温泉 口コミ。 温泉水99購入口コミ・10ヵ月飲んでみました

那須塩原温泉の口コミ情報!一度は行きたい温泉宿や評判の宿

温泉 口コミ

口コミで比較!有馬温泉人気ベスト7 神話の時代に発見されたという古湯・有馬温泉。 大都市神戸のすぐ近くながら、古くからの佇まいを残した情趣豊かな雰囲気が魅力です。 古くは名僧が、そして戦国時代には豊臣秀吉が愛したという名湯は、時代を超えてさまざまな著名人に愛され、上質で豊かな空間を育んできました。 たくさんのお宿が集まる温泉街・有馬ですが、初めて訪れる場合は、その数の多さに宿選びが難しく感じることもあるようです。 けれども、温泉旅行にとって、一番重要なのも「宿選び」。 そこで、宿泊者のリアルな感想が集まる「口コミ」を基に、 温泉・料理・客室・サービス・立地の5つのポイントで、有馬温泉の宿をランキングしました。 ぜひ、有馬温泉の宿を選ぶ際には、参考にしてくださると幸いです。 心の奥からゆっくりすることができました。 そして、大浴場の絶景は息をのむほどでした。 有馬温泉でこんな景色が楽しめるとは嬉しい驚きです。 「地のもの」にこだわった素材選びにも好感が持てます。 そして、窓からの景色も素晴らしく、また敷地内を流れる川のせせらぎも心地よかったです。 足の悪い両親も快適に過ごせました。 チェックアウトが12時なのもありがたかったです。 2歳の子連れ家族に本当に優しく丁寧に接してくれ、子どもも懐いて大喜びでした。 送迎もあるとのことで、帰りは送っていただきました。 有馬グランドホテルのお風呂も、無料で利用できるのが嬉しかったです。 シャトルバスを出していただき、感謝です。 とても上品な感じです。 洋食の朝食も温野菜やスープもおいしいです。 観光するにはちょうどいいと思います。 露天風呂も2つありますが、一つは金湯、一つは温泉ではない浴場だったのが残念でした。 A5ランクの神戸ビーフがとにかく美味しいです。 器も素敵で、見た目も美しい懐石をお部屋でゆっくりいただけました。 大人のための宿といった雰囲気でした。 スタッフの皆さんの心のこもった接客に満足し、感謝しております。 公共交通機関を使う場合は便利です。 夕食の神戸産の牛肉料理も美味しかったです。 ただ、静かな環境を楽しむにはいいと思います。 鴻朧館の温泉も利用できるので、満足度がさらに上がります。 肌がすべすべになった気がします。 お噂通り、昔ながらの情緒ある和風のお部屋、館内にとても落ち着き、のんびり癒されました。 taketoritei. やや狭いものの、2種のお湯が楽しめるのは良かったです。 多すぎて残してしまってごめんなさい。 味付けは普通でした。 味はおいしかったです。 もう少し室内に気を配ってほしいです。 また、客室の洗面所にハンドタオルがあると助かります。 お祝いプラン、良かったです。 駅からは送迎バスがあるものの、かなり温泉宿からは離れた印象があります。 kanponoyado. japanpost. 畳状のすべりにくい洗い場などの心遣いも良かったです。 料金はリーズナブルであり、子供連れにはお勧めの宿泊施設だと思います。 普通のお部屋に普通の清潔感です。 かんぽの宿だからでしょうか。 高齢者にはちょっと辛いロケーションでした。 観光経済新聞社主催「250選の宿」、5年連続で五ツ星の月光園 鴻朧館とは 評価の高い口コミが集まったは、四季折々の景観を存分に楽しめる高級旅館です。 ロケーションについて 「月光園 鴻朧館(と姉妹館の游月山荘)」が位置するのは、落葉山のふもと。 駅からもそれほど離れていない立地ながら、静謐で自然に囲まれた絶景を楽しむことができます。 有馬温泉は山に囲まれている立地のため、駅から近い旅館や温泉街にある旅館は傾斜の低い部分となります。 観光地ならではの賑やかさなのですが、静かな雰囲気を楽しむにはちょっと…という人も、実は多いようです。 温泉について 大きな魅力の一つが温泉です。 有馬温泉の大きな特長である茶褐色の 金泉は、 温度調節のための加水をしていないという、 正真正銘の「源泉掛け流し」となります。 有馬温泉の源泉は非常に温度が高いので、共同浴場「金の湯」であっても、水を加えて温度を調節しています。 水を加えることなく、循環させることで温度を下げるという、宿にとっては手間のかかる手法を取り入れたことで、 日本三名泉の有馬の湯の豊かな成分を、存分に楽しむことができるのです。 さらに、姉妹館の游月山荘の大浴場も無料で利用が可能。 鴻朧館にある金波の湯・銀波の湯をはじめ、游月山荘の玉鉾の湯まで、全部で 9つの湯めぐりができるのも月光園ならではの魅力です。 食事について 月替わりの会席料理も魅力的。 長田料理長は、後ろに六甲山系の山々、前に瀬戸内の海という豊かな自然に恵まれた神戸・有馬の地の恵みを存分に活かすべく、地のものをふんだんに取り入れた、目にも美しい繊細な料理の数々を生み出します。 また、神戸が生んだ ブランド牛「神戸ビーフ」をよりおいしく、網焼きを初め、陶板焼きや竹蒸し、すき焼きやにぎり寿司など、 多くの世代に楽しんでもらうため、工夫を凝らした料理に仕立てているのも大きな特長です。 「神戸ビーフ=ステーキや焼き肉」といった概念を覆す、肉本来の美味しさを知る料理は、特別料理や料理選択プランで味わえます。 これらのさまざまな評価に加え、口コミで多かったのが、 ホスピタリティの良さへの口コミでした。 旅館=中居さんに気を遣うというイメージもありますが、鴻朧館のサービスは「つかず離れず、黒子役に徹する」のが身上。 宿泊者は、 ホテルのようなスタイリッシュさと、旅館が本来持つ「あたたかみ」を同時に感じた方が多いようです。 高い評価を集めた「月光園 鴻朧館」。 家族連れや女性向けから日帰りまで、プランも豊富に揃っていますので、ぜひホームページをチェックしてみてくださいね。

