トイ プードル タイニー。 トイプードルやティーカップ、タイニーのブリーダーショップ|プードルドットミー

トイプードルの子犬を探す|専門ブリーダー直販の子犬販売【みんなのブリーダー】

トイ プードル タイニー

プードルのサイズに4つのサイズがあることをはじめて知りました スタンダード、トイは知っていましたがなによりびっくりしたのがTカッププードルです、あまりに小さすぎてはじめはなかなか受け入れられませんでした。 いくら大人気の犬種とはいえこれはやりすぎのように思えて人間の仕業に心苦しく思えて仕方ありませんでした。 記事にTカップが書いてないことに疑問を持ち調べてみました プードルのカテゴリーである猟犬、使役犬から外れた10年前にアメリカで作られた愛玩犬 とありました。 そのためプードルのカテゴリーには入らないようです どのサイズで在ろうと愛すべきワンコたちなのですが、人間の欲や身勝手で作り替えられるペットたちが幸せな犬性を送れるように、そう願わずにいられません。 最近気になるスタンダードプードルですが、本当に本家本元・・・いやびっくりするぐらい大きいですよね。 プードルっていうだけでイメージはトイプードルぐらいの大きさ(小型犬)ですが、スタンダードになると、人が入ってる?と思わせるぐらいの『着ぐるみ』的な大きさですよね(笑)それがまたたまらなく可愛いな~と思います。 一度、飼ってみたいと思うぐらいです。 ちなみにうちはトイプードルですが、手足が長い為、この記事からだと「トイ」と「ミニチュア」の間ぐらいでしょうか。 体重も【超】偏食のわりに4. 8kgあります。 去勢手術をする前までは3kg台でガリガリだったのでちょっと心配しましたが今はしっかりした身体つきになりました。 お友達のプードルはトイプーより更に小さいタイニープードルですが、体重は3kgあるかないかぐらいで、ぬいぐるみみたいでこの子がまた可愛いんですよ。 でもタイニーの子は身体が小さい分、お薬や予防接種で副作用が出ることもある為、十分注意が必要です。 ペットショップで見かけるトイプードルは体が大きかったので、厳しく体重管理をする必要が無いのかと感じられました。 しかし、ワンちゃんの体の大きさによって適正体重が存在する点で他の犬種と同様に気を遣う事が飼い主に求められていると理解しました。 本記事では具体的な適正体重やトイプードルの体の大きさを図と表で説明されていて、読み手に伝わりやすかったです。 トイプードルといっても様々な種類のワンちゃんが存在するので、自分の飼っているトイプードルがどの種類に当てはまるかを調べ、適切な体重管理を行う事によって愛犬の健康状態を保ち、守る事が出来ると感じられました。 トイプードルの飼い主は身だしなみのお手入れや体重管理といった様々な役割をこなす必要がありますが、手を掛けた分、愛情も沢山芽生えるのだろうなと考えさせられる記事内容でした。 対話形式での説明でとっても分かりやすく、すらすらと読めて楽しく学べました! トイプードルはとっても人気のある犬種ですが、飼っている人でも分からないような事が多いと思います。 今回の話の内容の、体高でスタンダード、ミディアム、ミニチュア、トイと、分けられるという事も、プードルを飼っている方でも知っている方は少ないと思います。 その為、ペットショップなどで「タイニープードル」や、「ティーカッププードル」と書いてあると、ペットショップで書いてあることだからと鵜呑みにし、きちんと血統登録はされていないという事を知らずに飼う方が多いのではないかな?と思います。 実際豆柴も、まだきちんと血統登録されていませんし、小さければいいというわけではないので、このようにきちんとした団体が認めていて血統登録されている犬種でないと、最初は小さかったのにだんだん大きくなってティーカップで飼ったのに、トイになってしまった!という事も少なくないようです。 なので、このように詳しく説明しているサイトなどを見て勉強してから飼うことが大事だなと改めて思いました。 トイプードルよりも小さいサイズのプードルに関しては、どのくらいの子がタイニーになるのかティーカップになるのかあやふやでした。 一覧になっていることでとてもわかりやすかったです。 特に体高による名称の違いはプードルの大きさも比較してあるので、こんなに種類があるんだと驚きました。 