溶連菌 大人 仕事。 溶連菌感染症 大人の症状は?治療法は?出勤はいつから可能?

溶連菌の大人の症状や治療法。仕事は休むべき?

溶連菌 大人 仕事

もくじ• 溶連菌感染症は同僚にうつるのか!? 条件は主に3つ!• 人が多く集まる、換気の悪い場所にいる• 溶連菌保菌者が近くにいる• 自分の です。 溶連菌は保菌者がする咳やくしゃみからの 飛まつ感染で、人から人にうつります。 健康な大人なら感染しませんが、 風邪気味の人、 疲れていて身体が弱っている人は感染してしまいます。 同僚や上司の体調、分かりますか? 明らかに風邪気味の人は分かるかもしれませんが、疲れているかどうかはそこまで把握できないもの。 会社に溶連菌を広めてしまうリスクは十分に考えられるため、溶連菌に感染してしまったら 仕事をお休みするのは避けられないですね! あとあと 「お前の溶連菌がうつって苦しい思いしたんだよ・・・!」 という因縁をつけられないためにも、症状が落ち着くまでは 家で安静にしていましょう! では、何日ぐらいのお休みが妥当なのでしょうか!? スポンサーリンク 溶連菌にかかったら、これくらいは休んでおきたい! 溶連菌感染症は、完治するまでに 2週間から1か月ほどかかります! ただし、のどの痛みなどの 症状自体は、 数日で良くなる場合が多いです。 処方された薬(菌を殺す抗生物質)を飲み始めると、だいたい 2日目ぐらいで 感染のリスクは大幅に下がるようです。 なので、もし症状が軽いようならば、 最短2~3日のお休みで仕事には復帰できると思われます! 症状は人それぞれなので、お医者さんに確認をしてみるのが一番確実ですね! ちなみに私の弟が20代で溶連菌に感染しました。 その時の感想は・・・ 「インフルエンザのほうがまだマシ! 1週間動けなかった・・・」 とのことなので、重症になると、大の大人でも寝込んでしまう病気のようです・・・。 きちんと治療しないと、 合併症を引き起こしてしまう厄介な病気のため、風邪の時以上に体調に気を遣う必要がありますね! 溶連菌感染症の詳しい症状や治療法については、こちらの記事が参考になります。 <追記!!> 体調を崩すと、健康のありがたさが身に沁みますよね! これからの体調管理に役に立つ情報を、まとめてみました! 学校ではこんな扱いになっている! もともとは子供がかかりやすい病気である、溶連菌感染症。 学校では、どのような扱いになっているのでしょうか? 出席停止のケースも!? 溶連菌感染症は、「学校保健法の第3種」という分類に入っています。 どういうことかというと、 「症状によっては、 医師の許可が出るまで 出席停止になる場合がある」 「学校に診断書を出さなければ ならない場合がある」 ということです。 第3種に分類されるその他の病気は、• 流行性嘔吐下痢症• とびひ• 細菌性赤痢 などがあります。 インフルエンザは、1つ上の階級の第2種です。 つまり、 インフルエンザほどうつらないけど できるなら登校してこないで~という扱いになっていますね! は、風邪に似ているので軽く見られるケースがあるようですが、やはり「人にうつってしまう」ということを、頭に入れておく必要がありそうですね! まとめ 溶連菌感染症は 学校では出席停止の対象になっていて、 大人でも飛まつ感染でうつってしまう! ということが分かりましたね! 症状は人によって違いますが、たとえ軽くても 2~3日は家で安静にしておいたほうが良さそうです! 「仕事のスケジュールが狂う~」 「同僚に迷惑をかけてしまう~」 「仕事がたまってしまう~」 と頭を抱えてしまいそうですが、そんな時は気分を変えましょう!! 「仕事のために生きているんじゃない! 生きていくために仕事をしているんだ!」 と。

