ブログ 始め方 雑記。 初心者は特化ブログと雑記ブログどっちが良いの?メリットデメリットまとめ|hitodeblog

【ブログの始め方】初心者は特化型ブログよりも雑記ブログの方が良い理由【ブログで稼ぐ方法】|魂を揺さぶるヨ!

ブログ 始め方 雑記

無料ブログサービスのデメリット ずっとブログが存在できるという保証がない これが無料ブログサービスの一番のデメリットです。 運営会社の場所を借りてブログを開設しているわけですから、運営会社の方針が変わってブログが削除されてしまう可能性もありますし、ブログサービス自体が終了してしまうことも考えられます。 見た目のカスタマイズや機能追加に制限がある 無料ブログサービスはそこまで自由度が高くないので、見た目を思い通りにできなかったり、機能を追加したいと思っても出来ないことが多いです。 広告の自由度が低い 無料ブログサービスは運営会社の都合で勝手に広告が入ってしまって邪魔に感じたり、逆に広告収入を得たいと考えても、自分が設置したい広告が設置できないことがあったりします。 WordPressのメリット よほどの事がない限りブログを存続できる WordPressの場合、無料ブログサービスの様に運営会社に依存しないため、よほどの事がない限りブログを存続することができます。 独自ドメインを利用できる 自分の好きな文字列のドメインを利用できます。 また、ここでは細かい話は避けますがSEO 検索エンジン最適化 的にも独自ドメインは有利です。 デザインや機能など好きにカスタマイズできる WordPressはカスタマイズの自由度が高く、ブログの見た目を自分好みにでき、追加機能も豊富で自由に追加することができます。 広告も貼り放題 自由度が高いWordPressなら、自分の置きたい広告をブログの好きな場所に設置することができます。 広告収入を目的とする方にとって、これは大きなメリットとなります。 ブログからの収入を増やすために大事なことは「誰かの役にたつブログにする」ということです。 人の役に立つ情報がある記事は検索エンジンの検索結果上位になりやすく、訪問数が増えることで収入に繋がります。 単なる自己満足となっている日記の様なブログに、ほとんどの人は興味がないはずです。 あなたは知らない人の平凡な日常に興味がありますか?(あったらすいません) どんなジャンルのブログでも、参考になる情報があれば誰かの役に立つブログになります。 例えば、 ・ 「商品を買ってみた」という記事なら、商品の使い心地や良いところ悪いところなど、「その商品を検討している人」が参考になる情報を書く ・ 「〇〇というお店にいっておいしものを食べてきた」という記事なら、お店の雰囲気や料理の感想、価格帯など、「そのお店に行こうと考えている人」が参考になる情報を書く という感じです。 こういった記事を書くには「読者の立場になって考える」ことが必要です。 記事の書き方の詳しくは以下の記事を参照してみてください。 まずは「雑記ブログ」から初めて、後で展開していく方法も ブログを書くことに慣れていないうちは、まずは得意分野だけを思うがままに書く「雑記ブログ」の様なものから始めても良いと思います。 雑記ブログを書き続けているうちに、さらに「自分の得意なジャンルが何か?」を掘り下げる事ができます。 その時に専門性の高い別のブログを開設する、ということもできます。 ほとんどのレンタルサーバーは1つ契約していれば、その中で複数のブログを開設することが出来ます。 もちろん、お名前. comもブログをいくつも開設することができます。 一度WordPressでブログを開設した経験があれば、もうひとつ開設するのはとても簡単なことですよね。 初心者でも「ブログを始めること」はとても簡単だ、ということが分かっていただけましたか? 今はブログは限られた人だけのものではありません。 誰でも始めることができ、メリットも多く、生活を豊かにできるツールとなっています。 ここまで読まれた方は、おそらくブログに少し興味を持っている人だと思います。 この機会にぜひ、ブログを始めてみませんか? また、お名前. comではWordPressに最適なレンタルサーバーを提供中です。 WordPressかんたんインストール機能はもちろん、WordPressかんたん引っ越し機能もあります。 数々の技術を採用して高速&高安定を実現し、高機能なのにコストパフォーマンス抜群のレンタルサーバーとなっています。 お名前. comでブログを始めたいと思った方は、ぜひ以下からお申し込みください!.