タイニーやティーカップくらいのサイズになると、体の小ささにとてもシビアになっていると思います。 基準より大きく育たないようにと、栄養が必要なパピーの時期に食事を極端に減らす悪徳ブリーダーや、商売としてしか考えていないペットショップなどが存在することは割と有名な話ではないでしょうか。 体重管理はとても大切です。 肥満にしてしまうと病気も併発しやすくなってしまいます。 ですが、痩せさせすぎも問題です。 小さいプードルを飼いたいと思った時は、その子が本当に健康でその体の大きさなのか、しっかり確認しておく必要があると思います。 小さければ小さいほど良いと、それだけ考える人がいるから、悪徳ブリーダーも減らないんですよね。 人気犬種のトイプードルですが、小さければ小さいほど良いという風潮がどこかあるように思います。 ティーカップサイズやタイニーサイズと言われるトイプードルが高値で取引されているのを聞くと、ちょっとだけ嫌な気分になってしまいます。 そのうち水槽で犬が飼えるようになってしまうんじゃないか、と思うほど小さい子もいます。 以前ドッグカフェで見かけたポケットに入ってしまいそうなサイズのワンちゃんのオーナーさんは、まだ1才未満のその子について、これ以上大きくなってほしくないとおっしゃっていました。 ピョンピョン元気に跳ねる姿に、今にも脚が折れてしまうのではないかという不安を感じてしまうほど小さく細い子でした。 避妊手術は小さすぎて麻酔が心配で出来ないと獣医さんに断られたと言っていました。 ただでもトイプードルは細くて長い脚、骨折や脱臼などの話を良く耳にします。 かわいいからといった安易な小型化にはどうしても賛成できません。

次の

タイニープードル出産情報&成約実績【トイプードル エージェント】

トイ プードル タイニー

トイプードル 203• タイニープードル 81• ティーカッププードル 68• トイプードル トイ 54• チワワ 171• チワワ ロング 141• チワワ スムース 30• ミックス・その他の犬種 65• ポメラニアン 61• フレンチブルドッグ 60• 柴犬 50• 柴犬 標準サイズ 29• 豆柴 21• ミニチュアダックスフンド 49• ミニチュアダックスフンド ロング 48• ミニチュアダックスフンド スムース 1• ミニチュアダックスフンド ワイアー 0• シーズー 34• パピヨン 30• ヨークシャーテリア 24• ペキニーズ 23• パグ 22• ミニチュアシュナウザー 21• ボストンテリア 20• コーギー 19• ウェルシュ・コーギー・ペンブローク 19• ウェルシュ・コーギー・カーディガン 0• アメリカンコッカースパニエル 18• ボルゾイ 18• 狆 チン 15• カニンヘンダックスフンド 13• カニンヘンダックスフンド ロング 11• カニンヘンダックスフンド スムース 1• カニンヘンダックスフンド ワイアー 1• マルチーズ 12• ブルドッグ 11• 秋田犬 10• ミニチュアピンシャー 9• バーニーズ・マウンテン・ドッグ 6• グレートデン 6• シェットランドシープドッグ 6• スタンダードプードル 6• イタリアングレーハウンド 5• スタンダードダックスフンド 5• スタンダードダックスフンド ロング 5• スタンダードダックスフンド スムース 0• スタンダードダックスフンド ワイアー 0• ウエストハイランドホワイトテリア 5• オーストラリアン・キャトル・ドッグ 4• ブリュッセルグリフォン 4• イングリッシュセッター 4• シベリアンハスキー 4• 日本スピッツ 4• ボーダーコリー 3• ケアーンテリア 3• ビアデッドコリー 2• ブリタニースパニエル 2• キャバリア 2• チャイニーズ・クレステッド・ドッグ 2• イングリッシュコッカースパニエル 2• イングリッシュポインター 2• 北海道犬 2• ジャックラッセルテリア 2• ラブラドールレトリバー 2• ニューファンドランド 2• ワイマラナー 2• ウィペット 2• アメリカンブリー 1• アメリカンピットブルテリア 1• チャウチャウ 1• フラットコーテッドレトリバー 1• ゴールデンレトリバー 1• 日本テリア 1• 