ぶりっ子 特徴。 ぶりっ子おばさんの5つの心理と3つの対応策

ぶりっ子の特徴10選!絶対やっちゃダメな男性から嫌われる行動|feely(フィーリー)

ぶりっ子 特徴

好きな人の前では可愛くしていたいもの。 自然体でいれば問題ないのですが、いつどんな時でも可愛いポーズを作るぶりっ子ちゃん。 昔の映像見てても嫌らしくないぶりっ子ではありますが、最近のアイドルときたらぶりっ子を売りにする、キャラにするなどわざとらしさがあざとく目立ちます。 職場に異性の前や上司の前になると今までの態度から一変して可愛子ぶりっ子キャラを演じる子をどう思いますか?「か弱い」「守ってやりたくなる」のが何も知らない男性目線で、女性目線とは全く違って見えます。 見ていて気の毒でしたね。 あれは。 あの一見以来ぶりっ子が炸裂して男性を虜にしてしまったNさんは今では結婚離婚を繰り返し、今でもぶりっ子パワーが残っているのでは? と勘ぐってしまいました。 世の男性はぶりっ子が好きなのか? 彼らの本音を探ってみました。 ぶりっ子に共通する特徴 ぶりっ子な人には自覚があります。 自分が一番よく可愛く見える角度をよく知っています。 どんな子がぶりっ子と言われるのか仕草や特徴を挙げていきます。 アヒル口 ぶりっ子の定番と言えば1,2を争うくらいで上位にランクインするアヒル口。 アヒル口とはその名の通りアヒルのように意図的に口の形状を作り上げた口です。 芸能人で言えば板野友美さんや桐谷美玲さん。 彼女らの代名詞とも言えるアヒル口は有名です。 内股である 基本、ぶりっ子な人は 立振る舞いが内股です。 あくまでも作った内股。 女性のガニ股歩きは強さや誇らしさをイメージさせますが、内股で立っている姿やクロスさせて立つ姿は可愛らしさや女の子らしさを表現しています。 リボンが多め ぶりっ子な人は基本、ピンクが大好きでパステルカラーを好みます。 洋服やバッグ、髪飾りなど やたらとリボンやフリルが多いです。 30才、40才なってもリボンやフリルが好きと言うのは悪くはないですが、ほどほどにしないと痛すぎます。 リアクションが大きい ぶりっ子な人は「やだ~」「え~~」とか言って両手でグーを作りあごの前に持ってくるポーズや、少し怒ったぞアピールの時は頭の上でグーを作って「ぷんぷんっ」と口にします。 「わかんな~い」と言いながら頭をかしげたり、人差し指で頭や頬をついたりするポーズなどリアクションも大きいです。 話し方の特徴 ぶりっ子な人には以下の話し方の特徴があります。 ・「それでぇ~~」「あのねぇ~~」「そおなんですかぁ~」など語尾が長く上がっています。 ・謎に出来ない時や悲しい時「え~ん」を付けます。 (泣く)という意味が込められていて「え~~んできな~~い」と言うふうに使います。 ・尋ねる時や語尾に「どうしたにゃん?」「できたにゃん」~にゃんを付ける。 か弱さをアピールする「怖い夢を見て眠れない」「部屋に虫がいて怖い!!」「荷物が重すぎて無理」「もう歩けな~い」など助けを求めます。 上目遣いが得意 ぶりっ子な人は話す時も聞く時も常に上目遣いでうるっとした目をします。 可愛い子にうるっとされたらこれでは男性は怒りたくても怒れないかもしれませんね。 実はそれを狙っているのかも・・ 容姿に自信がある ぶりっ子な人は、計算高くてある程度は容姿に自信がある人です。 でないと、ぶりっ子なんてできません。 ぶりっ子な人は同性と異性の前では態度がコロッと変わります。 裏表がある ぶりっ子な人は女性同士では普通でいるのに、異性の前だと急に控えめになったり、か弱さをアピールしたりする子。 どうせなら女性の前で同じ態度の方が、裏表があると気づかれないですむのかもしれません。 天然を演じている ぶりっ子な人は興味持った男性相手にちょっとした言い間違いや勘違いが多く、時と場合によっては 知らないふりをして相手の関心を惹こうとします。 「え、何ですかそれぇ~?」と言って聞き役に回り誘われるのを待っています。 普通ならいつかボロが出そうで怖いですが、大した演技力の持ち主なのかもしれません。 一人暮らしの女子にとってぬいぐるみは癒しになりますね。 中でも「ぬいぐるみを抱っこしないと眠れな~い」と公言する人はまさにぶりっ子ちゃん。 ぶりっ子する心理 女性には嫌われるぶりっ子ですが、本人は自覚がないフリしている場合がほとんどです。 なぜ、そうするのか? ズバリ!