オリンピック テーマ ソング 2020。 【東京オリンピック2020】各テレビ局のテーマ曲&キャスター

NHKオリンピック歴代テーマソング

オリンピック テーマ ソング 2020

嵐新曲「カイト」NHK2020 オリンピックソングに決定! 解禁日:2019. 「カイト」は頑張っている人が救われるような優しさにあふれている曲で、歌っていてとても感動しました』 米津『僕が子供の頃から変わらず活動してきた嵐の休止前ラストイヤー。 その一幕に関われることをとても光栄に感じています。 「カイト」は長く残る曲になってほしいと願いながら制作しました。 どうか広く行き届きますように』 NHK広報局「日本にとって記念すべき年にふさわしい、壮大な楽曲に仕上がろうとしています」 2020年、NHKはこの「カイト」を、スポーツに限らずさまざまな番組やサービスで使用していきます。 東京2020オリンピック・パラリンピックをきっかけに全国各地でみられるであろう、感動のシーン、挑戦のシーンとともにこの楽曲が紹介されることで、視聴者のみなさんの心が明るくなり、世界がより良い方向に進んでほしい、そんな思いを込めています。 NHKの東京オリンピックテーマソングに決まったとなれば、NHKでのあらゆるオリンピック番組でその歌声を耳にすることになるでしょう。 これがどんなに素晴らしいことか。 オリンピックと言えば、NHKです。 日テレさんのときも毎日たくさんの方に聴いてもらえましたが、おそらくそれ以上の認知度となるのでは・・・ NHKは海外放送もやっていますからね。 海外の嵐ファンのみなさんも、嬉しいでしょう^^ 今年「2020スタジアム」というNHKのオリンピック事前番組に嵐5人が出演、オリンピックスペシャルナビゲーターとしてNHKさんにお世話になることが決定しています。 それは言い換えると、翔くんの日テレオリンピックキャスターとしての記録を止めたことにもつながるのですが。。 そのことについてやはり寂しさも感じます。 しかし、ファンは、嵐5人の活動を優先したであろう翔くんの決意を受け止め、NHKでのオリンピックを応援!と決意新たにしているところ。 そこに飛び込んできた、NHKオリンピックテーマソングへの起用。 2020年は、嵐でしか、5人でしか出来ないことを。 走り続ける嵐に、また大きな風を送らないとですね! オリンピックのテーマソングを、嵐が担当させてもらえること。 米津玄師さん提供の曲であること。 加速を始めた嵐に、ピッタリの、ファンとして誇らしい、嬉しい発表でした。 スポンサーリンク 嵐 これまでのオリンピックテーマソング一覧 ご存知の通り、ここまで日テレ系列でオリンピックテーマソングを多数発表してきた嵐。 少し振り返ってみましょう。 2004年 夏季:アテネオリンピック 日テレ系 五輪テーマソング 「Hero」 2008年 夏季:北京オリンピック 日テレ系 五輪テーマソング 「風の向こうへ」 2010年 冬季:バンクーバーオリンピック 日テレ系 五輪テーマソング 「揺らせ、今を」 2012年 夏季:ロンドンオリンピック 日テレ系 五輪テーマソング 「証」 2014年 冬季:ソチオリンピック 日テレ系 五輪テーマソング 「Road to Glory」 2016年 夏季:リオデジャネイロオリンピック 日テレ系 五輪テーマソング 「Power of the Paradise」 2018年 冬季:平昌オリンピック 日テレ系 五輪テーマソング 「白が舞う」 そして、 2020年 夏季:東京オリンピック NHK 五輪テーマソング 「カイト」 嵐20年の歴史は、オリンピックとも共にあったと言っていいくらい。 メンバーの一人がオリンピックキャスターとして務めていることや、テーマソングに選ばれること、会を重ねるごとに「すごい」という思いが強まっていました。 そして、2020年。 自国開催。 嵐20周年を迎え、グループとしても成熟した今。 この2組が組むなんて、夢のタッグじゃないかな。。 あまりにもビッグだ。 ビッグだぞぉ〜。 それともこの後すぐ?! 発表と同時に始まる場合と、ある程度耳になじんだ頃に販売開始とわかれますが、さぁ、どっちだ?! 初回限定盤を逃さないようにしたいですねっ。 なんにせよ。 MVにメイキング、特典よろしくおねがいしますっ。

