ブロ 解 と は。 インスタグラムのブロック解除とフォロー解除について

インスタグラムのブロック解除とフォロー解除について

ブロ 解 と は

どうも、ほっしー です。 ブロ解という言葉を知ってますか? 今日から春までTwitterを消します。 理由は受験です。 本気で勉強に専念したいと思ってます。 結果はどうあれ、筆記テスト、面接まで終わったらTwitterは再開します。 またそこで合否は報告するかもです。 ミュートも単語ミュートもうまく使うのが吉かなって。 あれ?バグった?なんかお互いフォロー外れてる… なんて思ってくれるかもしれませんw 悪質ですが、嫌な人を避けつつ自分も嫌われにくいやり方です(笑) FF比を気にする人にとっては、ブロ解されるほうが嬉しい FF比とは、フォローフォロワー比のことです。 普通にフォロー外されただけだったら、フォロー外し返さないといけないじゃないですか。 FF比を気にするので(笑) なので、その手間を考えるとブロ解のほうが嬉しかったりするんです。 ちなみに、FF外から失礼します。 というのも、フォローフォロワー外から失礼しますという意味です。 注意したいところ• 「ブロックした人」は「ブロックされた人」のツイートを見ることができる• 「ブロックされた人」は「ブロックした人」のツイートを見ることができない• 「ブロックされた人」がブロックし返すと、お互い見れない状態になる ここで作業をやめると、ただのブロックになります。 自分がブロックされたかどうかは、相手のツイート画面をみると、ブロックされたことがわかりますよね。 バレないようにお互いのフォローを外すブロ解をする場合は、3の手順に進みます。 3.対象のアカウントのブロックを解除する これでお互いのフォローが外れて、一瞬では気が付かない状態になりました。 相手のツイートは普通に表示されます。 完全に出会う前の状態になりましたね。 ブロ解のやり方を動画で解説!.