可愛く見せたい一心です。 でも周りに自分より可愛い子がいると自分がチヤホヤされなくなるのでおもしろくないので、不機嫌になります。 ぶりっ子な人はその子に対して、のちのちライバル意識を持ちます。 心当たりがないのに冷たくされたら「は?私なんかした?」ってなりますよね。 裏を返せば可愛いと認めた証拠でもありますが。 ぶりっ子な人は作り上げたキャラですからたくらみがあって当然です。 そのたくらみとは? 好感度を上げたい 女の子らしい仕草ができるかできないかは別として、可愛いと思われたいのは女性なら誰でも理解できるでしょう。 ぶりっ子が人から好かれようとするのは悪くありません。 ある意味い潔ぎがいいと言うか、女子力が高いと言うか。 可愛く見られたい ぶりっ子な人は食べてもいないのにスプーンを口元に持ってきたり、首をかしげていたりします。 飲み会では豪快にビールを飲む女子の横で、お酒弱いからと言ってフルーツカクテル系を注文する子は間違いなく素を隠そうとしています。 ぶりっ子な人は可愛ければ何をしても許されると思っています。 日常の仕草で言えば起こった時にほっぺを膨らませるのは定番中の定番です。 振り向いてほしい ぶりっ子な人は自分からアタックするのはプライドが許さない。 好意を抱いている男性に振り向いてほしくておっちょこちょいを演じたり、笑顔を振りまいたり、ジッと見つめたり、自分の存在をアピールしたいのです。 相手から誘ってくるように仕掛けます。 守ってもらいたい 女性一人で夜道を歩くのは普通に危険です。 満員電車も怖いですし、頼りになる男性がそばにいた方が安心です。 ぶりっ子な人は男性は頼りにされていることに嬉しさを感じている事を知っています。 「できな~い」と言えばフォローしてもらえるし「怖~い」とでも言っておけば、たいていの男性は送ってくれます。 ボディタッチで惑わせる ぶりっ子な人の「やだぁ~」と突っ込みを入れる際のボディタッチは、小悪魔的な女の子がやりがちな行為。 相手の男性はドキッとする事間違いないなしです。 お酒の席でもちょっとしか飲んでないのに「酔っちゃったぁ~」と壁に寄り掛かる子は最初から計算づくめ。 ぶりっ子な人はどうでもいい人が声を掛けてくれば「大丈夫」とハッキリした意識で返事しますが、意中の人となると無言で相手の肩に寄り掛かるなどして「俺がどうにかしてやらないと」と思わぶりな態度を取ります。 最後は自分の話に持っていって話題の中心でありたい、チヤホヤされたい願望が人一倍強いです。 男性が可愛いと思う言動 男性は女性のぶりっ子が天然キャラなのか作り上げたキャラなのか見抜けませんから、普通に女性の仕草に惹かれる事があります。 その中でも可愛いと思う女性の仕草などを紹介します。 ・お酒が弱くて顔が真っ赤になる ・上目使いで来られると断れない ・「一人でいるのはこわ~い」と言われると守ってやりたくなる ・三つ編みやポニーテール ・頬杖で考え込んでいるポーズ これらはあくまでも男性目線ですよ。 ぶりっ子な人との付き合い方 ぶりっ子ってズルイですよね。 泣き真似やできないと言えば誰かが助けてくれると思っているのですから。 そんなぶりっ子にはどう付き合えばいいかレクチャーします。 一番はシカト ぶりっ子な人は 自分が相手にされていないと敏感に察すればチヤホヤされるとこに移動します。 シカトまでは無理だという方は「ふーん」「へえ~」以上は口にしないでください。 相手を持ち上げないで気のない素振りをするといいでしょう。 自分の価値観をわかってくれない人には興味が無いからです。 暴露する ぶりっ子な人には「なにぶりっ子しちゃってんの」と軽ーく突っ込みます。 あまりにも目ざとかったら人前で「いつもの態度じゃないじゃん」「今日はなんか女の子っぽい喋り方するんだね」と暴露します。 ぶりっ子で返す ぶりっ子な人には同じような仕草で対応するのはどうでしょう。 まとめ 以上のことからぶりっ子は男性には受けても女性の目はごまかせません。 まあぶりっ子ができるのは若くて可愛い子が特権。 自分の前だけでぶりっ子をするならウェルカムという男性もいます。 男性に好かれるのであれば女性に嫌われても構わない、モテたいと思うなら真似するのもいいですが、ほどほどにしないとただのあざとい女だけです。 そうなると、いつか女性陣からチクリが入りバレてしまいますのでお気をつけて。