甲斐犬 1• マスティフ 1• ボルドーマスティフ 1• アフガンマスティフ 0• ベルジアンマスティフ 0• ブルマスティフ 0• イングリッシュマスティフ 0• ナポリタンマスティフ 0• ピレニアンマスティフ 0• スパニッシュマスティフ 0• チベタンマスティフ 0• ミディアムプードル 1• ノーリッチテリア 1• プチブラバンソン 1• ラフコリー 1• スキッパーキ 1• シェパード 1• ジャーマン・シェパード・ドッグ 1• オーストラリアン・シェパード 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・グローネンダール 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・ラケノア 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・マリノア 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・タービュレン 0• ホワイト・シェパード 0• ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ 0• ワイアーフォックステリア 1• アイリッシュウルフハウンド 0• アイリッシュセッター 0• 秋田犬 10• アフガンハウンド 0• アフガンマスティフ 0• アメリカンコッカースパニエル 18• アメリカンスタッフォードシャーテリア 0• アメリカンピットブルテリア 1• アメリカンブリー 1• アラスカンマラミュート 0• イタリアングレーハウンド 5• イタリアンコルソドッグ 0• イングリッシュコッカースパニエル 2• イングリッシュスプリンガースパニエル 0• イングリッシュセッター 4• イングリッシュポインター 2• イングリッシュマスティフ 0• ウィペット 2• ウェルシュ・コーギー・ペンブローク 19• ウェルシュ・コーギー・カーディガン 0• ウェルシュテリア 0• ウエストハイランドホワイトテリア 5• エアデールテリア 0• オーストラリアン・キャトル・ドッグ 4• オーストラリアンケルピー 0• オーストラリアン・シェパード 0• オールドイングリッシュシープドッグ 0• カーリーコーテッドレトリバー 0• 甲斐犬 1• カニンヘンダックスフンド スムース 1• カニンヘンダックスフンド ロング 11• カニンヘンダックスフンド ワイアー 1• キースホンド 0• 紀州犬 0• キャバリア 2• グレートスイスマウンテンドッグ 0• グレートデン 6• グレートピレニーズ 0• ケアーンテリア 3• ケリーブルーテリア 0• コーイケルホンディエ 0• コモンドール 0• ゴールデンレトリバー 1• サモエド 0• サルーキ 0• シーズー 34• シーリハムテリア 0• シェットランドシープドッグ 6• 四国犬 0• 柴犬 標準サイズ 29• シベリアンハスキー 4• シャーペイ 0• ジャーマン・シェパード・ドッグ 1• ジャーマンハンティングテリア 0• ジャーマンピンシャー 0• ジャイアントシュナウザー 0• ジャックラッセルテリア 2• スキッパーキ 1• スコティッシュテリア 0• スタッフォードシャーブルテリア 0• スタンダードシュナウザー 0• スタンダードダックスフンド ロング 5• スタンダードダックスフンド スムース 0• スタンダードダックスフンド ワイアー 0• スタンダードプードル 6• スパニッシュマスティフ 0• セントバーナード 0• タイニープードル 81• ダルメシアン 0• チェサピークベイレトリバー 0• チベタンスパニエル 0• チベタンマスティフ 0• チャイニーズ・クレステッド・ドッグ 2• チャウチャウ 1• チワワ スムース 30• チワワ ロング 141• 狆 チン 15• ティーカッププードル 68• ディアハウンド 0• トイプードル トイ 54• トイマンチェスターテリア 0• 土佐犬 0• ドーベルマン 0• ドゴ・アルヘンティーノ 0• ナポリタンマスティフ 0• 日本スピッツ 4• 日本テリア 1• ニューファンドランド 