次の

Twitterの『ブロ解』とは?意味、やり方、リムーブとの違いを解説!|ワードバンク

ブロ 解 と は

まずは、みなさんにブロックに関する情報をご紹介させて頂きます。 ブロックをした相手は一体どうなるのか、もの凄く気になりませんか? これは知らなかったという方も多いのではないでしょうか。 また、新たにあなたをフォローすることも出来なくなるのです。 相手側からすると、この時点で「あれ? いつの間にかフォローが外れている」とな り、分かってしまう可能性はもちろん大いにあります。 そして、この際にブロックした相手があなたのプロフィールページに訪れた場合 は、「投稿がありません」と表示され、写真も掲載されていない状態になります。 ですので、一度ブロックをすると完全に相手から情報を見られることもなく、アプ ローチを受けることもなくなるので安心出来ます。 ブロックをした相手には通知が届くの!? 最近このような噂を耳にすることがありますが、こういったブロックに関する通知 が届くことは一切ありません。 しかし、上記の様なブロックをされたと相手に感づかれてしまう特徴がいくつかあ る為、ブロックされた相手が気付くのも無理はないかもしれません。 この様な特徴を踏まえてブロックをするかどうかは、慎重に考える必要がありそう です。 例えば、身近な友達とのケンカを理由に相手をブロックしてしまった場合などは、 ブロックをしたが為に、相手を完全に拒否しているかの様な印象を与えてしまい、 逆に関係を悪化させてしまう、なんてことにもなり兼ねません。 ブロックをする時には慎重にお願いします。 ブロックするほどの相手ですから、わざわざブロックした相手のページを見にいく ということは、余程のことがない限りは有り得ないとは思いますが、ブロックに関 する情報として覚えておいて損はありません。 相手のページを見にいくと、画面上には「投稿がありません」と表示されます。 しかし、ここでハッシュタグ検索を用いることにより、個別で写真を探し出すこと は可能です。 良く似た方法で、twitterでブロックした相手に、ツイートの内容は見られてしまう のと同じような感覚だと思って下さい。 もちろん上記の方法で個別に写真を探せたとしても、コメントをすること、イイネ を行うことは出来ませんのでご注意下さい。 ブロックをしている相手は、あなたのフォローやフォロワーを確認することは一切 出来ません。 フォローやフォロワーをタップすると、一応は画面が切り替わる仕様にはなってい ますが、空白になってしまうで、あなたが誰をフォローしていて、誰にフォローさ れているのかも確認することが出来なくなります。 ブロックしている人の検索結果に表示されないの!? この機能もブロックした側からすると、とても安心出来る機能になっています。 ブロックをされた相手は、あなたを検索しても検索結果に表示されないので見つけ ることは出来ません。 しかし、一度でもダイレクトメッセージをやり取りしていると、そこからプロ フィール画面に飛ぶことは出来てしまいますので、注意して下さい。 もし、それがなければ相手をブロックしている以上は、相手はあなたのプロフィー ル画面を見ることは二度と出来ませんので、ご安心下さい。 誰にブロックされているかを確認!? ブロックされている側が、誰にブロックをされているかを確認する方法はあるので しょうか? 実際にブロックというもの自体に、「ブロックされているかも」と感じさせる様な 特徴はあるものの、具体的に確認する手立ては今のところありません。 しかし、ブロックした側のあなたが、誰をブロックしているのかは確認することが 出来ます。 誰をブロックしているのかを確認するには、相手とのダイレクトメッセージ画面の 右上にある【i】をタップすれば、確認することが可能です。 もしその相手がブロックをしている場合は、ユーザー名の右に「ブロック済み」と 表示されることで確認出来ます。 ブロックしている相手でも出来ること ブロックと言っても、現状のインスタグラムの機能では完全に全てをブロックする ことは不可能です。 いくらブロックをしていても、過去にあなたとやり取りをしたダイレクトメッセー ジの文章を閲覧することは出来ます。 相手の保存しているデータにまで影響は及ぼしません。 そして、あなたのプロフィール画面のURLをコピーして、あなたのプロフィールを 別の人に送信したり、よくあるブロック返しをしたりすることも出来てしまいま す。 ブロックをすると言っても、あなたとブロックした人との繋がりを限りなく断ち切る訳であり、完全にブロックした相手の行動を制限出来る訳ではない様です。 ブロックをせずにフォロー解除!? ブロックと言っても完全に相手の行動を制限することまでは出来ません。 そして、ブロックをしていることを相手に知られたくない、なんてケースもあるか とは思います。 そこでブロックをしないでも、こっそり相手のフォローを解除する方法をみなさん にご紹介します。 この方法は、あくまで非公開アカウントを使用している方のみが使える方法です。 非公開アカウントだからこそ、余計にこの人には踏み込んで来て欲しくないなんて 場合もあると思います。 そういう方に適した方法になっています。 もう一度復習ですが、あなたのアカウントが非公開設定になっていることが、大前 提ですので忘れないで下さい。 これはオプションから確認することが出来ます。 まずは、あなたのフォロワーのページに移動して下さい。 「フォロー中」の右隣にある「…」をタップしてみて下さい。 なんと、「削除する」という項目が表れるのです。 これをタップすることにより、こっそりフォロワーを削除することに成功しまし た。 意外に簡単だと思われた方も多いと思います。 この時に削除された方は、今後あなたの投稿を見ることは出来ません。 そして、ブロックした時と同様に、削除された相手の方に、削除されましたという 旨のメッセージなり通知は届きませんので、その点もご安心下さい。 意外に簡単に削除出来るオススメの方法ではあるのですが、一つ欠点があります。 それは、削除した相手のフォロー数が極端に少ない場合は、気付かれる可能性が非 常に高くなりますので注意して下さい。 削除した相手のフォロー欄から、もちろんあなたの名前は消えてしまうので、例え ば5人しかいないフォローのうち、あなた1人減ったら誰でも気付きますよね。 そんな欠点もあるのです。 他には、あなたの投稿頻度が一日に何回もあるようであれば、注意して下さい。 削除した相手のフィード上に、急にあなたの投稿がなくなれば、それは疑問に思わ れてしまうでしょう。 噂のブロ解とは!?

次の

【Twitter】リムるぐらいならブロ解しろという謎の文化|さんかく△|note

ブロ 解 と は

基本的にブロックというのは、その相手との関わりを断ち切ってしまいたいときに利用するものです。 ただブロックしただけだと• フォローの強制解除• 再度のフォロー不可• ブロックされた人はブロックした人のツイートの閲覧、RT、ふぁぼ不可(ほかのフォロワーがそのユーザーのツイートをRTした場合も同様)• ブロックされた人はブロックした人のプロフィールページの閲覧不可• DMの送信不可(すべてに公開されている場合も同様)• リプライを送っても相手に通知されない• ブロックされた人はブロックした人のリストへの追加不可• 画像へのタグ付け不可(すべてのユーザーに許可している場合も同様) と、かなりの制限を受けることになります。 ブロックされた側にメリットなんてものはありません。 唯一メリットがあるとすれば関係がリセットされることかもしれませんが……。

次の