次の

ぶりっ子な女性の特徴9選!ぶりっ子してしまう心理や行動パターンも紹介!

ぶりっ子 特徴

ぶりっ子おばさんの意味とは、その名の通り、おばさんになってもぶりっ子をやめられない女性のことです。 また、年相応の振る舞いや外見になれず、世間的には「それ、もっと若い子がするヤツ」という言動が多い場合も当てはまります。 ぶりっ子おばさんの定義を説明するには、「何歳からおばさんなのか」が重要になります。 しかし、おばさんと認識する年齢は個人差が大きいです。 「お母さんと呼ばれる年齢」を境目だとすると、平成28年女性の第1子出産平均年齢が30. 7歳なので、30歳以上はおばさんと言っても良いかもしれません。 しかし、今どきは30代前半でも若々しい独身女性は多く、「アラサー」というくくりで考えるなら、30代前半は20代後半と同じグループです。 これらを考慮すると、ぶりっ子おばさんの年齢は30代後半からが妥当ではないかと思われます。 ぶりっ子は若い女性の特権みたいなものです。 特に男性は女性の若さに弱いので、どんなにぶりっ子でも「かわいいから許す!」と寛容です。 しかし、若さを失った女性には、男性はもちろん同じ女性も非常に辛辣になります。 いい年した女性がぶりっ子をすると、「イタイ」とドン引きしてしまうのです。 では、ぶりっ子は何歳まで許されるのでしょうか。 一般的には、20代前半までが限界だと思われます。 ぶりっ子ファッションは10代からせいぜい20代前半までが似合うデザインになっています。 また、ぶりっ子は幼さアピールでもありますから、社会人経験がまだ短い20代前半までなら、ギリギリ許されるケースが多いでしょう。 20代後半になると、職場でも年下の女性がどんどん入ってきて、常に自分より若い女性と比較対象となり、「いい年してぶりっ子イタイ」となりがちです。 ただし、一部例外として、30代前半までぶりっ子が許されるタイプの女性も存在します。 女性ならば、誰もが一度はぶりっ子を装い、1回や2回は美味しい思いをするでしょう。 だけど、新しく年下の女性が入ってくると、自分の年齢を客観視するようになります。 そして、「このままじゃダメだ」と、大人の女性になるべく方向転換を始めます。 しかし、ぶりっ子おばさんの場合、年下の女性と自分の差を客観的に判断できません。 精神年齢は10代後半でストップしているので、社会人になってからもずっと「自分は若くてかわいい」という思いがあります。 周囲の男性が自分よりちょっと年下の女性をチヤホヤすると、「なぜ?」と混乱して、「もっと私を見て!」と焦燥感を持ちます。 そして、皆に振り向いてほしくてぶりっ子な言動が更に顕著になります。 ぶりっ子おばさんは表面上にこやかで幸せいっぱいに見えます。 しかし、本当の心理は焦りと混乱、そして今更自分を変えられないという葛藤なのです。 ぶりっ子は「かわいく見せる振り」なので、必ず二面性があります。 ぶりっ子おばさんも例外ではありません。 自分を若くかわいく見せたい相手の前では、一生懸命ぶりっ子を貫きます。 しかし、敵視する若い女性には、人目がない時に強烈な嫌味を言ったり、陰で嫌がらせをしたりします。 もちろん、ぶりっ子おばさん全員がそのような裏の顔を持っているわけではありません。 中には1人になった時、「私、何やってるんだろう…」と我に返り、それでもぶりっ子をやめられず迷走を続けるぶりっ子おばさんもいます。 どちらにしても、ぶりっ子おばさんは能天気でバカっぽいぶりっ子という表向きな顔の裏に、「どうするのが自分の正解なのか」という葛藤があるのです。 