2• ノーフォークテリア 0• ノーリッチテリア 1• ノヴァスコシアダックトーリングレトリバー 0• バーニーズ・マウンテン・ドッグ 6• バセットハウンド 0• バセンジー 0• パグ 22• パピヨン 30• ビーグル 0• ビアデッドコリー 2• ビションフリーゼ 0• ピレニアンマスティフ 0• フラットコーテッドレトリバー 1• フレンチブルドッグ 60• ブービエ・デ・フランダース 0• ブリアード 0• ブリタニースパニエル 2• ブリュッセルグリフォン 4• ブルテリア 0• ブルドッグ 11• ブルマスティフ 0• プチバセットグリフォンバンデーン 0• プチブラバンソン 1• ベドリントンテリア 0• ベルジアングリフォン 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・グローネンダール 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・タービュレン 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・マリノア 0• ベルジアン・シェパード・ドッグ・ラケノア 0• ベルジアンマスティフ 0• ペキニーズ 23• 北海道犬 2• ホワイト・シェパード 0• ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ 0• ボーダーコリー 3• ボクサー 0• ボストンテリア 20• ボルゾイ 18• ボルドーマスティフ 1• ボロニーズ 0• ポメラニアン 61• ポリッシュローランドシープドッグ 0• 豆柴 21• マルチーズ 12• マンチェスターテリア 0• ミディアムプードル 1• ミニチュアシュナウザー 21• ミニチュアダックスフンド スムース 1• ミニチュアダックスフンド ロング 48• ミニチュアダックスフンド ワイアー 0• ミニチュアピンシャー 9• ミニチュアブルテリア 0• ミニチュアプードル 0• ヨークシャーテリア 24• ラサアプソ 0• ラフコリー 1• ラブラドールレトリバー 2• レークランドテリア 0• レオンベルガー 0• ロットワイラー 0• ワイアーフォックステリア 1• ワイマラナー 2• ミックス・その他の犬種 65 近年、日本国内ではもっとも飼われているトイプードル。 かわいらしい外見・頭のよさ・穏やかな性格を兼ね備え、運動能力にも優れているなど、高い人気もうなずける魅力いっぱいの犬種です。 ふわもこの「テディベアカット」に代表されるかわいらしく多彩なカットスタイルや、バリエーション豊かな毛色も、近年のトイプードル人気を支えています。 トイプードルの特徴 犬籍登録団体・ジャパンケネルクラブ(JKC)が発表している「犬種別犬籍登録頭数」においては、10期連続(2008~2017年)で最も多く登録されているトイプードル。 かわいらしい外見で大変人気です。 原産国はフランスで、もともとは水辺で獲物を捕らえる水猟犬として活躍していました。 プードルには、トイプードルのほかに、スタンダードプードル、ミディアムプードル、ミディアムプードルの3サイズが公認されています。 トイプードルはプードル種のなかでは最も小さいサイズに区分され、体高は24~28cmが理想とされています。 毛色はレッドやアプリコット、ホワイト、クリームなど種類豊富で、選ぶ楽しみもありますね。 トイプードルの性格 性格は人懐っこく甘えん坊。 まわりに愛嬌をふりまく明るい性格で、飼い主以外の人や犬とも上手に接する温和な子が多いと言われています。 小型犬で無駄吠えも少ないため、ペット初心者にもおすすめです。 マンションなどの集合住宅でも飼いやすいでしょう。 トイプードルはしつけやすさも魅力。 サーカス・ドッグとして活躍できるほど物覚えが早い犬種です。 賢いあまりイタズラを覚えて、凶暴化してしまった……なんてことも。 そうならないためにも、間違った行動をしたときはしっかりとしつけましょう。 きわめてしつけやすい犬種ですが、臆病な子を甘やかしすぎると吠え癖や噛み癖がつくこともあるので、散歩などを通じて人や社会に慣れさせていきましょう。 