次の

溶連菌感染症になった場合、仕事は休むべき!?大人の悩める葛藤Q&A

溶連菌 大人 仕事

日常を慌ただしく過ごしている大人が病気を患うと、どうしても 仕事など、やらなければいけないことが優先になって、 病気のことは後回しになってしまいます。 溶連菌は大人にも感染し、喉がズキズキと猛烈に痛くなるなどの 症状が現れます。 仕事を持たれている方は、病気を患って休息が必要になった場合、 いつから仕事復帰できるのか気になりますよね。 このようなことも頭にあって、なんとか自力で病気を治そうと 考えるために大人が病気にかかると病気が重症化してしまう ようです。 病気を重症化させないためにも、早めの病院受診が必要ですが、 もし感染する前に予防できることなら、それに越したことは ありません。 ここでは大人の溶連菌の感染経路や気になる仕事復帰について 詳しく見ていきたいと思います。 スポンサードリンク Contents• 溶連菌の潜伏期間 溶連菌の 潜伏期間は 2日~5日と言われていますが、潜伏期間より 発症してからの方が感染しやすいそうです。 最も感染しやすい期間は、発症から抗生物質を飲み始めて 24時間以内と言われています。 他の人への感染を防ぐためにも、この期間は自宅で お休みできるといいですね。 溶連菌の感染経路 溶連菌の感染経路は ・感染者のくしゃみや咳、唾液からの飛沫感染 ・溶連菌が手などを介して口に入る経口感染 が挙げあられ、 呼吸器系に感染します。 呼吸器系に感染することが殆どですが、溶連菌が喉や皮膚の 傷口から血液に侵入して、劇症化することがあります。 これを 「劇症型溶血性連鎖球菌感染症」 と言います。 手足の痛みや腫れ、発熱の初期症状から始り、手足の壊死、 多臓器不全が進みショック状態を起こしてます。 3割の人が亡くなることがあるために、 「人食いバクテリア」とも 呼ばれています。 その名前の通り、恐ろしい病気です。 進行も早いようですし、頭に入れておいた方がいいでしょう。 大人はどんな時に感染するか? 大人が溶連菌に感染するのは、疲労やストレスが溜まっていたり、 風邪をひくなどして免疫力が低下している時に感染がしやすい ようです。 感染した人が周りにいる時には、上記のようなことがないように 気をつけてください。 スポンサードリンク 仕事復帰はいつぐらい? 大人が溶連菌にかかってしまった場合、一番気になるのは、 いつから仕事へ復帰できるか? ですよね。 溶連菌を完治させるには、 2週間から3週間かかると 言われています。 2~3週間も仕事を休むのか!と思うとギョッとしますが、 抗生剤を飲み始めて24時間経過後、熱も下がり喉の痛みも ひいてくる2~3日後には、仕事復帰も可能のようです。 ただし、熱が下がっていなかったり、発疹が消えていない場合は 仕事復帰はもう少し先になります。 医師に仕事復帰へのOKサインを頂いてから 仕事復帰すれば問題ないですね。 仕事復帰の際に気をつけたいこと 医師から仕事復帰のOKをもらっても、溶連菌は 完治したわけではありません。 医師が指示した期間は、抗生物質を内服し飲み切ることを 必ず守りましょう。 免疫力が弱っているので、マスクをつけて他の病気に 感染することを防ぎましょう。 また、症状がよくなっていても、ときに合併症を起こすことが あるので、薬を飲み切った時点で、もう一度病院を 受診しましょう。 まとめ 仕事で忙しい大人は、どうしても病院が後回しに なってしまいます。 本音を言えば、「溶連菌」と診断がついて誰かに知られたくない という思いがある方もいるのではないでしょうか? しかし、溶連菌は抗生物質を内服しないと治りません。 人食いバクテリアは、30代以上の大人によく見られるそうです。 病状を悪化させないために、自分の体も楽にするためにも、 病院へ行きましょう。 病院で治療を受けることが他の人への心遣いとなり、 感染も防ぐこととなります。 スポンサードリンク.

次の

大人にもうつる溶連菌!仕事はどうするべき?

溶連菌 大人 仕事

・ペニシリン系 ・セファロスポリン系 ・ニューキノロン系 などが処方されるようです。 ちなみに私は、最初の診断時には アキモシシリンカプセル250mg(ペニシリン系)を5日分、処方されました。 こちらは一日三回、一回一粒内服。 溶連菌だけではなく、ピロリ菌などの治療にも使われるお薬です。 しかしこちらが効きにくい人もいるそうで、私も5日間飲んでも菌を殺しきれていませんでした。 セカンドオピニオンでは レボフロキサシン錠500mg(ニューキノロン系)を7日分、処方されました。 こちらは少し強めの抗生剤だそうで、一日一回一粒を内服。 確かに効果テキメンでした! 元気になりますが、飲んでから2時間ぐらいはなんだかフラフラします。 手が少し震えます。 副作用かもしれません。 念の為安静にできれば一番良いのですが。

次の