洗濯 槽 の カビ 取り。 自分で簡単にできる洗濯機の掃除!プロのやり方も写真つきで解説

カビキラー洗濯槽クリーナーのつけおき使用法!初回や頑固な汚れには

洗濯 槽 の カビ 取り

洗濯機から綺麗にしよう! 毎日欠かせない生活のルーティーンの一つでもある 洗濯。 5月を過ぎてくると、どんどん暑くなってくるので、特に洗濯の回数が増えてきます。 そんな洗濯に欠かせない、どの家庭にもある生活必需品でも 洗濯機。 カビがたくさん存在する洗濯機、悪臭の原因が繁殖している洗濯機では安心して洗濯できませんので、必ず 綺麗にしましょう。 ということで今回は、 洗濯機のカビの取り方やカビ予防について紹介していきます。 綺麗な洗濯機で毎日を快適に過ごすために、まずは元となる洗濯機を綺麗にしよう!! 人気コンテンツの目次• 洗濯機のカビ取り方法!カビない洗濯槽の為に取れない汚れを掃除しよう 洗濯機のカビを放っておくとこんなに危険! 洗濯機と言えば 毎日使う生活必需品の一つとして、あなたの家でも大活躍していると思います。 そんな洗濯機は毎日使うものでありながら、 なかなか掃除しないものの一つでもありますよね。 洗濯機は洗濯してくれる機械であって、洗濯しないといけない機械ではない!という意識が強いからでしょう。 やはり洗濯機は• 「大きい」• 「重たい」• 「複雑」 という理由から、私自身も最近までほとんど掃除をしたことがありませんでした。 また、先ほどあげた理由の他に「毎日使っているし、洗濯をする時に衣類用洗剤を使っているのだから清潔」と 勝手に思い込んでしまっていました。 関連記事: 洗濯機の掃除をしないとこんなに危険! 実は洗濯槽の汚れを放置することで、様々な 悪影響があると言われています。 洗濯槽から 悪臭がしたり、その悪臭が洗濯ものに移ったり、ひどい場合は洗濯物自体に 汚れが付いてしまうのです。 また、洗濯槽が不潔な状態で洗濯物を洗うと 「洗濯物に細菌」が付いてしまい、 人間の健康にも影響を及ぼします。 それはアレルギー性鼻炎や結膜炎、更に子供にはアトピー性皮膚炎などの 重大な影響があるのです。 だから、大人もそうですが、お子さんがいる家庭では早急に対処する必要があるわけです。 安心して使えるものにするために、綺麗にしないといけない意識を持っていきましょう。 最近の洗濯機の洗濯槽のほとんどはステンレス製で、プラスチック製と比べて 大きなメリットがたくさんあります。 それは、プラスチックに比べてカビの原因となる 「石鹸カスや洗剤カスが付きにくい」という点です。 ただ、プラスチック製の洗濯槽と比べて確かに清潔に保ちやすいですが、それでもカビなどの 汚れは付いてしまいます。 それは「洗濯槽はかなり複雑な構造」をしているので、 カビの原因となる洗剤カスや水分が残りやすいのです。 特に、洗剤だけでなく洗濯には水分が必要不可欠な為、カビが大好きな湿気が発生しやすい場所なのです。 私は洗濯槽のカビを落とすのに 「塩素系漂白剤」を使っています。 薬局やホームセンターなどに売られている「塩素系洗濯槽クリーナー」でももちろんオッケーですが、私は身近にある 「キッチンハイター」を使っています。 そして、放置した後は標準の1サイクル運転して終了です。 洗濯槽のカビ取りで注意したい点は? 洗濯槽の簡単なカビ取り方法が分かったところで、 注意したい点も一緒に紹介していきます。 注意事項もしっかりと知っておきましょう!! 酸素系漂白剤はだめなの? 漂白剤といっても• 塩素系• 酸素系 の2種類があります。 「自宅に酸素系漂白剤しかないけど酸素系漂白剤でも大丈夫なのか?」 という質問も多くありますが、結論からいって 「使ってもいいけど、あまり効果はなし」です。 酸素系漂白剤は見える汚れに対しては洗浄してくれますが、 雑菌などに対してはあまり効果がありません。 比べて 塩素系は強力な殺菌効果もあるので、カビだけでなく見えない雑菌まで強力に殺菌し、またカビ予防にも効果的だと言われています。 しかし、目に見えるほど汚い洗濯槽には先ほどの方法で酸素系漂白剤を使い、そのあとに塩素系漂白剤を使えば効果ありです。 塩素系漂白剤は水や熱湯に溶かしてはダメなの? よくある質問が、この 「塩素系漂白剤に溶かす水の温度」についてです。 塩素系漂白剤を何も入っていない洗濯機に流し、そのままスイッチオンの方が確かに楽ですよね? しかし、その場合は洗濯機から 「水」がでるだけです。 もちろん水でも塩素系漂白剤の効果はありますが、 一番塩素系漂白剤の効果を引き出す温度が 「お風呂ほどの温度のお湯」なのです。 「熱湯は殺菌効果もあっていいのでは?」と私自身も思いましたが、 熱湯に塩素系漂白剤を入れることで急激な分解が起こり 有毒なガスを発生させます。 重大な事故につながりかねないので注意してください。 洗濯槽の掃除のペースは? 洗濯槽の掃除のペースは 「月1回ほど」がベストだと言えます。 やはり1か月以上放置すると汚れや雑菌も増え始めますし、何よりもカビや雑菌が家の中で一番発生しやすい場所であることも踏まえて 定期的な掃除が必要です。 常に洗濯槽を清潔にすることで、家族の健康も守れるので、今まで洗濯槽を綺麗にしたことがないならば、必ず綺麗にしましょう。 洗濯機を丁寧に綺麗にしてあげることで、 洗濯機自体も長持ちさせることができます。 面倒なことかもしれませんが、色んな面でメリットがありますので、ぜひ綺麗にしてくださいね。 まとめ 今回は洗濯機のカビの取り方やカビ予防について紹介していきました。 複雑で敬遠してきた洗濯槽の掃除も、身近なものを使って簡単にできることが分かりましたね。 キッチンハイターはカビ取りだけでなく予防にも効果があり、更にはコストパフォーマンスも良い最高のアイテムです。