次の

雑記ブログを成長させるために必要なポイントまとめ

ブログ 始め方 雑記

失敗ブログ名• 30代でイギリス留学した私の奮闘記• 大企業サラリーマンが脱サラして世界一周ブログ• 就活女子の悩み日記 「イギリス留学」「世界一周」「就活」など、 特定のジャンルに特化したキーワードがブログ名に入ってしまっています。 もちろん、今後の人生を海外で生活したり死ぬまで世界一周するくらいの覚悟ならこのようなブログ名でも問題ありません。 でも、留学や世界一周の期間なんて長くてせいぜい1~2年程度。 ブログ名がそのままブログの寿命を決めてしまっていませんか? また、途中でブログ名と関係ない「映画レビュー」とか「書籍レビュー」のような記事を書きたくなることもあるでしょう。 ブログ名と一致しない記事を書き続けることは ストレスになります。 私の周りでこれらのブログ名をつけた人はみんな長続きせず、すぐにやめていってしまいました。 自分の名前(本名)をブログ名に付けて自伝ブログのようにしてしまった 自分の名前(本名)をブログ名に入れてしまうのも典型的な失敗パターンです。 いわゆる自伝、あるいは自作ポエムを垂れ流すようなブログです。 自伝のようなブログ名には大きくわけて、二つのリスクがあります。 声に出して読みやすいこと• 短くシンプルであること• 他のブログ名とかぶっていないこと この3つの共通点を理解した上で、 シンプルでオシャレな雑記ブログ名をつける 5つのコツについて解説します。 これに従うだけで、センスに自信がなくてもブログ名をつけるハードルが格段に下がります。 コツ1. 漢字をなるべく使わない(ひらがな、カタカナ中心) ブログ名を漢字にしてしまうと、画数も多くなるし、あまり複雑だと読みづらくなってしまいます。 一方ひらがな・カタカナであれば誰でも簡単に読め、 丸みのあるフォントはブログ名としての親しみやすさも生まれます。 漢字を使うとしても1-2文字程度にとどめておくのが無難です。 コツ2. オリジナル合成語を作る(お笑い芸人のコンビ名) 他のブログとかぶらないブログ名をつける一番簡単な方法は、 この世に存在しないオリジナル単語をブログ名につけることです。 1からオリジナルの単語を作らなくても、存在する2つの単語を足すだけでいいのよ ナラ 例えばお笑い芸人のコンビ名にもそのような名付け方が多いですよね。 おぎやはぎ• ブラックマヨネーズ• 霜降り明星• チョコレートプラネット• 爆笑問題 などなど。 コツ3. オリジナルの略語を作る(4文字ルールを用いる) 合成語を作るのと同じように、略語もオリジナリティのあるシンプルでオシャレなブログ名になりえます。 略語には4文字ルールがあります。 プレステ、ブラマヨ、関ジャニなど、4文字くらいが一番語呂もよく、多くの略語は4文字で表されています。 ブログ名もそのくらいコンパクトだと読みやすく、覚えてもらいやすいのでオススメです。 コツ4. ブログ名で検索してみる 自分がオリジナルブログ名だと思っていても、他のブログ名と偶然にも被ってしまうケースはあります。 そのようなトラブルを避けるためにも、 ブログ名をつけたら一度検索してみてください。 ブログ名だけではなく、自分が知らない製品やサービスの名前とかぶっていないかも確認が必要です。 そうすることで、より安心してブログ名を使えます。 コツ5. ブログロゴの完成イメージを作る 将来的にブログをブランディングしようと思ったら遅かれ早かれ ブログ名のロゴを作ることが不可欠です。 オリジナルのブログロゴを作ることは「他のブログと差別化する」一番の近道だからよ ナラ 無料で誰でも簡単にブログを始められる時代、 ブログを長く続けるならオリジナルロゴは最低限作っておきたいところです。 ココナラなら、オシャレなブログロゴデザインを簡単に依頼できるのでオススメです。 特に、 自分もこんなブログ名にしたい!と思えるようなオシャレな雑記ブログを見つけると、ブログ名のイメージを作るのに役立ちます。 そこで、私が独断と偏見で選んだオシャレなブログ名の雑記ブログ3選をご紹介します。 ブログ名の重要性は長く続ければ続けるほど増していくのよ ナラ ブログ名の重要性、最初は意識しづらいかもしれません。 でも記事数を重ねていけば、リピートして訪問してくれる読者が必ず増えてきます。 そのときにオシャレなブログ名とオリジナルのロゴデザインがあると、 ブログ名を覚えてもらえる確立が格段にアップするのです。 だからこそ、「ブログ名なんてどうせ誰も気にしていないだろう」なんて決め付けず、 オシャレなオリジナルロゴでライバルと差別化しましょう。 このブログ「ココならきっと」のオリジナルロゴもココナラで作成したものです(たったの2000円でした)。 オリジナルロゴがない状態でブログ運営をするのは大きな機会損失です! ブログの ブランディングを真剣に考えているなら早めにオリジナルロゴを作ることをオススメします。