次の

東京五輪音頭

オリンピック テーマ ソング 2020

「パプリカ」は「〈NHK〉2020応援ソングプロジェクト」の応援曲として米津玄師が手がけた楽曲。 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会により「 東京2020公認プログラム」としても認証されました。 歌っている小中学生の男女混合ユニットのfoorinは、 応援ソングを歌うためのオーディションで選ばれた5人組です。 このプロジェクト自体は数年前から動いており、楽曲は2018年に配信済み。 2019年には紅白歌合戦にも出演するなど、すでに大人気です。 子供から大人まで幅広い世代に愛されているので、オリンピックでもみんなで盛り上がれそうですね。 楽曲の内容は、まさしく オリンピック当日を迎えたアスリートの心情そのもの。 「いくつもの日々を超えて 辿り着いた今がある」というサビのフレーズに象徴されるように、様々な苦労を乗り越え、ついに晴れの舞台を迎えた喜びや期待、希望が歌われています。 シドニーオリンピックのテーマソングであったことから、 出場予定の選手やシドニーの街並みを盛り込まれたMVが話題になりました。 「たとえ遠く離れてても I hear your voice 君の声が 倒れそうになった時 確かに声が聞こえた」というサビには、 アスリートの苦労が描かれていますね。 UtaTenで今すぐ歌詞を見る! 日本テレビの夏季オリンピック歴代テーマソング 日本テレビの夏季オリンピックテーマソングは、 2004年以降ほとんどが嵐によるものです。 「嵐にしやがれ」や「24時間テレビ」など、多くの番組を担当していることも関係しているのかもしれませんね。 一曲ずつ振り返っていきましょう。 オリンピックのメインキャスターをメンバーの櫻井翔が務めていたので、「 リオオリンピックといえば嵐!」というイメージの方も多いかもしれませんね。 「近づけば近づくほど 果てないけれど 簡単なゴールなら きっと要らないそうだろう?」というフレーズが、 アスリート精神を掻き立てて「頑張ろう!」という気分にさせてくれます。 楽曲は 全体を通してとても前向きで、 夢を追い続けてきたアスリートを応援するような歌詞が印象的です。 サビの「数えきれない涙と強がりを ひとり重ねて空を目指したんだろう」というフレーズに心を打たれた方も多いのではないでしょうか。 「 自分を超え、君を超え、追い風の向こうへ」というコンセプトのもとで制作されました。 希望に溢れた歌詞やメロディーが話題を呼び、 初動売上枚数はなんと40万枚を突破。 第23回日本ゴールドディスク大賞の邦楽部門「シングル・オブ・ザ・イヤー」も受賞しました。 「旅は続いていく」というサビの歌詞が、どんな結果でも肯定してくれているようで、頑張りぬいたアスリートにぴったりな楽曲です。 「瞳の中のGalaxy」と両A面シングルとしてリリースされました。 全体を通してポジティブな歌詞が印象的ですが、中でも話題を呼んだのは「あなたの夢は みんなの夢さ」という歌詞。 実はこの歌詞、同年に嵐がメインパーソナリティーを勤めた 24時間テレビのメインテーマなのです。 「自分の頑張りによってみんなが喜ぶ」と思わせてくれるような素敵な歌詞ですよね。 多くのアスリートを勇気づけたのではないでしょうか。 「PARTNERSHIP」という33枚目のシングルが起用されました。 「あなたと歩いて来た 長い時間を抱きしめて」というフレーズが、 決して一人ではないという安心感を感じさせてくれますね。 競技の直前や大切なシーンで 「誰かのためにも頑張ろう」と思わせてくれます。 コーチや周囲の人と一緒に頑張ってきたアスリートにぴったりな楽曲です。 UtaTenで今すぐ歌詞を見る! フジテレビの夏季オリンピック歴代テーマソング フジテレビの夏季オリンピック歴代テーマソングには、 バンドから本格派シンガーまで様々なアーティストが起用されています。 リオ五輪からシドニー五輪まで振り返ってみましょう。 メロウなメロディーラインと深い歌詞が感動を誘う一曲です。 中でも特に印象的なのが、「誰のために挑むのか 何のために祈るのか 誰のために見上げるの 答えは涙の中 答えは呼吸の奥」というサビの歌詞。 