次の

洗濯槽に浮いたカビの取り方は?カスはどうやって処理したらいいの?

洗濯 槽 の カビ 取り

洗濯槽はカビが生えやすいところなので、定期的なお掃除を 一見キレイな洗濯槽でも、裏側には「黒カビぴろぴろワカメ」がびっしり……というのは、よくあることです! 我が家は大丈夫なんてことはなく、洗濯機の構造上、洗濯槽にカビが生えるのは仕方のないことなのです。 せっかくお洗濯したのに汚れが再付着しては無意味。 洗濯機の汚れは洗濯物の臭いにも関係してきます。 定期的にお掃除をしましょうね。 ということで今回は、酸素系漂白剤を使った、簡単な洗濯機の洗濯槽のお掃除術についてご紹介します。 なお、縦型ドラム式ではなく従来型(横型)についてお話しします。 【洗濯槽のカビを撃退!ワカメのような黒カビを防ぐ洗濯機の掃除術 目次】• その人の洗濯頻度や量にもよりますが、月に1度は掃除することをおすすめします。 でも今回は、お手軽に、家にある液体の酸素系漂白剤を使った方法をご紹介します。 ちなみに市販の洗濯槽機クリーナーは大抵、酸素系漂白剤を使っているんですよ。 なお漂白剤の種類は、作用の強い順に「塩素系」「酸素系粉末」「酸素系液体」があり、成分が異なります。 塩素系は強力ですが洗濯槽の錆を招くなどの副作用があることも。 もちろん排水後の環境への悪影響もありますので、優しめの洗剤を使ってお掃除しましょう。 洗濯槽のカビ防止・日ごろ注意すべきポイント この後に洗濯機(洗濯槽)のお掃除レシピをご紹介しますが、日ごろから以下の3つのようなちょっとした心がけをしておくとカビが防げます。 洗濯時に洗剤の使用量を守る(溶け残りを防ぐ)• 洗濯機のふたは普段は開けっぱなしにしておく(湿気をこもらせない)(ただし、乳幼児や足腰に不自由のある家族がいる場合は危険な場合もあるので必ず閉めること)• 海外では小学生でも同じ事故が発生しています。 家族の状況によってはチャイルドロックなどの対策をしっかり講じましょう。 洗濯機(洗濯槽)の簡単カビ予防掃除・準備する道具 洗濯機(洗濯槽)の掃除に必要な道具は、下記の通りです。 古歯ブラシ• 液体の酸素系漂白剤・500ml(今回は空きペットボトルで計量します)• ゴミすくいネット(100円ショップで売っているお風呂用でOK)• お風呂の残り湯でもOK)• タオル(雑巾) 洗濯機(洗濯槽)の簡単カビ予防掃除・手順.