ぶりっ子おばさんにリーダーシップはありませんので、職場では仕事で大活躍が望めません。 その代わり、アシスタントに徹して過剰なほどの気配りをします。 ・コピー用紙の補充を率先して行う ・オフィスの細かなところを自主的に掃除する ・事務作業で関わる人と雑談してコミュニケーションを図る ・資料作りはきれいで丁寧 ・仕事上の報告・連絡・相談を積極的にする ・旅行に行けばお土産を忘れない ・電話対応は丁寧で、取次先が離籍すると細かなメモで伝える 「仕事ができなくても許されるのは若い内だけ」という点においては、ぶりっ子おばさんは客観的に判断しています。 そのため、仕事はとても丁寧で、自分でできる範囲の気遣いアピールをする努力を惜しみません。 正直、ぶりっ子おばさんは女性から嫌われます。 年下からは「いい年してイタイ」と嘲笑され、同年代以上からは「そこまで頑張る?痛々しい…」と同情されます。 どちらにしても、ハイテンションでぶりっ子おばさんが接してきたら、対応に困りウザくてたまりません。 特に、年下の女性は残酷です。 自分が今まさに旬を謳歌しているので、「もうおばさんなんだから、ひっこんでればいいいのに」と、心の中で軽蔑しています。 しかし、同年代以上の女性は少々複雑。 同情と同時に、いつまでも若いままであろうと頑張る姿を尊敬し、かわいくなりたいという素直な心に羨望も感じます。 また、男性は意外にも優しいです。 自分がターゲットにされるのは迷惑ですが、ぶりっ子おばさんがニコニコキャピキャピしているだけなら、無害なので得に気にしません。 それどころか、サービストークをする気遣いさえ見せます。 ぶりっ子は年齢が上がれば上がるほど、周囲の目にはチグハグに映ります。 本人がノリノリだったとしても、「どう対応すれば良いのか」と頭を悩ませてしまうのです。 平均的なおばさんには、何も考えず平均的な対応をすればよいのに、ぶりっ子おばさんは過剰に気を遣わなければならず、面倒くさいのが正直な感想です。 それでも、実害がなければ嫌うには至りません。 「少々困った人」という認識で、適度な距離感で付き合います。 しかし、ぶりっ子おばさんの中には周囲にいる女性を陥れて、自分に注目を集めようとするタイプがいます。 この場合、巻き込まれると実害が起こり、当然同性の目も厳しくなります。 周囲の女性も大人ですから、あからさまに嫌ったりいじめたりはしません。 だけど、関われば嫌な目に合うので、可能な限り避けます。 もちろん好きか嫌いかで問われれば「嫌い」です。 良くも悪くも出る杭は打たれます。 嫌われないぶりっ子おばさんになるには、まず外見に気を付けて、普通に紛れる技を身に付けるべきです。 かわいいものを着たい気持ちはわかりますが、振り切ったファッションはプライベートに限定して、職場やママ友の付き合では、きれい目で足を隠した服を選びましょう。 また、共感を求めるのは諦め、毅然と我が道を貫くのも大切です。 「私って、まだかわいいよね?」と周囲の賛同を求めると、ウザがられてしまいます。 「ぶりっ子は好きでやってるんだ」「私の趣味だ」と開き直り、周囲に迷惑をかけない範囲で女の子を楽しみましょう。 あなたが思っているよりずっと、周囲の人はあなたに関心がありません。 だから、「振り向いて」とあがいても、面倒臭がられて終了です。 あなたが向き合うべきは周囲の人ではなくあなた自身。 なぜ、ぶりっ子を貫きたいのかを良く考え、信念を持ったぶりっ子おばさんになってくださいね。 ぶりっ子おばさんを直す方法を説明します。 ぶりっ子が染みついていると、「ぶりっ子おばさんを直したい!」と思っても、反射的にぶりっ子をしてしまいます。 