次の

蔵王温泉スキー場(山形)の口コミ・評判 | みん評

温泉 口コミ

口コミで比較!有馬温泉人気ベスト7 神話の時代に発見されたという古湯・有馬温泉。 大都市神戸のすぐ近くながら、古くからの佇まいを残した情趣豊かな雰囲気が魅力です。 古くは名僧が、そして戦国時代には豊臣秀吉が愛したという名湯は、時代を超えてさまざまな著名人に愛され、上質で豊かな空間を育んできました。 たくさんのお宿が集まる温泉街・有馬ですが、初めて訪れる場合は、その数の多さに宿選びが難しく感じることもあるようです。 けれども、温泉旅行にとって、一番重要なのも「宿選び」。 そこで、宿泊者のリアルな感想が集まる「口コミ」を基に、 温泉・料理・客室・サービス・立地の5つのポイントで、有馬温泉の宿をランキングしました。 ぜひ、有馬温泉の宿を選ぶ際には、参考にしてくださると幸いです。 心の奥からゆっくりすることができました。 そして、大浴場の絶景は息をのむほどでした。 有馬温泉でこんな景色が楽しめるとは嬉しい驚きです。 「地のもの」にこだわった素材選びにも好感が持てます。 そして、窓からの景色も素晴らしく、また敷地内を流れる川のせせらぎも心地よかったです。 足の悪い両親も快適に過ごせました。 チェックアウトが12時なのもありがたかったです。 2歳の子連れ家族に本当に優しく丁寧に接してくれ、子どもも懐いて大喜びでした。 送迎もあるとのことで、帰りは送っていただきました。 有馬グランドホテルのお風呂も、無料で利用できるのが嬉しかったです。 シャトルバスを出していただき、感謝です。 とても上品な感じです。 洋食の朝食も温野菜やスープもおいしいです。 観光するにはちょうどいいと思います。 露天風呂も2つありますが、一つは金湯、一つは温泉ではない浴場だったのが残念でした。 A5ランクの神戸ビーフがとにかく美味しいです。 器も素敵で、見た目も美しい懐石をお部屋でゆっくりいただけました。 大人のための宿といった雰囲気でした。 スタッフの皆さんの心のこもった接客に満足し、感謝しております。 公共交通機関を使う場合は便利です。 夕食の神戸産の牛肉料理も美味しかったです。 ただ、静かな環境を楽しむにはいいと思います。 鴻朧館の温泉も利用できるので、満足度がさらに上がります。 肌がすべすべになった気がします。 お噂通り、昔ながらの情緒ある和風のお部屋、館内にとても落ち着き、のんびり癒されました。 taketoritei. やや狭いものの、2種のお湯が楽しめるのは良かったです。 多すぎて残してしまってごめんなさい。 味付けは普通でした。 味はおいしかったです。 もう少し室内に気を配ってほしいです。 また、客室の洗面所にハンドタオルがあると助かります。 お祝いプラン、良かったです。 駅からは送迎バスがあるものの、かなり温泉宿からは離れた印象があります。 kanponoyado. japanpost. 畳状のすべりにくい洗い場などの心遣いも良かったです。 料金はリーズナブルであり、子供連れにはお勧めの宿泊施設だと思います。 普通のお部屋に普通の清潔感です。 かんぽの宿だからでしょうか。 高齢者にはちょっと辛いロケーションでした。 観光経済新聞社主催「250選の宿」、5年連続で五ツ星の月光園 鴻朧館とは 評価の高い口コミが集まったは、四季折々の景観を存分に楽しめる高級旅館です。 ロケーションについて 「月光園 鴻朧館(と姉妹館の游月山荘)」が位置するのは、落葉山のふもと。 駅からもそれほど離れていない立地ながら、静謐で自然に囲まれた絶景を楽しむことができます。 有馬温泉は山に囲まれている立地のため、駅から近い旅館や温泉街にある旅館は傾斜の低い部分となります。 観光地ならではの賑やかさなのですが、静かな雰囲気を楽しむにはちょっと…という人も、実は多いようです。 温泉について 大きな魅力の一つが温泉です。 有馬温泉の大きな特長である茶褐色の 金泉は、 温度調節のための加水をしていないという、 正真正銘の「源泉掛け流し」となります。 有馬温泉の源泉は非常に温度が高いので、共同浴場「金の湯」であっても、水を加えて温度を調節しています。 水を加えることなく、循環させることで温度を下げるという、宿にとっては手間のかかる手法を取り入れたことで、 日本三名泉の有馬の湯の豊かな成分を、存分に楽しむことができるのです。 さらに、姉妹館の游月山荘の大浴場も無料で利用が可能。 鴻朧館にある金波の湯・銀波の湯をはじめ、游月山荘の玉鉾の湯まで、全部で 9つの湯めぐりができるのも月光園ならではの魅力です。 食事について 月替わりの会席料理も魅力的。 長田料理長は、後ろに六甲山系の山々、前に瀬戸内の海という豊かな自然に恵まれた神戸・有馬の地の恵みを存分に活かすべく、地のものをふんだんに取り入れた、目にも美しい繊細な料理の数々を生み出します。 また、神戸が生んだ ブランド牛「神戸ビーフ」をよりおいしく、網焼きを初め、陶板焼きや竹蒸し、すき焼きやにぎり寿司など、 多くの世代に楽しんでもらうため、工夫を凝らした料理に仕立てているのも大きな特長です。 「神戸ビーフ=ステーキや焼き肉」といった概念を覆す、肉本来の美味しさを知る料理は、特別料理や料理選択プランで味わえます。 これらのさまざまな評価に加え、口コミで多かったのが、 ホスピタリティの良さへの口コミでした。 旅館=中居さんに気を遣うというイメージもありますが、鴻朧館のサービスは「つかず離れず、黒子役に徹する」のが身上。 宿泊者は、 ホテルのようなスタイリッシュさと、旅館が本来持つ「あたたかみ」を同時に感じた方が多いようです。 高い評価を集めた「月光園 鴻朧館」。 家族連れや女性向けから日帰りまで、プランも豊富に揃っていますので、ぜひホームページをチェックしてみてくださいね。