次の

カビキラーの使い方!洗面台、洗濯槽、キッチン、トイレ、畳、使える場所まとめ

洗濯 槽 の カビ 取り

洗濯機から綺麗にしよう! 毎日欠かせない生活のルーティーンの一つでもある 洗濯。 5月を過ぎてくると、どんどん暑くなってくるので、特に洗濯の回数が増えてきます。 そんな洗濯に欠かせない、どの家庭にもある生活必需品でも 洗濯機。 カビがたくさん存在する洗濯機、悪臭の原因が繁殖している洗濯機では安心して洗濯できませんので、必ず 綺麗にしましょう。 ということで今回は、 洗濯機のカビの取り方やカビ予防について紹介していきます。 綺麗な洗濯機で毎日を快適に過ごすために、まずは元となる洗濯機を綺麗にしよう!! 人気コンテンツの目次• 洗濯機のカビ取り方法!カビない洗濯槽の為に取れない汚れを掃除しよう 洗濯機のカビを放っておくとこんなに危険! 洗濯機と言えば 毎日使う生活必需品の一つとして、あなたの家でも大活躍していると思います。 そんな洗濯機は毎日使うものでありながら、 なかなか掃除しないものの一つでもありますよね。 洗濯機は洗濯してくれる機械であって、洗濯しないといけない機械ではない!という意識が強いからでしょう。 やはり洗濯機は• 「大きい」• 「重たい」• 「複雑」 という理由から、私自身も最近までほとんど掃除をしたことがありませんでした。 また、先ほどあげた理由の他に「毎日使っているし、洗濯をする時に衣類用洗剤を使っているのだから清潔」と 勝手に思い込んでしまっていました。 関連記事: 洗濯機の掃除をしないとこんなに危険! 実は洗濯槽の汚れを放置することで、様々な 悪影響があると言われています。 洗濯槽から 悪臭がしたり、その悪臭が洗濯ものに移ったり、ひどい場合は洗濯物自体に 汚れが付いてしまうのです。 また、洗濯槽が不潔な状態で洗濯物を洗うと 「洗濯物に細菌」が付いてしまい、 人間の健康にも影響を及ぼします。 それはアレルギー性鼻炎や結膜炎、更に子供にはアトピー性皮膚炎などの 重大な影響があるのです。 だから、大人もそうですが、お子さんがいる家庭では早急に対処する必要があるわけです。 安心して使えるものにするために、綺麗にしないといけない意識を持っていきましょう。 最近の洗濯機の洗濯槽のほとんどはステンレス製で、プラスチック製と比べて 大きなメリットがたくさんあります。 それは、プラスチックに比べてカビの原因となる 「石鹸カスや洗剤カスが付きにくい」という点です。 ただ、プラスチック製の洗濯槽と比べて確かに清潔に保ちやすいですが、それでもカビなどの 汚れは付いてしまいます。 それは「洗濯槽はかなり複雑な構造」をしているので、 カビの原因となる洗剤カスや水分が残りやすいのです。 特に、洗剤だけでなく洗濯には水分が必要不可欠な為、カビが大好きな湿気が発生しやすい場所なのです。 私は洗濯槽のカビを落とすのに 「塩素系漂白剤」を使っています。 薬局やホームセンターなどに売られている「塩素系洗濯槽クリーナー」でももちろんオッケーですが、私は身近にある 「キッチンハイター」を使っています。 そして、放置した後は標準の1サイクル運転して終了です。 洗濯槽のカビ取りで注意したい点は? 洗濯槽の簡単なカビ取り方法が分かったところで、 注意したい点も一緒に紹介していきます。 注意事項もしっかりと知っておきましょう!! 酸素系漂白剤はだめなの? 漂白剤といっても• 塩素系• 酸素系 の2種類があります。 「自宅に酸素系漂白剤しかないけど酸素系漂白剤でも大丈夫なのか?」 という質問も多くありますが、結論からいって 「使ってもいいけど、あまり効果はなし」です。 酸素系漂白剤は見える汚れに対しては洗浄してくれますが、 雑菌などに対してはあまり効果がありません。 比べて 塩素系は強力な殺菌効果もあるので、カビだけでなく見えない雑菌まで強力に殺菌し、またカビ予防にも効果的だと言われています。 しかし、目に見えるほど汚い洗濯槽には先ほどの方法で酸素系漂白剤を使い、そのあとに塩素系漂白剤を使えば効果ありです。 塩素系漂白剤は水や熱湯に溶かしてはダメなの? よくある質問が、この 「塩素系漂白剤に溶かす水の温度」についてです。 塩素系漂白剤を何も入っていない洗濯機に流し、そのままスイッチオンの方が確かに楽ですよね? しかし、その場合は洗濯機から 「水」がでるだけです。 もちろん水でも塩素系漂白剤の効果はありますが、 一番塩素系漂白剤の効果を引き出す温度が 「お風呂ほどの温度のお湯」なのです。 「熱湯は殺菌効果もあっていいのでは?」と私自身も思いましたが、 熱湯に塩素系漂白剤を入れることで急激な分解が起こり 有毒なガスを発生させます。 重大な事故につながりかねないので注意してください。 洗濯槽の掃除のペースは? 洗濯槽の掃除のペースは 「月1回ほど」がベストだと言えます。 やはり1か月以上放置すると汚れや雑菌も増え始めますし、何よりもカビや雑菌が家の中で一番発生しやすい場所であることも踏まえて 定期的な掃除が必要です。 常に洗濯槽を清潔にすることで、家族の健康も守れるので、今まで洗濯槽を綺麗にしたことがないならば、必ず綺麗にしましょう。 洗濯機を丁寧に綺麗にしてあげることで、 洗濯機自体も長持ちさせることができます。 面倒なことかもしれませんが、色んな面でメリットがありますので、ぜひ綺麗にしてくださいね。 まとめ 今回は洗濯機のカビの取り方やカビ予防について紹介していきました。 複雑で敬遠してきた洗濯槽の掃除も、身近なものを使って簡単にできることが分かりましたね。 キッチンハイターはカビ取りだけでなく予防にも効果があり、更にはコストパフォーマンスも良い最高のアイテムです。

次の