まさしく 競技当日を迎えたアスリートに向けた歌詞ですよね。 「呼吸の奥」というフレーズからは、競技前の緊張感が伝わってきます。 楽曲の最後は「It's your time(=あなたの番)」というフレーズで締めくくられており、本番直前の緊張感をさらに高めてくれます。 UtaTenで今すぐ歌詞を見る! TBSの夏季オリンピック歴代テーマソング TBSの夏季オリンピック歴代テーマソングは4大会連続でSMAPが務めています。 しかし、SMAPは2016年にすでに解散しているので、 東京五輪では新たなアーティストがテーマソングを担当することになります。 一体誰なのかを楽しみにしつつ、過去のテーマソングをチェックしていきましょう。 リリース当時は草彅剛主演のテレビドラマの主題歌でしたが、 10年の時を経てオリンピックのテーマソング に起用されました。 そんな長く愛される楽曲で歌われているのは、タイトル通り様々なことへの感謝。 「一人で戦って来たんじゃないんだな」という思いとともに、 周りの人や過去の経験に感謝を覚える歌詞です。 メンバーの中居正広がメインキャスターを務めた 「ロンドンオリンピック2012」のテーマソングとして起用されました。 楽曲の中で特に印象的なのは、「この一瞬のための何千時間 壁は自分だった 今わかったこと」というフレーズです。 大会に出場するアスリートがどれほどの時間努力をし、そして 自分と向き合ってきたかが伝わってきますよね。 それが「この瞬間、きっと夢じゃない」です。 タイトルだけでも大きな夢を叶えたことが伝わってきますが、楽曲も 戦うアスリートに向けた歌詞になっています。 「苦しみ悩み続けてた 何度も諦めようとした それでも歩いてきたこの道はたった一つの僕の夢さ」というのはまさに アスリートから発せられるセリフのようですよね。 15枚目のアルバムに収録されていた楽曲で、のちに シングルカットされる予定でしたが、なぜか発売は中止 に。 それため「 幻のシングル」とも言われています。 楽曲では「いくぜ男の子」「がんばれ女の子」という歌詞が歌われており、応援にふさわしい内容となっています。 「ススメ」というタイトルも背中を押してくれるようで、前向きな気分に慣れますよね。 」 SMAPの前にTBSのテーマソングを担当していたのは、当時人気絶頂だったモーニング娘。 10枚目のシングル「I WISH」が北京大会のテーマソングに起用されました。 「誰よりも私が私を知ってるから 誰よりも信じてあげなくちゃ!」という歌詞は、ア スリートをはじめとする多くの人に元気を与えてくれました。 サビの「 人生ってすばらしい」というフレーズに励まされたという人も多いかもしれませんね。 UtaTenで今すぐ歌詞を見る! テレビ東京の夏季オリンピック歴代テーマソング 他の民法に比べると、やや マイナーなアーティストの楽曲も使用している印象の テレビ東京。 そんなテレビ東京の夏季オリンピック歴代テーマソングを振り返っていきましょう。 テーマソングに起用された「Physical」は、さらにスガシカオやCrystal Kay、Salyuといった大物アーティストを加えた 豪華メンバーによる共同企画。 壮大な一曲に仕上がっています。 特に印象的なのは、「こころが身体とひとつに重なってく 迷いの先に見えるすべてを受け入れたら」という歌詞。 まるで 本番直前のアスリートの心情が描かれているようで、臨場感がありますよね。 まだ6人で活動していた初期の頃の楽曲です。 発売当時はテレビ東京の人気番組「ASAYAN」のテーマソングとして起用されていましたが、 6年後の北京オリンピックで再び脚光を浴びました。 冒頭の「手に入れた虹の切符」という歌詞は、まさに オリンピックへの出場を果たしたアスリートを表しているようです。 オリンピックより遥か前に作られた楽曲だと思うと驚きですよね。 UtaTenで今すぐ歌詞を見る! 2004年 アテネ 「Z! -Zip! Zap! Zipangu! -Zip! Zap! Zipangu! -」という ユーロビート調の楽曲が起用されました。 ややインパクトのあるタイトルですが、ジパングとは日本のこと。 日本の応援ソングにふさわしいタイトルですよね。 「それは 分かちあえる 歓喜の歌」というフレーズからは、 日本選手の頑張りがみんなの喜びにつながるというオリンピックならでは感情が伝わってきますね。 