直したいのに直らないのは、クセになっているからです。 ぶりっ子おばさんを直したいなら、まずは外見から手を付けるのが一番簡単です。 ぶりっ子とは真逆のファッションにイメチェンしましょう。 ・シンプルな定番アイテムを取り入れる ・色は黒、紺、グレー、ベージュを基本に落ち着いた色にする ・髪をしっかりまとめる 外見が変わるだけで、ぶりっ子おばさんの印象を払しょくできます。 行動については、時間をかけて自分の言動を直すしかありません。 ・落ち着いて動く ・声を低めにする ・ゆったりと歩く ・言葉遣いをハキハキする ・人を頼らず自分でやり遂げる ・正しい姿勢をマスターして上目遣いをしない ・人とは一定の距離を保って接する 落ち着いた雰囲気のアナウンサーや女優をお手本にするのもおすすめです。 色々な意味でぶりっ子おばさんはインパクトが強いです。 そのため、特に関りがなくても「見ているだけでイライラする…」という人もいるでしょう。 いい年のおばさんから、「ねぇねぇ」と高い声で話しかけられると、ドン引きする本心を隠すのに苦労するかもしれません。 だけど、人畜無害なぶりっ子おばさんなら、特別視せず淡々と接するのが最も正しい扱い方です。 コミカルな動きや高い声は目障りかもしれませんが、そこに惑わされず、自分が何をすればやり取りが完結するのかに注目しましょう。 サクサクっとあしらえば、接する時間が短くするので不快感も小さくなります。 一方、張り合ってきたり嫉妬されたりして、ぶりっ子おばさんから実害がある場合は、褒め殺しして対処しましょう。 ぶりっ子おばさんは承認欲求が強いので、褒めれば満足してあなたに害を与えなくなります。 男性が頼りなく、女性が強くなり、今の時代は逆転現象が起こっている中、ぶりっ子男子という新しいジャンルが登場しています。 ぶりっ子男子とは、その名の通りぶりっ子キャラの男の子で、以下のような特徴があります。 ・アヒル口やぶりっ子ポーズなどを率先して行う ・スイーツ大好き ・ファンシー系大好き ・女の子とすぐお友達になれる ・恋愛は草食系 ・実は超ナルシスト ぶりっ子男子は自分大好き。 自撮りばかりのSNS率が高いのも特徴です。 一方、ぶりっ子おじさんの場合、少し様子が変わってきます。 ぶりっ子おじさんは自分をかわいく見せたいのではなく、若者とフレンドリーに関わりたいのです。 その理由は、下を押さえつけて訴えられるのが恐いからです。 自分にその気が全くないのに、相手がパワハラやセクハラと受け取ったら大変です。 だから、日頃からコミュニケーションを大切にし、若者に理解のあるフリをします。 それがぶりっ子っぽく見えてしまうのです。 ぶりっ子おばさんをいろいろな角度から見ると、自分の年齢を自然の受け入れることの大切さと困難さがわかります。 若いころは、卒業、就職、結婚、出産など、人生のステージが変わるきっかけに溢れています。 しかし、一定の年齢を過ぎると、自分の気持ちで変化に区切りをつけるしかありません。 だから、ぶりっ子おばさんは不器用だとも言えます。 自分の年齢を素直に受け入れられず、若くかわいくあり続けたいともがいているのです。 その姿を見て、自分の中にある「本当は若さが惜しい」という本音を刺激された時、人はぶりっ子おばさんに哀れさやイライラを感じるのかもしれません。 それでも、ぶりっ子おばさんは葛藤に苦しみながら「かわいい自分」を追求します。 自分が求める自分像を叶えるために努力を惜しまないぶりっ子おばさんには、人生を豊かにするヒントがあるのかもしれません。 無意味に偏見を持たず、ぶりっ子に惑わされず、その人の本質を見られるように心がけましょう。

