、7日に陽性が確認されたという。 4日以降は仕事をキャンセルして外出を控えているという。 白鳥さんは3月下旬、発症前の知人と会っていた。 自身も同29日からにおいを感じづらい症状があったが、アレルギー性鼻炎の持病があり、コロナ感染の可能性について判断がつかず仕事は続けていた。 相方の川村エミコさん(40)は29日以降に仕事で白鳥さんと会っており、濃厚接触者として現在は自宅待機しているが症状はないという。 また、NHK「おかあさんといっしょ」の「うたのおにいさん」として活躍した、タレントの速水けんたろうさん(58)も新型コロナウイルスに感染していると所属事務所が発表した。 速水さんは3日に発熱の症状があり、せきや体の痛みなどの症状が続いたため、6日に近隣の医療機関を受診。 胸部X線では異常がなかったものの、PCR検査で陽性であることが判明したという。 速水さんは現在、症状は安定しており、自宅待機している。 受け入れ先の病院が決まり次第、入院するという。 速水さんは「また元気になって、歌う姿を必ずお見せしたいと思います」とのコメントを出した。 (川村貴大、有近隆史).

次の

速水けんたろうさんコロナ感染 「たんぽぽ」白鳥さんも [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

速水 けんたろう コロナ ウイルス

3月25日に新型コロナウイルス感染を公表した志村けんさん(70)。 肺炎の症状を訴え検査を受けたところ、陽性だったころが判明しました。 志村さんの容体はその後急激に悪化し、3月29日に入院先の病院で死去。 所属事務所によると、志村さんの葬儀は4月11日、12日に近親者のみにて執り行われたとのことです。 1970年代からコメディアン・お笑いタレントとして親しまれてきた大御所の訃報は、マスコミ関係者だけでなく大勢の日本国民に衝撃を与えました。 戦隊ヒーロー俳優「小宮璃央」さんも陽性3月31日には、若手俳優・小宮璃央さん(17)の新型コロナ感染が発表されました。 戦隊ヒーロー番組「魔進戦隊キラメイジャー」に出演中の小宮さん。 撮影後に「味覚と嗅覚に違和感」を感じたことから、検査を受け陽性が判明しました。 その後入院した小宮さんですが、4月9日に自身のTwitterで、無事退院したことと2週間の自宅待機に入ることを報告しています。 同じく3月31日、脚本家で俳優の「宮藤官九郎」さん(49)の感染も発表されました。 宮藤さんは腎盂炎の治療中で、新型コロナによる肺炎の症状はないことです。 宮藤さんは4月7日に退院し、その後自宅待機。 20日にはラジオ番組に電話出演し、無事回復したことと「自分の不注意で、仕事関係の人に大変ご迷惑をおかけしました」との謝罪コメントを発表しました。 ケツメイシRYOJIさんが新型コロナで発熱3月31日には、ヒップホップグループ「ケツメイシ」のRYOJIさん(45)も新型コロナの陽性と診断されました。 RYOJIさんは3月22日から発熱状態が続いていたとのことです。 RYOJIさんの体調はその後順調に回復し、4月17日には医療機関のPCR検査で陰性が確認されています。 「森三中」黒沢かずこさん(41)の新型コロナ感染が確認されたのは4月3日。 発熱など風邪のような症状を感じ、味覚と嗅覚の異常も続いたため、複数の医療機関を受診していたそうです。 陽性が判明した後は自宅静養を続ける黒沢さん。 4月20日には、森三中の村上知子さんの口から順調に回復していることが語られました。 発熱症状で感染が判明した「ゴリけん」さん4月5日に感染確認されたのは、お笑い芸人のゴリけんさん(46)。 3月29日朝から断続的に発熱が見られたため、福岡県内の医療機関でPCR検査を受けたところ陽性と判定されたそうです。 保健所から指定された施設で療養に努めたゴリけんさんでしたが、21日に自身のTwitterで完治を報告、しばらくは自宅で健康観察を続ける予定です。 4月7日には、お笑い芸人のラジバンダリ西井さん(44)も感染確認されています。 3日に発熱、その後も頭痛、腹痛、下痢、咳、全身痛、食欲減退、味覚を感じづらいなどの症状を訴えたため入院することになったそうです。 20日ほどの入院生活の後、27日のブログで退院を報告した西井さん。 「沢山のあたたかいメッセージに助けられました。 感謝致します」とコメントし、医療関係者への感謝を綴っています。 自宅療養する「白鳥久美子」さんお笑いコンビ「たんぽぽ」の白鳥久美子さん(38)も、同じく4月7日に陽性と判定されました。 3月29日に嗅覚の異常を感じ、その後発熱も確認されたためPCR検査を受けていたそうです。 その後は保健所の指示で自宅療養を続けていましたが、4月24日をもって健康観察を解除。 以降は「不要不急の外出を控えながらの生活」を続けるとのことです。 4月9日、声優の山下まみさん(32)の新型コロナ感染が確認されました。 「味覚と嗅覚以外は特に問題ない」といい、保健所の指示で自宅療養をすることに。 5月4日に2度目のPCR検査で陰性と判定された山下さん、すでに自宅待機も解除されています。 肺炎の症状で入院した「富川悠太」さんテレビ朝日アナウンサーの富川悠太さん(43)は、4月11日に陽性判定を受けました。 メインキャスターを務める「報道ステーション」の本番中から痰が絡むなどの症状を感じていたという富川さん。 その後は肺炎の症状も発症し、入院治療をすることになりました。 その後21日放送の「報道ステーション」では富川さんが「陰性」になったという報告と、一定期間自宅療養することが伝えられています。 4月15日に新型コロナの症状を発症したフリーアナウンサーの赤江珠緒さん(45)。 「報道ステーション」の総合演出を務める夫が新型コロナに感染しており、濃厚接触者だったという。 赤江さんは当初自宅療養でしたが、その後肺炎が判明して入院。 5月6日放送のラジオ番組に宛てたコメントでは、無事退院したことと、しばらくは自宅療養に努めることが発表されました。 肺炎で緊急入院した「住吉美紀」さん元NHKで現在はフリーアナウンサーの住吉美紀さん(47)。 4月19日のPCR検査で新型コロナの陽性が確認されました。 肺炎と診断されて緊急入院した住吉さんでしたが、その後症状が安定して退院。 現在は自宅療養で経過観察を続けています。 4月23日、女優の岡江久美子さんが新型コロナによる肺炎で亡くなりました。 4月3日に発熱の症状を訴えたという岡江さん。 6日に容体が急変し、ICU(集中治療室)で治療が続けられていたものの帰らぬ人となりました。 岡江さんは乳がんの手術のために2月半ばまで放射線治療を行っていたといい、免疫力の低下が重症化の原因になったと考えられています。 ベテラン俳優「和田周」さんも死去俳優として長年にわたり活躍してきた和田周さん(81)も4月23日に亡くなりました。 主宰する劇団のフェイスブックページでは、新型コロナウイルスが原因と発表されています。 和田さんのお通夜、告別式は行われず、親族のみで荼毘に付されるとのことです。 最後に.

次の