小室哲哉のプロデュース企画でグランプリを獲得し、その後「ニッキー・モンロー」という名義で全米デビューを果たしました。 その時の楽曲が、オリンピックテーマソングに起用された「SUKIYAKI」。 実はこの楽曲、 坂本九「上を向いて歩こう」の英語版なんです。 みんなが知っている楽曲だからこそ、 国民的行事にはふさわしい一曲かもしれませんね。 テレビ朝日の夏季オリンピック歴代テーマソング 最後にご紹介するのは テレビ朝日の夏季オリンピック歴代テーマソング。 多くの大会で福山雅治がテーマソングを担当していました。 各大会ごとに振り返っていきましょう。 リオデジャネイロ五輪と同時に、冬季オリンピックの平昌五輪のテーマソングとしても起用されました。 気になる「1461日」というタイトルですが、これは ロンドンオリンピックからリオデジャネイロオリンピックまでの日数を表しているそうです。 楽曲では 必死に戦うアスリートに向けた優しいメッセージが歌われています。 この楽曲も冬季オリンピックのソチ五輪のテーマソングとして起用されました。 ちなみにこの楽曲の歌詞は、 オリンピックだけに合わせた内容ではなく、長く聴いてもらえるよう 自分自身を鼓舞するような内容に仕上げたそうです。 「プライドを守れる生き方ならふたつのやり方があると知っている ひとつは常に勝ち続けること ひとつは負けを自分だけで引き受けること」という歌詞には、アスリートでなくてもハッとさせられますよね。 福山雅治が実際にオリンピックを控える選手を取材し、そこで受けたものや感じたことを歌詞にしたそうです。 「明日よりも 誰かよりも 僕は 僕に勝ちたい」という歌詞からは、 アスリートならではの強い思いを感じられますね。 」は福山雅治の16枚目のシングル。 東芝のノートパソコン「Dynabook」のCMソングにも起用されました。 約1ヶ月で作成されたという楽曲ですが、「Hey! Hey! It's all right」「Everything's gonna be all right」というフレーズから始まる歌詞はとても明るくて前向き。 この 前向きな歌詞と優しいメロディーが、アーティストの緊張をほぐしてくれたのではないでしょうか。 「くやしさポケットで握りしめ 誓いのレールを走りだそう」という歌詞は、今までの悔しい思いを肯定してくれたり、 結果を残せなかった選手を優しく包み込んでくれますね。 UtaTenで今すぐ歌詞を見る! 楽曲であの名シーンが蘇る!各局の歴代テーマソングを聴いて夏季オリンピックを振り返ろう 各局の歴代オリンピックのテーマソングを紹介しましたが、名シーンが蘇ってきて当時の感動を思い出したのではないでしょうか? 2020年に開催世的の東京五輪では、 民放共同プロジェクトとして新たな応援ソングが発表されています。 制作者は桑田佳祐、タイトルは「 SMILE〜晴れ渡る空のように〜」という楽曲。 記念すべき東京五輪なので、こちらの楽曲も忘れずチェックしてみてくださいね。

次の

オリンピックNHKの歴代テーマソング!夏季・冬季全てご紹介!

オリンピック テーマ ソング 2020

テレビ局がオリンピック放送で力を入れているのは、そこにドラマがあるから 結果だけではない、それまでの努力の証が競技を通して伝わってきます。 そんな姿に感動したり勇気をもらう人が多いと思います。 そして、そんな感動を誘うのに一役買っているのがテーマソングです。 テーマソングでは選手の声を代弁するかのような歌詞や、選手を後押しするような応援する歌詞が多いですね。 選手や関係者はもちろん、視聴者も同じように感情移入できるのは、テーマソングのおかげかもしれません。 そんなテーマソングですが、NHKがタイアップする曲は純粋に良い曲が多いように思います。 NHKのテーマソングは名曲揃い。 ここで一度振り返ってみます。 民放にもいい曲はあるのでしょうがNHKのタイアップする曲は振り返ってみてもいい曲が多いので、どんなテーマソングがあったのかを振り返ってみたいと思います。 2018年 平昌五輪 SEKAI NO OWARI サザンカ 2016年 リオ五輪 安室奈美恵 Hero 2014年 ソチ五輪 コブクロ 今、咲き誇る花たちよ.

次の