次の

温泉、日帰り温泉、スーパー銭湯の口コミ情報|ニフティ温泉

温泉 口コミ

蔵王温泉スキー場は緩やかな斜面の菖蒲沼ゲレンデやロングコースの黒姫スーパージャイアントコースなど、初級・中級・上級のレベルに合った全25コースがあります。 中でも蔵王3大急斜面の「涸沢のカベ」「横倉のカベ」「32度大森のカベ」は傾斜25度~32度の急な斜面を滑降できる迫力満点のコースです。 小さな子どもがソリ遊びや雪遊びができるキッズパークはもちろんですが、幻想的な樹氷の景色を楽しめるザンゲ坂・樹氷原コースなどの初心者でも安心のコースも充実しています。 また、スキー場の隣には温泉が隣接しているので、温泉で心も体もリフレッシュすることもできるスキー場です。 そこに母と私が便乗する形での家族旅行を行うことが定番です。 父は会議・講習などが2日あるので、フリーな日を1日加えて3泊4日の旅行となりました。 宿泊先は蔵王国際ホテルで、ゲレンデには徒歩で行けます。 私と母は丸3日の間スキー・温泉を楽しめました。 リフト・ロープウェイが3つもあるので、3日かけて全てのコースを滑る予定だったのですが、実際は2日目で二人とも疲れてしまって温泉でゆっくり過ごしました。 3日目にはフリーになった父も加えて3人でゲレンデへ。 リフトから見れる景色も綺麗だし空気も澄んでいるし、何よりホテルでの食事、がとても美味しかったです。 個人的にはロープウェイよりもリフトの方が新鮮な空気を実感できて好みでした。 僕は大学の授業でスキー合宿(4泊5日)に参加して、ここのスキー場を利用しました。 人気のスポットなのですが、時期外れだったのか人もそこまで多くなく、ゆっくり滑ることが出来ました。 雪質はとても柔らかくて、転んでも痛くなかったです。 コースも多くあり、経験者にとっては退屈することがないと思います。 全くの初心者の練習するスペースは少なかった気がします。 蔵王と言えば、樹氷です。 丁度天気も良くて運良く樹氷見れたのですが、絶景でした。 これを見に行くだけでも価値はあると思います! 少し難点だったのは、頂上付近の雪質は固く滑りにくかったのを覚えています。

次の