次の

ぶりっ子な女性の5つの心理や特徴

ぶりっ子 特徴

ぶりっ子な女性の5つの心理や特徴 ぶりっ子な女性の心理や特徴1 「とても計算高い」 ぶりっ子な女性はとても計算高く 明確な目的があって 行動を起こしています。 その目的というのは、いかに 異性に気に入ってもらうか ということで、そのために 様々な行動を取ります。 そういった意味で 実はぶりっ子な方というのは 常に色々と考えながら 相手によって自分の 振る舞い方を変えています。 人によって立ち振る舞い方を 変えることに関しての是非は ひとまず置いておいて では、具体的にどういった 行動を取っているのか気になりますよね。 順に見ていきましょう。 ぶりっ子な女性の心理や特徴2 「声を高くし、甘えるような喋り方をする」 ぶりっ子な女性は 声をコントロールしています。 女性らしく、か弱い感じを 相手に印象付けようと 声を高めに、そして語尾を伸ばし 甘えているような喋り方をします。 とても特徴的な喋り方なので 良くも悪くも目立つ喋り方です。 人によって「かわいいな」 と思うことも 「ハキハキ喋らなくて 鬱陶しい!」と感じることも ある喋り方です。 ただ、特徴的な声の出し方ですから 他人から見ると自然とそうやっている ようにはなかなか見えず 「演技っぽいな」と、あまり良く 思われないことが多いようです。 スポンサードリンク ぶりっ子な女性の心理や特徴3 「困っていることをアピールする」 一人でなんでもできてしまう 女性はカッコよく見えますし とても素晴らしいですが ぶりっ子な女性はもちろん そんな女性を目指していません。 守ってあげたくなるような か弱さのある女性であることを 強調します。 誰かを守ってあげたい、または 助けてあげたいと思う時は 当然ですがその誰かが 困っている様子の時ですよね。 なので、ぶりっ子な女性は 「わかんな~い」 「できな~い」 と、先述した甘ったるい声で 困っているアピールをします。 これで、大体の人は 「困っているみたいだし 助けてあげよう」 と思い、実際に助けることでしょう。 ぶりっ子な女性の心理や特徴4 「男性と接する時だけ態度を良くする」 ぶりっ子な女性は、特に 相手の男性に、自分への好感を 持ってもらおうとします。 そのため、男性に対しては 非常に良い態度で接します。 一方、同性である女性に対しては 気に掛けていないことが多いです。 異性によって態度を変えていることが 傍から見てあからさまにわかるために ぶりっ子はあまり良く思われないのでしょう。 ぶりっ子は同性である女性からの 評価がとても低いですが それはぶりっ子が、同性ということで 女性たちを蔑ろにしているからです。 スポンサードリンク ぶりっ子な女性の心理や特徴5 「不安なので、誰か一人でもいいから自分の味方になってほしい」 ぶりっ子はどうしてそこまでして 異性に気に入ってもらいたいの でしょうか? それは、不安があるからです。 ぶりっ子な女性全てがそうだとは もちろん限りませんが 人に気に入られようとする方は 過去(特に幼少期)に 親などの周囲の人々から 「自分を受け入れてもらえていない」 と感じた経験がある方が多いです。 それから成長して大人になっても 自分の人生の最初の、根本のところで 「人から自分を受容されていない」 という体験が残っているので 本人が無自覚である場合もありますが 心としてはずっと不安な状態にあります。 そのため、ぶりっ子をして 大勢の人から嫌われるとしても 極わずかな一部の人に 自分に対して興味を持ってもらって 味方になってもらえる可能性があるので (実際にぶりっ子がかわいいという 意見の男性もいらっしゃいますよね) 彼女たちはぶりっ子をするのかもしれません。 ぶりっ子な女性の5つの心理や特徴まとめ• ぶりっ子な女性の心理や特徴1 「とても計算高い」• ぶりっ子な女性の心理や特徴2 「声を高くし、甘えるような喋り方をする」• ぶりっ子な女性の心理や特徴3 「困っていることをアピールする」• ぶりっ子な女性の心理や特徴4 「男性と接する時だけ態度を良くする」• ぶりっ子な女性の心理や特徴5 「誰か一人でもいいから自分の味方になってほしい」 いかがでしたか? ぶりっ子をすることは 一見するとあまり印象が 良くないかもしれません。 しかし、よく考えてみると 常に自分をアピールするために 他者に合わせて振る舞えることは とてもすごいことです。 ぶりっ子な女性は、意外と 努力家なのかもしれません。

次の