トイプードルの毛色 トイプードルの魅力は愛らしい性格にとどまらず、多彩な毛色・カットスタイルにみられるかわいらしさにも注目です。 トイプードルの毛色の種類トイプードルの毛色は、ソリッドカラーと呼ばれる単色が基本です。 ルーツとなる毛色は、ブラックとホワイト。 その後、交配のなか数多くの毛色を持つ個体が誕生しました。 現在では、レッド・ブラック・ブラウン・ホワイト・シルバー・アプリコットなどがJKCに公認されています。 トイプードルの交配は、同色または同系色同士。 一番人気はレッド。 シルバー、ブラウン、アプリコットは数が少ないので珍しいと言われることもありますが、レア感が犬好きの心をくすぐるようです。 毛色ごとに性格の特徴がある?トイプードルは、毛色ごとに性格が変わると言われています。 あくまで傾向ではありますが、性格を中心に毛色ごとの特徴をご紹介します。 懐きやすく親しげで、穏やかな性格です。 同じレッドでも、色の濃い、薄いがあります。 体臭は少なめ。 黒だけあって色素は濃い。 体臭は比較的強め。 マイペースで天真爛漫。 肌の色素は薄めで、鼻やアイライン、パットはレバー色です。 賢くてしつけやすい。 体臭は少なめ。 毛色が白いため涙やけが目立ちやすい。 目のまわりはこまめなお手入れを。 体臭は少なめ。 生後まもなくはブラックに見えますが、1歳頃までにシルバーに変化します。 人見知りをすることも。 体臭は少なめ。 皮膚が弱く薄いので、赤くなりやすい。 毛色によらず、個体差や飼育環境により性格はさまざまです。 ここでご紹介したトイプードルの毛色と性格の関係は、ひとつの参考として覚えておくとよいかもしれません。 トイプードルのカット かわいらしいカットスタイルが魅力のひとつでもあるトイプードル。 トイプードルの被毛は、フワフワとして弾力性があるシングルコートです。 換毛期がないため、ダブルコートの犬種に比べ、毛はあまり抜け落ちません。 細かくカールしたトイプードルの被毛は、伸ばしっぱなしにするとフェルト状になり絡まりやすくなり、ゴミ・ホコリもつきやすくなります。 定期的なブラッシングとカットが必要です。 ブラッシングの頻度は、できれば毎日(~少なくとも2・3日ごとに)1回は必要です。 カットについては、夏場は毛を刈りこむような短めのカットスタイル、冬は寒さから身を守るため毛を長く残したカットスタイルなど、季節に合わせ1~2カ月ほどの間隔で行うとよいでしょう。 耳や足などのカットは自宅でも可能なので、トリマーさんで教えてもらいながらチャレンジするのもいいですね。 トイプードルのカットスタイルトイプードルがカットを行うようになったきっかけは、「美しさ」や「かわいらしさ」を求めてという訳ではありません。 その昔、水辺の狩猟犬として活躍していたトイプードル。 水中での狩りにおいて動きやすいよう足の毛を刈り込み、冷たい水から心臓を守るため胸部に毛を多く残すカットを施されました。 特徴的なカットスタイルは、スムーズに狩りを行うために考えられたものだったのです。 このカットスタイルは、現在「コンチネンタルクリップ」と呼ばれているトイプードルの代表的なカットスタイルの原型となりました。 また、近年のトイプードル人気に火をつけた「テディベアカット」は、ぬいぐるみのようなモコモコとした愛らしさが魅力です。 ほかにも、個性的な「アフロカット」や「モヒカン風カット」、大人っぽいショードッグ風など豊富な種類があります。 ちなみに、1歳くらいまでの子犬は毛が立ちにくいため、「パピークリップ」と呼ばれるナチュラルなスタイルが主流とされています。 トイプードルの飼い方・しつけのポイント トイプードルの魅力は、性格のよさ・外見のかわいらしさだけではありません。 はじめてペットを飼う初心者の方にも、飼いやすい犬種としておすすめです。 狩猟犬として活躍したことからも、その賢さがうかがえますが、現在でも盲導犬・聴導犬といったサービスドッグ・サーカスにおけるパフォーマンスドッグなど数多くのシーンで活躍しています。 現在は、主に愛玩犬として高い人気を誇るトイプードルですが、こうしてさまざまな役割を担える賢さやもの覚えのよさは、しつけのしやすさにもつながりますよね。 飼い主さんとの主従関係を教えていくことで、トイプードルはしつけの内容をしっかりと覚えていきます。 