次の

雑記ブログと特化型ブログならどっちがいい?ブログの方向性の決め方

ブログ 始め方 雑記

運営1ヶ月目のご報告• PV アクセス数 :約1000• 記事数:36記事• 読者数:102人 1ヶ月で1000PV。 少ないのか多いのか分かりません。 そして自分のアクセス数がガンガンに詰まってます。 やっちゃいましたね。 始めて2週間くらいは1日のアクセスは0~5の範囲内 はてなのアクセス参照。 何を書こうにも全く反応はありません。 しかし期待はしてなかったので心が折れることはなかった。 1ヶ月で更新した記事数 ・36記事 開設当初に立てた目標が2つ• アナリティクスは開かない• 1ヶ月で30記事更新 人が来ないのにアクセスを気にしすぎると凹むだけ。 それでも更新し続ければきっと何か変わる。 そんな思いで設定しました。 ただ本当に何を書いたらいいのかわからなくてドツボにはまりましたよね。 とりあえず慣れるために無理やりにでも記事を書く毎日。 その結果ハマるんです。 ほぼブログネタを書いてました。 ブログのこと考えてるから書きやすいし楽しいんですよね。 ブログネタばかりでは先に進まない 1ヶ月目で気付いてまだ良かったのですが、ブログネタを更新しても見てくれる人はブロガーくらいですよね。 世の中にブログネタを読んでくれる人の数は一握りなのでPVはそこまで伸びません。 実績ない人があーだこーだいっても何の説得力もないでしょう。 なので私が書いたブログネタは個人的なことだけ。 「楽しい」「辛い」みたいな感想であり自己満足。 これって自己満足の世界。 楽しく書ければ良いと言う人もいるけど、私はPVを欲す! これだといつかブログにパワーがついてもアクセス数は一向に増えないのでは? ということでだいぶ記事削除しました。 検索流入で多くの人に興味を持ってもらえる記事を書かなければ、安定したアクセスは見込めないのです。 それでも、月も半ばを過ぎると徐々に はてなからの流入は増え始めます。 読者数が102人 ずいぶん多いですね? 新着ブログに載ったのが大きかったと思います。 アクセスの多い日があると翌日あたりに掲載される傾向があるみたいです。 10月の読者増加率ランキング31位。 言及されてるのを見て気付きました。 日常ネタを書き続けると読者さんは増えやすいですが、逆に検索流入を意識すると読者はあまり増えません。 収益やアクセスを追い求めれば読者は離れやすく、検索流入が増えていきます。 読者も大事にしたい、けど本当に欲しいのは検索流入。 これ葛藤しますよね。 でも見てくれる人、コメントやスターをくれる人。 やっぱり励みになります。 はてなブログはこれがあるから初心者でも継続しやすいんだと感じます。 この1ヶ月でやったこと ブログカスタマイズ ある程度はブログの見栄えも必要と、少しずつカスタマイズしながら記事を更新してきました。 最低限のことは自分で出来るように、スキルアップを目指しながら。 Google Adsenceに合格 開設当初からの最大の目標。 「ブログを始める=アドセンスに合格する!」 ゆくゆくはというか、最初からブログを収益化する目的だったので。 そのために毎日記事書いてました。 ちょっとトラブルもありましたが約1ヶ月で合格。 モチベアップにも繋がりますね。 お名前. comで独自ドメインの取得 アドセンスに合格するには無料ブログのドメインでは申請すらできません。 年々厳しくなってます。 なのでブログを有料化して独自ドメインを取得。 誰もが知るぐらい有名なでして、簡単で安心できるのでここに決めました。 はてなProにしてアドセンスに合格して。 もう後戻りはできない覚悟ができますね。 この1ヶ月の感想 過去に何度もブログ始めては消してを繰り返してきましたが、このブログに関しては結構本気で立ち上げたつもりです。 早い人はすぐにでも結果を出す世界ですが、正直甘くないことが分かり不安だらけ。 ただ、今やることは継続すること。 諦めない限りはきっと変わる日がくると信じて進むこと。 自分で辞めない限りはブログは続くのです。 突然風向きが変わったり こういった変化がやる気をいまいちど復活させる。 力尽きていれば会えなかったであろう感動は継続により生まれます。 課題をクリア出来ればモチベも上がるし ちょっと楽しいなぁって思える ブログ更新を目標とした場合、何かに憑りつかれたかのように使命感に追われます。 仕事と違い強制されているわけでもないのに、書かなくても誰にも文句言われないのに、変に考えて自分を痛めつけている人は私以外にもきっといるはず。 好きな時に好きなことを書ける。 これがブログの良いところ。 本来であれば楽しんで書けるはずなのに、きっと自分で何らかの形で追い込んでしまっているのでしょうね。 ブログで目標を持ち、且つ継続することは常に悩みがでてきます。 きっとループするんだろうなぁと。 日々勉強して悩んで、落ち込んで、辞めたくなって、それでも食らいついていけるような気持ちの強さが必要ですね。 やっぱり継続です。

次の