主に愛玩犬として飼育されている現在でも、トイプードルはシャープな動きとジャンプ力を合わせ持ち、機敏に駆け回る元気な姿を見せます。 トイプードルには、運動する機会をしっかりと設けましょう。 散歩・知的な運動(服従訓練など)・ゲームも取り入れながら、毎日十分に運動すると運動不足からくるストレスの心配もありません。 トイプードルのサイズ ジャパンケネルクラブ(JKC)に公認されているプードルのカテゴリのなかでは、最も小さなサイズのトイプードル。 体高は24~28cmほどで、平均体重はオス・メス問わず2~4kgほどとされています。 【体重推移の一例】 生後2カ月 1. 08kg 生後3カ月 1. 64kg 生後4カ月 2. 16kg 生後5カ月 2. 96kg 生後6カ月 3. 1kg 生後7カ月 3. 28kg 生後8カ月 3. ただし、計算式はあくまでも目安です。 成長期に順調に体重が増えないと心配になるものですが、犬の体を見たり触ることで確認できるものですので、ぜひ参考にしてみてください。 一般的に、右肩上がりで体重が増えるのは5~6カ月まで。 それ以降は緩やかに成長し、およそ8カ月~1年で止まります。 愛犬の体重推移をグラフにしてブログなどで公開されている飼い主さんもいますので、チェックしてみても良いですね。 超小型犬の平均寿命が13. 人間の年齢に換算すると76歳くらいにあたります。 ちなみに、ギネス記録によれば犬の最高齢は29年5カ月(オーストラリアンキャトルドッグ)。 トイプードルなら、20年近くまで生きる子もいるようですよ。 ギネス超えとまではいかずとも、愛犬には長生きしてほしいものですね。 愛犬の長生きを願うなら、飼い主が犬の健康を守らなくてはいけません。 異変に気づけるのは一緒に暮らす家族だけ。 食事を与えたり、排泄物のお世話、ブラッシングなど、日頃のコミュニケーションによって異変は発見しやすいと言われています。 健康状態には常に気を配るようにしましょう。 また、ストレスも健康に影響します。 食事、生活環境を整えて体の負担を減らすのはもちろんのこと、こまめにスキンシップを図り、心身ともに充実した生活がおくれるようお世話してあげましょう。 特筆すべき症状は、多飲多尿、毛づやの悪化や脱毛、疲れやすく元気がなくなるといったものです。 血液検査によって診断が行われます。 元気がないなど少しでも異変を感じたら、早めに獣医師に相談するようにしましょう。 また、トイプードルは骨折や脱臼、関節炎のなどのトラブルも起きやすい犬種です。 華奢な手足でありながらボディががっちりしているため、高所からのジャンプで骨やその周辺に異常をきたしてしまうことが多いようです。 運動能力が高いので、アジリティなどのドッグスポーツを楽しむトイプードルが増えていますが、なるべく体重の負荷をかけないことが肝心。 無理のない範囲での運動を心がけてくださいね。

次の

タイニープードルを徹底解説- トイプーとの違いは何? プチサイズのプードル、大きさ、性格、飼い方まで|みんなのペットライフ

トイ プードル タイニー

タイニープードルってどんな犬? photo by タイニープードルの魅力• 室内や集合住宅でも飼いやすい超小型犬• ぬいぐるみのように愛らしいルックスが魅力• 愛情深く友好的で、子供や他の犬との暮らしにも馴染みやすい トイプードルをさらに小さくしたタイニープードルは、プードルならではのぬいぐるみ感がさらに増した非常に愛らしいルックスが魅力です。 タイニープードルとトイプードルの違いですが、タイニープードルの方が小顔でマズルが短く、鼻・口・瞳など全体的にパーツが小さい、耳が上の方についているなど、似ているようで意外と異なる点も多いです。 そんなタイニープードルは無駄吠えも少なく、特徴的な小さな体は飼育するペットのサイズが設けられていることの多い集合住宅でも飼いやすい大きさです。 また、愛情深く友好的なタイニープードルは、子供や他の犬とも上手に付き合ってくれるでしょう。 タイニープードルの歴史 タイニープードルは、トイプードルを繁殖する際にたまたま生まれた特別小さな(tiny)プードルを育種した歴史の浅い犬種で、アメリカで作出されたといわれています。 そんなタイニープードルは、実は正式な犬種ではないのです。 犬の品種登録や標準を定める国際的な愛犬団体、ジャパンケネルクラブ(JKC)にも認定されていません。 プードルはスタンダード、ミディアム、ミニチュア、トイと4種のサイズがありますが、タイニープードルはトイプードルよりも一回り小さいサイズの犬となります。 タイニープードルの血統書には、トイプードルと記載され、あくまでもトイプードルの1種として見ているのです。 タイニープードルが分類されるプードルは、もともとヨーロッパ大陸全土に古くから生存していた歴史の古い犬種で、祖先犬はドイツから来た水中回収犬として知られています。 猟の他、地上で荷車を引いたりトリュフ犬として活躍したりと、さまざまな仕事を任されていた使役犬です。 使役犬として活躍する一方で、フランスの貴婦人達にとっては愛玩犬でもあったプードルは次第に様々なサイズが作出されていきます。 第二次世界大戦後にアメリカから日本へ小さなプードルが3頭輸入されたことを機に、国内でトイプードルの繁殖に火がつき、現在では小型犬トップクラスの人気を博しているのです。 タイニープードルの性格・性質• 友好的• 甘えん坊 タイニープードルの体型や性質は、トイプードルとほとんど同じです。 トイプードルはプードルの中でも最も賢いといわれる犬種としても知られています。 そんなトイプードルの遺伝子を受け継ぐタイニープードルは、賢明で飼い主に従順なため、しつけもしやすいでしょう。 人や動物に対しても友好的で、多頭飼いの家庭にも問題なく馴染むことができます。 活動的で遊ぶことが大好きなため、子供とも仲良くできる犬種です。 プードルはサイズが小さくなればなるほど、甘えん坊でやんちゃな性格が際立ちます。 トイプードルよりもさらに小さなタイニープードルは、飼い主や家族にぴったりとくっついているのが大好きな甘えん坊です。 密なスキンシップを必要とする犬種のため、留守番は苦手な子が多いでしょう。 遊んだりスキンシップをとったりと、飼い主と一緒に過ごすことが大好きなタイニープードルは、飼い主と一緒に運動を楽しむドッグスポーツなどにも向いています。 タイニープードルの飼い方の注意点 タイニープードルは体の大きさによって犬種が確定するため、生まれてすぐタイニープードルであるかどうかの明確な判断ができません。 体重や体高が安定してくる生後6か月頃になってみてはじめてタイニープードルであるか、またはさらに小さいティーカッププードルであるか、はたまたトイプードルであるかが決定します。 確実にタイニープードルを飼いたいという方の多くは、生後6か月にサイズが確定してから飼うことになるかと思いますが、生後6か月のプードルというと本格的なしつけがはじまる時期です。 タイニープードルはこの時期、生活環境の中で誰に従い自分はどんな地位であるかを確定させます。 賢く学習能力が高いタイニープードルは飼い主に忠実で、教えたことはどんどん吸収していきますが、しつけを曖昧にしてしまうと、賢さを活かして飼い主を利用し、自分が優位に立とうとすることもあります。 主従関係が逆転してしまわないよう、しつけには注意が必要です。 甘えん坊なタイニープードルの要求に応えて可愛がることはもちろん良いことですが、甘やかしすぎには注意しましょう。 タイニープードルのお手入れ タイニープードルは抜け毛が少ない犬種のため、部屋の掃除も楽です。 ブラッシングを1日1回行い、毛玉を取り除きます。 カールした被毛は放っておくとどんどん伸びていくので、月に1度はトリミングを行いましょう。 毛量が多く、程よい硬さで形を整えやすい毛質をしたタイニープードルは、ヘアカットも楽しみのひとつです。 垂れ耳は通気性に欠けるため、耳掃除も週に1~2度行い清潔に保つようにしましょう。 タイニープードルにまつわる噂 タイニープードルは精神年齢が幼いって本当? タイニープードルはトイプードルのように賢く明るい性格ではありますが、精神年齢が幼い子が多いです。 幼稚な一面は小さな体にマッチして、そんなところもご愛敬といいたいところですが、イタズラに拍車がかかったり、甘えん坊に磨きがかかって独占欲が強くなってしまったりしないように、メリハリをつけたしつけを行うことが大切です。 タイニープードルは虚弱体質って本当? プードルの中で2番目に小さいタイニープードルは、その小さな見た目から体が弱く見えがちです。 とはいっても他のサイズと寿命も変わりませんし、もともとプードルは長寿の犬種としても知られているため、虚弱体質ではないことは確かといえるでしょう。 ただし未熟児や虚弱児として生まれた場合は、健全な子犬と比べて体が弱いです。 また、小さな体のタイニープードルは衝突や転落などの怪我、運動や極端な気候による心拍数の上昇などで体に加わる衝撃や負担も大きくなります。 健康診断を定期的に受けるようにし、健康的な生活を送るようにしましょう。 タイニープードルの子犬は繁殖経験の豊富なブリーダーにより、両親犬のサイズや出生体重から成犬時の大きさを推測して、タイニープードルであるかどうかの判断がされているのが現状です。 タイニープードルはだいたいの大きさが決まっていますが、確実にその大きさになるという正確性に欠けることが、正式な犬種として認められていない理由のひとつでもあります。 タイニープードルをお迎えしよう! photo by タイニープードルの基本データ タイニープードルの大きさ 23~27cm程 タイニープードルの体重 2~3㎏程 平均寿命 12~14歳 原産国 フランス タイニープードルの人気カラー• ブラック• ホワイト• ブルー• グレー• ブラウン• アプリコット• クリーム• シルバー• レッド タイニープードルが分類されているトイプードルの毛色は綺麗な一色毛が特徴です。 プードルはもとはホワイトとブラックの単色のみだったとされていますが、育種が進むにつれて種類豊富な毛色が誕生しました。 一色毛といっても毛色には濃淡が出るため、固体それぞれで個性があります。 トイ・プードルは面白いことに毛色によって性格もさまざまです。 ブラウン系の毛色をした子は好奇心旺盛で気が強いという特徴があり、人気のアプリコットやレッドの毛色は元気が良くやんちゃな子が多いです。 性格を選ぶうえでも毛色は参考になります。 タイニープードルその他の特徴 タイニープードルは小柄ながら、抱いたときのしっかりとした体つきが特徴です。 子犬を選ぶときは肋骨の骨格が分かる程の華奢な子ではなく、がっしりとした重みのある子を選びましょう。 全体的に体重は2~3㎏と軽いため、何匹か抱き比べると体格の良さを判断しやすくなります。 また、小さな瞳はイキイキとしていてよく目が合うこと、元気良く動き回ったり近寄ってくる子も健やかな印です。 生後6か月頃にならないとサイズが確定しないタイニープードルですが、人気のある子犬は生後2~4カ月の幼齢期に飼い主が決まってしまうこともあります。 生後2ヵ月の体重から約3倍の体重が成犬の体重目安となりますので、「確実にタイニープードルが飼いたい」「サイズは確定前だけど、どうしても飼いたい子犬を見つけた」という方は、ブリーダーさんに体重を聞くなどして成犬時の体重を予想してみるのもおすすめです。 明確なサイズ規定や絶対的な繁殖方法が定まっていないタイニープードルは、食事や生活習慣、遺伝的なものによってトイ、またはティーカップサイズになってしまうこともあります。 どんなサイズであれ愛情を持って生活を共にしていきましょう。 社会性が高いところや、賢くしつけやすいところは女の子、男の子どちらにも共通していえることですが、女の子の方が独立心が強く、しっかり者のため留守番も難なくこなすなど、飼い主が手を焼くことも少ない傾向にあります。 こうした理由もあってのことか、女の子の方がやや人気のようです。 男の子は女の子よりも甘えん坊で素直な性格の子が多く、飼い主への愛情も全身で表現してくれます。 エネルギッシュなタイニープードルの男の子は、遊びたい盛りの子供がいる家庭などにもおすすめです。 ランキングの参考サイト、ブリーダーナビでもトイプードルの子犬が430匹程登録されているのに対し、タイニープードルの子犬は21匹程と、繁殖数が少ない希少な犬種であることが分かります。 タイニープードルの子犬は希少なだけに悪質な業者が販売している場合もあるため、信頼できるブリーダーから子犬を紹介してもらうのがおすすめです。 そんな希少価値の高いタイニープードルの子犬を、上位3位ではかなりお得な価格で買うことができるため、子犬をお探しの方は要チェックです。 特に1位の静岡県は全国平均よりも10万円以上安い破格に驚きです。

次の